なぜ私は親鸞会をやめたのか

高森顕徹氏の著書のルーツ

 

高森顕徹氏がかつて浄土真宗華光会に所属し、伊藤康善氏に師事していたことは有名な話です。

しかし親鸞会は現在その事を明らかにしていません。それどころか、華光会を「京都に本拠地を置く浄土真宗本願寺布教使の某グループ」として、名前を出さずに非難しているのは承知の通りです。(詳細は、高森顕徹氏と親鸞会の問題の中の「なぜ隠すのか」。また、『「続・なぜ私は親鸞会をやめたのか」を読んで』を製作された方へをご覧下さい。)

仏教では「相伝」が大事だと言われます。なぜ自分が教えを受けたルーツを明らかにしないのか。また、華光会が親鸞聖人の教えを曲げているのならば、なぜ創価学会や本願寺に対して行ってきたように、名前をあげて正々堂々とその誤りを正そうとせず、華光会の名称を伏せた会員向けのパンフレットをつくり、内輪で非難しているのでしょうか。

あまりにも腰砕けなそのやり方に疑問を抱き、華光会関係の資料を調べていたところ、伊藤康善氏の著書に、高森顕徹氏の著書と殆どそっくりな箇所が多数見つかりました。

執筆年から伊藤康善氏の著書を高森顕徹氏が見て書いたのは明らかですが、それは、「参考にして」書いた、という範疇をはるかに超えていて、殆ど「丸写し」に近い箇所もあります。著作権意識の向上した現代に於いては、盗作と言われても仕方がないかも知れません。

特に、『現代の教行信証』といわれた高森顕徹氏の主著『会報』に、こうした箇所が多く見つかったことは驚きでした。現在『会報』は絶版となっていますが、『会報』が『現代の教行信証』ならなぜ絶版となるのか。その理由の一端を垣間見た気が致します。

今回は『ハトの会』にて「decult」氏があげた伊藤康善氏の著作の引用に、当方が高森顕徹氏の著作の引用を加筆したものを公開します。これだけでなく、高森顕徹氏は伊藤康善氏だけでなく、大沼法竜氏についても同様の疑惑を持たれており、あわせて公開致しました。

尚、引用した各書籍の初版発行年と著者の略歴を、このページの最期に記します。

高森顕徹氏の著書のルーツ

1.高森顕徹氏と伊藤康善氏の著書の類似点(1)
2.高森顕徹氏と伊藤康善氏の著書の類似点(2)
3.高森顕徹氏と伊藤康善氏の著書の類似点(3)
4.高森顕徹氏と大沼法竜氏の著書の類似点(1)
5.高森顕徹氏と大沼法竜氏の著書の類似点(2)
6.高森顕徹氏と大沼法竜氏の著書の類似点(3)
7.高森顕徹氏と大沼法竜氏の著書の類似点(4)
8.高森顕徹著『会報』に関する基礎知識

リンク

なぜ私は親鸞会をやめたのか|反響集
高森顕徹氏と親鸞会の問題(投稿文)

大沼法龍師の言葉
さよなら親鸞会|高森顕徹著「光に向かって100の花束」は大沼法龍の著作のパクリです
親鸞会は本当に本願寺に勝ったのか
親鸞会の本尊論を再考する
親鸞会の本尊論に対する疑問

著者略歴と本サイトにて引用した著書の初版発行年

伊藤康善

1897年(明治30年)奈良県新庄町に生まれる。仏教大学(現龍谷大学)卒業。真宗興正派学頭。浄土真宗華光会創始者。1969年(昭和44年)没。72歳。著書・編書に『教界諸氏・安心調べ』『善き知識を求めて』『化生の世界』『死を凝視して』『我らの求道時代』(いずれも華光会刊)他多数。

教界諸氏『安心調べ』 1929年
求道物語『仏敵』 1921年
『化生の世界』 1954年
『死を凝視して』 1942年

大沼法竜           

1895年生(明治28年) 北九州に生まれる。大正10年3月仏教大学本科卒業。宗教法人「親鸞会館」を設立、代表役員として活動。著書に、「おやごころ」「随想録」「本派本願寺の危機 どちらが異安心か」「法界」「八万の法蔵は聞の一字に摂まる」など。

『法界』 1958年

高森顕徹

1929年(昭和4年)、富山県氷見市に生まれる。龍谷大学卒業。現浄土真宗親鸞会会長。著書に『会報』『白道燃ゆ』『こんなことが知りたい(1〜4)』(親鸞会刊)『光に向かって100の花束』(1万年堂出版)他。監修として『なぜ生きる』(1万年堂出版)

『会報』 1967年〜1975年
『こんなことが知りたい』 1969年〜1982年
『白道燃ゆ』 1974年

なぜ私は親鸞会をやめたのか|ホーム

ご意見ご感想はこちら