なぜ私は親鸞会をやめたのか|反響集

50,000円と書いたら、少ないと言われて、一気に冷めました。そして、覚めました。

HOME

今から10年ほど前、東京のある大学生のときに活動してました。

30歳になり、自分の人生を振り返ってみて、
あの頃のことを思い出して、ネットで調べていたら、
このサイトを見つけました。

私も、大学入学と同時にサークルに誘われて活動をしました。
1年の夏合宿後に、毎月2,000円の会費を払うやつ(名前も憶えてません。。。)に
入会しました。

1年間でいくら払いますという、誓約書みたいな御報謝(建立御報謝?)で、
50,000円と書いたら、少ないと言われて、一気に冷めました。
そして、覚めました。

結局、毎週のバス代など、お金も続かなくて、2年生の夏前には、部室に行くこともなくなりました。両親の反対にあっている、など適当な言い訳をしてました。

お金以外にも、全てマニュアル的なものだったのだと気づいたのも、大きかったですね。

そして、そのまま自然消滅しました。

今思うと、あの50,000円は、どうなってたのだろうか?
正式に退会届などは書いてないのですが、書類上はどうなったのか?

その後、私は大学に会員以外の友人も作っていたので、
孤立するようなことはなく、大学生活を楽しく送り卒業しました。
今でも、その友人たちとの交流は続いています。

そして、今になって、あのとき、同じ学年で会に残った友人たちは、
どうなったのだろうか?
今は、何をしているのだろうか?

そんなことを、ふと思い出しました。

なぜ私は親鸞会をやめたのか|反響集 トップに戻る

なぜ私は親鸞会をやめたのか|ホーム