なぜ私は親鸞会をやめたのか|ホーム

ひどすぎやしないか親鸞会

1 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/11(土) 18:37:43 ID:D/EBIju+
このスレは、だいたい親鸞会の反社会的行為・内部問題について語りあうスレです。
会員の人もそうじゃない人も、 良識あるレスを心がけましょう!



      /フ∧∧   アッ…マタアンナコトヲ
      ヽ.(゚ー゚*) ___
      / ヽ とヽ. /\      けんかしないでね、厨房のみなさま
    /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\/   
      |_____|/
      ,,,,,,,,,

■ルール
・荒らしは原則「禁止」&「放置」です。                
・一般会員の個人名を出さないようにね。伏せ字でも。
・人を罵ったりする人は来ないで下さい。
・2ch議論はスレ違いなのでよそでしてください。
・AAはひかえめに。

最近とても思考停止としか思えない荒らし行為をする人がいます。
一般常識を守って、みんなが見て気持ちの良いレスを心がけましょう(^^)/

■親鸞会スレッド暫定まとめページ
http://light.kakiko.com/skaimatome/


2 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/11(土) 18:38:36 ID:D/EBIju+
残念だけどね、日本社会の法律で言えば許されてないよ。

札幌青春を返せ訴訟の一審判決抜粋。
http://ime.st/www.glo.gr.jp/hanketu01.html

 第2の特徴は,被告協会の協会員は,上記のように組織的体系的目的的に宗教団体である被告協会への加入を勧誘等するに当たり,当初はこの点を厳に秘しているという点である。(中略)これは,勧誘に当たっての欺罔的手段を弄したものといわざるを得ない。

後になって,それが特定の宗教教義であることを明らかにしてみても,すでにその教義を真理として受け容れて信仰している以上は,
(中略)その宗教教義からの離脱を図ることは通常極めて困難というべきであって,こうした事態に立ち至る可能性があることにかんがみると,それは,その者の信仰の自由に対する重大な脅威と評価すべきものということができる。

そのような内心の自由に関わる重大な意思決定に不当な影響力を行使しようとする行為は,自らの生き方を主体的に追求し決定する自由を妨げるものとして,許されないといわなければならない。


刑事は免れるが民事じゃアウト。



3 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/11(土) 18:39:28 ID:h3WgCZJv
会員粛清規定第3条(2)組織破壊行為
 
(1) 支部長の指示に従わない。
(2) 講師部を批判する。
(3) 本会の機密を漏洩する。
(4) 本会の和を乱す。
(5) 本会の指示に対する批判的言動。
(本会の指示、方針、通達、活動目標等を批判する)





4 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/11(土) 18:40:15 ID:h3WgCZJv
そういや驚愕講義の受講資格のうち、「本会の方針に批判・不満は一切言いません」
「本会を誹謗するものがあれば上司に報告いたします」
「もし本会を誹謗するものを見逃した場合は、いかなる処罰も覚悟します」
(確か、大体こんな内容だったと思う)
ていうのが1年ぐらい前に加わったらしいけど、本性は変わってないみたいだね





5 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/11(土) 18:41:26 ID:h3WgCZJv
365 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 12:02:05 ID:VWKkQ18Q
顕正新聞第207号から引用

仏法に対してはまったく狂った考えしかないから無条件服従が必要なのであり、
善知識は信心決定への全因縁といわれる理由があるのである。

我々も又、善知識の仰せに対し本会の指示に対し、何事も何事も仰せのままに
指示とおりに無条件で服従するように努めていかねばならない。

これが求道でり、この過程があってこそ、親鸞聖人の「よき人の仰せをこうむり
て信ずるほかに別の仔細なきなり」という真の無条件服従が体験できるのである。





6 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/11(土) 18:42:53 ID:nrZZIdzX
366 :S会による「思考停止の勧め」の教え :2005/05/10(火) 12:09:02 ID:VWKkQ18Q
顕正新聞第207号から引用

自己の理性を基に正邪を判断し、愛憎遺順する我々に、無条件服従は極めて
難しいことである。

理性が満足せねば、善知識の仰せに対し、本会の種々の指示に対し「なぜですか」
「どうしてですか」「納得できないからやれません」等等疑い、不信、反抗の鎌首を
ところかまわずにもちあげる始末、それでもまだ足りず、自らの怠惰な求道を棚に上げ、
「もう少し早く進める方法はないか」と善知識のご指導に不平を漏らし、法謗の徒と
化す根性。この心こそがコウゴウ流転の親玉であり、正しく判断できるとうぬぼれている
心が仏心を受けつけぬ元凶であることを知らねばならない。





7 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/11(土) 18:44:23 ID:nrZZIdzX
368 :無条件絶対服従の勧め :2005/05/10(火) 12:18:59 ID:VWKkQ18Q
顕正新聞第93号から引用

1月14日、はじめて会長先生のお宅を訪れたときのことであります。ジョーという
先生ご自慢の素晴らしい犬が喜び勇んで雪をかきわけて走ってきました。
まだ未成犬というのに、立った姿は僕よりも大きく見え、それはたくましい
犬でありました。
会長先生が一命されるとジョーはピタリとその命に従い、「ジョー!!、待て」
と一声命令されるとその場で待つ。
「ジョー!!はうす」と命令されるとジョーは自分の家へと去っていく。
会長先生の命令なら忠実に従う。
僕はその時、本当に情けないと思った。





8 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/11(土) 18:45:02 ID:nrZZIdzX
45 :復活!抜け出せなくなる怪しい団体〜第4セクト(京大ライフ):2005/06/17(金) 11:47:06 ID:kz9hMxIN
http://ime.st/www.kyoto-u.com/lounge/lifestyle/html/200505/05050005.html

59 :名無しさん@3周年:2005/06/17(金) 23:12:41 ID:VLG4fDVP
取材開始から七時間ほど経ち、八雲(脱会者:仮名)はふいに
「いちばん嫌だったのは、ある大学生が過労死したことなんです」と言った。
 それは、親鸞会の大学生が過労で倒れ、部室で死亡した事件に関連して、
「法友の死に思う」という記事が、同会機関紙『顕真』に載ったときのことだ。
その記事には
「……法友の死を無駄にしないためには真剣な聞法に身を沈め、
破邪顕正に火の玉となって立ち上がるしかない……弔い合戦は
我が身の後生の一大事解決によってのみ勝利をおさめられる」と書かれてあった。
「実はその年、学生本部長が代わり、ノルマが例年の三倍になっていた。
僕らと同じような立場の大学生がそれが原因で過労死したと考えられるのに、
その死を利用された。僕も人ごとじゃいられないと思ったんです」
八雲は、読んだ瞬間、その記事をぐちゃぐちゃに丸め、焼き捨ててしまったという。
 別冊宝島「『救い』の正体」  (別途「カルトの正体」も有り)





9 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/11(土) 18:46:26 ID:nrZZIdzX
★親鸞会のダミーサークル一覧表★
○関東
・東京大学(喫茶店「イーグル」の上) 「人間科学愛好会」「人間科学愛好会」「広域ゼミ」「古典と哲学を学ぶ会」
・東京理科大学 「てつんど」
・東京工業大学 「菩提樹」「アルタ」
・早稲田大学(鶴巻町のビルを部室に使ってる) 「なかんづく」「恒河沙」「いみだす」「なっちゃん」 「おはなし工房聞喜」
・慶應義塾大学
 「アンフィニー」「クラッセ」「エクセル」「インフィニティー」「こてつ(古典と哲学を学ぶ会)」
・埼玉大学 「菊一文字」 「聞喜」
・立教大学 「18th street」

○東海
・名古屋大学 「ステップアップゼミ」「名古屋の哲人」「ゴーウェスト」「旅と哲学」
・名古屋工業大学 「ヒューテック」 「はなたば」
・愛知学院大学 「ビッグロード」
・名城大学 「こてつ」
・岐阜大学 「岐大クラッセ」 「こてつ(古典と哲学を学ぶ会)」「そよかぜ」

○関西
・京都大学(生協自転車屋のとなり) 『古典に学ぶ』「古典工房みんくる」『旅と哲学』「古典を学ぶ会(コテマカ)」
・龍谷大学 「菩提樹」
・大阪大学 「古典を哲学する会」(阪大坂下交差点の美容室の上)
・大阪市立大学 「うぃる(WILL)」「こてつ」「Blaze(ブレイズ)」
・神戸大学 「なんでやねん」
・岡山大学 「古典茶話会ももたろう」
・関西学院大学 「KGフォーラム」

○北陸
・金沢大学 「アルタ」 「しゃべり場」


10 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/11(土) 18:51:06 ID:nrZZIdzX
親鸞会の会員がいる(いた)大学、 あるいは親鸞会会員が勧誘を行った大学

○関東・甲信越
筑波、埼玉、千葉、東京、電気通信、東京工業、信州、山梨、新潟
慶応、早稲田、日本、明治、立教、上智、東京理科、自治医科、山梨学院

○東海・北陸
名古屋、名古屋工業、愛知県立、岐阜、三重、富山、富山医薬、金沢、福井、富山県立
中京、愛知学院、名城、中部、朝日、東海女子、金沢学院、金沢工業、金沢星稜、福井工業

○近畿
京都、京都工芸繊維、大阪、大阪外国語、大阪府立、大阪市立、神戸
同志社、立命館、京都女子、仏教、龍谷、関西、近畿、関西学院

○その他の地域
北海道、東北、岡山、広島、鳥取、香川、九州、宮崎、琉球、岡山理科


11 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/11(土) 19:02:31 ID:LPyH5pMp

○親鸞会の本尊論を再考する
#http://ime.st/blog.duogate.jp/shinrankai/
(#http://light.kakiko.com/skaimatome/backup.htm
→「親鸞会の本尊論を再考する」を読んで
 #http://shinrankai.sytes.net/

○親鸞会は本当に本願寺に勝ったのか
#http://ime.st/shinrankai.jugem.jp/

○なぜ私は親鸞会をやめたのか
#/index_naze.html
→「なぜ私は親鸞会をやめたのか」を読んで
 #http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/

○続・なぜ私は親鸞会をやめたのか
#/nazeyame2/
→「続・なぜ私は親鸞会をやめたのか」を読んで
 #http://shinrankai.9jp.net/index.html


12 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/11(土) 19:06:00 ID:LPyH5pMp

●なぜ私は親鸞会をやめたのか| ホーム
/

コンテンツ

○なぜ私は親鸞会をやめたのか

○続・なぜ私は親鸞会をやめたのか

○なぜ私は親鸞会をやめたのか|マインドコントロールについて

○なぜ私は親鸞会をやめたのか|反響集

○親鸞会の何が問題か(投稿文)

○なぜ私は親鸞会をやめたのか|掲示板

○親鸞会資料室

○リンク集






13 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/11(土) 19:08:29 ID:sWfEDWJf
マインドコントロールで使われる4つのコントロール


1. 行動のコントロール

マインドコントロールを使っている組織に入れば、そのメンバーの行動は徹底的に 賞賛されるか、罰せられるかのどちらかです。

組織の命令に従えば、みんなから今まで 受けたことがないようなすばらしい賞賛を受けます。組織の命令に反すれば罰です。

これは、心理学的な報酬と罰の効果の悪用です。

そして細かい行動の指示をします。あれをしなさい、これをしなさい、あれはしてはいけない、これはしてはいけない、といった具合です。

たとえばかなりはやい時期から布教活動をするよう にいわれ、月に何人の勧誘活動をするか、誰とつきあうか、どこに住むか、何時に寝るか、まで指示されることがあります。

ただし本人たちは、良心に従って自発的に行動していると感じています。

14 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/11(土) 19:09:36 ID:sWfEDWJf
2. 思想のコントロール

徹底した教え込みを行います。彼らは、組織の教祖やリーダーたちだけが真理を
知っていると主張します。

今までのどの宗教でも学問でもわからなかった真理が、今わかったと主張します。
善知識のみぞ知るとか、 人類永遠の謎といったものが、今やすべてわかったなど
と言うこともあります。

その教えに疑問をはさみ込ませずに、頭にたたき込むのです。

時には、寝る時間もなくなったり、他の本や新聞を読む時間もなくなります。

ある団体では、仏教書と会が出している本と、両方を使いますが、実際には
会で出している 本を読んだり、そこで引用されている仏教書の箇所を開くだけで、
自分で自由に仏教書を読む時間などは、とてもありません。

15 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/11(土) 19:10:09 ID:sWfEDWJf
3. 感情のコントロール

恐怖と不安の感情を中心にコントロールされます。人はみな死んだら無間地獄に堕ちるとか、
組織に従わない者は地獄に堕ちてしまうなどと言います。

組織の命令に反した場合には、他のメンバーに叱られるだけではなく、恐ろしいことになると
教えられます。

特に脱会した場合には最も恐ろしい罰が待っているわけです。

人間失格とか、居眠り聴聞の常連だったとか教えを全然わかっていなかった
と中傷され、口をきいてもいけないと言われることもあります。

破壊的カルトに限らず、どの組織でも、そこをやめようとする人にどんな
態度をとるかで、その組織の質がわかるかもしれません。

良心的な一般の宗教は、人に平安を与えますが、破壊的カルトは人を不安に
して、 組織のために働かせ続けます。

16 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/11(土) 19:11:01 ID:nOkqqYs5
4. 情報のコントロール

組織に対する批判的情報の禁止です。私は、聖書を読むこともあれば、
仏教の本を読むことあれば、宗教に批判的な本を読むこともあります。
いくつかの特定の宗教団体が出版している本やパンフレット
を読むこともあります。

しかし、破壊的カルトでは、そのような自由を許しません。特に、
脱会者の文書やネット情報などに 触れることを強く禁止します。
対抗する伝統的宗教の本を厳しく禁止することもあります。

ジャンヌ掲示板やマスコミや2チャンネルなどの、第三者的な
情報の入手を悪縁とかいって禁じることもあります。
思想や感情が行動を生みますが、行動することが、また思想や感情を
生みます。

そして、自分の考えや行動が正しいかどうかを判断する客観的情報は
ありません。
このようにして、人はマインドコントロールされ、組織の奴隷になって
いくのです。

上の4つのコントロールは、ハッサンの「マインドコントロールの恐怖」
を参考にしながら、 自分でもいくつかの破壊的カルトを思い浮かべながら
書きました。
すべての破壊的カルトが、上の具体例のすべてを行っているわけではありま
せん。

スティーヴン・ハッサン 著 浅見定雄 訳

「マインドコントロールの恐怖」

17 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/11(土) 19:12:19 ID:nOkqqYs5
マインドコントロールとは、本人が気付かぬ内に人間の心に指示や命令を
植え付け、 それがあたかも自分自身の判断であるかのように他人を誘導
する技術のことを言う。

そして、カルト集団はマインドコントロールが起きやすい環境をつくり出す。

・閉鎖的状況
・絶対的誘導者の存在
・苛酷な労働

である。西田氏によると、これらの状況が重なると、人は考えることを放棄し、
教祖の言う通り行動するという。

西田氏は、人間の心には誰にでも、支配されたい、操作されたいという願望
すらあると 考えられると話す。

マインドコントロールを強く受けると、絶対服従の心理が作られ、 死ぬことが
正しいと言われれば自殺してしまうものだという。


http://www.fujitv.co.jp/unb/contents/p112_1.html

18 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/11(土) 19:15:05 ID:PzLyvkz5
ぁゃιぃサークル勧誘対処法

 まず自転車置き場などで見かける限り、二人一組で一人に勧誘することが多いみたいです(心理的効果かな)。
二人一組で声をかけられたときには、何か理由をつけて逃げた方がいいと思います。また、少しでもあやしいと
思ったら絶対について行かない。彼らは必ず「場所を変えて話をしよう」と言ってきます。そこにはマインド
コントロール可能な(?)空間が用意されていますので、絶対に行かないでください。
 捕まったときはやはり、何といっても「入りません」ときっぱり言うことが一番でしょう。大概はそれで帰し
てくれると思います。しかし、時には名前や住所、電話番号を訊かれることもあると思います。そこで本当の
住所を教えてしまうと、何度も家に来る可能性があります。切ればいい電話と違い、家に来られるとなかなか
やっかいです。適当な偽住所や偽電話番号を書いておけばいいでしょう。また、何度も訪問してくる場合は
「警察を呼びますよ」と言えば結構帰るらしいです。それでも帰らなかったら本当に110番してもいいんじゃ
ないでしょうか。
 とまぁちょっと書いてみましたが、こういった話はウラ金大でも紹介されていますので、参考にしてください。
また以上の対処法は、悪徳商法にも応用できると思います。
 詳しくはカルト撃退マニュアルを読んでください。
http://www.nurs.or.jp/~juunenso/ayashiicircle.htm

19 名前: 参考:親鸞会の勧誘方法 2006/02/11(土) 19:18:49 ID:PzLyvkz5
925 :名無しさん@3周年:2006/02/02(木) 15:25:37 ID:W4+agxOE
親鸞会の勧誘バインダー原稿の一部(最後の押しの部分)です。

 「いいかえれば人生の目的、これに答えを出しちゃおう!というのが僕らのサークル。

  この人生の目的、なぜ生きるは大事なことだから、偉人たちも考えてさまざまな言葉を残している。
  その偉人・先哲の言葉を通して、いろんな角度からアプローチしているんだね。そして、この大事な問題については
  たくさんの人たちが取り組んできたけれども、その答えがずばり!書いてあるのが教行信証という本なんだ!

  その教行信証の中には'真仮を知らざるによりて、迷失す'と書かれてある。
  真とは人生の目的、非常に大事なこと。仮とは、趣味や生きがい、やりたいこと。
  この違いを知らないから、大学生活も無色・灰色・透明になってしまうんだね。う〜ん。

  そしたら、その違いはなにか。これを知って貰いたいんだわ〜。サークルの趣旨分かって貰えたかな?

  (なんとなく)

  そうか、有難う!このサークルはこれだけでなくて、みんなで食事会をしたり、カラオケ、ボーリング、楽しい合宿なんでもあり!
  文化系イベントサークルなんやね。
  このサークルに入ればキャンパスライフ充実120%間違いなし!○○君に最高の大学生活を約束するよ〜

  ね、そしたら今が絶好のチャンス!チャレンジ入部でロケットスタートだ!頑張ろう!」

今年もこんな感じで「文科系イベントサークル」とか、言うつもりなのかな?
そうなると、全然「正すべき点」が正されていないように思うが。いいかげん、嘘勧誘やめろよ!!


20 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/11(土) 19:19:52 ID:PzLyvkz5
926 :名無しさん@3周年:2006/02/02(木) 16:18:15 ID:W4+agxOE
以下、親鸞会幹部の徹底事項です。

「ネットに発言しているものは、謗法罪ということが分かっていない、とのご教導をいただきました。

 具体的に『インターネット上に本会非難の文章を書きこむことは、恐ろしい謗法罪なのだ』ということを、
 各支部で、受講者に話しすることになりました。徹底する対象者は教学受講者です。」

だってさ。

なぜ、「親鸞会を非難することは謗法罪になる」のかなぁ。
また、「非難」と「批判」はどこが違うのかなぁ。
「非難は」ダメだが、「批判」ならいいのかなぁ。
親鸞会の問題ある勧誘方法などを批判するのも、「謗法罪」だと言うのかなぁ。

まったく、独善的で偏った団体だ。親鸞会もインターネット対策必死だな。

21 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/11(土) 19:20:53 ID:dp2yNTU+
1 勧誘に関する不当な取引行為(26行為)
@ 販売の意図を隠した勧誘(改正前8)
A 重要事項について不実を告げる勧誘(改正前4)
B 重要事項を告げないで行う勧誘(改正前4)
C 断定的判断の提供による勧誘
D 優良・有利誤認を招く勧誘(改正前3)
E 法令等による義務と誤認させる勧誘(改正前2)
F 公的機関の職員等と誤認させる勧誘(改正前1)
G 公的機関の委託等と誤認させる勧誘
H 事業者名等の不明示・偽装による勧誘
I 迷惑を覚えさせる仕方による勧誘(改正前7)
J 威圧的な言動による勧誘(改正前9)
K 心理的不安に乗じる勧誘(改正前9)
L 判断力の不足に乗じる勧誘(改正前5)
M 知識・経験・財産・収入等の状況に適合しない 勧誘
N 虚偽の記載をそそのかす勧誘(改正前5)
O 心理的負担に乗じる勧誘
P 路上等における強引な勧誘(改正前7)
Q 拒絶後の勧誘
R 電気通信手段を利用した不当な勧誘(改正前11)
S 過去の取引の情報を悪用した勧誘
○21資金調達を強要する勧誘
○22正常な判断ができない状態に陥らせて行う勧誘
○23不退去による勧誘
○24勧誘場所から退去させないで行う勧誘
○25次々販売による勧誘
○26抱き合わせ販売による勧誘
http://ime.st/www.hyogo-intercampus.ne.jp/syouhi/hutoukouikoumoku.pdf


22 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/11(土) 19:24:40 ID:dp2yNTU+
932 :名無しさん@3周年:2006/02/02(木) 19:05:40 ID:uTdjNjgG
少し寒さが和らいだと思ったら
週末また冷え込むみたいだね


933 :名無しさん@3周年:2006/02/02(木) 19:10:23 ID:uTdjNjgG
ハワイは暖かいんだろうな
行ってみたい


934 :名無しさん@3周年:2006/02/02(木) 19:17:48 ID:W4+agxOE
>>932とか、>>933みたいな発言って、
ネット対策委員が携帯電話から、なんでもいいから書き込んでいるって聞いたけど、
スレ違いだから、やめてほしいな。なんでこんなことするんだろ。
自分たちのやっていることに、無意味なものを感じないのかなぁ。

完全に親鸞会の奴隷だね。感情も行動も管理されて、無条件服従化しているね。
詳しくは、こちらをどうぞ。


なぜ私は親鸞会をやめたのか マインドコントロールについて
http://ime.st/shinrankai.mindcontrol.tonosama.jp/


23 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/11(土) 19:43:46 ID:dp2yNTU+
240:名無しさん@3周年 :2005/11/05(土) 16:42:51 ID:/zsA166+
今日、明日は報恩講ですね。

学生の場合、宿泊費が安い理由から、富山県や石川県の自然の家(青年の家)を宿泊場所として、利用することが多いです。

本当は、宗教団体あるいはその関連団体は自然の家は利用できないことになっています。

しかし、宗教団体である、あるいは関わっていることを自然の家の人たちには告げず、古典や哲学のサークルとして、自然の家を利用しています。

親鸞会とか宗教団体ではないか、あるいはそれに関わりがないかと聞かれても、違いますと言えばいいと、講師部員が宿泊係に言っていました。

242:名無しさん@3周年 :2005/11/05(土) 16:47:03 ID:4+9ZwVpY
小杉付近は時期になると学生というだけで泊めてくれないとこもあるようで。




24 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/11(土) 19:45:12 ID:dp2yNTU+
746:10/29(土) 18:25 eyOjyc9w
732 >こんなことがあったそうです。 ある年のある大学でのこと。
>S会関連サークルが勧誘を行ったが、その際、無断で教室を勧誘部屋として使用した。それを大学職員に発見され、写真にまで撮られてしまった。
>これ以前にも、学生や親御さんが、このサークルはS会が関わっていることを大学に通報していたが、警告だけですんでいた。
>しかし、この事件をきっかけにサークルの公認は取り消された。

これは岐○大学だろ。



745
>ある国立大学の人が、こんな勧誘を受けたと言っていたけど、これもS会?
>キャンパスを歩いていたら2人組に声をかけられた。 すると、その場でハガキサイズの
>バインダーを出してきて、「うちは勉強会サークルで、就職に役に立つことを身につける
>サークルだ。」という内容の話をしてきた。
>そこで今度、サークルで食事会をするから、この名簿に名前と電話番号とメアドを書いて」と
>言われた。暇だし、食事会ならいいかと思って、名簿に書いて別れた。
>数日たって、このサークルの食事会に行った。食事会だけで終わりかと思っていたけど、その後、
>ゼミがあると聞かされ、聞いてみると「なぜ生きる」ということを言っていたようだが、よくわからなかった。
>ゼミの後、チャレンジ入部しないかと言われたけど、他に入りたいサークルがあるから断った。

これも、岐○大学かな。

もうすぐ、つぶれるだろ。




25 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/11(土) 19:46:21 ID:dp2yNTU+
693:10/28(金) 00:53 0uu57BQy
>北陸の某大学では、「○○キッカーズ」という偽のサッカー部のチラシを見せて、部員が集まらなくて困っているふりをして逃げていた。

これは、北陸の福○大学。

678
>最近、こんな勧誘方法を行った大学があるようだ。
>合格発表や入学手続きの日に、学生有志という名のもとで、大学の説明会をしていると言って
>新入生に声をかける。次の説明会の日に、はじめて、短い部会を行い、人生の目的という言葉を出し、
>サークルということを明かし、入部を勧める。

>これは、大学職員等の反対を防ぐために、声をかけたその日には情報を与えるだけに徹する。次に新入生が来たときに、
>はじめて人生の目的ということを話してじっくり説得するという方法である。

これは東海の名○屋大学だな。


>某国立大学では、大学側の反対が激しいため、あまり目立たない階段で、新入生に声をかけ、車で新入生を学外の勧誘部屋に連れて行き、入部説得したそうだよ。

これは、北陸の金○大学やな。

どうかね、このやり方・・・。


26 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/11(土) 19:47:00 ID:dp2yNTU+
945 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 00:08:19 ID:7hZMTU84
大学内で新入生に声をかけても、学内では入部を勧めず、学外の場所で入部を勧めるという方法をとったところがある。

サークルの勧誘禁止期間中であったため、何人かの部員が職員に注意を受けた。
そのことを部員が講師に報告したら、「学内では入部を勧めていないのだから、勧誘はしていませんと言えばいいんだ。実際に、これは勧誘ではないんだ。」
と答えた。

多くの部員は口には出さないものの、この講師が言うことをすっきりとは受け入れられない様子だった。


27 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/11(土) 19:50:36 ID:dp2yNTU+
943 名前: 名無しさん@3周年 投稿日: 2005/11/15(火) 21:14:10 ID:PvJIeWXp
>>938

>マインドコントロールなんてありもしないことを書かなくても

マインドコントロールは、ありもしないことかな〜?

「引き離し対策」とか、「親カット」「兼部カット」なんて、マニュアルにまで書いて、新入生同士への
情報操作を組織ぐるみで、必死で行っていることが、
「親鸞会でマインドコントロールが行われている」ってことの事実なんじゃないかな〜。


944

28 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/11(土) 19:52:52 ID:dp2yNTU+
971 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 22:15:52 ID:35pm6uvk
「親鸞会の教義は大宇宙の真理」
「高森顕徹会長は唯一絶対の善知識」
という信念が、マインドコントロールじゃなくて、弥陀のお育てによるものなら、
どうしてこうも親鸞会の勧誘方法が、
マインドコントロール理論そのままなんでしょうかね。
そして、どうしてこうも「統一教会」や「摂理」と似ているんでしょうかね。
http://ime.st/ww91.tiki.ne.jp/~oka_megumi/carp_acts.pdf

そういえば、統一教会でも、
「君たちが文先生をメシアと信じることが出来たのは、神の偉大な導きによる」
といって、信者向けにマインドコントロールを否定し、
さらに面白いことに、
「マインドコントロールに善幕はない。
 真理に対してマインドコントロールを使うのは神の意志」
と言っているんだそうですね。

どうも私の知っている「親鸞会」の会員の皆さんの主張は、
「統一教会」とそっくりですね。
ビックリします。面白いですね。




29 名前: 嘘勧誘正当化の根拠 2006/02/11(土) 20:24:39 ID:DyQI+2yH
47 :名無しさん@3周年:2005/10/18(火) 00:02:33 ID:hnZfcOjU
ドラマ「水戸黄門」では先の副将軍水戸光圀公は身分を明かさないとき、すなわち民衆の中へ切り込んで行かれるとき、 必ず「私は越後のちりめん問屋の・・・」と言ってたではないか。
君たち、これを悪と思うか?
五欲にまみれ真実の仏教とは、いかなる教えなのか、全く知らない、すなわち「どう生きるか」しか知らぬ愚かな大衆に、いきなり「阿弥陀如来の本願」「親鸞聖人」と言っても聞く人は、稀の中の稀というのがわからないのかい?
それを尊い仏縁を結ばせていただきながら、それがものすごい価値のあることだとわからず、今になって、だまされたと勘違いしてるのは愚の骨頂だよ。
まさに迷いの深さのあらわれです。

「ああ、阿弥陀如来の本願には、生まれ変わり死に変わり、多生を重ねてもあえないのに、今あわせていただいた親鸞は何という幸せ者か。
真実の他力の信心(浄信)は、億劫という長年月さまよっても獲得できないのに、今、この親鸞に恵まれたとは、不思議の中の不思議、何かの間違いではなかろうか。
遠く仏縁を慶ばずにはおれない。
もし今生で、人生の目的を果たせず暗い心(疑網)に閉ざされたまま、晴れてこの身に救われなかったらば、未来永苦しまなければならなかった。危ないところを助けられた。
この世で必ず救い摂ると約束なされた阿弥陀如来の本願(摂取不捨の真言)に、間違いはなかった。
悪を悪とも知らず、業を業とも感ぜぬ悪性が、こんな広大な身にどうして救われたのか、まったく想像も及ばぬ本願(超世稀有の正法)まことだった。本当だった。
すべての人よ、弥陀の本願を真剣に聞いて、今生で人生の目的を果たし、手遅れになりなさるなよ」

30 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/11(土) 20:28:42 ID:3L5/m3az
76 :うどん祭り :2005/10/18(火) 01:08:08 ID:s1JI1ZvQ
祭りのきっかけは、あるシンパらしき者によるこの書き込みだった・・・



508 :名無しさん@3周年 :2005/05/12(木) 22:37:04 ID:FqyhPX5q

ひょっと立ち寄ったうどん屋さんで食べたうどんが、生まれて初めて食べてよ

うな、おいしいうどんだった。

誰にも教えてやらんぞ、自分だけこっそり行って食べるんだ、って思うかな。

「まあ一返行ってみ」って勧めるよね。




31 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/11(土) 20:29:20 ID:3L5/m3az
81 :うどん祭り :2005/10/18(火) 01:11:55 ID:s1JI1ZvQ
そしてシンパらしき者の間抜けな書き込みが更に2連続で続いた・・・



509 :名無しさん@3周年 :2005/05/12(木) 22:38:44 ID:FqyhPX5q

この味がわからんのだよね、この味が・・・


510 :名無しさん@3周年 :2005/05/12(木) 22:40:22 ID:FqyhPX5q

このうどん食べてない人は、気の毒だよ、ほんとに。



32 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/11(土) 20:29:58 ID:3L5/m3az
83 :うどん祭り :2005/10/18(火) 01:16:11 ID:s1JI1ZvQ
しかしここで頓知の利くアンチが絶妙な書き込み



511 :名無しさん@3周年 :2005/05/12(木) 22:49:08 ID:SUXo8e6a
その店でうどんを食べるには店の人に絶対服従が必要だもんなあ…


512 :名無しさん@3周年 :2005/05/12(木) 22:57:47 ID:h6PWei7d
>>511
しかも見ず知らずの人に言われてもなぁ…


513 :名無しさん@3周年 :2005/05/12(木) 22:59:07 ID:3b3x9HOi
うどん屋という看板がかかっていて
入ったらラーメン屋だった。同じ麺類で見方によっては
うどん(?)だからいいでしょう嘘ではないでしょう
って事で店員は開き直り。
怒って店を出ようとすると絶対美味しいからと帰らせてくれない。
人の味覚はそれぞれなんでまずいと感じる人がいても
おいしいと言うまで帰れない。メニューに値段が書いていなかったんで
800円くらいだと思って千円出したら足りないよ。一律5千円だよとのこと。
キレた客は掲示板で店を批判したら「直接その店にいえよ。」
「もっと味がおいしいとか有意義なことを語ろう!」と
思考停止、逆なでしまくりの発言のオンパレード。
こんなうどんや行きたくないですよね?





33 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/11(土) 20:36:04 ID:3L5/m3az
86 :& ◆4XA6XyPDtM :2005/10/18(火) 01:25:38 ID:s1JI1ZvQ
アンチの攻撃にシンパは沈黙しいよいよ祭りはクライマックスへ

515 :名無しさん@3周年 :2005/05/12(木) 23:10:07 ID:xGYwao5z
>508
違うね。それは新人欠場してる人だけが言えるセリフ。
なぜならば、新人欠場してない人はまだそのうどんを食べてはいないからだ。
言わば、雑誌かなんかで「うまい」って紹介されてるのを鵜呑みにして自分は
まだ食べてもいないのに、他の人に紹介している状態。

>513
禿藁

517 :名無しさん@3周年 :2005/05/12(木) 23:19:27 ID:xGYwao5z
515に追加
雑誌の記事を読んで「うまい。いい店だ」と知っても自分で味を確かめてない人の
意見は聞くに値しませんよね?新人欠場していない人が、いくら良さを語ったとして
も説得力がないのは言うまでも無い。

考えてみれば不思議な人達だ。ある人はそのうどんを食べてもいないのに食べたふり
までして良さを伝えようとする。沢山客がいるのにうどんを食べることができる人は
ほんの数人しかいないうどん屋!


518 :名無しさん@3周年 :2005/05/12(木) 23:25:19 ID:h6PWei7d
きっと、そのうどん屋はとんでもなく高い山の頂とかにあるんだよ。
で、うどん屋だと思って入った家はうどん屋へ行く地図が置いてある本屋で、
地図代は一律5000円也〜♪




34 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/11(土) 20:36:42 ID:3L5/m3az
87 :& ◆4XA6XyPDtM :2005/10/18(火) 01:28:26 ID:s1JI1ZvQ


520 :名無しさん@3周年 :2005/05/12(木) 23:29:16 ID:SUXo8e6a
しかも、食べに行こうよって勧められて入店した客だった筈なのに
当のうどんを食べもしないうちから、店員と同じことするようになってくんだよね。
スゲェうどん屋(実はラーメン屋?)だよなぁ。
客として来た人間を無報酬で働かせたり、なのに入店した料金は払うよう言ってきたり…
こんな営業してるうどん屋があったら、そりゃ2ちゃんで祭りに晒されても不思議じゃない罠。



521 :名無しさん@3周年 :2005/05/12(木) 23:32:00 ID:xGYwao5z
>518
しかも、地図は一度に全部くれなくて、すこしずつすこしずつ渡されるんでしょ?
(同じ部分をわたされたりすることも多々あるが)
そのたびに五千円、五千円・・・。玉ねぎ剥ぎの風俗にいったら1,000枚くらい服を
着ていたみたいな話?





35 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/11(土) 20:37:40 ID:3L5/m3az
89 :& ◆QWv3R1XL8M :2005/10/18(火) 01:29:55 ID:s1JI1ZvQ


522 :名無しさん@3周年 :2005/05/12(木) 23:46:47 ID:SUXo8e6a
>>521 横から失礼
うどん屋を騙る本屋の店員さんは
「地図は全部渡してるが、おまいの目が悪いから全部を嫁んのじゃ」っていう鴨。
ま、でも入店してる間はやっぱり入店料を求めるし、
「この場で読めるまで嫁。読んだ分は払え」に絶対服従で目を通す度に別途5000円也〜♪
ってとこかなあ。


523 :名無しさん@3周年 :2005/05/12(木) 23:50:28 ID:SUXo8e6a
んで、店員さんは「地図を読みたければこうしなさい」っつって
店員同様、店の仕事をさせる。
どんな本屋なんだw





36 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/11(土) 21:52:51 ID:+hJUEk9t
↑こういうのは、ホームページ作って
そこにまとめておくのが良いかと。

37 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/11(土) 22:58:52 ID:HnPnBEDB
●おかし候
「ようように 計らいおうて候こそ おかしくそうろう」
弥勒菩薩さえも、計らいをやめて佛の眼力に乗じておられるのだから、
凡夫の計らいが何になるのか、捨ててしまえ。
と親鸞聖人は仰っている。

●財は大法に活かせ
金のある者には、大法の為にどんどん使うように勧めたらよい。
自損損他のアブクゼニを、大法のために活かすよう仕向けるのは、大慈大悲である。
この精神を恥ずかしく思うのは、仏法の尊さがまだ分かっていないのだ。
法もまた財なり。財もまた法である。

●組織
人の身体ほど、良く出来た組織体はなかろう。
目・耳・鼻・舌・手・足など、それぞれ役目は異なるが、
一旦、体に危害が迫ると一致協力、生命の安全を護る。
足が蚊に攻撃されているのに、ジッと見ている眼や手があるはずがない。
肉体の機関がそれぞれのなし得る分野で、生命体を維持するために総力挙げて団結す
る。
この組織を破壊しようとするガンは即刻摘出される。またされねばならぬ。
真実の組織も、かくあらねばならない。

●活かす
親鸞学徒は、親鸞聖人の教えの徹底のみに生きる。
『教行信証』や『御文章』を著された親鸞聖人や蓮如上人のように、
弥陀の本願開顕に活用できるものは、何でも活かす。
それで親鸞聖人の教えが開顕できれば、どんな非難攻撃も甘んじて受けよう。

38 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/11(土) 23:01:13 ID:HnPnBEDB
27 名前:名無しさん@3周年[sage] 投稿日:2005/11/13(日) 23:04:24
ID:7YhLut3j
親鸞会会員的avex擁護法

・パクリだパクリだと言う前に、avex以上に素晴らしい楽曲を世に発表してみたらどうだ。
・avex批判してる2ちゃんねるって、殺人予告したとこだよね?
・avexは音楽で人を楽しませる、それだけのために作られた会社だ。
・パクリだというが誰もavexを訴えていないからそんな問題は存在しない。

追加・訂正よろ。

39 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/11(土) 23:02:25 ID:HnPnBEDB
667 名前:名無しさん@3周年[] 投稿日:03/03/02 02:36
名前:名無しさん@3周年 投稿日:03/02/28 10:30
布施をして施して損ということは絶対にないです。家も田んぼも畑も全部売って仏法に布施を
してでも絶対に損はないです。明日からどこで住まいすりゃ?
アパートへ入りゃいいんです。絶対に損はない。だから喜んでさせてもらわなければならないこと
なんですから「喜捨」と言われるんですが。

40 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/11(土) 23:03:21 ID:HnPnBEDB
298 名前: 名無しさん@1周年 02/10/07 00:49

>>294
えーと、少し詳細に説明すると、
T森の伊藤師の引用は昔昔ハトの会のHPで公表され
ましたが、その破壊力が災いして、そのHPはつぶされまし
たね。あれ読んで見れば分けるけど、引用とか言える範疇を
越えてます。犯罪です。
T森の盗作書籍は、顕正から始まって(これは東本願寺学者の本の
盗作です)、会報(2ch情報だと大沼氏の盗作)、こんな
ことが知りたい(これは雑多)くらいで、
あいつが自分で書いた本は、
本願寺何故答えぬとか、本願寺の体質を問う
呆戦とか、光に向かってとかじゃないのかな?
光に向かってもあれは大○放流氏に似た書籍あります、ただパクリ
って言えるほどじゃないな。


41 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/11(土) 23:03:56 ID:HnPnBEDB
247 名前:名無しさん@3周年[] 投稿日:2005/07/22(金) 23:28:40 ID:2N9MfOAs
「なぜ答えぬ」にご執心の方が沢山おられるようですが、
私の方が「なぜ答えぬ」をちゃんと読んだのかとお尋ねしたいですね。
正直、あの本は本当に良くできていると思います。

紅楳英顕氏の
「破邪顕正や財施を修することが獲信のための宿善になる、という文証があれば、示
してもらいたい」
という質問を、
「破邪顕正も財施も諸善だから、善を勧めた文証を示せ」
とすり替えた上で、挙げ句の果てに、

「親鸞聖人の教えに善の勧めはあるか?」

という論点に帰結させてしまっているのですから。

高森氏も馬鹿じゃありませんから、紅楳氏の聞きたいことは当然分かっていたでしょ
う。
そして、その答えがないことも熟知していたからこそ、このようなレトリックを使う
ほか無かったのでしょう。
私は「なぜ答えぬ」を読んでいると、そうした高森氏の苦悩が目に浮かぶようです。

やたら句読点が多い読みにくい文章も、
実は高森氏はかえって分かりにくくしたい意図でもあったのかなと思いました。

42 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/11(土) 23:04:57 ID:HnPnBEDB
249 名前: 名無しさん@1周年 02/07/14 21:08

しょうもない座談会開いて、M晴くだらんこと話し取ったな、あほらしくて参加せんかったけど、
上からの命令で聞かされていた、会員かわいそうやった。
シールはって、金払ったか、払ってないか、判るようにしとったな、
滋賀で便所掃除やったことが、下積みの苦労と自慢しとったけど、そんなもん
下積み苦労でもなんでもない。小さいころからご子息様 ご長男様でほめたてられて育った
人間の末路はかわいそうなもんや、N村というえらい立場にいる先生もいうとった。
「馬鹿殿様に仕える映画を見て、馬鹿殿様に仕える家臣の勉強してるんや、もうどうしようもないやろ」って
内部の上層部は20年以上前からこんな状態や  会員もはよう目さまさんと、M晴様なんて尊敬しとったら、それこそ糞に金箔の類やな


43 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/11(土) 23:06:38 ID:HnPnBEDB
344 名前: 名無しさん@1周年 02/09/03 00:21

本部会館に参詣される海員のためにって書や絵を求めて下さったそうじゃね。
マリーアントワネットは、パンがないという群衆に、パンが
ないならブリオッシュをお食べといったそうだが、
権力者って似るのね。


44 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/12(日) 16:33:06 ID:57CboOoX
638 :名無しさん@3周年:05/02/13 00:07:31 ID:/p+uUYIL
そんなことより聞いてくれよ例えば>>630よ。このスレとはあんま関係ないんだけどさ。
こないださ、俺近所のスーパーで見たこともないクリスピー見つけたわけよ。
ちょっと変わったパッケージだったんだけどさ、なんか綺麗なお姉さんがうまそうに食ってる写真があってさ、
まぁたまにはチョコクリスピー以外のクリスピーもいいかなと思って買ってみたわけですよ。
家に帰ってさぁ食うぞと思ったら、なんかちょっとヘンなニオイがするわけね。
ちょっと胡散臭いなーと思ったけど一口食べてみたわけさ。そうしたらものっすごい変な味なわけ。
どうなってんだよ!と思って牛乳つけずに食べたらやっとわかった。コレ、ドッグフードだって。
もうブチギレたね。即スーパーに駆けつけて店長に怒鳴りつけたわけ。「これドッグフードじゃねぇか!」ってね。
そしたら店長こう言いやがんの。
「これはドッグフードをおいしく感じられる舌を持った方のために発売されたものですよ。
人の味覚はそれぞれですから、ドッグフードがまずいと思われてる方はお買い求めにならないでください」ってね。
そこでまたブチギレですよ。だったら初めから「これはドッグフードです」って書けよ!!ってね。
そしたら店長、「でも日本人はドッグフードを人間の食べ物と考える意識が薄かったり、偏見がありますから、
むやみやたらにドッグフードであることを明かすと、本当はドッグフードをうまいと感じる舌を持ちながら
自覚されていないお客様が、死ぬまでドッグフードの味を知らないまま過ごされてしまいますよ?
そういった無自覚や偏見に捕らわれないように、不必要な情報は隠しているんです」ってさ。
もうわけわかんなくなったから「せめて返品はさせろよ!!」って言ったんだけど、
「もうお召し上がりになった以上お買い上げの品は返品できません。
それはお客様の自由な意思で買い、お客様の自由な意思でお召し上がりになったものではありませんか。
返品はできません。ただし残りを食べるか否か、新しく買うか否かはお客様の自由です」だって。

まぁ実際ドッグフードはうまいと感じる人がいるらしいから、みんなも試しに騙されたと思って買ってみるといいよ。

45 名前: ちなみに630とは・・・ 2006/02/12(日) 16:34:56 ID:57CboOoX
630 :名無しさん@3周年:05/02/12 23:36:54 ID:jv6WIRRy
学生サークルに関しては



449 名前:名無しさん@3周年 投稿日:05/02/09 15:48:13 COF0HO3w
元々、学生サークルは、縁の深い人に仏法の話をさせる形をだったんだと思う。
その中でも、本当に縁が深く、気持ちのある人だけが、親鸞会に入会という形をとってたんだと思う。
もとより、日本人は宗教に対する意識も低いですから、むやみやたらに正体を明かすと、
問題が起こったんだと思う。
仕方なく、不必要なことは隠すようになったんだと思う。


こういうことだと思われ。

46 名前: 聞其名号 2006/02/12(日) 16:49:50 ID:57CboOoX
814 :名無しさん@3周年:05/02/17 00:14:04 ID:TabXKv1m

親鸞聖人が、名号ばかりを本尊とせられたのは、「聞其名号 信心歓喜」だからだと思うよ。


815 :名無しさん@3周年:05/02/17 00:22:59 ID:TabXKv1m

真宗の救いの正体は、「聞其名号 信心歓喜」です。

私がもっとも尊く大事にしているものは、阿弥陀如来がお作りになられた名号という名の
無上宝珠の薬なので、私の家では、名号しかおいてません。


817 :名無しさん@3周年:05/02/17 01:15:55 ID:aozBsQ7K
たしか、名は法蔵菩薩の名、号は阿弥陀仏の名だったと思います。
だから聞其名号とは、仏願の生起本末を聞くということではないでしょか。
もちろん、名号は通常六字の名号のような文字を意味するのだと思われますが、
名号は文字限定とするのが一般常識なの?



47 名前: 聞其名号 2006/02/12(日) 16:50:44 ID:57CboOoX
818 :図式化してみよう :05/02/17 02:06:48 ID:Xouru4U+
    A              B              C

                  名号A
   名号@     ⇒    絵像、木像    ⇒     私
  阿弥陀仏          経典
                  善智識
                  e.t.c.

  法性法身         方便法身

   形而上          形而下

Bは、Aの顕現である。
AはBを介して間接的にCに伝わる。(方便の必然性)


名号@とAの違いは、
@…真実、本質
A…字面、礼拝の対象

>815を例にとると
>真宗の救いの正体は、「聞其名号 信心歓喜」です。 →@
>阿弥陀如来がお作りになられた名号 → @
>私の家では、名号しかおいてません。 → A

親鸞会の説明では、しばしば混同されているようにみえる。





48 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/12(日) 17:30:50 ID:57CboOoX
まともな会員さんの意見
656 :名無しさん@3周年:2005/04/23(土) 23:23:34 ID:tKAvhVVz
以下、あまり活動に参加することすら出来ていない、
細々系会員からの余計な意見です。
私が学生時代にs会で教えてもらったことの一つに、
これは仏法とは直に関係のないことかもしれませんが、
「他人から信頼を得るには、並ならぬ努力が必要だ」
ということがありました。
かいつまんで言えば、こういう話だったと記憶しています。
仮に、1年間かけて、努力して他人と積み上げた信頼関係があったとする。
これを台無しにするのは、ほんの数秒もかからない。
その数秒で崩れ去った信頼関係を元に取り戻すには、少なくとも3年はかかる、
つまり、最初の努力の3倍以上の努力が必要になる…確かこんな具合でした。
大学サークルの体を繕って勧誘したり、講師部員や先輩が身分を偽ったり、
新入生同士がくっつかないよう取り計らって
自由なコミュニケーションを阻害したり、
合宿先など外部から隔てられた環境で集中的かつ組織的に
入会を勧めたりetc...
私個人としては当然、s会が安易にカルトよばわりされるのを
快く思っていません。
しかし、そのように疑われ(=信頼を損なわ)れても仕方のない
行動があることは否めないとも思っています。
余計な意見でなのでしょうが、私は
今の勧誘方法は、会への信頼を損なわしめる行為だと思っていますし、
このスレッドの流れもまた、同様のものだと思っています。
こんなものを見て、アンチの誰かが改心するとでも思っているのですか?
時に見かける新入生らしき方が、s会に魅かれるとでも思っているのですか?
力の及ばぬ我が身が、情けなく思われる限りです。
あまりお邪魔はしたくなかったのですが、あえて書かせて頂きました。


49 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/12(日) 17:36:29 ID:57CboOoX
105 :名無しさん@3周年:2005/05/29(日) 14:03:21 ID:9DmswqG8
>かつて会長は世界に親鸞の教えが広まったら会を解散してもいいと
>言っていましたが

世界に親鸞の教えが広まる

→広まるとはどれほどか?それは、親鸞聖人の教えを正しく理解するほど。
→正しく理解すれば、人生の目的を知らされ、それを達成せずにおれなくなる。
→つまり、信心穴状しようと、光に向かって進まずにおれなくなる。
→その前段階として、十分条件として、善知識に絶対服従しなければならない。せずにおれなくなる。
→つまり、T森先生に絶対服従せずにおれなくなる。
→世界に親鸞の教えが広まるとは、世界の人がT森先生の下にひれ伏すことが前提条件となる。
→つまり、事実上の世界征服の宣言。



106 :名無しさん@3周年:2005/05/29(日) 15:07:46 ID:mx/JDwB3
>>105 
>→つまり、事実上の世界征服の宣言。

そうなった場合更に考えられるのは、
→自分達と異なった考えのものは徹底的に排除。(魔女狩り?)
  学校で偏った歴史しか教えられなくなる。
 異端審問の横行。


50 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/12(日) 17:52:39 ID:5giLwIp2
■ 破壊的カルトのチェックリスト
 勧誘方法は良心的か
 教祖や教団組織に盲従するようにしていないか
 教団組織の外の世界を極端に悪く言わないか
 信者の個性を尊重するか
 異常に厳しい生活上の決まりはないか
 外部の情報を自由に得られるか、またそれらの情報への態度はどうか
 伝統的宗教を極端に軽蔑していないか
 一般の学校への進学に積極的か消極的か
 信者の自主性やプライバシーを尊重しているか
 信者の過去の出来事や人間関係をバカにしていないか

■ 対洗脳・情報操作に対する十箇条
1. 与えられる情報を鵜呑みにするな、まずは疑え。
2. 自分の頭で考えている気になるな、殆どの場合無意識に誘導されていると思え。
3. 数字に騙されるな、数字でも悪意があれば操作する事は可能だ
  統計ってやつは算出方法次第で操作できたりするんだ。
4. 過去に目を向けろ、必ず今と繋がっている。
5. 皆が一様に同じ結論、意見に達したときは、情報操作もしくは悪質な誘導、
  最悪洗脳されていると考えろ。
6. 事象、問題点、結果を箇条書きで抜き出せ、そして関連付けろ。
7. 耳触りの良い言葉ばかり言う奴は信用するな。そいつは下心を隠している。
8. 強硬論をまくし立てる奴は単なるパフォーマンスでやってるだけだ。バックに居る誰か、
  もしくは何かから目を逸らす目的があると考えろ。
9. 正論ばかり述べる奴には気をつけろ、禅問答になる。
10. やばいと感じたら直ぐに逃げろ。逃げ道の確保を忘れるな。


51 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/12(日) 17:56:58 ID:2MEO1oIS
235 :親鸞会の歩き方 :2005/05/07(土) 00:07:03 ID:PEAoCcl/
Dear 新入生諸兄
新勧の時期もほぼ過ぎた今後、
s会では今後1年間、新入生諸君の為に以下のようなスケジュールが用意されているので参考にどうぞ。

(以下大筋)
GW合宿から夏休み前まで
・富山本部での説法を聞きに行き始める。
(これは毎月必ず行くもの。)
「真宗聖典(法蔵館)」「なぜ生きる」を購入。
・部会の内容もいよいよ説教チックに。
阿弥陀仏や仏教における罪悪等、宗教色満開の話もこのあたりからスタート。
話によく信順する香具師には「尊いねえ」「ご縁が深いんだねえ」などの特殊な褒め言葉を。
離れていく者については「彼はよく聞いてなかったから」「縁なき衆生を救い難しというからねえ」と
説明し、「残ってる君はスゴイんだ」みたいな具合の格付けで持ち上げつつ
離れにくい雰囲気を作り出す。


52 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/12(日) 17:58:43 ID:2MEO1oIS
236 :親鸞会の歩き方 :2005/05/07(土) 00:07:45 ID:PEAoCcl/
夏休み
・富山本部での夏合宿に行く。
この合宿で入会を集中的に勧める。行った先で即決を求めらるのがデフォ。
数時間に渡り説得される場合もある。
(歩き方ポイント・入会すると具体的にどんな活動をするのかを聞いても、あまり明確には教えられない。
とりあえず「聴聞がメインで、信心決定するのに必要なこと以外は全くしない。」みたいな曖昧な返答が用意されており、
財施や勧誘活動、またそれらに目標数が設定されること、指摘会合があることなどは決して明かされないので要注意。
入会したい人は、その辺りの実情を詳しく問い質しておいたほうが後々の為にもなるだろう。)
・教義の学習も本格化。「教学聖典」購入。バリバリ暗記する。
・「財施は尊い行い」として、精一杯の献金を勧められ始める。
・会監修のアニメ(全巻しめて十万円強)の購入も勧められる(その他、会の発行物多数も)。
(歩き方ポイント・「精一杯の財施」を勧められた後に、アニメ購入が待っていたりするので
この後も続けたいという人は、アニメ購入資金を確保した上での「精一杯」にしておくと後に困らない)
・合宿後に帰省する新入生には「先祖の墓に向かって手を合わせるな」等の指導あり。
・現今の寺の衰退振り、他宗(特に日蓮宗や創価瓦解)の批判なども勢いよく行われる。
・上司や先輩の指示・命令に対しては、何であれ「ハイ」と答えるのがBESTであると諭される。
活動に後ろ向きな発言は禁じられる。
・この間、先輩たちは別途の合宿や勧誘などを行ったりする。
いつもいる筈の先輩が急にいなくなったりしたら、何をしていたのか聞いてみよう。


53 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/12(日) 17:59:39 ID:2MEO1oIS
237 :親鸞会の歩き方 :2005/05/07(土) 00:10:12 ID:PEAoCcl/

・11月末日頃の一大イベント「報恩講」に向けて気分の引き締め(先輩は勧誘)。
・学祭に紛れ込んでの勧誘も各地で。
(歩き方ポイント・これ以前に離れていき、誘いが来なくなっていたような人にも、
このくらいの頃には改めて強いプッシュが来るであろうから心の準備を。)
・新入生にも「君にも法施(勧誘)が出来るんだ。よかったねー」と、
各地の部会や講演会案内のチラシ配りなどが勧められる。
・夏に始めた「教学聖典」の暗記も相当に進んでいることだろう。

冬〜翌春
・冬休みの始め頃に本部でちょっとした合宿あり。クリスマス・初詣厳禁の通達。
・年明け辺りから勧誘部会が徐々にスタート。
翌年度のダミサ勧誘に向けて訓練。
声かけから勧誘マニュアルの話し方まできめ細かい指導を受ける。講師部員などの嘘肩書きの申し合わせ等あり。
(歩き方ポイント・ダミサ勧誘を休むのはもっての他。
他大学への勧誘ヘルプにも出向くので中々バイトのスケジュールも工面し辛い。
従来からの精一杯の財施やアニメ購入(分割払い)などで、活動費どころか生活費に困窮してくる場合も。財施は計画的に!?)

これでキミも立派なダミサ勧誘員になれるぞ!
補足事項・新情報などあれば投稿をお待ちしています(歩き方編集部)


54 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/12(日) 22:48:46 ID:2MEO1oIS
238 :親鸞会の歩き方 :2005/05/07(土) 00:26:09 ID:PEAoCcl/
気になる予算は、設定した財施額や発行物の購入頻度などによって変動する。
他の「カルト」と評される団体に比べれば、額面的には「比較的物価の安い方」とは言える。
交通費や御法礼、日頃の部会や講演会などに参加するのに必要な経費から
考えれば、基本として月3〜4万円程度だが、
財施や発行物購入等により、実質5〜6万円位の予算は見積もっておきたいところ。
また、合宿のある月には合宿費など別途の費用が掛かるので予め準備しておこう。
(時期や地区によっても差が生じることもある)

55 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/12(日) 22:49:25 ID:2MEO1oIS

>>235-238 「歩き方」に追加
親鸞会では、以下のような暗号が用いられます。
入会後や次年度の活動では必須なので、早めに覚えておくといいでしょう。
・AT ATTACKの略。「勧誘」の意味で用いられる
・GHR 御法礼。法話を聞いたときに募られる財施。最近、一律5千円と決められた。
・GHS 御報謝。活動に際して募られる財施。
・KG 建立御報謝。会の建物造立や維持費の名目で募られる財施。
・CM 「クラス回り」。離れそうな部員などの受講している教室あたりで、対象者が出てくるのを待ち説得する。
・GM 「下宿回り」。CMの対象者が下宿生であれば、下宿先まで出向いて説得。
まだなんかあるかな。


56 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/13(月) 00:37:13 ID:EDg1jC6j
#http://kuroneko-upload.no-ip.info/uploader/sn/src/up5347.jpg

57 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/13(月) 07:45:34 ID:8fg23WzL
このスレは重複スレにつき、削除依頼が出されてます。
下記へ移動してください。
../../life7_psy/1138/1138456651.html

58 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/13(月) 11:12:26 ID:wse3IwYd
次スレでいいんじゃない?せっかくテンプレも改善されたんだし。

59 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/13(月) 15:55:53 ID:oNdXXGvs
466 名前:名無しさん@3周年 :04/05/17 01:52
私は一年のとき大導師試験に合格しました。それぐらいなら他にも何人かいるのですが私は取り分け熱心に活動していたのです。
たとえば勧誘とか月に200人に声をかける、と意気込んでいました。
そしてその言葉どうりに勧誘を4年間続けたのです。
そうして4年になってまだ進路が決っていなかった私に担当講師と先輩から「講師の道を進まないか」とすすめられました。
私は講師の道を進むことにしました。
親にそのことを相談しました。反対されるのは目に見えていました。
しかし意外な答えが返ってきました。
「お前は止めてもその道を進む気なんだろ。お前の好きなようにしなさい」
という答えでした。
そして私は顕真学院に進みました。
そこでの生活は規則がきっちり決められていて、毎朝6時に起床それから掃除そして朝食をとり、勤行。
そして聴聞を受け、さらに教学を学び、講師として説法をするノウハウを学びます。
夜はお勤めをして夕食、その後自室で自由時間です。
そして11時就寝。
これが毎日の日課です。
顕真学院に進んで一年も経ったとき私はこの単調な生活と下界から孤立したような世界に精神が耐えられない状態になりついに顕真学院をやめる決意をいたしました。
その後就職活動もいたしましたが大学時代、会の活動ばかりやっていたため採用してくれる企業などあるはずもなく、やむをえずフリーターになりました。
そうして2年間フリーターとして生活しました。
大学の時、会の人としか付き合わなかったので当然友達はいません。
私は大学時代をやり直したい。そして普通の人と同じように幸福な家庭を築いて普通の生活をしたかったです。
しかしあまりにもおそすぎる。
後悔の念でいっぱいです。





60 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/13(月) 16:15:43 ID:oNdXXGvs
716 名前:名無しさん@3周年 :04/11/09 07:35:33 ID:hjUIrPai
(顕真の巻頭言)
-----------------------------------------------------
八十五年間の生を終えられた蓮如上人の葬儀の翌日、
上人の教化を受けて人生の本懐を果たし、
『恩徳讃』に燃える奈良吉野の与次郎という親鸞学徒が、
山科に馳せ参じ御臨終にも葬儀にもお会い出来なかったことを
嘆き悲しみ、葬場の囲いの中で腹十文字にかき切って殉死している。
いかに上人の感化が偉大であったかが窺われる。
--------------------------------------------------------

これを書いたのは本当にT森さんなんですか?

61 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/13(月) 16:18:01 ID:oNdXXGvs
675 名前:名無しさん@3周年 :04/11/06 23:34:33 ID:IrCpDUXG
2004年10月29日
「群集心理」/ アンビリバボー
人間の群集心理について特集されていて、なかなか面白かったです。
今回の特集のキーワードは「傍観者効果」、「多数派バイアス」、「正常性バイアス」でした。
この3つの言葉は群衆心理を表していて、
傍観者効果は「他人をあてにする」、
多数派バイアスは「他人に合わせようとする」、
正常性バイアスは「異常な事態を正常と認識する」、
という意味があるそうです。

http://blog.dyk.jp/archives/8625762.html

http://blog.goo.ne.jp/rikummm/e/e7ac13935c0cb33598bd9ba3fb352ca1

おそろしい宗教団体s会がまさか天下の大学で勧誘しているはずはなかろう、などと考えるのも
やはりあやういです。正常性バイアスが働いてます。
また勧誘している学生たちも正常性バイアスと多数派バイアスが働いてますね。
自分の意志を貫きましょう。





62 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/13(月) 16:19:41 ID:oNdXXGvs
867 名前:×ラフ :04/11/12 00:32:16 ID:mbTikTRP
皆さんハジメマシテ。脱会9年目の×ラフ(コテハンドキドキ)でつ。よろしくです。
こんなスレあったんですね〜。懐かしいネタがイパーイ♪記念カキコお邪魔します。

私がs会を抜けるときに考え直したのは、
「どうして自分は、『何故、人(自分)は生きるのか』と問うのか」ということ。
入信して2年弱。学生幹部候補(L会合参加資格アリ)の頃でした。
何だか、自分の人生のことを自分の言葉で考えられなくなってきてるんじゃないか?
自分の思考(決して信心のことではありません)が、教義のシステムや
組織保守の論理にずっぽり取り込まれ、そのようにしか言動を働かせられない自分が
非常に怖くなったのです。
教えや組織・人間関係のあり方に疑問を覚えたのも確かですが…。
その後、入信時(大1)の自分は、奥底に隠れた本音として
「自分の人生に責任を持ちたくなかった」「自分の人生を自分で失敗させるのが怖かった」
という心情があったと顧みました。我ながら情けないorz
あの頃、自分では捉えられor捉えたくなかった、そういう情けない己を誤魔化す手段として
人生の答えを(ある意味)明示するs会入りを選んでいたのだな…と、、、
あのコミュニティの中にいれば、どんな異論を挟む人も
「ホントの仏教知らないから」「縁次第だから」と、タカを括っていられるものだから
ラクチンなんですよ、自尊心を保つのに。 体力的にはキツイけどw
全ての会員がそうだとは思いません。単に自分はヘタレだった。それだけのことです。
ただ、現会員の方は一度、ご自身の人生をどのようにされたかったのか、
変なプライドを首の皮一枚で繋ぎ止めるために教えの言葉を濫用していないか、
教義の言語域を離れた場所から再考して頂きたいと思うばかりです。
百道を進むにせよ、離れるにせよ、決して損のないことだと思います。
万一私と同様であるなら、それは個人にとってもs会にとっても望まれることではない筈です。

つまらぬカキコお許しください。
「チラシの裏に書いてろ」AAドーゾ↓


63 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/14(火) 15:18:28 ID:7LeNMAOB
370 :VX ◆n6bZuolVp. :05/01/14 00:22:03 ID:M9IPOK3m
私もオナーニライフで留年したとです・・・VXです・・・('A`)
今となってはいい思い出ですが。因みに無修正エロ動画は残念ながら持っていませんので悪しからず。
>>366氏 同意です。が、そのセックルテクは諸刃っぽいですねw萎えて元も子もなくなりそうな気も・・・^^;

全国L1合宿の体験レポですが、前世紀末の話なだけにうろ覚えの点も多く
私にとってはフラッシュバック系の記憶で、言葉にすることもこれまで滅多になかっただけに
どこまで書き切れるかわかりませんが一応以下、記してみます。

順を追って話すと、まず前振りとして
1年生を入会に導く夏合宿後、8月前半あたりのL1会合から話は始まります。
学生本部長(当時)より、
「L1メンバーの中で、求道姿勢に問題があると思われる者を実名で挙げ
所定の報告書で各地区担当講師にアップせよ。提出者名は匿名でよい。期限は8月○日まで」
という通達が出されました。
正直、この命令には「?」と思いました。
アップしたあと、それらの報告がどのようなことに用いられるのか、
何の為にそのようなことをするのか、意図を測りかねたからです。
(このとき、本部長の口からは、これについての具体的な言及はなされませんでした。)
「求道姿勢を正す為」と言われればそれまでなので、この疑問は先輩にも講師にも問えませんでした。
ただ、どのように「正す」つもりなのかも知らされないのに、他人の名前を挙げ連ねるのは
私の気持ちとしてはばかられたとともに、
奇しくも、提出期限日は私が帰省期間として既に報告していた時期だったので、
私は提出せずに済ませました。


64 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/14(火) 15:19:13 ID:7LeNMAOB
371 :VX ◆n6bZuolVp. :05/01/14 00:26:09 ID:M9IPOK3m
それから追悼法要や各種部会、夏合宿第2弾、バイトなどの慌しい日々が過ぎ、
「あの通達は何だったのだろうか?まあ、個人面談での指導でも順次行われているのだろう」などと
思い始めていた8月末、例の全国L1合宿が催されました。

場所は、s賀県(お笑いベーシストはなわとは関係ない方)のs会会館。
ムーンライトだか大垣夜行だかでワッセワッセと到着し、サクサクと荷物をまとめて準備態勢を整える。
あのキビキビした感じは今でも好きなんだけどなあ。ま、それはいいとして
張り詰めた空気の中、全国の学生幹部が集い、講座が始まる。
その後の光景が私にはショッキングに感じられたため、コトの前後はあまり定かに記憶していないのですが、
前半は、講師や学生本部長の、何時にも増して厳しさのある話がされたと記憶しています。ニュアンス的には、
「釈尊から七高僧方、親鸞聖人や蓮如上人、T森先生のご恩を、おまいらはどれほどのものと受け止めておるのか?
 己の中にある『このくらいでよかろう』などという甘えを恥ずかしく思わないのか?えっ?」のような
詰問的要素の強い内容でした。

で、全国のL1メンバーと親睦を深める休憩が挟まれ、「さすがに雰囲気が違いますね。身が引き締められます」とか、
別の地方からの参加者と
「関東学生部ではこんなもの(モバイルギア…懐w)が必須なんですね。進んでるなあ。」みたいなマターリ会話を交わしました。
まだメール機能付きケータイなどあまり普及してなかった頃だったのですね。
余談ながら、このモバイルギア。私は先輩から「会員は絶対必携」と言われ、血の小便の出る思いで経費を捻出した経緯が
あっただけに「ええっ?ホントかいタラちゃん!?」などと心の中でマスオさんの声真似などしてみた次第でしたが。

そして、後半にはM晴総本部長(当時)が演壇に立ち…スミマセン…明日は早いので続きは後日うpします。
お休みなさいませm(_ _)m


65 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/14(火) 15:25:02 ID:7LeNMAOB
414 :VX ◆n6bZuolVp. :05/01/16 01:33:02 ID:26kKnkfz
>>413 「板イパ-イ」訂正→「スレイパーイ」
別の話題沸騰のところ失礼します。空気嫁ずスマソm(_ _)m
出来ているところから順次うpします。L1合宿後半(前半>>370-371参照)

M晴総本部長からは、やはりまず前半部での詰問系の話がされました。
これも、一字一句記憶しているわけではないのですが、
「善智識方の決死の布教をなんだと思っているのか。
 『こんなものでよかろう』などと怠け心を抱いているからいつまでたっても聞き切れないのだ。
 そういう思いで、阿弥陀仏のみ心を踏みにじっているのだ。親鸞学徒として情けない限りではないか。
 いつも拝読している『身を粉にしても報ずべし。骨を砕きても謝するべし。』を何と心得ているのか。
 何としても救わんとされている阿弥陀仏の仏身(=心)より血を出ださせているのは誰のことなのか、よくよく考えよ」
といった具合でした。
拳を強く握り締め、頭を深く垂れながら聞き入る者もしばしば。

しばらくそういう前奏曲が続き、一段落したところでアシスタントの講師が
ズラリと名前の列記されたホワイトボードを運んできました。
総本部長は大喝一声、「ここに、自分の名前があると自覚される者は、立ちなさい!」

以前の通達で挙げられた、いわゆる「求道姿勢に問題がある」とされるL1メンバーの名前だとのこと。
真っ先に自分の名前を探しました。
コソーリ付き合ったり、勧誘のあり方に疑問を感じるなどと講師に相談したりしたこともあり、
また、この時私は3年生で、既にある種の疑問を携えながら活動に取り組んでいたので、
挙げられているに違いない…と、思ったのですが、幸か不幸か、どうやら私の名前は無いようだ。
いや、それはそれで不思議なのだが・・・。


66 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/14(火) 15:26:01 ID:8UWKornp
415 :VX ◆n6bZuolVp. :05/01/16 01:36:55 ID:26kKnkfz
数人の者が立ち上がり始める中、講堂の脇から講師部員が「早く立たないか!」とけしかける。
立ち上がったのは多分、2,30人くらいだったと思います。
(因みに目算だとこのときの参加者は100人強くらい???この辺の数字はあまり定かでないです。スマソ。)

私の目の前で座っていた部員も立ち上がりました。今でも強烈にフラッシュバックしてくる光景は、
彼の、スラックスの膝裏。夏の連日に渡るスーツ正座で、折り目も消え蛇腹のようにヨレヨレの生地。
少し膝が震えているように見える。
ちょっと余談なんだけど
(余談大杉?でもそういう話題でも挟まないと私自身、記憶と直面するのに辛さを感じるのです。ご理解下さい)
彼は他地区ながらL1会合やGCK等でもたまに声を交わしていた2年生L1。
音楽の趣味とかが似ていたもので、結構仲良くしていたつもりです。ま、それはいいとして、
下手な先輩なんかより(私もその一人だったわけだが)、傍から見ててよほど励まされるくらい頑張っていたと思う。
振り返ってみれば、凄く前向きなんだけど、続けるには危うさを感じさせるほどの熱心さを持った後輩でした。

「何故彼が?」などと思いつつ、総本部長の指摘が始まる。ここからの記憶はイヤというほど鮮明だ。
その有様はむしろ忘れたいくらいなのにorz
(以下、一々の前後については正確ではないかもしれないが、
 交わされた言葉・その意味するところは、この合宿で出てきたものだと明言できます。)
・・・と、いいところ(?)でまた次回へ続きます。おやすみ〜。


67 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/14(火) 15:27:03 ID:8UWKornp
424 :VX ◆n6bZuolVp. :05/01/16 22:15:08 ID:26kKnkfz
全国L1合宿体験談(前レス>>370-371 >>414-415参照)

総本部長は、立っているL1メンバーのうちの一人(仮にA氏とする、私とは少しばかり面識のあった先輩)を指し、
M総「キミの名前は、なんというのかナ?」
A氏「ハイ、××大学4年、Aと・・・」
脇の講師部員より「声が小さい!ハッキリと答えなさい!」と指摘が入る。
A氏「ハイ!すみませんでした!××大学4年、Aと申します!!」
M総「今、どうして自分が立っているのか、キミに分かるかナ?」
A氏「ハイ!え〜・・・自分の求道姿勢に、問題があるからだと思います!」
脇講「『思います』じゃないだろう!」
A氏「ハイ!すみません。自分の求道姿勢に、問題があるからです!」
M総「そうではなくて、じゃあ、具体的にどういうところが問題だと自覚してるのかナ?」
A氏がどのように答えたかは忘れました。しかし、答えるごとに、総本部長の指摘は続く。
「アニメの第4部で、○×について親鸞聖人はどうおっしゃっていたかナ?」「今日の一日一訓は何だったかナ?」
「今月のT森先生のお歌を言ってみなさい」等々。
答えられないと、「キミはお勤めしてないのか?」「聴聞録すらちゃんとつけておらんのか?」
「善知識のお言葉を、覚えておらんとはどういうことか。善知識を軽んじておる証拠じゃないか!」と、種々の叱責を飛ばす。


68 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/14(火) 15:27:36 ID:8UWKornp
425 :VX ◆n6bZuolVp. :05/01/16 22:17:55 ID:26kKnkfz
それでもA氏が「いえ、○×しています!」などと答えれば「じゃあ、なんで私の質問に答えられないの?」と切り返される。
「今の質問に答えられないというこは、ちゃんと○×しておらんからじゃないの?自宅生だとか、言い訳はいらんよ」等々
・・・時折、「じゃあ、この質問に答えられる人いるかな、立っている人で」
それで手が挙がらなければ「情けないな。じゃあ分かる人は誰でもいいから手を挙げて」と全員へ質問を振る・・・
始めは、空気の重さのあまり、誰の手も挙がらない。講堂脇から「遠慮することはないんだぞ!」との声が掛かる。
誰かが答える。やはりオドついた声に「答えるならシッカリと答えないか!」と言われつつ、一応の返答が出る。
すると総本部長は、これを引き合いに出し、立っている人やA氏などに
「彼は分かっているのにどうしてキミらは分かっておらんの?」と更に追い込みをかける。
M総「なあ、A君は、どうしてさっきの質問に答えられなかったのかナ?」
A氏「ハイ!自分は、しっかり○×できていなかったからです!スミマセンでした!」

彼の応答する声は、最初は強張りながらもハキハキしていたものでしたが、
執拗な指摘や脇の講師からの「もっと大きい声で!」「背筋を伸ばせ!」などの集中砲火を経て、段々と
枯れてうわずったような怒鳴り声のようになっていきました。

と、まあこんなところで、続きは一旦置いてまた後ほどにノシ


69 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/14(火) 15:32:52 ID:wClYG/AI
464 :VX ◆n6bZuolVp. :05/01/18 00:19:37 ID:wIaNzleh
皆様今晩は。こうもりさん(いつもお気遣いありがとうございます。ご好意に甘えさせて頂きます。)を始め、
幾つか大変興味深い投稿をお見受けしました。それぞれにレスしたいと思っていますが、
私の体験談の終了まで、発言を手控えておられる方もいらっしゃるようですので、一先ず話を進めたいと思います。
他の話題で議論されたい方々も、ご遠慮なさらずどしどしカキコしてください♪でなければ日記帳よばわりなのでorz
まあ、きょう日のチラシといえば両面印刷がデフォなわけですがw
…が、ここで一旦、一部の方へのレスを含め、改めてお断りをさせて頂きます。まことに細かい点ではあるのですが・・・。
>>450氏 高いご評価を頂戴し、大変恐縮しております。しかし当方としては、更に恐縮ながら申し上げておくべきことがあります。
あくまでも私の体験談は、「事実の描写そのもの」というよりは
むしろ「私個人の記憶の描写」と位置づけるのがより正確と言えるでしょう。
私が見、体験した出来事の記憶を、可能な限り漏らさず、かつ出来うるものならば、(比較的にでしかなくとも)正確を期しつつ
描写を試みているものに過ぎないものであると、投稿者自身として自覚するところを表明しておきます。
それゆえ、記憶の定かでない点などは、その旨の注を入れてきておりますし、また、残念なことに
私は、私の視座を離れてモノを申し上げることは出来ないのが実情です。
これまでのところ確かに、描写された「記憶している出来事」そのものへの否定は寄せられておりません。
しかし、既に>>446氏より、私の語り口・文体・表現方法に偏りがあるとの指摘を頂戴しております。
この点については当方、否定しがたい部分は勿論あります。
ということで、この「私の記憶の記述」は、そのような性格を孕むものであり、ここで語ったことを一字一句鵜呑みにすることは
私としても求めませんし、むしろ別な立場の方からの経験に基づいた感想なども参照した上で、この
全国L1合宿というものが、どういうものであるかを、幾つもの対話を経つつ各自で判断して頂ければと思っています。




70 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/14(火) 15:33:35 ID:wClYG/AI
465 :VX ◆n6bZuolVp. :05/01/18 00:22:07 ID:wIaNzleh
なお、議論を進めていく上での判断基準としては、>>445氏のご提示された
>それが仏法上、あるいは道義上、間違っていないかどうか
という観点が、誰にとっても有意義なものだと思います。本スレに来られている方々が、一番共有しうる物差しでしょうから。
以上前置き、ちょっとのつもりが長くなりました。すみません。
以下、全国L1合宿体験談を続けます。

(前レス>>370-371 >>414-415>>424-425参照)
幾つかのそうしたやりとりがあり、「じゃあA君は今後、自分はどうしていかなきゃならんのかナ?」
A氏「ハイ!自分はもっと○×していかなければならないと思います!」
M総「まだ分かってないようだね。『思います』なんて言うところに甘えがあるのよ?阿弥陀仏はそんな誓いを立てられたかナ?
    『一切衆生を絶対の幸福に救い取ろうと思いまーす、出来なければ正覚を捨てようと思いまーす』じゃ、
   こんな誓いは頼りないんではないかナ。キミも親鸞学徒であるのなら、もっとシッカリと約束しなきゃいかんよ」
A氏「ハイ!すみませんでした!○×していきます!!」
M総「ウン、○×するのはいいんだけど、そうしていくためにA君は、具体的にどういうことをするのかナ?」
それから「それはここにいる皆に誓えるかな?」等、2,3のやりとりを交わした後、
「絶対にその誓いを守るのだな?」と念を押し、A氏の明確な返答を待って、
彼への指摘は終了(といっても座ってよいということではないです)。
その次にも引き続き、他に立っている人の数名に対して、同様のやり取りがなされました。




71 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/14(火) 15:34:58 ID:wClYG/AI
467 :VX ◆n6bZuolVp. :05/01/18 00:39:52 ID:wIaNzleh
>>466氏 ご指摘のの通りです。当時の先輩や同期で、合宿の記録をつけている方がある筈ですので、
(年は違うかもしれませんが、内容が類似しているであろうことは容易に想像できます。)
私としてもそうした方々からの指摘・修正等を頂ければと思います。

以下>>465の続きです。
それらについては、各々に対して内容こそ違いはあるものの、大体の流れはA氏の時とほぼ同じです。
一々の指摘の内容は、これ以上書くのも煩瑣になるので割愛しますが、基本的に、
如何にその人が会の活動に対して消極的であるかを反語を用いて指摘しつつ、
その人自身の口からそれを認知させ、それに対してs会教義を援用しつつ
「獅子身中の虫」「仏弟子に非ず」「親鸞学徒にあるまじきこと」などの評価を下し、
自己批判を促して、対処策を全員に向かって誓わせる、というものでした。
(こうして抽象化しちゃうと、まるで2chでのレス応酬みたいですね^^;)
やり取りの結部は、会員の決意表明で締めくくられ総本部長が念を押す、という形式です。

因みにこの間の私が何をしていたかというと、
始終ほとんど目をつぶってジッとそれらのやりとりに耳を傾け、時折目を開けては、目の前のヨレヨレスラックスを見ていました。
別にホモで足フェチ趣味があるからではなく、他に目のやり場がないものでしたから・・・
彼ってば、ずっと膝が震えてるよ〜(つA`)
(私の当時の内情については、別箇所でまとめて述べる予定です。)

それで小一時間ほどは経ったでしょうか・・・「全員、座ってよい」という指示が下り、
総本部長はお話を続けました。
「あのねえ、これは何も、今回立たされた人だけの問題ではないのよ?聞き切れていないということは
 教えを正しく理解しておらず、阿弥陀仏のみ心を跳ね除けているのだから、皆に言えることなのよ。
 一人一人が自分のこととして受けとめなきゃ、意味がない。そこを履き違えちゃイカンよ。」とまとめに入る。
この合宿の目的は、あくまでも参加者全員が正客、立った者、立たなかった者の差などない。
各自の自覚を強く促す、という趣旨の纏められ方をされました。・・・今回は取りあえず、こんなところでしょうか。


72 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/14(火) 18:51:02 ID:xtwIMAOe
↑改行の位置が悪いせいで、さっぱり読みにくい。
無修正キボン


73 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/14(火) 19:11:16 ID:qH3SlFUJ
無修正だバカヤロー


74 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/15(水) 01:54:57 ID:Np8I9Cst
>>72
ウィンドウ最大にしたら?
よく読めるよ。

75 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/15(水) 22:12:47 ID:Z67orhWO
YAHOOとかNIFTYで親鸞を検索すると
出てくる検索内容は、ほとんど全て親鸞会関係のものばかり。
一宗教団体のコマーシャルホームページばかりが
ネット上を我が物顔で占拠してしまっていいものだろうか?
何も知らない人は、親鸞会製作の親鸞像でしか、
親鸞を調べることが出来ないわけだ。

76 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/15(水) 22:29:27 ID:Jqqy061Q
>>75
それは本願寺の禿どもの怠慢に一番の原因がある。
万死に値する。

77 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/15(水) 23:13:57 ID:Np8I9Cst
中国の民主化運動に関するHPが検索でヒットしないのは、
民主化運動をやってる連中の怠慢が原因だ。

78 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/16(木) 00:42:30 ID:8vlJIpbB
867 :名無しさん@3周年 :04/12/23 12:22:49 ID:2MSZfEx3

続・体験発表
s会には、とても親しい友人がいました。しかし、
しばらくして、友人は、だんだん部室に来なくなり、気づくと止めてました。
止めるなら、言ってくれればよかったのに…とは、思いながら、
その心も分かるようで、いたたまれない気持ちになりました。
講師は、友人のやめた直後の部会で、辞める人というのを分析して、笑って、
辞める理由は結局五欲と簡単にかたずけ、まるで人間の尊厳もないかのように扱いました。
私は、講師に憤りを感じながらも、一方でやめずらい空気になったなあと内心自分の保身も考えてしまい、
複雑な気分で、なんかそこにいるのが悲しくなりました。

今辞めれば、友人が辞めたから自分も辞めるという優柔不断な決断のようで、
様子を見て辞めた卑怯者、根性なしと、言われ笑われ物にされるようで‥‥
自分が五欲におぼれていると他のs会の友人たちに思われそうで…
また実際、五欲におぼれていくようで、そんな自分を認めたくなくて…
やめた友人にしても、私をそそのかしたと決めつけられ、後ろ指をさされることにはならないか?

辞めないのは、これら自分の名誉欲からのいいわけなのか、それとも信心決定はないにしても、
真宗への小さき信仰心があるせいなのかは、よく分かりませんでしたが、
今はとりあえず、脱会すまい、本当に辞めたいならいつでも辞めれるさ、と、いつ辞めるのか?を
考えないようにしてました。……


79 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/17(金) 15:45:27 ID:xSRvSEF5
167 :名無しさん@3周年:2005/06/09(木) 13:17:23 ID:WldM1/Qn
なぜやめぬ
怨み呪えば
身の破滅

168 :名無しさん@3周年:2005/06/09(木) 13:19:00 ID:WldM1/Qn
一緒に腹を立てないようにしよう

169 :名無しさん@3周年:2005/06/09(木) 14:03:18 ID:ByU/QhXp
なぜやめぬ
身を偽れば
怨まれる

170 :名無しさん@3周年:2005/06/09(木) 14:04:58 ID:ByU/QhXp
一緒に嘘をつかないようにしよう

171 :名無しさん@3周年:2005/06/09(木) 15:10:59 ID:JCw2O5/5
なぜやめぬ
荒らしカキコで
逆効果

172 :名無しさん@3周年:2005/06/09(木) 15:16:18 ID:JCw2O5/5
みなさま、一日一訓カレンダーって
会長の作でないこと、知ってました?

「夕べにダミサの熟慮して
朝に廃止を断行」

173 :名無しさん@3周年:2005/06/09(木) 15:19:43 ID:JCw2O5/5
「なぜやめぬ
身を偽って
自浄なし」

80 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/19(日) 00:41:17 ID:bNQpQ4dw
>>397 :名無しさん@3周年:2005/07/08(金) 21:34:31 ID:A4JkR8az
>大体、覚・不覚を論ぜずという親鸞聖人のお言葉になにがしかの反論がなされているでしょうか。
>恐らく会長は自分の味わった神秘体験を誠の信心と思いこんでいるようで、
>その揺るぎない思いこみが会員をその気にさせているのでしょうが。

ほほう、「覚・不覚を論ぜず」は、親鸞聖人のお言葉、だとおっしゃる。
この発言に同調したアンチが、

>417 :名無しさん@3周年:2005/07/08(金) 23:42:34 ID:V82rZloa
>>大体、覚・不覚を論ぜずという親鸞聖人のお言葉になにがしかの反論が
>なされているでしょうか。
>まったく同感。
>会員は後者の質問に答えてみ。 どうせ誰も答えられんだろ。

と、けしかける。
まあ待て、「覚・不覚を論ぜず」は、本当に親鸞聖人のお言葉なのか?
そう問えば、

>446 :名無しさん@3周年:2005/07/09(土) 11:32:35 ID:ee9z0oM1
>御裁断御書です。
>親鸞会の教学は高森会長の信仰にとって、都合の良いところしか教えませんから、
>ご存じないのも仕方がないかとは思いますが。

おいおい、
「御裁断御書」って、江戸時代の三業惑乱騒動の時に、本願寺法主の本如が書いたものだよ。
「親鸞会の教学は都合の良いところしか教えません」と言いいながら、自分の都合の良い言葉を、勝手に「親鸞聖人の言葉」にしているのは、誰だろうね。

釣られた人も、醜態を晒した訳です。


81 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/19(日) 00:42:26 ID:bNQpQ4dw
こうした一連の発言にも「名無しさん」である彼らには責任感のかけらもありません。
そして普通の人が仕事や勉強をしているはずの時間に、彼ら「アンチ」は今日もひ
どく偏った中傷文のコピペを繰り返しているのでしょう。

私は親鸞学徒としてより、同じ人間として、彼らに深い哀れみの情を感じます。

誰しも人間として過去の自分を後悔したり、やるせない感情やえもいわれぬ苦悩に
沈むことはあるでしょう。普通の人間はそれを自分自身の心の葛藤によって乗り越
えようとします。しかしそれができず匿名掲示板に悪口を書き込むことによってし
か、解決の方法を持たない人もいるのです。

もう一度、仏法を聞いて、かけがえのない人間性を取り戻してもらいたいと切に念
じています。


82 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/19(日) 00:42:56 ID:bNQpQ4dw
情報操作にはまらないため、あるいははまりかけたときに
脱け出すためのアドヴァイスを記します。

1. 匿名の掲示板で、四六時中ある特定の宗教団体への非難を、ねちっこく
そこら中に貼り付ける人がいたら要注意です。正常な人間でかつ非難する
根拠があれば、名前を隠して非難はしません。

2. おかしいと思ったらはっきり無視すること。避難者者は、人間的にも社会的にも
どうしょうもない人物である場合がほとんどです。 しかし捏造情報に流されて事柄
の本質を見ないでいると、本当にすばらしいものを見失ってしまいます。

3. 「自分たちの言うことだけ心理である。親鸞会の人たちはみんなマインドコントロ
ールされており、彼らの話はみんな嘘である。」 などと言われたら、 それが悪意
のある情報操作の始まりです。情報操作を拒絶する一番よい手段が、2ちゃんねる
などの匿名掲示板での発言がいかに、無責任なものかを知ることです。


83 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/19(日) 00:44:59 ID:bNQpQ4dw
匿名の掲示板において大事なのは、情報の取捨選択です。
たとえば2ちゃんねるのスレッドにおいても、ある特定の宗教団体をことさらに「カルト」と言う一握りの人たちがいます。
しかしその内実をみると、
立証不可能な自分の体験談や、単なる印象を根拠として、カルトと断じている事が分かります。
なおかつ、自分は客観的な立場に立っているようなふりをして、内容をみると明らかにある特定団体に悪い印象を与えようと言う、
明確な意志を感じるものもあります。

しかしその団体について詳細に調べてみると、創立以来半世紀近い歴史の中で、
犯罪や訴訟とも縁がなく、他の「カルト」と言われる団体にみられるような被害者団体の存在や、
それによる集団訴訟なども皆無であり、
本部のある所に行くと、意外と地域住民からも信頼を得ている事実をみて、驚くことがあります。

また、「敗残者と罵られた」「脅迫に近い嫌がらせを受けた」などという「被害者の体験談」なるものも、
「そんな事実はなかった」といった証言も併せてなされている事が分かりますし、
そうした発言が「ネット工作員」の手によって組織的に行われているかのような印象を持たせようと、
情報操作していることにも気づくでしょう。

自分の証言に自信があるのならば、匿名の掲示板など使わないでしょう。
犯罪という確かな事実があるのなら、訴訟をするでしょう。
事実従来の「カルト」と呼ばれる団体の殆どが受けている、そうした訴訟も、この団体は受けていません。


84 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/19(日) 00:46:01 ID:bNQpQ4dw
このスレにお越しの方は情報の信憑性を確かめながらご覧下さい。
怪しいと少しでも思った場合、発言者に質問してみることをお勧めします。
常に一歩距離をおいて情報の取捨選択を行ってください。
もちろん、このレス自体にも距離をおいてで結構です。

85 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/19(日) 00:47:02 ID:bNQpQ4dw
親鸞会の発足である1950年代は、いわゆる“神々のラッシュアワー”、第二次宗
教ブームの時期にあたります。

 しかし注意しておきたいことは、親鸞会では宗祖はあくまでも親鸞聖人だとし
ていることです。
 会員さんから「現代の善知識」と尊敬されている会長も「親鸞学徒」を自称し、
「珍しき法」(自分で考えた新しい教え)は何一つ説かないとしています。

 このことから親鸞会は新宗教・新新宗教と呼ばれることを好みません。
 親鸞上人の教えの原点に立脚し、親鸞上人の教えを正確に、迅速に、一人でも
多くの人に伝えるための団体、と自己を位置づけています。あくまでも伝統仏教
の中の革新運動とする立場のわけです。

 また、親鸞会の特徴として注目されるのは若者が多いことです。本願寺をはじ
めとする既成の仏教が若者にそっぽを向かれているのとは対照的です。

 しかし若者たちが集まるのは、オウム真理教のような超能力やオカルトを求め
てのことではありません。
 親鸞会自身が行った参詣した若者が「どんな教えに心ひかれたのか」というア
ンケート結果を見ても、「諸行無常」「因果の道理」などがトップに挙げられて
います(『顕正新聞』第533号 平成8年4月15日)。


86 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/19(日) 00:48:11 ID:bNQpQ4dw
>>1
匿名性は個人の行為、民事上あるいは刑事上の責任追及を免ずるものではありません。一般のコミュニティーと同様に、行動の結果はご自身で責任を負っていただくことになります。

特に、以下の行為を禁止します。
 1 いやがらせ、悪口、脅し、あるいは有害な内容の掲載など、他人を攻撃したり、傷つけたりする目的で利用すること
 2 わいせつな内容や不愉快なデータを公開すること
 3 商業目的や広告目的で利用すること
 4 著作権者の許可を受けずに著作物を公開するなど、第三者の知的財産権を侵害したり、侵害を助長すること
 5 プライバシー侵害のおそれがあるデータを公開すること


87 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/19(日) 00:49:47 ID:bNQpQ4dw
漏れも、社会経験積んでみたけど、全部、仏法真と知られることばかりだよ。
机上の空論というが、その、あなたの言う机上の空論がいかに正しかったか、
社会に出てよりいっそう知らされたよ。
そして、大学のときにもっと求めておけばよかったと、後悔させられました。

社会経験をよく積んでる祖父も、こんなすばらしいみ教えを若くして聞けるとは、
お前は幸せ者だと言っています。

と同時に、遊び盛りの年齢なのに、こういうことに力を入れるとは、
鳶が鷹を産んだみたいだ。
とも言っております。

社会経験を積めば積むほど、その真理性に驚くのは、仏法と言うもののすごさなのでしょう。

また、天理教や創価学会、カトリック、ギリシャ正教会、立正佼成会、本願寺、曹洞宗も含め、
色々、聞かせていただきましたが、どれも、真実の仏法から見れば幼稚なものばかりでした。

勉強すればするほど、真宗こそ、親鸞聖人のみ教えこそ、真実の仏法を端的に現している宗教だと
知らされるばかりであります。



88 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/19(日) 00:53:58 ID:bNQpQ4dw
>>87
漏れも、社会経験積んでみたけど、全部、仏法真と知られることばかりだよ。
机上の空論というが、その、あなたの言う机上の空論がいかに正しかったか、
社会に出てよりいっそう知らされたよ。
そして、大学のときにもっと求めておけばよかったと、後悔させられました。

社会経験をよく積んでる祖父も、こんなすばらしいみ教えを若くして聞けるとは、
お前は幸せ者だと言っています。

と同時に、遊び盛りの年齢なのに、こういうことに力を入れるとは、
鳶が鷹を産んだみたいだ。
とも言っております。

社会経験を積めば積むほど、その真理性に驚くのは、仏法と言うもののすごさなのでしょう。

また、天理教や創価学会、カトリック、ギリシャ正教会、立正佼成会、本願寺、曹洞宗も含め、
色々、聞かせていただきましたが、どれも、真実の仏法から見れば幼稚なものばかりでした。

勉強すればするほど、真宗こそ、親鸞聖人のみ教えこそ、真実の仏法を端的に現している宗教だと
知らされるばかりであります。



89 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/19(日) 00:58:51 ID:bNQpQ4dw
公認サイト

親子で知って頂きたい『浄土真宗親鸞会』
http://homepage2.nifty.com/shinran/
写真倶楽部 花と緑の親鸞会
http://park1.wakwak.com/~shinran/
名句名言の裏側
http://meigen.ivory.ne.jp/meiku/
こすぎの森
http://imizu.main.jp/
お料理倶楽部
http://cooking.hoyu.net/
親鸞会同窓会サークル「ルボアール」
http://live.usj.to/revoir/
自殺サイト なぜ死んではいけないのですか
http://inochi.jpn.org/jisatsu/

90 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/19(日) 00:59:29 ID:bNQpQ4dw
大悲の願船さんの言葉(掲示板の発言をまとめたもの)
http://yellow.ribbon.to/~daihi/
親鸞会ちゃんねる 本願寺情報
http://come777.55street.net/
親鸞会ちゃんねる 掲示板情報
http://aa4a.com/advanced/
第2親鸞会ちゃんねる
http://www.nurs.or.jp/~happy2/
親鸞会ちゃんねる 地方サイト版
http://advanced.gooside.com/
 親鸞会ちゃんねる(http://tamahi.parfe.jp/)が本家。上四つは分家らしい。
親鸞会掲示板(管理されていないのか?荒れ放題)
http://6108.teacup.com/yoyoyo/bbs2
こすぎの森 小杉町ラーメン情報
http://www.nihonkai.com/imizu/
現代科学から死後実在へのアプローチ
http://gogo.finito-web.com/
 自称・親鸞会を研究の「マツモト」を名乗る人物のサイト


91 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/19(日) 01:02:46 ID:Yhot4ZKz
自分も、スレ見るたびにイヤな気分になることがある。
でも、それは相手が見えないという所が大きいと思う。
これは携帯なんかだって十分言えることだし、実際、事件起きてる。

ひどいこと書かれてショックなのはわかるけど、
これ書いているの機械じゃないから、予想もしない事が書かれる。
これは、もう、個人個人のモラルの問題だと思う。
もしスレ規制したら、こんな感じになるかも。
             スレ規制
              ↓
          運営規制(あるいは閉鎖)
              ↓
     以前から問題になっていた他の情報網も規制
              ↓
次なる被害を防ぐべく全面的に情報統制これで被害は激減。問題解決
 
ほとんど社会主義だな……サヨク

書いているほうも少し考えてやった方がいい。
これは相手がいるコミュニケーションの場だ!
注意書き守れない奴はやるな!!
相手見えないからって調子にのるな!!!

92 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/19(日) 01:03:56 ID:Yhot4ZKz
掲示板がなかった昔は
リアルで暴力沙汰になっていた。
いじめって奴ね。
掲示板が出来たおかげで、リアル暴力と関わる必要が
なくなったけど、
今度は言葉の暴力が問題になってる。

解決策として、閲覧する人を制限することが
出来ないかと模索中です。
(俗に言うパーティ作成です。不特定多数の中から特定の人物とだけ
話せるようにし、不快な人物の発言はキックする
フレンドになった相手のオンラインステータスを表示する)
ただこれには問題も多くて、
嫌な人も少なくなるけど、善意の第3者との出会いもがぜん少なくなる。
コミュニティ自体の規模が縮小しやすいです。

・・・どうしようもない時はパソコンの電源切っちゃいましょう。



93 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/19(日) 01:04:28 ID:Yhot4ZKz
重複した板があり同じテーマの書き込みが分散して無駄になる。

一つの板の中を見ても重複したスレッドが多く、また数も多すぎる。

一つのスレッドの中を見ると
そのスレッドとは関係のない無駄な落書きが半分以上で
見るだけ時間の無駄になる。

結局、何を書き込んだとしても多すぎる板とスレッドと
多くの落書きに紛れ込んでしまうだけで無駄になるだけ。

つまり、この”2ちゃんねる”という多くの掲示板の集合体は
すべてが無駄の集まりということだ。

もちろん、このスレッドもその無駄の一つだ。

<結論>
2ちゃんねるは見るのも書き込むのも
 時   間   の   無   駄



94 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/19(日) 01:07:33 ID:bNQpQ4dw
親鸞会批判の真実 「家族の絆」の正体
http://www.nurs.or.jp/~racoon/
 本願寺僧侶による親鸞会批判が如何に事実に反する、信憑性に欠けた内容が検証、とのこと
親鸞会の真実 なにが息子を変えたのか
http://www.geocities.jp/ongwanji/
 会員の息子をもつ父親の見た、親鸞会の姿
真宗原理主義の台頭
http://cult.zero-yen.com/
 新宗教の風土(岩波新書 1997年)の引用
親鸞会ちゃんねる
http://tamahi.parfe.jp/
親鸞会マル秘情報局 極秘情報?
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Keyaki/2372/

95 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/19(日) 01:08:12 ID:bNQpQ4dw
成功のヒント
http://user.ftth100.net/ricercare/
ちょっと一息ためになる話
http://inochi.jpn.org/hitoiki/
親鸞会 Watch!
http://cokolo.cocolog-nifty.com/
親鸞会の報恩講へ行こう
http://houonkou.ojiji.net/
ルドルフのホームページ
http://shinran3.hp.infoseek.co.jp/
親鸞会 WEBLOG Watch
http://homepage2.nifty.com/scroll/
親鸞会総合リンク集
http://cube4.fc2web.com/


96 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/19(日) 01:13:16 ID:iGwzyqY9
>>895
dクス
造語は「一切衆生必堕無間」の方だったか。


97 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/19(日) 13:38:16 ID:RqJvQ9dd
>>2-95
コピペにつき物好きだけ読んでください。
特に親鸞会と全く関係ないコピペは無視で。

98 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/19(日) 21:45:41 ID:AKtzXWCh
親鸞会に関係なくても、2ちゃんに関係しているみたいだから読んだ。 _| ̄|○

99 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/19(日) 23:41:22 ID:v/1ZChWX
T森会長は、統一協会の難民救済の募金に、希望金額の10倍を出していた。
流石は会長。何と慈悲深いことかとしみじみ思ったね、会員の頃は。

100 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/20(月) 00:18:47 ID:GsXhIoZi
高森顕徹氏と華光会
/index_pkr.html

高森顕徹氏がかつて浄土真宗華光会に所属し、伊藤康善氏に師事していたことは有名な話です。
しかし親鸞会は現在その事を明らかにしていません。それどころか、華光会を「京都に本拠地を置く
浄土真宗本願寺布教使の某グループ」として、名前を出さずに非難しているのは承知の通りです。

仏教では「相伝」が大事だと言われます。なぜ自分が教えを受けたルーツを明らかにしないのか。
また、華光会が親鸞聖人の教えを曲げているのならば、なぜ創価学会や本願寺に対して行ってきたように、
名前をあげて正々堂々とその誤りを正そうとせず、華光会の名称を伏せた会員向けのパンフレットをつくり、
内輪で非難しているのでしょうか。

あまりにも腰砕けなそのやり方に疑問を抱き、華光会関係の資料を調べていたところ、
伊藤康善氏の著書に、高森顕徹氏の著書と殆どそっくりな箇所が多数見つかりました。

執筆年から伊藤康善氏の著書を高森顕徹氏が見て書いたのは明らかですが、それは、「参考にして」書いた、
という範疇をはるかに超えていて、殆ど「丸写し」に近い箇所もあります。著作権意識の向上した現代に於いては、
盗作と言われても仕方がないかも知れません。

特に、『現代の教行信証』といわれた高森顕徹氏の主著『会報』に、こうした箇所が多く見つかったことは驚きでした。
現在『会報』は絶版となっていますが、『会報』が『現代の教行信証』ならなぜ絶版となるのか。
その理由の一端を垣間見た気が致します。

101 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/20(月) 00:26:30 ID:vucy87P2
337 名前: 名無しさん@1周年 02/07/18 19:36

>>333
光作戦というアニメを戸別訪問するのがあった。
九州だったと思うけど、先輩が交通事故で亡くなったんだ。

そしたら数日後に「光活動中に何が起こっても自分が望んだことで辛乱会とは関係な
いです。」
見たいな誓約書を書いて出せといわれた。
その時に子牛が「会に迷惑をかけないように」といった。

オレは、この時に会の人間は他のひどい宗教以下の人間だと思った。
そんな自分の仲間が亡くなったのにこんな言い方あるかよと思った。

それにしても、M春まだ切腹しないのか?
K哲がバカ息子を育てた恥ずかしさで切腹してもいいけど。

102 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/20(月) 00:28:26 ID:vucy87P2
[1068] K新聞に載った 投稿者:W部の暴言 投稿日:2004/09/27(Mon) 23:07:37

インターネットで、他を非難中傷し、喜んでいる輩がいる。
闇夜の辻斬り強盗のごとく、自分の正体を隠し、悪口雑言の限りを尽くす。
どうせばれはしないだろうと、心の中の怒りや、ねたみそねみの醜い愚痴を、ありったけぶちまける。欺瞞、捏造、歪曲、針小棒大、誤解曲解、何でもありだ。
昔は便所の落書きで済(す)んだが、今は、多くの好奇の目にさらされ、尾ひれがついて、とんでもないうわさにもなる。
「火の無いところに煙は立たない」はずだが、ネット社会では、火の無いところに放火して、煽り立てる者までいる。
たとえだれかは分からずとも、無責任な誹謗中傷の報いは、自業自得で本人が、受けていかねばならない。
ましてそれが、仏法にむかえば、法謗の大罪。最も恐ろしい無間業の重罪だ。
「善知識をおろかに思い、師をそしる者をば法謗の者と申すなり」
と、親鸞聖人は「末灯鈔」に仰せである。
真実開顕に全力を傾注する世界唯一の幸せな集まりである本会に対する中傷も、法謗罪である。ネット上では、「親鸞会と法論してはならない」という不文律が
あるらしいのが面白い。
外道邪教、群賊悪獣、悪僧たちも、教義安心の法論では、とても真実に太刀打(たちう)ちできないのは承知しているようだ。
だからせいぜい、根拠の無いデマを飛ばすのが関の山。聞法の敗残者も、愚痴を言い散らして去っていくのみ。
だが、恐ろしい結果は、必ずその身に現出するだろう。


103 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/20(月) 02:34:20 ID:SV7Z6jU8
何か高速道路を逆走して事故った奴や、
衣服着たまま池で溺れた馬鹿も居たらしいけど、
会に迷惑を掛けないのは当然だと思うなぁ、俺は。

104 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/20(月) 05:58:26 ID:c6zr+TXy
しかし、高森の著書が全部パクリだとは。
薄々は気づいていたが、ここまでひどいとは驚き。
パクリッシュ高森恐るべし。

105 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/20(月) 06:49:35 ID:wciQX/S2
M晴って元暴走族で友人がバイク事故で死んだの
にチョビってこのカルト宗教にのめりこんだチキンでしょw?

106 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/20(月) 07:13:33 ID:vXduCOrN
>>104
全部は言い杉。


107 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/20(月) 07:15:47 ID:vXduCOrN
>>103
馬鹿とか、当然はいい杉。

108 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/20(月) 08:59:18 ID:chEwvi3e
>>105
これも言い杉。

109 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/20(月) 10:12:59 ID:M+wmF6VW
>>105
>M晴って元暴走族で友人がバイク事故で死んだの
>にチョビってこのカルト宗教にのめりこんだチキンでしょw?

暴走族やってたかしらないけど、
正本堂の大講堂をつかって、学友部主催でM晴の座談会が行なわれた時、
M晴は暴走族ネタを、得意げになって話ししていた。

白バイに追いかけられて、歩道橋をバイクで駆け上がったとか言ってた。
正本堂を使って話しする内容かよ、と聞いていて思った。
みんな仏法の話しを聞きに来ているのにね。
M晴って、そんな非難が多いし、なんか宗教家って感じがまったくしない。

この時の話しの内容も、きっと会長は知らないんだろうな・・・。
きっと、会長が知ったら、M晴は人前で話しが出来なくなるんじゃないの?
かつての総参謀座談会も、会長が内容を知って、急にとりやめになったし。

元暴走族だけに、次期会長になったら、暴走したりして・・・。

110 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/20(月) 13:41:56 ID:CfDx7XYO
前スレ>>992
そうかなぁ
むしろ、盗作問題(教義上とはあまりかんけいのない会長個人の問題)に
話題をもっていこうという方が逃げているように思います。

もともと木像の話が数日前からでてきたのも、サイト作成者の前宣伝って
感じがしてちょっとヤレヤレって感じですね。

本尊問題の書き込み→スレッドが進む
→疑問のふくらむ会員→動揺する(どれだけ動揺してるかシラン)
→そこで本尊のブログ公開
→あぁそうだったのか「(≧ロ≦) アイヤー(会員驚く)
→ブログ作者 (゚д゚)ウマー

盗作問題のサイト追加→応援書き込み
→疑問の書き込み 
→動揺(自演含む もうなにも信じられません)
→作者 (゚д゚)ウマー

まぁあのサイト自体、閲覧対象者が限定されているから親鸞会スレッドを
宣伝媒体として、いろんな書き込みでリードしていこうってのは常套手段なんだが

ネット対策の人もガンガレ

111 名前: 復習 2006/02/20(月) 14:00:24 ID:nBIyha8o
539 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 23:00:24 ID:xUWqGEvK
まあs会も名号名号といいながら、その中でも
親鸞聖人のご真筆のもののみを有り難がる、筆跡を有り難がる点では
金ピカの仏像を有り難がってる心理と変わらない。

何故かというと、s会で使っているあの親鸞聖人ご真筆の六字名号が
所蔵しているところによって、これ以上の複製を不可とされてしまった。

だからこれから親鸞聖人ご真筆の六字名号を下付し続けるためには
今ある分だけでやるしかない、じゃあ辞める人からは返してもらおう。

そのため親鸞聖人の教えに背くような本尊貸与制度(本尊を取り返す)
などというものを作った。
(まあそれで数を賄えるということ自体、入った分だけ辞めていくという事でしょうか)

別に親鸞聖人ご真筆でなくとも名号本尊は出来るではないかと言うと
「親鸞聖人のご真筆のほうが、みんな有り難いと思うでしょ。」だって。

112 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/20(月) 14:02:46 ID:SV7Z6jU8
良く創価や華光のパクリだとか言って、
鬼の首を取ったように騒ぎ立てるアンチが居るけど
世の中には邪教邪宗がごまんとあるんだし
それに、発行物の内容が似ているくらいじゃあ
親鸞会の教義の正しさは否定できないし、
一々動揺することでもないと思う。
まあよく言えば、華光もいい線行ってるのかなってことじゃない?

113 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/20(月) 14:14:02 ID:nBIyha8o
>>112
>発行物の内容が似ているくらいじゃあ

似ているどころの問題じゃない、パクリそのものじゃん。
平気で他人の著作からパクってそれを出版し、盗作文書を信者に買わせて金を取る
そういう神経が問題になってるの。

>まあよく言えば、華光もいい線行ってるのかなってことじゃない?

一夜漬け学生ですら恥ずかしくてしないような、もと師匠の華光会の文章
パクリまくり状況、いやあえて盗作状況と呼ぼう。

それを知ってなお、そういう眠たいことをほざいているとすれば、
あなたは相当のタヌキさんということやね。

ま、もう一回嫁や。

/index_pkr.html


114 名前: 復習 2006/02/20(月) 14:17:47 ID:nBIyha8o
798 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 21:09:12 ID:/OOKJDXc
>>796
>ますます木像本尊論がうさんくさい邪義であることがはっきりしましたな。

誰も使っていないし主張してもいない「木像本尊論」を、
どうしてそう執拗に使いたがるのかな?
益々親鸞会が胡散臭い団体であることがはっきりしましたな。

ま、この手の「相手の言ってないことを出してきて破る」手法は、
世界の指導者善知識高森先生が使ってきたやり方だから、
君たちはそれに従っただけかな?

親鸞会は本当に本願寺に勝ったのか
http://shinrankai.jugem.jp/

115 名前: 元々ぼら夫 2006/02/20(月) 14:20:30 ID:p6YnA4hh
新スレはここでつか?乙〜♪
山科の本尊についてレスしよ〜と思ってみたら、前スレ埋まってた。なので、ここにカキコするねん。
出先なので、正確な引用でけへんが、実悟さんのもの以外に『帖外御文章』に山科造営の
ことを蓮師が述べとる罠。「本尊すえおく」って。「据える」は設置する意。置く意。
もし山科の本尊が掛け軸であるなら、「かける」「たてまつる」「奉懸」とかが
適切な表現です罠。「お〜い、かあさん、床の間に掛け軸すえおいといてぇな」
ゆわれたら、漏れだったら箱ごと、床の間に置くと思うけどwま、普通に読めってこった。
(^-^)/

116 名前: 復習 2006/02/20(月) 14:25:56 ID:nBIyha8o
LESSON形式にしてみました。

641 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 13:05:23 ID:o2gpy1UR
好きだね、木像本尊論って言い回しw
実際はs会が木像否定論を出しているからそれに反論しているだけであって、
木像が一番みたいな印象を与える「木像本尊論」なんて言い回しは不自然すぎるんだけどね。

LESSON:
【s会シンパはレッテル貼りがすき。相手が主張してもいないことをでっちあげて
それを論破して勝手に勝利宣言する手法。】

690 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 22:20:04 ID:TCg4eBCV
顕正新聞とかいう新聞には、
「聖人は、木像絵像を廃し、御名号を本尊とせよ、と仰せになった」と断言されていますが、
そのように聖人が「仰せになった」根拠も是非お教え頂きたいものです。
これも結局根拠なしの勝手な作り話ということでヨロシイですか?

LESSON:
【s会シンパはこの質問に対しては一切まともに答えていません。無責任新聞の著者は
責任をとって謝罪すべきでしょう。】

117 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/20(月) 14:35:55 ID:609mQ4r+
下付された絵像は本尊じゃないと息を荒らげている会員がいたが、常識を考えろよ。
当時は絵像は本尊とみなすのが常識だった。
「他宗には名号より絵像、絵像より木像」という蓮如上人の言葉からもそれは窺える。
もし蓮如上人が本尊ではないとして絵像を渡したなら説明していないとおかしいだろ?
説明しなければまず本尊として扱われる。そんなこと馬鹿でもわかる。
もし絵像が本尊でないと言い張るなら、これらの絵像は本尊ではないと
蓮如上人が仰ったという証拠を出すのが先だ。


…つか大元の、顕正新聞の「聖人が」「廃せよと」「仰った」という記事の根拠もまだ出てないわけだが。

118 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/20(月) 14:57:03 ID:CfDx7XYO
>> 113
> 平気で他人の著作からパクってそれを出版し、盗作文書を信者に買わせて金を取る
>そういう神経が問題になってるの。

いつからそういう問題になったの?

つぶされた昔のサイトの管理人と、やめたの管理人が連絡取り合って
つぶされたサイト復活(゚д゚)ウマー
ってことかと思ったよw

「そういう神経」を問題にするのは、人格攻撃にならんのかw
さすが親鸞会クオリティ。元会員か現役かしらんけど、
同じ穴のむじなってことだ罠wwwww

渡海 難さんみたいなこといっちゃったw


119 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/20(月) 15:00:18 ID:CfDx7XYO
常識論からという立場で、なぜやめたサイトは最初かかれていたのに
最近の新規のものは、ちょっと粘着気質なものが見えてなんか
嫌みな感じやね

っていうか痛い香具師になってるかんじ。
あと新聞責任者にやたら粘着しているID: nBIyha8oは、前のスレッドでもいろいろかかれていたあの人物か、それの模倣犯ってとこか


120 名前: 元々ぼら夫 2006/02/20(月) 15:09:18 ID:p6YnA4hh
あ、あと前スレで、原文を読みたいが難解で、と言われてた方おられましたが、
いきなり江戸期の注釈書なんて、火に油注ぐよ〜になってまうので、例えば、
『教行信証に聞く』など現代の注釈意訳本を参考資料に、あと宇井辞典・真宗系辞書を
横に置いて読みすすめるのもい〜かも。漏れは、週一くらいで友達4、5人集まって
『化身土巻』を読んだ、輪読っていえばえ〜んかな。当番になった椰子が何ページから
何ページまでって、調べて意訳し、みんなの前で発表する。そんで不明瞭なとこ、
理解不能なトコを指摘しあって、翌週まで各自の宿題とする。


121 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/20(月) 15:18:35 ID:nBIyha8o
>>119

レッテル貼るのは結構だけど、K正新聞で偉そうに根拠のなさそうなこと、
要するに間違っていることをいってるからその根拠を求めているだけなんですがね。

親鸞会だってなぜ答えぬとか本願寺に迫って粘着してた癖して、まったく自分の姿は見えない
もんやね。

答えられなければ質問者を粘着とか決め付けて個人攻撃する会のシンパのやり口のほうが
よっぽど痛いとおもうけどね。

>前のスレッドでもいろいろかかれていたあの人物か、それの模倣犯ってとこか

(゜∀゜)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

122 名前: 元々ぼら夫 2006/02/20(月) 15:26:00 ID:p6YnA4hh
>>120つづき
この方法のメリットは、複数の友達に聞いてもらい、理解が得られるかという、
程よいプレッシャーで、原典に向き合える。期限が決っているので、やんなきゃ
ならん気になる。仏教語彙が自然に身につく。ま、この勉強法で得たもの・姿勢は、
いまでも宝物なり〜☆。s会の方々もおためしあれ〜。あ、あと、友人とは違う参考書を
それぞれ持った方がよい。じゃないと、答えが参考書の答えどおりに撞着し、
丸暗記と変わらなくなってまう。ま、漏れの自発的教学出発点って事で参考まで〜☆
(^-^)/ホナねん☆


123 名前: 元々ぼら夫 2006/02/20(月) 15:50:30 ID:p6YnA4hh
>>122まだ着かんので、補足☆
漢文で書かれたものは、苦労でも漢文で読んだ方がよいよ。返り点の付し方も慣れると
だんだんと身によくつく☆。で、親鸞聖人独特の返り点の付し方や左訓にも注意して
読めるようになってくるんだな、これが♪。外国語習うのと基本は一緒やと思いまっせ。
pc環境整ったら、2chで【読書スレ】でも立ててあげたいと思ってまつ。荒らされるかw
(^-^)/ツイタ〜♪


124 名前: 復習 2006/02/20(月) 17:55:36 ID:nBIyha8o
http://ameblo.jp/honzonron/

===最後の結論===
 結論として
○「浄土真宗の御本尊は木像や絵像でもよい。御名号本尊でなければならぬとい
うことはない」を邪義とは云えないのでは無いかと思う次第です。

改邪抄の解釈については、却て親鸞会の説明の方が学者の説と違い、古文文法の
解釈とも違い、文章読解力に乏しくと云わざるを得ません。
思えば、方便が大切だと云って、諸善万行が必要だと云っている親鸞会でありま
す。彼等は、本尊については方便という事は一度も主張する事がありません。
彼等は、
「聴聞に極まる」という、これしかないという蓮如上人のお示しに対して、諸善
に励めと教え、
「当流には木像より絵像、絵像より名号」と比較して教えて下さったものには、
絵像、木像を安置するのは聖人の教えに対して狂っていると主張するのです。
 
それならば、「君ら諸善万行をやれ」と云うのも聖人の教えに狂っているんじゃな
いかと思う訳ですが、こういう自己撞着を全く矛盾と感じずに主張できるのには、
今更呆れるばかりです。
ただ、私の一時会の中にいたものなので、そういう主張 に疑問を抱かないのは、
結局、疑問を抱かない人達で囲われている為でしょうか。
親鸞会にあっては片目の猿ばかりで、時折ある両目の猿をあざ笑い、破滅させん
とする悲しくも滑稽な状況になっているのですが、そういう事に早く気づいて、
聖人の教え、聖人の御心はなへんに在るのかと云う事に思いをよせ、その為に日
夜努力し、聖人の御心に直参されんと願うばかりです。

LESSON:
【我田引水 《自分の田に水を引く意から》物事を、自分に都合のいいように
言ったりしたりすること。我が田へ水を引く。「―の説」
方便が大切だと云って、諸善万行が必要だと云っている親鸞会であります
が、本尊については方便という事は一度も主張する事がないこと、など。】

125 名前: 復習 2006/02/20(月) 18:09:17 ID:nBIyha8o
404 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 13:11:15 ID:p0pXLbtN
親鸞会ってのは、あふぉですね。
まだ人をだます気でいるんだから。

親鸞会の内部情報が摘発されてから、
恩義に反すると非難し、その情報がまるで嘘であるかのように吹聴している。

まったく見当ちがいとしか言いようがない。
親鸞会がどれほどの恩を与えたと思っているのか知らないが
あれほど会員を食い物にしておきながら図図しいにもほどがある。

思えば、会はなるべく良いことだけを言うようにしようと言っていたが
そう言う会自体、いつも排他的で口汚い限りだった。
いつも他人にきれい事を求めておきながら自分は野放図で
それを咎められれば、おまえも完璧ではない、まず自分を見つめろって感じで増長して
反省の色なし。
なぜ彼らは、悪いことを悪い、良いことは良いと言える健全な体質を養えないのだろうか。
養おうとしさえしないのだろうか。

LESSON:
【大言壮語 実力不相応な大きなことを言うこと。また、その言葉。
「勝ってみせると―する」。いつも他人にきれい事を求めておきながら
内部は腐っており、自浄作用が消失した某会の現状のような状態をいう。】

126 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/20(月) 19:49:37 ID:1MvvxP7V
不条理の哲学で知られる20世紀フランスの作家、
アルベール・カミュは、『シジフォスの神話』の
冒頭に、こう書いています。

シジフォスは岩を山の頂まで運びあげますが、岩は
その重みですぐに転がり落ちてしまいます。
運び上げては転がり落ち、また運び上げては転がり落ちる。
無意味で、希望の無い労働を永遠に繰り返すシジフォスの
努力に、人生の実相を見る人も少なくありません。


127 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/20(月) 19:50:09 ID:1MvvxP7V
ドイツの哲学者ニーチェは、キリスト教をはじめとする
一切の既成の価値を徹底的に破壊し尽くした果てに、
人生の新たな価値を創造しようとしました。
それは意味なき生の繰り返しを肯定することで、生の
頂点が得られるというものでしたが、ニーチェ自身は
発狂し、死んでいます。

相次ぐ少年犯罪をどうするか、激論が交わされたテレビ番組
のさなか、「なぜ人を殺してはいけないのか」の一高校生の
問いに、識者たちの回答はありませんでした。
以来、この問いはさまざまな視点から論じられましたが、
未だ正面から答え切った人を知りません。



128 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/20(月) 19:51:20 ID:CuCZGPXF
>もし山科の本尊が掛け軸であるなら、「かける」「たてまつる」「奉懸」とかが
適切な表現です罠。

ボラ夫の国語力のなさを露呈してるな。
反論文を書いた本人が「安置する」と言い換えてるんだから
それ以上のものはない。

山科御坊の「本尊木像」というのが蓮如上人の時代であるという
根拠がない以上、木像本尊の根拠はない。
はっきり言って、根拠にするような文ではない。
「本尊也」「愚禿親鸞敬信尊号」という祖師や蓮師の直筆とは
比べ物にならん。
「絵像より名号」は「絵像も名号も同等」と解釈するほうがどうかしてる。
思考停止と言われてしかるべき。



129 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/20(月) 20:03:27 ID:eL5xpQBa
一見、平凡な日常は、実は最も根本的な問題から目を背け
続けています。そして人々は、心の空虚を抱えたまま、
それに驚きもせず、ただ漠然と生きています。

果たして、人生は生きるに値するものなのでしょうか。

なぜ、どんなに苦しくても、自殺してはいけないのでしょうか……




130 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/20(月) 21:25:25 ID:GsXhIoZi
>>128
子供みたいに威勢を張っているね。ご苦労様。
その勢いで以下の質問にも答えてあげて下さいな。
あ、無理?出来ない?

690 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 22:20:04 ID:TCg4eBCV
顕正新聞とかいう新聞には、
「聖人は、木像絵像を廃し、御名号を本尊とせよ、と仰せになった」と断言されていますが、
そのように聖人が「仰せになった」根拠も是非お教え頂きたいものです。
これも結局根拠なしの勝手な作り話ということでヨロシイですか?

131 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/20(月) 21:47:57 ID:609mQ4r+
>>128
なんかグダグダ文句垂れてるが、俺からは一点だけ言っておく。
>「絵像より名号」は「絵像も名号も同等」と解釈するほうがどうかしてる。
>思考停止と言われてしかるべき。
そりゃあそうだが、そんな解釈は誰もしていない。
またレッテル貼りしていると言われたくないのなら、ここは訂正することを勧める。
他のツッコミどころはもっと優しい人に任せる。

132 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/20(月) 22:30:52 ID:ofwhf1Vi
もし本気で名号本尊論を立てて、絵像木造を廃しようと思うなら
蓮如の「木像よりは絵像〜」なんていう根拠すら生ぬるくて挙げられないと思うんだ。
これだと別に木像絵像を完全に否定している事にはならないから
逆に批判の対象にすらもなりかねない。

本気で親鸞原理主義に立とうとおもったら蓮如すら疑いの眼差しで見る必要ありのはずだが
そのへん考えるといろいろとs会は中途半端なんだよな。
これでは何も知らない人に部分的なところだけ見せてそそのかしているようにしか見えない。

133 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/20(月) 23:23:18 ID:Vo5LSlEQ
>>120
ボラ夫さん、ありがとう!

ボラ夫さんは、s会とちがってやさしいなぁ


134 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 00:04:40 ID:8hB4I1bx
純粋な情報を手に入れる場所としては2chにはもう向いてないよ。
ネットを始める年齢層の低下も原因としてあるからか、昔は情報交換の場としては優秀な場として機能していたみたいだけど、
今はもう、ネタと雑談等がメインになってるから、一握りを除いては昔のように情報交換の場として利用するのは間違い。
情報を求めるなら、専用のwikiとかに行ったほうが早いと思う。

135 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 00:06:29 ID:GsXhIoZi
>>134
そうだね。
/

これを見た方が絶対に早いよ。

136 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 00:16:43 ID:8hB4I1bx
ちょっと前の関西ローカルのテレビ番組に、2ちゃんねらーが100人位出演した番組があった。
2ちゃんねらーを実際見るのは初めてだったから、どんな人達なんだろう?ってすごく興味があった。
見た感想は「2ちゃんねらーってやっぱりこういう人か・・・」って感じ。
20代の若い人が多かったけど、薄気味悪い雰囲気というか・・・。
何考えてるのか分からない感じの人が多かった。
ずっと2chやってるとあんな風になるのか・・・って怖くなったくらい。


137 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 00:19:26 ID:8hB4I1bx
匿名状態になると人間ってのは大胆になるらしいな
まぁ自分の発言に責任持たなくていいわけだし
そりゃ○○人氏ねとか平気で言えますよ


138 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 00:23:05 ID:Bgx3YjGu
>ID:8hB4I1bx

ルールを読もう。

139 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 00:35:28 ID:LonVr4tQ
134 :名無しさん@3周年:2006/02/21(火) 00:04:40 ID:8hB4I1bx
純粋な情報を手に入れる場所としては2chにはもう向いてないよ。
ネットを始める年齢層の低下も原因としてあるからか、昔は情報交換の場としては優秀な場として機能していたみたいだけど、
今はもう、ネタと雑談等がメインになってるから、一握りを除いては昔のように情報交換の場として利用するのは間違い。
情報を求めるなら、専用のwikiとかに行ったほうが早いと思う。

136 :名無しさん@3周年:2006/02/21(火) 00:16:43 ID:8hB4I1bx
ちょっと前の関西ローカルのテレビ番組に、2ちゃんねらーが100人位出演した番組があった。
2ちゃんねらーを実際見るのは初めてだったから、どんな人達なんだろう?ってすごく興味があった。
見た感想は「2ちゃんねらーってやっぱりこういう人か・・・」って感じ。
20代の若い人が多かったけど、薄気味悪い雰囲気というか・・・。
何考えてるのか分からない感じの人が多かった。
ずっと2chやってるとあんな風になるのか・・・って怖くなったくらい。

137 :名無しさん@3周年:2006/02/21(火) 00:19:26 ID:8hB4I1bx
匿名状態になると人間ってのは大胆になるらしいな
まぁ自分の発言に責任持たなくていいわけだし
そりゃ○○人氏ねとか平気で言えますよ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こういうスレッドと関係ない、2ちゃんねる批判の書き込みって、
ネット対策委員がどっかからコピペして書き込んでいるって聞いたけど、
スレ違いだから、やめてほしいな。なんでこんなことするんだろ。
自分たちのやっていることに、無意味なものを感じないのかなぁ。

完全に親鸞会の奴隷だね。感情も行動も管理されて、無条件服従化しているね。
詳しくは、こちらをどうぞ。


なぜ私は親鸞会をやめたのか マインドコントロールについて
http://ime.st/shinrankai.mindcontrol.tonosama.jp/

140 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 00:40:37 ID:0e3W6lMq
名号本尊についてですが、浄土真宗における一般的解釈を確認するには、やはり辞書に頼るべきかと思い、調べてきました。
引用しますので、参考にしてください。

「真宗大辞典」 第3巻
岡村周薩 編集
鹿野苑 発行
初版 昭和11年2月20日
【本尊】項目中の【名号本尊】について

真宗の本尊は阿弥陀如来であるが、此の如来を表象するに名号を以てすると偶像を以てするとの別があって、前者を名号本尊といい、後者を偶像本尊または形像本尊という。
名号本尊は如来の名号を以て本尊とするのである。
改邪鈔には「本尊なおもて観経所説の十三定善の第八像観よりいでたる丈六八尺隨機現の形像をば、祖師あながちに御庶幾御依用にあらず、
天親論主の礼拝門の論文すなはち帰命尽十方無碍光如来をもって、真宗の本尊とあがめましましき」とある。
これは、宗祖は如来の形像を安置し給うことがあったけれども、強いて希望してそれを用いられたのではない。
主として帰命尽十方無碍光如来の名号を以て本尊とせられたというのである。
(つづく)

141 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 00:41:37 ID:0e3W6lMq
>>140 つづき
而してこの名号本尊に六字名号、九字名号、十字名号の三種がある。
先ず六字名号というは、南無阿弥陀仏の六字の尊号である。
此の六字名号は観無量寿経に示されてあって、その経文には「至心に声をして絶えざらしめ十念を具足して南無阿弥陀仏を称えん、仏名を称えるが故に念々の中に於て八十億劫の生死の罪を除き」等とある。
この六字は、即ち法蔵菩薩が大願大行を成就して正覚を得たまえる上の果名であるから、如来の本名として最も尊重すべきものである。
そこで蓮如上人はこの六字名号を金泥にして為し、座敷に掛けられて、不可思議光仏も無礙光仏もこの南無阿弥陀仏をほめ給うたものである、然ればこの六字名号を以て本とすべしと仰せられたという。
そこで、阿弥陀如来を表象するに六字名号を以てして、その六字を紙または絹に書して是を本尊とするのが六字名号本尊である。


142 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 00:42:27 ID:0e3W6lMq
>>141 つづき
されば、宗祖が当時他宗に偶像を以て本尊とするにも拘らず、名号本尊を用いられたのは何故なるかというに、蓋し実際的便利と教義的批判とに基づいたものであろう。
その実際的便利とは、宗祖は生涯所々に移住し常に小さい草庵に居て教義を宣義せられたのである故に、寺院のように内陣を設けて偶像本尊を安置することは不適当であった。よって、簡単なる名号本尊を用いられたものであろう。
また教義的批判とは浄土真宗独特の教義よりきたものであり、蓮如上人御一代聞書には本尊に関して真宗と他宗と異なる点を説て
「他流には名号よりは絵像、絵像よりは木像というなり。当流には木像よりは絵像、絵像よりは名号というなり」とある。
仏の絵像あるいは木像を観念する観像念仏、仏身の三十二相中の一相もしくは二相もしくは全相を観念する観像念仏を修し、
仏身観念を必要とする他宗にあっては偶像を重んじ、特に木像を以て本尊とするが、
我が真宗に於いては仏身を観念する必要はなく、南無阿弥陀仏の名号の威徳を聞信する一念に往生の業事がすべて成弁するという教義なるが故に、
偶像本尊の必要がなく寧ろ名号本尊を用いることは教義に適合するわけである。
よって、宗祖は強て偶像本尊を希望し給わず、名号本尊を用い給うたものである。
約言せば、聞其名号信心歓喜即得往生の教義なるが故である。


143 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 00:51:34 ID:LonVr4tQ
>>140
>これは、宗祖は如来の形像を安置し給うことがあったけれども、強いて希望してそれを用いられたのではない。

この点は親鸞会の解釈と違いますね。

144 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 00:52:52 ID:EgF6+uMH
↑親鸞会会員は、ウチの書物しか読まないから(聖典もあまり読まないし)
意味無いよ。

145 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 00:55:12 ID:Tvwt+YkL
>>139
>こういうスレッドと関係ない、2ちゃんねる批判の書き込みって、
>ネット対策委員がどっかからコピペして書き込んでいるって聞いたけど、

最初にはじめたのがU元講師だった、という話を聞いたことがある。
無意味を感じてやめたんだね。


146 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 01:01:36 ID:Donl3x4n
●なぜ私は親鸞会をやめたのか| ホーム
/

コンテンツ

○なぜ私は親鸞会をやめたのか

○続・なぜ私は親鸞会をやめたのか

○なぜ私は親鸞会をやめたのか|マインドコントロールについて

○なぜ私は親鸞会をやめたのか|反響集

○高森顕徹氏と親鸞会の問題(投稿文)

○高森顕徹氏と華光会

○なぜ私は親鸞会をやめたのか|掲示板

○親鸞会資料室

○リンク集



147 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 03:28:32 ID:0v1NdE9E
>>142
>宗祖は強て偶像本尊を希望し給わず、名号本尊を用い給うたものである。

「強て(しいて)希望したまわず」と「廃し」ではそのニュアンスに雲泥の差があります。
たとえば、

「私はこの条件をうけいれることは強いて希望しません」と、
「私はこの条件をうけいれることは廃します」

では、受け入れる度合いが全く違ってくることはいうまでもありません。
前者は寛容性のニュアンスを残していますが、後者は確固たる拒否を表しています。

「聖人は、木像絵像を廃し、名号を本尊にせよ、と仰せになった」
という顕正新聞の記事はいよいよ間違いであることが明らかになってきています。

さて、祖師はどこの箇所に「木像絵像を廃し」「名号を本尊にせよ」とおっしゃっているのでしょう。

親鸞会は 自分の会で発行している新聞の内容についての根拠を尋ねられているにもかかわらず、
未だにそれを指摘することができないばかりか、>>119にみられるように人格攻撃にもって
いったり、木像本尊派などという誰も主張していないレッテルを貼ったりしていては、
もはや親鸞学徒などでなく、親鸞会という組織を守ろうとする犬・奴隷に過ぎない
といわれてもやむをえないのではないか。

そして顕正新聞は根拠無き出鱈目な記事を書いた新聞だといわれてもやむを得ないのではないか。

148 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 08:16:27 ID:LonVr4tQ
で、例の山科本願寺の件なんだが(蒸し返すようでスマソ)
昨日よんだよ。
建立当初のことは「当時のこと」
実如のときは「これは実如の御時」とはっきり分けて書かれている。

前スレから粘着で「これは根拠にならん」と繰り返しているシンパがいるけど、
本当に読んだのかな…

149 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 08:22:34 ID:LonVr4tQ
自己レス

というわけで何が言いたいか、というと、
木像本尊についての記述は「当時のこと」として、
建立当初の所を書いた部分にある、ということ。

いずれ原文あげても良いと思うけど、
親鸞会の人は、きちんと原文を読んで反論して欲しいと思う。
根拠になるかならないかはこの際おいておいて、
原文をきちんと読めば、本尊の部分が山科末期とはとても読めないし、
さっきから「前後相違」「これは実如の時」とかの反論が、
如何に頓珍漢な事か分かる。

そして、その際「木像派」とか言って、相手の主張を勝手に作り上げて、
反論しているのは、フェアな議論とは言えないと思う。

こんな事しているから、
完全に親鸞会の奴隷。感情も行動も管理されて、無条件服従化している、
って書かれるんだよ。

親鸞学徒らしく、誠実な人間になって下さい。
あと、けんしょう新聞のデタラメ記事疑惑にもきちんと答えて下さい。

150 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 08:28:47 ID:O+chjUha
>>143
>この点は親鸞会の解釈と違いますね。

真宗の者は「あながち」を部分否定と解釈するしかない。
全部否定とすれば、木像だけを本尊にしている寺を否定することになる。
改邪鈔には「あながち」が4カ所あるうち、
ある解説書では「あながち」を解説しているのはご本尊の部分だけ。
他は意図的に解釈をさけている。
それは後半に「あながち甘心すべからず」という部分否定ではあきらかに
解釈に無理が出るところがあるから。

蓮師のお言葉もおかしなことになる。
誰かが前スレで書いてる。
「これによりて、念仏者はことに諸宗を謗ずべからざるものなり。
また聖道諸宗の学者達も、あながちに念仏者をば謗ずべからずとみえたり。」
聖道諸宗の学者達もたまには念仏者を謗ってもいいよ、
って蓮師が言われたんですか?



151 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 08:31:20 ID:O+chjUha
たしかに高校生が使うぐらいの古語辞典には「あながち」は
部分否定の用法しか載ってない。
それをもって「あながちは部分否定」と断定してるなら
学者の程度がしれてる。
全部否定の用法はあるんだよ。

152 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 08:33:41 ID:O+chjUha
>原文をきちんと読めば、本尊の部分が山科末期とはとても読めないし、

だから、山科御坊並其時代事の一章あげて論証すればいいじゃない。
持ってないひとも多いみたいだし。
なんかやましいことでもあるの?

153 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 08:36:52 ID:tR5slsqK
>>147
深夜までご苦労様です
あなた前スレからずっとこの一文にばかり粘着してますが、とうとうニュアンス
の問題にしないと反論できないほど追い詰められましたか^^
前スレで何度も根拠出したのに「根拠にならない」のひとことで済ませるか
スルーするばかりでしたね
「犬・奴隷」のほうがよほど人格攻撃です
こんな出鱈目を書く人がいくら反論しても親鸞会は微動だにしませんから
せいぜいネットで吠えていてください

154 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 08:37:46 ID:LonVr4tQ
>>150
もう時間がないのでこれくらいにしますが、
蓮如上人があながちを全部否定に使っているからと言って、
かくにょ上人のあながちも全文否定という根拠になるの?
ならんよ。

>>151
帰ったらうpします。

155 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 08:39:10 ID:LonVr4tQ
>>153
根拠になってないよ。
根拠になってもないものを根拠だと言い張るから、
けんしょう新聞はデタラメだって言われているんですよ。

前スレで何度も根拠になってない、という指摘がありましたら、
それにあなた方全く反論できていませんよ。

学校に行きます。

156 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 08:40:19 ID:t2xBF00l
山科御坊並其時代事の一部はあげてるくせに
始めのところを省いたりして
やりかたが幼稚だよ。
「建立当初だ」って言い張ってるのはアンチなんだから
自分で論証しなさい。

157 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 10:20:04 ID:grDh40II
>>150
>また聖道諸宗の学者達も、あながちに念仏者をば謗ずべからずとみえたり。」
>聖道諸宗の学者達もたまには念仏者を謗ってもいいよ、

その「べし」は推量じゃね?
「また聖道諸宗の学者達も、みんながみんな念仏者を謗っているというわけでもないように伺える」
ってことでは?



158 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 10:23:00 ID:grDh40II
>>156
シンパが全然違う箇所から
「これは実如の時」なんて一文を引っ張り出してきたのには呆れたけどな。


159 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 10:54:02 ID:5Km71g1h
>>150

だいぶ窮地に追い詰められてシンパが目くらまし的な言い訳してるようですが、

>また聖道諸宗の学者達も、あながちに念仏者をば謗ずべからずとみえたり

「あながち〜べからず」では、この場合では全部否定の解釈以外にありえません。

もとの文章は
>本尊なおもて観経所説の十三定善の第八像観よりいでたる丈六八尺隨機現の形像をば、
祖師あながちに御庶幾御依用にあらず

ですから、「あながちに〜あらず」で、恣意的に歪めずに解釈したら部分否定になります。
せっかくむりやり引っ張り出してきた文章も全く参考になりません。
ご苦労様でした。

>>153
>前スレで何度も根拠出したのに「根拠にならない」のひとことで済ませるか
スルーするばかりでしたね

だから何度もいいますが、覚如蓮如じゃなくて親鸞聖人の著書の根拠をきいています。
顕正新聞に「親鸞聖人が」って書いてあるんだから、きわめてまともな質問だと思いますよ。


160 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 11:10:38 ID:xCaUsIi9
結局シンパは答えられないという事ですか。

161 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 11:14:28 ID:fvAkeZMI
何の為に生まれて、
何の為に生きるのか?

162 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 12:53:05 ID:mc5RS1Q1
>「あながちに〜あらず」で、恣意的に歪めずに解釈したら部分否定に

改邪鈔でも「あながち」と書かれたものと「あながちに」と書かれたものが
ありますから、真宗聖典では「あながち(に)」となっています。
「あながち」も「あながちに」も語源は同じなので意味は同じ。

ちなみに「あながち甘心すべからず」というのは「けっして満足できない」とか
全部否定でしか読めない言葉です。同じ改邪鈔の後半のところにあります。
本願寺関係の学者でも現代語訳では「決してーない」と全部否定にしてます。

163 名前: カルトの定義 2006/02/21(火) 12:57:18 ID:5Km71g1h
カルトの定義は非常に多くの項目に渡ります。気軽に述べれば名誉毀損や
侮辱に該当し、真面目に純粋に信心されている方々に迷惑が掛かるので、
多くの項目でその対象を明確にするのです。

それでは「一つでも有ればカルト」のであるというのを簡単に述べましょう。

1 「死後の保証」を盾にとって、奉仕やお布施などの金品を要求する
2 「輪廻転生」(生まれ変わり)を積極的に教義の根幹に据える
3 極端な排他思想
4 認識、確認できない事柄を無理やりに信じ込ませようとする
5 倫理軌範が世間のそれとかけ離れている
6 霊能力、超能力を売り物にする
7 瞑想の導入において、施術する
8 親子に勝る法理を説く
9 政治に関与する
10 教祖や代表が「悟った」とか「覚者である」とか宣言する団体
11 脱会の意思を表明した時に罰論を説教する団体
12 罪業論、宿業論を教義の根幹に据える団体

以上のうち、一つでもあれば「カルト」です。一般的な言葉の定義では
なく、皆さんが 被害に遭われないための予防措置としての定義です。

項目は今後増えるでしょう。

164 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 12:59:58 ID:mc5RS1Q1
アンチの論法でいけば、大日如来を本尊にしても
かまわないことにならないか?

「祖師は本尊に関して言及されてない」
「所信の体ではない」
「祖師と同じにする必要はない」
「絵像木像を本尊にするな、とは言われてない」

大日如来も阿弥陀仏の分身だから「本尊にするなとは言われてない」と
本尊にしてもかまわないことになるよね。
それで真宗になるか?

165 名前: カルトの定義 2006/02/21(火) 13:00:57 ID:5Km71g1h
>>163
さて、s会ではどれが相当するでしょうか?
私の意見はこうです。
1 ◎
2 ◎
3 ◎
4 ◎
5 ◎
6 ×
7 ×
8 ○(嘘の勧めなど)
9 ×
10 ◎
11 ○
12 ◎

166 名前: ついでに 2006/02/21(火) 13:17:02 ID:w+8OAtbP
「本尊は方便だから絵像木像でも」という誤りに関して。

「本尊聖教は衆生済度の方便」というのは
「本尊聖教の存在というのは衆生済度の方法である」ということ。
「聖教は方便だから」教行信証の信巻に19願が書かれてあれば
おかしい、間違っているんだよ。

行行相対で説かれた法然上人が木像を本尊にされてもおかしくないが
唯信独達の親鸞聖人の末弟が木像本尊なら信巻に19願が書かれてあるのと
同じ。
方便という言葉の使い方が間違っている。

167 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 13:17:49 ID:OAOHMyVa
>>147
> 「聖人は、木像絵像を廃し、名号を本尊にせよ、と仰せになった」
> という顕正新聞の記事はいよいよ間違いであることが明らかになってきています。

っていうほど、違うか?
と思うのは漏れだけ?


> さて、祖師はどこの箇所に「木像絵像を廃し」「名号を本尊にせよ」とおっしゃっているのでしょう。

「木像絵像を廃しなさい」という親鸞聖人の著作で出せなんて
あったら、辞書にのってるだろ
わざわざ 「 」でくくってくるのは、真宗学を知らないか、しっててわざわざ書いているとしか思えない。

私たちの助かるいわれは名号であるということは、教行信証にいくらでも書いててあるが。
それじゃ理由にならないって?

>>140が根拠だってのは、一般的な説。

> いったり、木像本尊派などという誰も主張していないレッテルを貼ったりしていては、

レッテルを貼るのは善くないとおもうが。

> もはや親鸞学徒などでなく、親鸞会という組織を守ろうとする犬・奴隷に過ぎない

これは人格攻撃に成らないの?
あったこともない人を、「犬」だの「奴隷」だのよぶのはよいこととは思わないけどね

168 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 13:28:56 ID:OAOHMyVa
>>146

あとさ、
●なぜ私は〜の連続コピペとか、結構うざったいだんけど
 
とうとつな URLとか、2ちゃんって確か直リン禁止だろ?

スレッドの流れと関係あるのかしら?一日一回くらいかならず

ID:nBIyha8o とか Donl3x4nとか
あと、カルトの定義を定期的にコピペする ID:5Km71g1hみたいなのとか

>>139
>こういうスレッドと関係ない、2ちゃんねる批判の書き込みって、
>ネット対策委員がどっかからコピペして書き込んでいるって聞いたけど、

>最初にはじめたのがU元講師だった、という話を聞いたことがある。
>無意味を感じてやめたんだね。

こんなことばっかりやってるから、U元講師の模倣犯だってレッテル貼られちゃうん
だと思いますが、いかがでしょうか?

169 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 13:40:28 ID:OAOHMyVa
>>167
自己レス

> >>147
> 「木像絵像を廃しなさい」という親鸞聖人の著作で出せなんて
> あったら、辞書にのってるだろ

こういうと、「やっぱりないんじゃないか」と喜びいさんでつっこんでくる
つもりだろうから一応かいときます。

> >>140が根拠だってのは、一般的な説。
「覚如上人」だから話にならんとでもいうのでしょうか?
「あながち」が部分否定かどうか、ってのは辞書をもう一回よく読んでください。
大学の図書館には、いろいろあるだろうから

それがない理由は前スレに

>749 名前:名無しさん@3周年[] 投稿日:2006/02/16(木) 22:21:26 ID:sks6vi7P

(中略)

>それと、親鸞聖人時代は、本寺末寺みたいな、「教団組織」そのものがなかったわけです
>から、儀礼的な「本尊形式」自体が固定化されてなかったでしょう。

ってあったのでいいかなと思いますが。

170 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 13:42:07 ID:tR5slsqK
>>159
>だから何度もいいますが、覚如蓮如じゃなくて親鸞聖人の著書の根拠をきいています。
>顕正新聞に「親鸞聖人が」って書いてあるんだから、きわめてまともな質問だと思いますよ。

覚如上人、蓮如上人の教えは親鸞聖人の教えと違うんですかそうですか
改邪抄の内容は親鸞聖人が仰られたという根拠にはならないですかそうですか
もはやアンチの言い分は浄土真宗ですらないようです

171 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 13:48:38 ID:OAOHMyVa
>>150
> 「これによりて、念仏者はことに諸宗を謗ずべからざるものなり。
> また聖道諸宗の学者達も、あながちに念仏者をば謗ずべからずとみえたり。」
> 聖道諸宗の学者達もたまには念仏者を謗ってもいいよ、
> って蓮師が言われたんですか?

あながち【強】
(下に打ち消しを伴って)むやみに、一概に

この意味からとっても
「聖道諸宗の学者たちも、むやみに念仏者をそしってはならない」
と解釈するのが普通だと思うけど。

むりに部分否定するのは、どうかと思うけどね。

172 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 15:38:19 ID:fvAkeZMI
なんのために生まれて、なにをして生きるのか?

答えられないなんて、そんなのはイヤだ


173 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 18:31:03 ID:5Km71g1h
>>170
>覚如上人、蓮如上人の教えは親鸞聖人の教えと違うんですかそうですか
>改邪抄の内容は親鸞聖人が仰られたという根拠にはならないですかそうですか
>もはやアンチの言い分は浄土真宗ですらないようです

またしてもシンパが知能障害起こしてるな。
いちいち理由を話してやるのも疲れるから自分でどこがイカンのか考えてみな。


174 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 18:33:59 ID:fvAkeZMI
なんのために生まれて、なにをして生きるのか?
答えられないなんて、そんなのはイヤだ

今を生きることで、熱い心燃える
だから君は行くんだ微笑んで
そうだ、うれしいんだ生きる喜び


175 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 18:36:16 ID:4H7YYuc8
真実を知るものは幸いなり


176 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 18:48:14 ID:tR5slsqK
>>173
とうとうまともな反論も出来なくなりましたか
必死に逃げ口上するくらいならレスしないほうが良いですよ^^

177 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 18:52:27 ID:3Vs/+ESE
>>176
あなたにとって「聖人が仰った」と「覚如上人が仰った」とは同じ意味ですか。

178 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 18:53:09 ID:4H7YYuc8
真実を求むる者はなお幸いなり

179 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 19:00:53 ID:5Km71g1h
>>176
>ID:tR5slsqK

恥の上塗りって言葉も覚えたほうがいいかもな。

180 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 19:04:59 ID:tR5slsqK
>>177
当たり前
違ってたら覚如上人の教えは浄土真宗じゃ無くなる
親鸞聖人、覚如上人、蓮如上人、この三方の教えが浄土真宗のものさし

181 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 19:06:21 ID:tR5slsqK
>>179
そのセリフは自分に言ってくださいね^^

182 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 19:30:18 ID:5Km71g1h
>>181
( ´,_ゝ`)まったく困ったチャンでチュね〜

>親鸞聖人、覚如上人、蓮如上人、この三方の教えが浄土真宗のものさし

誰が決めた?高森教祖か?
浄土真宗のものさしは御本典にきまってるでしょ。ついで宗祖の著作。
そもそも、浄土真宗の話なんかしてないよ。
顕正新聞の記事が出鱈目かそうでないかの話をしているんですが

下の文を千回嫁。

>「聖人は、木像絵像を廃し、名号を本尊にせよ、と仰せになった」 という顕正新聞の記事



183 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 19:32:03 ID:+WfU0ZjT
退会者はご本尊を返してね。ご本尊は会のものなんですから。






アレッ?

184 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 19:33:18 ID:5Km71g1h
>「聖人は、木像絵像を廃し、名号を本尊にせよ、と仰せになった」 という顕正新聞の記事

聖人の著作にその根拠を求められるのは当たり前でしょ!?
こんな簡単なことがID:tR5slsqKは理解できない!?
もしそうなら、みんなの迷惑だから書き込まないほうがいいよ>ID:tR5slsqK

185 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 19:33:22 ID:3Vs/+ESE
なんともはや…何とかに付ける薬はないとは言うが。
先の二つの「文章」の意味は同じか?

186 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 19:34:37 ID:+WfU0ZjT
>>164
>大日如来も阿弥陀仏の分身だから
この前提はどこから持ってきたの?密教?

187 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 20:01:29 ID:5Km71g1h
>>173
>>改邪抄の内容は親鸞聖人が仰られたという根拠にはならないですかそうですか

当たり前じゃん。
改邪抄の著者は親鸞でなくて覚如なんだから。
なんでこんなことくらいでスレ無駄遣いしなくちゃいけないの?

Σ(゚Д゚;) ハッ ひょっとして本尊論でスレッド無駄遣いして
ダミサ問題を交わすため!?




188 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 20:03:13 ID:qeNll1DY
../../life7_psy/1122/1122056772.html#tag767
Nさん、あの事件なかったら今もNo2、3の幹部だったのに。


189 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 20:03:27 ID:5Km71g1h
>>173
>>改邪抄の内容は親鸞聖人が仰られたという根拠にはならないですかそうですか

当たり前じゃん。
改邪抄の著者は親鸞でなくて覚如なんだから。
なんでこんなことくらいでスレ無駄遣いしなくちゃいけないの?

Σ(゚Д゚;) ハッ ひょっとして本尊論でスレッド無駄遣いして
ダミサ問題を交わすため!?




190 名前: 通行人 ◆02GH.fBfT6 2006/02/21(火) 20:33:26 ID:rejLRp/S

私の場合は、「見其仏像 信心歓喜」なら、金像にしたと思うんだよね。
きっとこれなら、親鸞聖人も、仏像を大事に大事にするような人になったろうと思うよ。

良くわからないのは、日頃「念仏だ、念仏だ」と騒ぐ人に限って、
本尊は念仏じゃないんだよね。
そんなに念仏大事なら、本尊も念仏にしたらどうなのよ。


191 名前: 通行人 ◆02GH.fBfT6 2006/02/21(火) 20:38:32 ID:rejLRp/S

親鸞会は、できるだけ親鸞聖人のとおりにすることが正しいとしているから、
親鸞聖人が、名号本尊を好まれたのなら、名号本尊以外ダメと言うのも、
理解できないことは無いでしょ。

親鸞聖人が、「苺大福」が好きなら、親鸞会会員は「苺大福」しか食べない。
そういう団体なのですよ。


192 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 20:44:38 ID:rejLRp/S

あと、信心獲得した人しかわからない心境として、
仏像よりも名号様こそ、真に本尊にしたいものだと思いたくもなるもんだよ。

未だに、未信心の人は、文字が書いてあるだけのものなんて、
ありがたく見えない気持ちはわかるけどね。


193 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 20:46:37 ID:o6lgv4Rz
>当たり前じゃん。
改邪抄の著者は親鸞でなくて覚如なんだから。

高田派は覚如上人を認めないんだっけ。
だからでたらめな江戸時代の創作文を根拠にしたわけだ。

194 名前: 通行人 ◆02GH.fBfT6 2006/02/21(火) 20:48:46 ID:rejLRp/S

親鸞聖人も親鸞会も、仏像を粗末になんか扱わないと思うよ。
仏様としているものだから。
ただ、本尊とするかどうなんだね。


195 名前: 通行人 ◆02GH.fBfT6 2006/02/21(火) 20:54:38 ID:rejLRp/S

私の推測だけど、親鸞会は本尊を教義を端的にあらわすものとしての存在
にしたいと思ってるんじゃないでしょうかね。

真宗の教義を端的にあらわすものは、「阿弥陀仏像」なのか「名号」なのか
どっちにしたいわけよ?

親鸞聖人が、名号好きなら名号でいいんじゃない。

196 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 21:05:31 ID:5Km71g1h
Σ(゚Д゚;) ハッ ひょっとして本尊論でスレッド無駄遣いして
ダミサ問題を交わすため!?

ってカキコしたら急に信心詐称の嘘つき工作員がもう終わっている本尊論を
連カキコしまくってやんの。

図星だね。

197 名前: 新入生は騙されたらアカンで 2006/02/21(火) 21:07:23 ID:5Km71g1h
365 名前: s会はうそつきばかりだ 投稿日: 2000/06/26(月) 18:18

s会サークルが私についたうそ特集
1.人生の目的を考え、古今東西の哲学をおもしろおかしくワイワイガヤガヤ
楽しく話し合うサークルと言っておきながら、実は、s会直結の宗教サークル
で、ワイワイガヤガヤ一方的に仏教の話をするサークルだった。

2.大学院に行ってると最初に言っていた人が、実は専任講師だった。

3.私を勧誘してきた人は、最初、私と同じ学校の文学部哲学科と言っていたのに
後になって、私とはまったく違う学校の経済学部せいだった。

../../log2_psy/950/950119684.html

198 名前: 新入生は騙されたらアカンで 2006/02/21(火) 21:08:41 ID:5Km71g1h
断っておくべきことは2点。

1.親鸞会では勧誘時に、信心決定していない先輩を
信心決定している人として偽った紹介を行って
新入生を引き込もうとすることがある、ということ。

2.親鸞会は、こうした信心の偽装・詐称も
「配慮」などとという手前勝手な言い分で正当化する団体であるということ。

199 名前: 通行人 ◆02GH.fBfT6 2006/02/21(火) 21:09:05 ID:rejLRp/S
>>196
俺から見たら、テニスサークルとかの方がよっぽどダミーだよ。

200 名前: 新入生は騙されたらアカンで 2006/02/21(火) 21:11:31 ID:5Km71g1h
/response/toko3.html
なお後に「1年以内に信心決定できると言ったじゃないですか」と先輩に聞くと、
「一念で信心決定できると言ったんだよ」という答えが返ってきました。

明らかに詭弁ですが、学友部では、これも配慮とみなされていました。
もっとも、私も2年生以上になって1年生に同じことを聞かれたとき、同じ言い方で
答えていたので、同罪ではあるのですが。

5月の連休の合宿で初めて「高森先生という人の説法を聴聞しに、毎週全国各地を飛び回る」
と聞かされたり、6月になって浄土真宗親鸞会という宗教団体への入会を勧められたりと、
驚愕の事実が少しずつ明らかになっていきました。
その度に「そんなこと聞いてないですよ!」と文句を言っても、「最初から言っていたら、
キミは続けて聞くようになっていたか!?これは配慮なんだ」という答えばかりが返ってきました。

「苦労して聞けば聞くほど、早く信心決定できる」と説得され、勧められるまま毎週の聴聞に出か
けるようになり、親鸞会に入会し、ほぼ毎日ある平日の部会にも欠かさず出席し、下宿で一人に
なっても欠かさず勤行し、教学を勉強し、親鸞会発行の書籍を何度も何度も拝読し、聴聞費用や
御報謝のためバイトをやりまくり…結局、そのまま親鸞会にドップリ浸かる生活に入っていきました。

先輩たちが全員信心決定しているというのが実は嘘であり、一生かかっても信心決定できるかどうか
分からないものだ、というのがようやく明らかになったのは、1年生の秋ごろでした。専任講師たちも
どうやら信心決定してないらしいぞ、と知ったときは、とてつもなく暗い気持ちになりました。
早く信心決定してしまって、あとは他のサークルを覗いたり、好きな趣味などを楽しみたいと考え、
親鸞会以外のほとんど全てを犠牲にしてきたのに、こんな状態がこれからもずっと続くとは…。

「先輩たちは全員信心決定している」という嘘も配慮のため、とやはり言われましたが、裏切られた、
という気持ちは、どうしても拭い去れませんでした。

201 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 21:12:27 ID:rejLRp/S
>>198
未だにそんなこといってるのかよ。

信心の偽装って、それなら、「私仏法キライデース」、「ナットクデキマセーン」とか言うのが、
正しい姿なのかよ。


202 名前: 新入生は騙されたらアカンで 2006/02/21(火) 21:14:46 ID:5Km71g1h
宗教を信じていると自負する者は
一人の宗教家であるべきではないだろうか。
たとえ布教に勤しまなくとも、自らの信条に自信を持ち、
表明して恥じず、さらに敬虔を以て応えようとする、
一人の宗教家であるべきではないだろうか。

今、嘘勧誘に代表される親鸞会の
悪事が信仰の名において正当化され、かつてそうであったように
なお平然と行われ続けようとしている。
もちろん、多くの会員たちはこのやり方に甚だ迷惑していることだろう。
しかし、間違ったことを疑問に思っても口にできず、
恥辱に耐えれないことも
敢えてしなければならない現状がある。

なぜ、こんなことになったのだろうか?

今の会の行為を恥じずに公言できる者がいるだろうか?
今の会の行為に自信をもつことができる者がいるだろうか?
会の行為に真心で応えようと思う者がいるだろうか?

203 名前: 通行人 ◆02GH.fBfT6 2006/02/21(火) 21:14:50 ID:rejLRp/S
>>200
信心獲得できなくて、信心獲得できませんと正直に吐露するのは、
実はあんまりいい事ではない。

204 名前: なあんにも考えなくてもいい無条件服従はここちよいかい? 2006/02/21(火) 21:18:45 ID:5Km71g1h
/mondai/naze3.html

自己の理性を基に正邪を判断し、愛憎違順する我々に、無条件服従は極めて
難しい事である。理性が満足せねば、善知識の仰せに対し、本会の種々の指示に
対し、「なぜですか」「どうしてですか」「納得できないからやれません」等々
疑い、不信、反抗の鎌首をところかまわずもちあげる始末、

それでもまだ足りず、自らの怠惰な求道を棚に上げ、「もう少し早く進める方法は
ないか」と善知識の御指導に不平を漏らし、法謗の徒と化す根性。この心こそが
曠劫流転の親玉であり、正しい判断できると自惚れている心が仏心を受けつけぬ
元凶であることを知らねばならない。

仏法に対しては全く狂った考えしかないから無条件服従が必要なのであり、善知識は
信心決定への全因縁といわれる理由があるのである。我々も又、善知識の仰せに対し
本会の指示に対し、何事も何事も仰せのままに指示通りに無条件で服従するように
努めていかねばならない。これが求道であり、この過程があってこそ、親鸞聖人の
「よき人の仰せをこうむりて信ずるほかに別の仔細なきなり」という真の無条件服従が
体験できるのである。
この絶対の体験をするまで、聴聞によって無条件服従の心を培い、本会の指示に無条件に
従うことによってその形を整え、心身ともに無条件服従へ仕向けていく努力が自己の
信心決定を早め、強固な組織作りとなり、真宗の流れをより早く可能たらしめるのである。

会長先生のご指示に無条件で従い、信心獲得を本と致します。
上司の指示は会長先生の命と心得ます。

205 名前: 通行人 ◆02GH.fBfT6 2006/02/21(火) 21:21:09 ID:rejLRp/S
何が嘘勧誘だよ。
自分の想像してたものと違ったら嘘なのかよ。
それに、どっち道わかることだろ。

よい悪いはべつとしても、そういう勧誘方法に感謝しているものはたくさんいると聞いたよ。

206 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 21:23:54 ID:5Km71g1h
ひとつだけいえることがあります。

本当の正しい教え(親鸞)を聞くためにはお金は要りません。
お金を出すことを要する宗教は真っ赤なにせものです。
信じて感謝しているのならば、お布施をだすのは当然だ、という宗教はにせものです。

しかるにs会は、s会の教えを信じて感謝しているのならお布施を出すのは当然だといっています。

s会の教祖「さあ、お金を出しなさい。出した分しか聞けません。信心欲しければ乞食してでも財施しなさい。」

207 名前: 通行人 ◆02GH.fBfT6 2006/02/21(火) 21:24:12 ID:rejLRp/S



      考えることいっぱいの、言葉だけの自由な世界はここちよくなひとはおおいよ





208 名前: 通行人 ◆02GH.fBfT6 2006/02/21(火) 21:26:45 ID:rejLRp/S
>>206
確かに、その理屈だとお釈迦さまの宗教は真っ赤なにせものだから、
親鸞会もにせものだね^^

209 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 21:28:25 ID:5Km71g1h
>>205
>自分の想像してたものと違ったら嘘なのかよ。
>それに、どっち道わかることだろ。

考えが自己本位杉。
内部にいればわからないんだろ、気の毒に。

>よい悪いはべつとしても、そういう勧誘方法に感謝しているものは
たくさんいると聞いたよ。

「ガンが治った、病気が軽くなったといって感謝している人たちもたくさんいるんです。」
悪徳宗教団体の言い訳の常套手段だね。

210 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 21:32:54 ID:5Km71g1h
>>208
>確かに、その理屈だとお釈迦さまの宗教は真っ赤なにせものだから、
>親鸞会もにせものだね^^

きいたふうな口きくやないか。
お釈迦様の宗教ってなんや、定義できるか?

>親鸞会もにせものだね

よういうた。その通りだとおもうやろ。

211 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 21:34:52 ID:OAOHMyVa




●なぜ私は〜の連続コピペとか、結構うざったいだんけど
 





212 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 21:36:00 ID:OAOHMyVa



とうとつな URLとか、2ちゃんって確か直リン禁止だろ?







213 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 21:36:24 ID:rejLRp/S
>>209
で、結局やめたんなら、意味ないやん。

本気で騙したいなら、辞めさせないような勧誘方法取るよ。
もっと生半可じゃない方法をね。

親鸞会は、辞めたい人を無理に引き止めるようなことをしていないんだよ。
それのどこが悪徳なわけ?
悪徳なら、もっと賢い方法取るよ。

ただ、無理に、宗教だのなんだの、といって刺激しないようにしてるだけだろ。
それのどこが嘘つきになるんだよ。
いや、全部の事例を知らないからなんともいえないけどさ。


214 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 21:37:41 ID:rejLRp/S
>>210
できるよ。


つ「廃悪修善」




215 名前: だからダミサ勧誘は違法なんだよ 2006/02/21(火) 21:45:24 ID:5Km71g1h
>>213
悪徳とか生ぬるいものでない。
宗教であることをいわないダミサ勧誘は違法行為なんだが。
それとコテと名無しを使い分けてもバレバレなのだが>ID:rejLRp/S

http://homepage1.nifty.com/kito/uc.jouhou.htm
判決に先立ち、佐藤裁判長は「初提訴から14年が経過しており、これだけの
審理期間がかかったことに対し職責をまっとうしていないとの批判を甘受しな
ければならない」と、陳謝する旨の異例のコメントをした。

判決などによると、原告はいずれも女性で、85〜90年に道内で入信。脱会する
までの間、ビデオや合宿による研修で、同教会の教理について講義を受けたり、
献金などを行った。また、「トレーニング」や「献身」として、信者の勧誘活動や
食品の訪問販売、宝石、呉服のセールスなどの経済活動に従事した。

原告は(1)統一教会とは知らされずに勧誘を受け、意思に反して
思想・価値観を教え込まれた(2)学業や職業の放棄を余儀なくされ、
貴重な青春時代の一時期を奪われた(3)献金や物品の購入を強要され、
多額の経済的負担をさせられた――と主張。1人当たり200万〜300万円
の慰謝料の支払いと、研修や献金など入信にかかった費用、印鑑と数珠の
購入代金の返還を求め、87年から92年にかけて4次にわたり提訴していた。

判決後、原告側代理人の郷路征記弁護士は「判決は宗教活動の違法性について、
こちらの主張よりも踏み込んだ判断をしており、大変評価できる」と語った。

216 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 21:47:30 ID:/qauhIwY
>>169
>それがない理由は前スレに
>>749 名前:名無しさん@3周年[] 投稿日:2006/02/16(木) 22:21:26 ID:sks6vi7P
(中略)

>>それと、親鸞聖人時代は、本寺末寺みたいな、「教団組織」そのものがなかったわけです
>>から、儀礼的な「本尊形式」自体が固定化されてなかったでしょう。
>ってあったのでいいかなと思いますが。

s会さんも、「教団組織」とか、「礼拝対象としての本尊の形式」は、「教義安心」のうえの問題では
、なくて、「儀礼上の問題に過ぎない」ということには異存がないわけですね?

でなくて、教義安心の問題ということであれば、親鸞聖人の教義は「未完成」ということになりますね。

「所信の体は御名号」というのは、真宗の「根本安心」であり、儀礼上の「礼拝対象としての本尊の有無
や、形態(形式)の如何」といった「儀礼」(行儀)によって左右されたりはしません。

>>164
>「所信の体ではない」

礼拝対象の「物体」(木仏、金仏や、絵や文字を書いた紙)が、「所信の体」じゃないのは、当然の話です。
ただ、文字で書かれた「方便法身尊号」(名号)や、木で作られたり、絵に描かれた「方便法身尊像」も
、ともに「私一人の為」の「お救いのいわれ」「所信の体」である「御名号」のおはたらきを、表したも
の。ただし、「礼拝」などは、「聞名」(本願念仏)の「付録」に過ぎないので、「礼拝対象」の有無や、
形式は、各々「随縁」ですが、個人的には、「真宗行儀」のうえからは、やはり、「坐像」(浄土宗や、高
田派や木辺派などは、坐像本尊もある)より、「立像」や「名号」の方がより相応しいようには思いますが、まあ、御
安心のうえからは、「枝葉末節」の問題でしょう。

s会が、H願寺派との差別化を意識して、「名号本尊」で統一されるのは別に結構ですが、親鸞聖人の教義
のうえで問題とならない「儀礼的な『本尊形式』」の違いから、他派を他派の教義の問題として批判される
のは如何なものかと思われます。

217 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 21:49:09 ID:OAOHMyVa
>>209
>「ガンが治った、病気が軽くなったといって感謝している人たちもたくさんいるんです。」
>悪徳宗教団体の言い訳の常套手段だね。

「S会やめて喜んでいる人もたくさんいるんです」
これも悪徳宗教団体の言い訳と同じか。


218 名前: 偽装サークルに対する判決文 2006/02/21(火) 21:50:15 ID:5Km71g1h
http://www.glo.gr.jp/hanketu01.html
特定の宗教の信者が,その属する宗教団体への加入を勧誘し,教義の学習を勧奨して
その費用を収受し,献金を慫慂してこれを収受し,宗教団体の活動への参加を求める
ことは,信教の自由により保障された宗教活動ということができるが,他面,それらは,
その相手方の信教の自由を始めとする基本的人権を侵害するおそれもあることにかんが
みると,自ずから内在的な制約があることを免れない。そして,それらの宗教活動が,
社会通念に照らし,外形的客観的にみて不当な目的に基づくものと認められ,また,
その方法や手段が相当と認められる範囲を逸脱し,その結果,相手方に損害を与える
おそれがあるような場合には,たとえそれが宗教教義の履践の名の下に行われたもので
あっても,信教の自由としての保護の域外にあるものとして,違法性を有すると判断
すべきものである。

特に,その不当な目的が巧妙に秘匿されているため,善意の相手方が個々の行為について
外形的に任意に承諾していると認められる場合であっても,その目的を知った場合にもなお
これに承諾を与えたであろうと認められる特段の事情がない限り,その承諾の存在は,何ら
上記の違法性の判断を妨げるものではない。

219 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 21:50:29 ID:UFNrmux1
>>191

同意

親鸞聖人原理主義だから、親鸞聖人が好まれた=親鸞聖人はそれ以外されなかった。
と脳内変換してんだよ。

それをいちいちつっこむのは、普通の感覚だが
親鸞聖人に、盲目的に傾倒している親鸞会会員にはなにいっても話はかみ合わないよ。


220 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 21:51:22 ID:grDh40II
>>217
それで辞めさせた人を抱き込んで
「俺が辞めさせなければお前は幸せになれなかった。俺の恩に感謝せよ」とか言って
金取ってたりしたら悪徳だと思うけどね。

221 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 21:54:23 ID:grDh40II
>>220追加
更にそれで巻き上げた金で
自分専用の厨房車だのお抱えスタッフだの専用トイレetcだの
金ぴかのマーク掲げて85万のお座布団なんかに座った日にゃあ悪徳もいいとこだろうよ。

222 名前: 偽装サークルに対する判決文 2006/02/21(火) 21:56:10 ID:5Km71g1h
その勧誘等の手段方法について指摘すべき特徴的なことは,第1に,その勧誘等の方法が,
長年の組織的勧誘等の経験に基づいた手法に基づき,組織的体系的目的的に行われている
という点である。すなわち,毎月の動員,献金,販売等の目標を定め,その達成のため,
宗教教義の勧誘であることを厳に秘匿して・・・・・・・
生涯学習,カルチャーセンターの名のもとに,被告協会の教義を伝道する目的で設置された
と認めるべきビデオセンターへと言葉巧みに導き,そこにおいても宗教教義の伝道活動である
ことを悟られないように各種教養・娯楽ビデオを混入させつつ,被告協会の教義に関心を
持たせるように,また,その教義を正当として受け容れやすいような被告協会の教義に関する
ビデオを視聴させたうえで,さらなる学習意欲や好奇心をかきたてる。そして,いずれも周到な
準備と計画の下に企画されたプログラムである,未婚者については,余人を排した合宿等の形式に
よるツーデイズ,ライフトレーニング,フォーデイズからさらに新生トレーニング,実践トレーニングを
経て実践活動へ・・・・・・言葉巧みに導き,この間,善良にして親切で明朗な協会員による親身の指導
と激励や賞賛の中で高揚感溢れる連帯意識を醸成して心情的帰属意識を植え付ける一方,過程ごとに
受講者の感想を集約してその教義の浸透度を確認把握する中で・・・・宗教的救いを希求する心情をかきたてて,
被告協会の教義の学習の浸透を図ってきた。・・・勧誘等の方法は,個々の勧誘等の行為それ自体を個別的外形的に
観察する限りは,詐欺的強迫的手法を用いていることが明らかなものを除いては,本人も承諾納得の上での任意の
選択を求めるものであって,それ自体の違法性を論ずることができないようにも見えるが,その勧誘方法が
信者獲得という一定の目的のもとに,あらかじめ周到に準備された組織的体系的目的的なプログラムに基づいて
行われているという前記のような事情に照らせば,その勧誘等の手段方法の違法性を判断するに当たっては,
その個々の勧誘等の手段方法の違法性だけを論ずれば足りるものではなく,その勧誘方法全体を一体のものとして
観察し,その一部分を構成する行為としての位置付けの中でその部分の違法性を判断することが必要であるという
べきである。

223 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 21:56:58 ID:UFNrmux1
>>216

> s会が、H願寺派との差別化を意識して、「名号本尊」で統一されるのは別に結構ですが、親鸞聖人の教義
> のうえで問題とならない「儀礼的な『本尊形式』」の違いから、他派を他派の教義の問題として批判される
> のは如何なものかと思われます。

こういうのは筋のとおった話だが、けんしょうしんぶんはでたらめじゃんとかいってる
人のは、今ひとつ共感できない。
なんかいいがかりつけてるようにしかおもえないんだけど。

どうよ?


224 名前: 偽装サークルに対する判決文 2006/02/21(火) 21:56:59 ID:5Km71g1h
>>222 続き

第2の特徴は,被告協会の協会員は,上記のように組織的体系的目的的に宗教団体である被告協会への加入を勧誘等
するに当たり,当初はこの点を厳に秘しているという点である。前記のとおり,被告協会への勧誘の初期段階においては,
宗教団体の活動であることはもとより,宗教に関する勧誘であることさえ秘匿するばかりか,特定の宗教教義に関する伝道
ではないか,あるいはまた,宗教そのものの宣伝ではないかと尋ねられた際に,その者の宗教的寛容性の程度に関わりなく,
これを完全に否定する態度を堅持し,あるいは巧妙にはぐらかす一方で,プログラム内容について外部の親子や夫婦に話を
しないように言葉巧みに指導していたのであるが,これは,勧誘に当たっての欺罔的手段を弄したものといわざるを得ない。

これって、どこかの会にゃりかたとそっくりじゃないですか?

225 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 22:00:16 ID:UFNrmux1
>>224

名号本尊の話がいきづまると、  ID: 5Km71g1h  みないなのが、
判決文をやたらとコピペするのも、どうかと思う。
痛いシンパとレベル同じ。

もうちょっとこぴぺじゃなくて自分の言葉で書け。

自分の言葉でかけない、考えられないのがマインドコントロールの証拠なんだろ?
人の言葉借りないと意見がかけないんじゃぁ あんまりシンパいじめられないなw


226 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 22:05:17 ID:OAOHMyVa
http://shinrankai.sytes.net/kousatu01.htm

↑名号が一番よい。

227 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 22:06:04 ID:/qauhIwY
>>164
>アンチの論法でいけば、大日如来を本尊にしても
>かまわないことにならないか?

源信僧都など、外儀は天台でも、内面は真宗に帰依されていたわけですから、純粋に個々人
の「御安心」の問題としては、外儀のうえで、「大日如来をご本尊に」されても問題はない
でしょうが(善導大師も龍門のビルシャナ仏の建立の導師をされたりしたようです。)、儀
礼上の問題とはいえ、一個の「形而下の」教団組織の行儀門の問題としては、おかしいのは言
うまでもないと思います。
どうしても浄土門じゃなくて、大日如来を信仰されたいなら、「宗旨替え」「転宗」されれ
ばよいでしょう。


>>190
>私の場合は、「見其仏像 信心歓喜」なら、金像にしたと思うんだよね。
>きっとこれなら、親鸞聖人も、仏像を大事に大事にするような人になったろうと思うよ。

>良くわからないのは、日頃「念仏だ、念仏だ」と騒ぐ人に限って、
>本尊は念仏じゃないんだよね。
>そんなに念仏大事なら、本尊も念仏にしたらどうなのよ。

「成就文」は、「見(観)其名号」ではなくて、「聞其名号」ですね。
「御念仏」(=御名号)は、お聞かせいただくものです。
礼拝対象じゃありません。

228 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 22:13:36 ID:5Km71g1h
>>223
>こういうのは筋のとおった話だが、けんしょうしんぶんはでたらめじゃんとかいってる
>人のは、今ひとつ共感できない。
>なんかいいがかりつけてるようにしかおもえないんだけど。

顕正新聞には「聖人は、木像絵像を廃し、名号を本尊にせよ、と仰せになった」 とあったんや。
なるほど、親鸞聖人大好き会のs会のことやから、本当のことに違いない、と思うて
「どこに仰せになったのでしょうか?」と尋ねると、
「覚如上人はこう言っている」と何度も答えている、とシンパが繰り返す。
そりゃあ覚如タンも偉い人か知らんが、顕正新聞には親鸞タンって書いてありまんがな。
だから親鸞タンの根拠出してーな」と改めて尋ねると、シンパいきなり逆切れ。
「覚如タンと親鸞タンの仰せになることは真宗だから同じなんや!」ときたもんだ。
そりゃーないでしょうが。
顕正新聞でいっていた「聖人は、木像絵像を廃し、名号を本尊にせよ、と仰せになった」
は間違いだったって素直に認めたらどーよ。
素直に認めたら、s会も非は非としてみとめる、潔い団体だな、とみんな思うて、
それ以上は突っ込まないのが礼ってもんやろ。
意地張って逆切れしてばかりおったら、顕正新聞の記事は出鱈目じゃんのひとつも
いいたくなる罠。
わかる?


229 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 22:14:03 ID:4H7YYuc8
真実を求むる者はなお幸いなり


230 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 22:14:53 ID:LonVr4tQ
>>223
>こういうのは筋のとおった話だが、けんしょうしんぶんはでたらめじゃんとかいってる
>人のは、今ひとつ共感できない。
>なんかいいがかりつけてるようにしかおもえないんだけど。

仰る気持ちはよく分かりますが、親鸞聖人が特に晩年に名号本尊を用いられたからといって、
「親鸞聖人は木像絵像を廃し名号本尊にせよと仰った」という表現を平気で機関誌に書くことは、
やはり問題だと思います。

覚如上人が、
「本尊なおもて観経所説の十三定善の第八像観よりいでたる丈六八尺隨機現の形像をば、祖師あながちに御庶幾御依用にあらず、
天親論主の礼拝門の論文すなはち帰命尽十方無碍光如来をもって、真宗の本尊とあがめましましき」
と書いておられるのは、あながち、の意味を考えても根拠とはなりませんし、
(本願寺関係の学者でも現代語訳では「決してーない」と全部否定にしてます。 と書いている人がいましたが、
 そういう方がおられるのなら是非紹介して下さい。
 少なくとも、http://ameblo.jp/honzonron/ を見ると、
 親鸞会が紹介した学者の説だけとってみても、部分否定と解釈しています。)
百歩譲って、親鸞会の解釈の通りだとしても、木像絵像を廃したとは書いていませんし、
親鸞聖人が「木像絵像を廃せ」と仰ったという根拠には絶対になりません。

覚如上人の根拠を出すのは何の問題もありませんが、それをどうして「親鸞聖人が廃せと仰った」
などと平気でかけるのか私にはどうしても分からないのです。
これが原典主義を標榜する団体のすることでしょうか。
自分たちの主義主張を通すために、祖師のお名前を利用して、
その言行を恣意的にゆがめているとしか私には思えないのです。

231 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 22:15:01 ID:qeNll1DY
>>223
> s会が、H願寺派との差別化を意識して、「名号本尊」で統一されるのは別に結構ですが、親鸞聖人の教義
> のうえで問題とならない「儀礼的な『本尊形式』」の違いから、他派を他派の教義の問題として批判される
> のは如何なものかと思われます。

こういうのは筋のとおった話

だったのですか?

232 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 22:16:33 ID:5Km71g1h
>>225

どっちがいきずまってるんやら・・・

自分の言葉で書いてやったから>>228嫁。

233 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 22:19:56 ID:5Km71g1h
>覚如上人の根拠を出すのは何の問題もありませんが、それをどうして「親鸞聖人が廃せと仰った」
>などと平気でかけるのか私にはどうしても分からないのです。
>これが原典主義を標榜する団体のすることでしょうか。
>自分たちの主義主張を通すために、祖師のお名前を利用して、
>その言行を恣意的にゆがめているとしか私には思えないのです。


>>230タンが漏れのいいたいことを代弁してくださった。dクス!

234 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 22:21:19 ID:LonVr4tQ
ですから、デタラメというのは確かに言い過ぎかも知れませんが、
「顕正新聞はいい加減な新聞だ」と言われても仕方がないと思いますし、
こうしたことを平気でかける神経の人が機関誌を編集していることに、
私は大変な危惧を抱いているのです。

親鸞聖人も覚如上人も蓮如上人も、同じ浄土真宗だから、
覚如上人が仰ったことは親鸞聖人が言われたことと同じ、というのならば、
覚如上人が仰っていると書けばいいだけの話です。

第一、そうならば蓮如上人が、
「また諸神・諸仏・菩薩をもおろそかにすべからず。」
と仰ったというのも、親鸞聖人がそう仰ったと書いても良い、
ということになるのですか?

こうかくと俗諦門がどうだとか反論する人がいそうですが、
自分の都合の良い部分だけ親鸞聖人の発言にしていると言われても仕方がないでしょう。



235 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 22:24:03 ID:LonVr4tQ
さて、今から例の山科本願寺についての実悟の文章をあげましょう。

抑山城国宇治郡山科郷野村里に文明九年より享禄四年まて、わつかに五十五年のあひた本願寺の御坊侍りき。蓮
如上人の御建立なり。如何なれは早く浅薄の機縁かや、今は草村となり候事、歎入たる事にて候。彼御坊のむか
しの事予知侍るへきまま、あらあら注しみすへきよし所望のまま、前後相違のことに侍れとも、はしはし書付み
せまいらせ侍り、以外の繁昌にて奇特に侍りつる。併鷲峯独園のたくひとなりはて侍り、白鷺池も蘆原となれり
、諸鳥のすみかと成ぬれは、限りあるためししられけり。此所は法敬坊とりたてられ侍りし所とかや。兼て従善
の法所と成へきと申されしも不思議の事に侍り。やかて堺の坊に侍し座敷一先被取寄建られけると承り侍る。仮
御坊たちて、無程御影堂たちて、また本堂とてなくては如何とて、やがて阿弥陀堂も立ましましけり。三間四面
に、四方は小縁、東方の前には六尺の縁也。向はさましやうししとみのことくに常に諸堂のことし。左右の脇は
唐さま、これ又諸堂のことし。さまにほり物ありけり名失念。木像本尊安阿作如今。左方北太子絵像讃如常蓮如
御筆、六高僧御影。右南法然聖人一尊御影讃如常蓮如御筆。両方共に三具足燈台あり。御命日はかり灯明まいる
。御影堂上檀三間四面、中は開山聖人、左方北前住蓮如上人御影、脇板に蓮祐禅尼香炉斗、卓以下当時如。右南
押板代々御影一幅如信以下存如迄、卓三具足燈台以下当時のことし。猶南の二間押板に、中に无光泥字也、蓮如
御筆、讃如常、始一行蓮如御筆、二行目よりも光教寺蓮誓にかかせらる。左右の脇には夢中善導法然上人の御影
、此二福は商人持て参る、売申たる二幅也。善導は半身金色、法然も光を放、向給たる御影也。此二尊の御前に
は何もをかれす、申尊はかり三具足をかるる也。猶南に一間の押板には、初は盧山恵遠禅師唐筆墨絵の像をかけ
られ、前にはかふたてををかれ、花を立てられけり。後には蓮如の御筆の不可思議光如来の名号をかけられ、三
具足を置かるる也。これは実如の御時の事なり。


236 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 22:26:11 ID:OAOHMyVa
S会の言い分は、ここだと思うが。
#http://shinrankai.sytes.net/dotiragauso.htm

「所信の体以外に御本尊はありえません」


237 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 22:27:06 ID:5Km71g1h
通行人逃げたか。逃げ足の速い奴。

238 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 22:36:16 ID:b+shr/hO

●なぜ私は親鸞会をやめたのか| ホーム
/

コンテンツ

○なぜ私は親鸞会をやめたのか

○続・なぜ私は親鸞会をやめたのか

○なぜ私は親鸞会をやめたのか|マインドコントロールについて

○なぜ私は親鸞会をやめたのか|反響集

○高森顕徹氏と親鸞会の問題(投稿文)

○高森顕徹氏と華光会

○なぜ私は親鸞会をやめたのか|掲示板

○親鸞会資料室

○リンク集


239 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 22:36:32 ID:LonVr4tQ
ここで実悟の文章を読んでみますと、

併鷲峯独園のたくひとなりはて侍り、白鷺池も蘆原となれり
、諸鳥のすみかと成ぬれは、限りあるためししられけり。此所は法敬坊とりたてられ侍りし所とかや。兼て従善
の法所と成へきと申されしも不思議の事に侍り。やかて堺の坊に侍し座敷一先被取寄建られけると承り侍る。仮
御坊たちて、無程御影堂たちて、また本堂とてなくては如何とて、やがて阿弥陀堂も立ましましけり。三間四面
に、四方は小縁、東方の前には六尺の縁也。向はさましやうししとみのことくに常に諸堂のことし。左右の脇は
唐さま、これ又諸堂のことし。さまにほり物ありけり名失念。木像本尊安阿作如今。左方北太子絵像讃如常蓮如
御筆、六高僧御影。右南法然聖人一尊御影讃如常蓮如御筆。両方共に三具足燈台あり。御命日はかり灯明まいる
。御影堂上檀三間四面、中は開山聖人、左方北前住蓮如上人御影、脇板に蓮祐禅尼香炉斗、卓以下当時如。右南
押板代々御影一幅如信以下存如迄、卓三具足燈台以下当時のことし。

ここで最初に建立当初の様子を記し、木像本尊についての記述があり、
「当時のごとし」と二回記して結んでいます。そして、その後に、

猶南の二間押板に、中に无光泥字也、蓮如
御筆、讃如常、始一行蓮如御筆、二行目よりも光教寺蓮誓にかかせらる。左右の脇には夢中善導法然上人の御影
、此二福は商人持て参る、売申たる二幅也。善導は半身金色、法然も光を放、向給たる御影也。此二尊の御前に
は何もをかれす、申尊はかり三具足をかるる也。猶南に一間の押板には、初は盧山恵遠禅師唐筆墨絵の像をかけ
られ、前にはかふたてををかれ、花を立てられけり。後には蓮如の御筆の不可思議光如来の名号をかけられ、三
具足を置かるる也。これは実如の御時の事なり。

と法然上人の御影や蓮如上人の御筆の名号の事が記され、
「実如の御時の事なり。 」と書いて結んでいます。

根拠となるかならないかは置いておいて、
蓮如上人のお文の「据え置く」という表現も加えて、
普通に読めば山科本願寺の本尊は最初から木像であったと見るのが適当でしょう。

240 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 22:46:15 ID:LonVr4tQ
疑問なのは、こうした文章を出しても、普通に読めない人の存在です。
特に「実如の御時」という一文を出してきて、
「ほら、建立当初と違うじゃないか」と言わんばかりで、
だから木像本尊論は根拠がないなどと、だれも言っていない「木像本尊論」
なるものを持ち出してきて、アンチはデタラメだと言っていた方は、
何を思い、何を考えているのでしょうか。

法戦五集に、
>ただ一点、我のみを是とし、他を非として、対立的攻撃的に論争し論破せず
>ばやまじの、偏執的なあり方に、学的信仰的論議以前の、原人間の姿勢として、
>抵抗を覚えずにいられないのは、私一人の印象ではないのでないかと存じますが、
>あなたの場合にもその高姿勢を、私の如き一在家人ですら、ふっと感じるのです。

という言葉が書いていますが、まさにその通りだと思います。

木像や絵像を親鸞聖人が仮に「廃された」ならば、
蓮如上人はどうして山科本願寺に木像本尊を据えられたのか。
どうして絵像を下付されたのか。疑問に思いませんか?
「廃された」のならばそんなことされるはずがないでしょう。

そうした疑問を胸に手を当てて考えたりすることなく、
ただ、「高森会長の言うことが真実」という前提で、
相手にレッテルを貼り見下げるような姿勢を、
偏狂的と言われているのですよ。


241 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 22:49:36 ID:LonVr4tQ
私は、かわいそうに、マインドコントロールされているのだな、この人は、と思います。
別にあなた方にとってそれが幸せならそれで構いませんが、
幹部や講師部員に一人も信心決定している人がいない。いたら名前を挙げてみよ、といわれて、
一言もそのことについて言い返せないのは、
こうしたところに原因があるのではないかと思います。

この教えが真実、この人が唯一絶対の善知識、と題目のように自己に言い聞かせて、
そのまま死ぬまで親鸞会で求道を続けるつもりですか?

高森会長が唯一絶対の善知識ならば、
ここにあるように
/index_pkr.html
そんな人がなぜ華光会の伊藤氏の文章や、大沼氏の著作を盗作して、
自分の著作として会員に一冊一万円で買わせるんですか?

私はこの事実を知ったときに、高森会長は本当に恥知らずな人だな、と思いました。
親鸞会は本当に本願寺に勝ったのか
http://shinrankai.jugem.jp/
を読んでも考えるところがありましたが…

242 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 22:49:39 ID:s3YbGCyN
>>203
信心獲得できなくて、信心獲得できていますと嘘をつくのは、
いい事なんですか?

243 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 22:52:11 ID:BQYnIaVM

「不倫は文化だ」
    by 石田純一


244 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 22:53:04 ID:LonVr4tQ
人の著作を盗作してひた隠しにしていても平気
(華光会と名指しで非難できない事を考えて下さい。
 大沼氏の本は会長自らが「読むな」と言ったそうですね)

疲れたと言って法話をドタキャンしても平気

でかい正本堂に自分専用のフロアや通路を造らせて、
そこら中に金をじゃんじゃん使ってそのたびに会員から財施を募っても平気

そんなもんが「善知識」ですか?
まるで北朝鮮の将軍様と同じ俗人だと私は思っています。

あの麻原を未だに崇拝する人がいるのは驚きですが、
私はあなた方バリ会員を似たり寄ったりと思っていますよ。
早くマインドコントロールから目を覚まして下さい。
念じています。

245 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 23:02:35 ID:BQYnIaVM
>>244
結局はそういった点でしか非難できないんですね。
教義に関する批判は無いのでしょうか?



246 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 23:05:54 ID:OAOHMyVa
>疲れたと言って法話をドタキャンしても平気
平気だったと分かるの?
もしかしてかなり身近にいた人ですか?
そんなこと言ってると、体調崩して会社をやむなく休んでも
「あいつは疲れたと言って仕事をドタキャンしても平気」と逆に言われるんでないの?

247 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 23:11:05 ID:LonVr4tQ
>>246
なぜ生きるを執筆していたときに、
地方の法話をガンガン休んでいましたよね。

あれ、地元の人がどれだけ苦しい思いをして、
御報謝を集めて、招待しているのか考えたことないのでしょうか。

もしドタキャンしても「平気」じゃないなら、
少しでも早く法話の中止を連絡すると思いませんか。
それがどの法話も2日前か3日前。
だのに、本部の法話の時はすこぶる元気。
「会長先生はお食事を全て召し上がられました」
あー、よかったね。

そんなのが半年間も続いたら、

「こいつはドタキャンしても平気なんだな」
と思いますよ。

248 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 23:11:30 ID:5Km71g1h
>>245
>結局はそういった点でしか非難できないんですね。

必要にして十分じゃん。

249 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 23:12:18 ID:PxbRITQm
#http://www.uploda.org/uporg318594.jpg

250 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 23:20:03 ID:OAOHMyVa
>>247
>「こいつはドタキャンしても平気なんだな」
>と思いますよ。

なるほど、あなたが、勝手にそう思った、ということでしたか。

251 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 23:32:30 ID:6b7WRWy0
daredemo omou

252 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 23:35:28 ID:grDh40II
>>247
>あれ、地元の人がどれだけ苦しい思いをして、
>御報謝を集めて、招待しているのか考えたことないのでしょうか。

そこで集められたご報謝って、どうなるんですか?返還?
それともやはり会長先生の元に届けられるんですか?

そういや、私のいた頃は
お休みの度に「お見舞金」なるものも募られてたうえに、
うちの地区のお見舞い金総額の報告を受けたK玉本部長が
部室の控え室で地区担当講師に
「趣旨の理解が徹底してないんじゃないのか?」と静かに問い詰めていた場面を
目撃したのを思い出した。

あれって、間接的に「もっと出させられるだろ」って言ってたとしか思えなかったなあ。

253 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 23:38:40 ID:3Vs/+ESE
>>245
最新50レスか100レスか、読んでごらんよ。
教義面も批判されてるよ。

254 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 23:39:26 ID:xCaUsIi9
私もドタキャンして平気だとしか思えません。

これを見て会員から疑問があっても、お前が勝手に思っているだけって言うんですか?

255 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/21(火) 23:43:43 ID:LonVr4tQ
>>252
>そこで集められたご報謝って、どうなるんですか?返還?
>それともやはり会長先生の元に届けられるんですか?
/mondai/naze4.html

返還はないそうです。

私は講師から
「会長先生がお休みでなかったら、交通費とか普通に一万円かかってたのだから」
と言われて、お見舞い金を集められました。

あとで、「先生はお見舞い金を全て正本堂に御報謝された。感謝しましょう。」
とかいって、美談のお返しがかえってきました。

御法話キャンセルされて、金集められても、感謝しなければならんのですね。

親鸞会の集金は徹底していると思いましたね。

256 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 00:15:50 ID:86Mgpl2T
たくさんの人から苦情が寄せられても
>お前が勝手に思っているだけ

なんかs会って、人の足を踏んづけといて「俺は痛くない」っていう人と同じような人達なんですね。

257 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 00:17:49 ID:F+gvCvE2
>>254
まあ、思うのは各自の勝手な事だけど、
あくまで「思う」であって、「事実」じゃない。

258 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 00:18:19 ID:G/xKCP7C
みんなで出したはずのお金が、
「T森会長名義のご報謝」になるんだからなぁ・・・

交通費としてバス会社に流れるお金を正本堂に当てでもしないとやりくりできなかったんだろうな。

259 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 00:20:21 ID:G/xKCP7C
>>257
「ドタキャンして平気じゃない」と思うのも
あくまで各自で「思」ってることだけどね。

260 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 00:21:39 ID:rZeLSupx
>>257
確かにドタキャンして平気だったかどうかは、本人の心だから知ることは出来ないが、、

>なぜ生きるを執筆していたときに、
>地方の法話をガンガン休んでいましたよね。

>あれ、地元の人がどれだけ苦しい思いをして、
>御報謝を集めて、招待しているのか考えたことないのでしょうか。

>もしドタキャンしても「平気」じゃないなら、
>少しでも早く法話の中止を連絡すると思いませんか。
>それがどの法話も2日前か3日前。
>だのに、本部の法話の時はすこぶる元気。
>「会長先生はお食事を全て召し上がられました」
>あー、よかったね。

これ自体は事実ですよね。どうでしょうか?

261 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 00:26:07 ID:SlhHMXrX
>>252
 お金を集めること自体は悪いことではないと思います。でも、相手や相手の
現在の状況は選んで集めて欲しいと思います。  
 学生の頃は肉体労働等のアルバイトで月十万前後稼いで、聴聞旅費等の仏法に
かかる費用や生活費にあてていましたが、それでも毎月赤字状態に近かったです。
 それに加え、勉強等も怠ってはいけないと言われていたので、睡眠もままならず
いつも疲れていた記憶があります。
 最高学年になっても、勉強、就職活動のために活動等中々休むこともできなかった
のですが、こういう時は多少批判を受けても、一生ものの求道にもなりうることを
考えて動いていればよかったと思います。


262 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 00:26:16 ID:rZeLSupx
>>257
私は思うんですが、

>なるほど、あなたが、勝手にそう思った、ということでしたか。

あなたは会員ですか?
私は会にいたときに、こういうメンタリティの幹部に沢山会ってきました。

構成員の入れ替わりが激しく、脱会者が多いのがカルトの特徴と言いますが、
親鸞会の会員、特に学友部の会員が大勢やめてしまうのも、
結局はこういうところにあるんじゃないでしょうか。

相手の疑問や疑念をしっかり聞いて、誠意を持って答えるのではなく、
頭ごなしに否定するような言動です。

例の「〜を読んで」を見ても、そういう部分を感じますね。
書いている人は全く気づかないでしょうが。

周り中会長マンセーな人に囲まれていたら分からないかも知れませんがね。

263 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 00:26:23 ID:86Mgpl2T
>>258
>「T森会長名義のご報謝」

自分が欲しいものの為にお金使って「ご報謝」とはいえんよな。

264 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 00:28:19 ID:rZeLSupx
>>263
>「T森会長名義のご報謝」

いや、これは各支部名義や、本会名義といった事が多かったように思います。
ただ、

>自分が欲しいものの為にお金使って「ご報謝」とはいえんよな。

これは、当たってますね。

265 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 00:32:29 ID:F+gvCvE2
>>260
>確かにドタキャンして平気だったかどうかは、本人の心だから知ることは出来ないが、、
それが言いたかっただけです。
だから、
>あれ、地元の人がどれだけ苦しい思いをして、
>御報謝を集めて、招待しているのか考えたことないのでしょうか。
これを「事実」とは言えないだろうね。

休まれたのは、事実ですね。


266 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 00:37:39 ID:86Mgpl2T
>>265
他人の心は所詮知りようが無いから
人が苦しい思いしてようが、それを無視するような行為をしても平気ですか。
そういう自分をどう思います?

267 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 00:38:50 ID:G/xKCP7C
>>261乙でした。
私も、深夜バイトや当時の種々の活動のおかげで
3回ほど点滴のお世話になる機会に預かりました。

点滴を受けながら、
「こんな点滴にお金を使ってしまって、財施に向けられないなんて、
自分はなんと罪深い人間だろうか」と思っていた当時を思い出す。
昼飯を食べるのも、会に献金する機会を失う罪悪だと思って水を飲んで過ごした。
そんな自分を振り返ると、
「ああ、カルトの信者だったんだなあ」と思います。

268 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 00:50:12 ID:p+myhd1/
ひどすぎやしないですかね、親鸞会

269 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 00:59:13 ID:rZeLSupx
>>265
もう寝ますが、あなたの言いたいことは分かりました。

ただ、あのときの会長の言動を見ていると、

>あれ、地元の人がどれだけ苦しい思いをして、
>御報謝を集めて、招待しているのか考えたことないのでしょうか。

と言われても仕方がないように思います。
もちろん、「考えたことがない」と断言は出来ませんから、
「でしょうか」と書いているわけですが。

270 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 08:31:03 ID:DOXL0Pzq
>>239
>無程御影堂たちて、また本堂とてなくては如何とて、
やがて阿弥陀堂も立ましましけり。三間四面
に、四方は小縁、東方の前には六尺の縁也。
向はさましやうししとみのことくに常に諸堂のことし。左右の脇は
唐さま、これ又諸堂のことし。さまにほり物ありけり名失念。
木像本尊安阿作如今。左方北太子絵像讃如常蓮如
御筆、六高僧御影。右南法然聖人一尊御影讃如常蓮如御筆。
両方共に三具足燈台あり。御命日はかり灯明まいる
。御影堂上檀三間四面、中は開山聖人、左方北前住蓮如上人御影、
脇板に蓮祐禅尼香炉斗、卓以下当時如。右南
押板代々御影一幅如信以下存如迄、卓三具足燈台以下当時のことし。

やっとあげていただけましたか。
木像本尊が蓮如上人御在世のときなら、
そのときに「御影堂上檀三間四面、中は開山聖人、左方北前住蓮如上人御影」
つまり隠居された蓮如上人が御影堂に「左方北前住蓮如上人御影」と
ご自分の御影をかけておられたとあなたは解釈されている、ということで
よろしいですね。
私はありえないと思います。

271 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 08:34:22 ID:yNGQNfyo
実悟の文章など根拠にならんな

272 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 08:41:17 ID:33a9USOG
>>240
>木像や絵像を親鸞聖人が仮に「廃された」ならば、
蓮如上人はどうして山科本願寺に木像本尊を据えられたのか。
どうして絵像を下付されたのか。疑問に思いませんか?
「廃された」のならばそんなことされるはずがないでしょう。

山科御坊は根拠にならないことは何度も書きました。
本尊としてまちがった扱いをされていた絵像木像なら
廃されてもなにもおかしくありません。
脇がけなら何の問題もありませんし、粗末にしてはならないと
お聞きしています。
「お風呂の度に焼かれた」という意味をご存知ないのでは?


>相手にレッテルを貼り見下げるような姿勢を、
偏狂的と言われているのですよ。

自分の勉強不足を棚にあげて偏狂もないものだ。
批判するならもう少し勉強してないと。

273 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 08:55:09 ID:Gd8wT3c1
>>272
>「お風呂の度に焼かれた」という意味をご存知ないのでは?

まさかs会ではお風呂の度に焼かれたのが阿弥陀如来の絵像木像だとでも教えられてるの?
誤解もはなはだしいですが、焼かれたのは(御流に背いた)阿弥陀如来以外の本尊のことですが。

274 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 09:03:13 ID:hbCc7AjE
コウセン部出勤時刻に合わせてシンパの書き込みがあるのは偶然かな。

いずれにしても、S会以外の人が見て充分有力な根拠を、普通に読めないし、根拠と認められないのですから、

もう論争の意味はないでしょうね。

私達はマイコンされていて、通常の会話は無理でつ、と宣言しているようなものなんですから。



275 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 09:09:05 ID:yNGQNfyo
アンチが改邪抄の記述を親鸞聖人の仰った根拠にならないと言い張ってるのは棚上げですか

276 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 09:39:45 ID:Gd8wT3c1
>>274
>私達はマイコンされていて、通常の会話は無理でつ、と宣言しているようなものなんですから。

>>275などがよい標本かとw

277 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 09:59:01 ID:yNGQNfyo
>>276
確かに誹謗中傷しか知らないアンチと通常の会話は無理ですね

278 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 10:06:12 ID:Gd8wT3c1
>>277
確かに批判をすべて誹謗中傷としか受け取ることができず、
自浄を知らない団体のシンパと通常の会話は無理ですね


279 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 10:34:05 ID:39n1x71K
お釈迦さまは誕生なされた時に
「天上天下、唯我独尊」
といわれたそうですが、仏教はそのような
独尊的な教えなのでしょうか。


280 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 10:49:58 ID:Gd8wT3c1
>>190
>良くわからないのは、日頃「念仏だ、念仏だ」と騒ぐ人に限って、
>本尊は念仏じゃないんだよね。
>そんなに念仏大事なら、本尊も念仏にしたらどうなのよ。

このひとは完全に聞き損なってしまったひとなんだと思ってます。
本願寺憎しのあまり念仏を誹謗しているようですが、十八願の別名は
「念仏往生の願」ともいわれる理由について落ち着いて考え直すことを望みます。

>親鸞聖人が、「苺大福」が好きなら、親鸞会会員は「苺大福」しか食べない。
>そういう団体なのですよ。

親鸞聖人は教団を組織して自分がトップやカリスマとして君臨したり、
巨大な伽藍を作ることが大嫌いだった人だったのですが、>>244などを見ても、
そういうことはS会で真似されているとは到底考えられないのですが、
どうなのでしょうか。
「苺大福」云々はただのポーズとしかきこえませんので空々しく感じます。

281 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 10:56:45 ID:39n1x71K
「天上天下、唯我独尊」は、
大変世間一般に誤解されている仏教の言葉です。

確かに、釈尊が誕生された時に、天と地を指さされて、
「天上天下、唯我独尊」
と叫ばれたと記録されています。
これを多くの人々は、
「この世でいちばん偉くて尊いものは、自分1人である」
と、釈尊が威張られたことのように思って、大変うぬぼれた
言葉のように扱っています。

しかし、この「天上天下、唯我独尊」という心は、
決してそのような思い上がった心でおっしゃった
ものではないのです。
この「我」というのは、決して釈尊だけのことを
おっしゃったものではなく、人間1人1人のことなのです。
だから、人間だれしも釈尊と同じように、
「天上天下、唯我独尊」なのであり、またそういえるのです。


282 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 12:40:32 ID:yO2Vpq6K
>>273
>焼かれたのは(御流に背いた)阿弥陀如来以外の本尊のことですが。

どこにそんなことが書いてあるのですか。
焼かれたのは「御流に背いた本尊」です。

283 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 12:44:55 ID:yO2Vpq6K
>>234
>こうかくと俗諦門がどうだとか反論する人がいそうですが、
自分の都合の良い部分だけ親鸞聖人の発言にしていると言われても仕方がないでしょう。

「真諦俗諦」が都合の良いこじつけということでしょうか。
一般に宗学で言われていることですけど。

284 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 12:57:00 ID:yO2Vpq6K
>>216
>礼拝対象の「物体」(木仏、金仏や、絵や文字を書いた紙)が、
「所信の体」じゃないのは、当然の話です。
ただ、文字で書かれた「方便法身尊号」(名号)や、木で作られたり、
絵に描かれた「方便法身尊像」も 、ともに「私一人の為」の
「お救いのいわれ」「所信の体」である「御名号」のおはたらきを、
表したもの。

そういう言い方をするなら「表したもの」は「所信の体」ではない。
所信の体は「御名号」そのものしかないから。
所信の体を表すのは名号本尊しかない。
仏教は阿弥陀仏の本願しかないのだから、
「お働きをあらわす」なら諸神菩薩諸仏なんでもいいことになる。
観音勢至は弥陀の慈悲と智慧の現れだが真宗では脇侍はおかない。


285 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 12:57:08 ID:t6oCmrCI
>>282
「本尊 風呂」でググると世界の光 親鸞聖人の解説してるページが出るからまずそこを確認しな。

286 名前: 結局どこが根拠なの? 2006/02/22(水) 13:06:01 ID:yO2Vpq6K
>無程御影堂たちて、また本堂とてなくては如何とて、
やがて阿弥陀堂も立ましましけり。三間四面
に、四方は小縁、東方の前には六尺の縁也。
向はさましやうししとみのことくに常に諸堂のことし。左右の脇は
唐さま、これ又諸堂のことし。さまにほり物ありけり名失念。
木像本尊安阿作如今。左方北太子絵像讃如常蓮如
御筆、六高僧御影。右南法然聖人一尊御影讃如常蓮如御筆。
両方共に三具足燈台あり。御命日はかり灯明まいる
。御影堂上檀三間四面、中は開山聖人、左方北前住蓮如上人御影、
脇板に蓮祐禅尼香炉斗、卓以下当時如。右南
押板代々御影一幅如信以下存如迄、卓三具足燈台以下当時のことし。



根拠となるかならないかは置いておいて、
蓮如上人のお文の「据え置く」という表現も加えて、
普通に読めば山科本願寺の本尊は最初から木像であったと見るのが適当でしょう。
240 :名無しさん@3周年:2006/02/21(火) 22:46:15 ID:LonVr4tQ
疑問なのは、こうした文章を出しても、普通に読めない人の存在です。
特に「実如の御時」という一文を出してきて、
「ほら、建立当初と違うじゃないか」と言わんばかりで、
だから木像本尊論は根拠がないなどと、だれも言っていない「木像本尊論」
なるものを持ち出してきて、アンチはデタラメだと言っていた方は、
何を思い、何を考えているのでしょうか。


『根拠となるかならないかは置いておいて、 』なんでおいておくの?


287 名前: どこを普通に読むの? 2006/02/22(水) 13:08:15 ID:yO2Vpq6K
>普通に読めば山科本願寺の本尊は最初から木像であったと見るのが適当でしょう。

>無程御影堂たちて、また本堂とてなくては如何とて、
やがて阿弥陀堂も立ましましけり。三間四面
に、四方は小縁、東方の前には六尺の縁也。
向はさましやうししとみのことくに常に諸堂のことし。左右の脇は
唐さま、これ又諸堂のことし。さまにほり物ありけり名失念。
木像本尊安阿作如今。左方北太子絵像讃如常蓮如
御筆、六高僧御影。右南法然聖人一尊御影讃如常蓮如御筆。
両方共に三具足燈台あり。御命日はかり灯明まいる
。御影堂上檀三間四面、中は開山聖人、左方北前住蓮如上人御影、
脇板に蓮祐禅尼香炉斗、卓以下当時如。右南
押板代々御影一幅如信以下存如迄、卓三具足燈台以下当時のことし。


どこを普通に読むと「建立当初」になるの?

288 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 13:16:29 ID:QZPwWuj+
自分の写真を仏壇の脇侍の位置に安置して
礼拝してるひといますか?

289 名前: 元々ぼら夫 2006/02/22(水) 13:21:01 ID:8A9GccJi
乙〜♪
ただいまスノボ中〜。まだ本尊についてやってたのねん☆
明日、あさっても忙しいんで、レスはむつかしいかもねん。古語の文法まで説明せな
ならんよ〜やし。あ、あと、勉強法については、漏れの個人的なもんなんで、
果たして期待ど〜りの結果がでるとは限らんと思いまつ。レス下さった方せんきゅですた〜♪
も〜一本逝ってきま〜つ。(^-^)/ホナねん☆


290 名前: 偽装サークルの恐怖 2006/02/22(水) 13:23:26 ID:Gd8wT3c1
勧誘時の方便

どれほど真実の教えを説き、教化しようとも、その入口で真実をひた隠しては
世論は納得行かまい。親鸞会では、勧誘時の問題について『ウソはついてはいない。
すべて方便である』と言っているが、これらの言い分がまかり通ると思っているの
だろうか?

また、宗教名を隠しダミーの名称を使用している点(人間科学愛好会・ゴーウェスト
等々…)でも、とある僧侶からの報告では『事実宗教活動としての勧誘は行なって
いない。哲学のサークルとして勧誘している』と言っている始末。

浄土真宗親鸞会は、れっきとした宗教法人であり、その代表は勿論その法人格
としての役員である。その学生部に所属している会員たちが異口同音こう言って
いるものだから始末が悪い。
右も左も判らずに、大学生活と云う新しい空間に来た世間ずれしていない青年達に、
親鸞会はこのように近づいているのである。
http://homepage2.nifty.com/nonsect/newpage1.htm

291 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 13:25:32 ID:IwCWv9ie
>>285
>「本尊 風呂」でググると世界の光 親鸞聖人の解説してるページが出るからまずそこを確認しな。

これですね。

http://www.nsknet.or.jp/~h-makino/study021.htm

 蓮如上人はまた、自らこれを実行なされて、『御一代記聞書』には
 「あまた御流に背き候本尊以下、御風呂の度毎に焼かせられ候」
 とあるように、阿弥陀仏以外の一切の仏像や絵像を、風呂を沸かす度に焼かれたとあります。
余りにもきびしいので、世間の人々は浄土真宗のことを一向宗とまで言うようになったのです。

>>272
>山科御坊は根拠にならないことは何度も書きました。
>本尊としてまちがった扱いをされていた絵像木像なら廃されてもなにもおかしくありません。
>脇がけなら何の問題もありませんし、粗末にしてはならないとお聞きしています。
>「お風呂の度に焼かれた」という意味をご存知ないのでは?

>>272さんに、「お風呂の度に焼かれたという意味」を教えてほしいな。

292 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 15:11:09 ID:WmN6VOyR
チラシで縁を結んだ人、学生時代に縁を結んだ方、
子供やお孫さんから仏法を聞かれた人、親から聞くように言われて
聞き始めた人、友人から話を聞いて仏縁を結んだ人、
会社の同僚から誘われて聞かれるようになった人、
本やネットでご縁を結んだ人、
哲学から興味を持ち始めて親鸞聖人の教えにたどり着いた人、
自分で『正信偈』『教行信証』の意味が知りたいとこられた方、
人生の目的を求めて自分で聞きにいらした方、、、。親鸞会には、実にいろいろな人がおられます。

http://shinrankai.hopto.org/

293 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 15:23:43 ID:hbCc7AjE
講師部員の非常識な言動でやめた人
マイコンに気づいてやめた人
過酷な財施の要求に嫌気がさしてやめた人
会長の過去や盗作の事実を知ってやめた人

親鸞会を色々な理由でやめた人がおられます。

294 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 15:42:16 ID:s49vXOxo
御影堂と阿弥陀堂の違いをおしえてくらはい

295 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 15:59:00 ID:WmN6VOyR
>>217 :名無しさん@3周年:2006/02/21(火) 21:49:09 ID:OAOHMyVa
>>>209
>>「ガンが治った、病気が軽くなったといって感謝している人たちもたくさんいるんです。」
>>悪徳宗教団体の言い訳の常套手段だね。
>
>「S会やめて喜んでいる人もたくさんいるんです」
>これも悪徳宗教団体の言い訳と同じか。

296 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 16:10:07 ID:8FfI5hYX

 |-`)ボソ…
⊂ |    <  プッ…恥ずかしw…
 |∪


297 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 16:50:23 ID:hlL7AwGP
>>284
>真宗では脇侍はおかない。

聖徳太子と法然上人を観音勢至として置いているけどな。

298 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 17:20:22 ID:PPuPclbQ
会長先生への手紙 一部の人間しかだせなくなったのは 先生への悪口をシャットアウト
するためなのかも

299 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 17:57:12 ID:39n1x71K
では、「独尊」とはどういうことかといいますと、
たった1つの尊い使命ということで、決して自分1人が
偉いのだということではありません。

ですから、「天上天下、唯我独尊」ということは、
我々人間には、天上天下広しといえどもたった1つ
しかない聖なる使命を果たすべく、この世へ生まれ
てきたのだということなのです。

釈尊のこの世へ生まれられた、たった1つの使命は『正信偈』に、
「如来、世に興出したまう所以は、唯、弥陀の本願海を説かんが為なり」
と、親鸞聖人が道破されているように、すべての人々を絶対の幸福に
必ずしてみせると誓われた、無上殊勝の阿弥陀仏の本願1つを説くこと
にありました。

この世界広しといえども、唯一無二の阿弥陀仏の本願を説くという、
たった1つの尊い使命を担って、我は生まれてきたのだという、
釈尊の使命感が、「天上天下、唯我独尊」という格調高き宣言と
なったのです。

釈尊はこのように、弥陀の本願を説くという、たった1つの
聖使命を唯我独尊とおっしゃいましたが、一切の人々は、
人生の目的を何と心得ているのでしょうか。

これが明らかに自覚されていない人は、決して、
「天上天下、唯我独尊」ということはできません。

その資格がないからです。


300 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 18:23:18 ID:havWf4lv


301 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 18:26:19 ID:havWf4lv
>>284
>そういう言い方をするなら「表したもの」は「所信の体」ではない。
>所信の体は「御名号」そのものしかないから。

当然ですね。

>「お働きをあらわす」なら諸神菩薩諸仏なんでもいいことになる。

順序が前後してすみませんが、>>216は、言葉足らずでしたが(重ねてすみません)、
「御名号のおはたらき」というのは、この場合(真宗本尊論の文脈で言うと)、
「調熟の光明」(これは、非信者含む一切衆生が対象です)のことではなくて、
「方便法身のおいわれ」「摂取不捨の光明」の意味です。諸神菩薩諸仏については、>>227参照。

>所信の体を表すのは名号本尊しかない。

何故、韋提希夫人感得の「住立空中尊」像は、「『所信の体』(御名号)を表してない」
(「摂取不捨の光明を表してない」)とお考えなのか?の理由もお聞きしたいところですが、
>>216でも言いましたように、私は、「礼拝対象としての本尊の有無や形態(形式)」などと
いう「儀礼的な問題」は、親鸞聖人の教義のうえで本質的な問題とはならない「枝葉末節の問題」
だと考えています。

302 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 18:27:58 ID:havWf4lv
>観音勢至は弥陀の慈悲と智慧の現れだが真宗では脇侍はおかない。

前スレでも出てました、高田派本山の専修寺のご本尊は、「一光三尊」で、脇侍がおかれてますが、s会さんは、高田派
の相伝は認めないのでしたかね?
それに関連して、>>216の問い
>s会さんも、「教団組織」とか、「礼拝対象としての本尊の形式」は、「教義安心」のうえの問題では、なくて、「儀礼上
の問題に過ぎない」ということには異存がないわけですね?
(言い換えますと、s会さんも、「『所信の体を表す礼拝対象としての本尊の有無や形』は、『教義安心のうえの問題』では
なくて、『儀礼上の問題』(『行儀』の問題)に過ぎない。」ということには依存がないのでしょうか?)
のお答えは如何でしょうか? 

若し、↑のお答えが、「いや、s会では、『礼拝対象としての本尊の有無や形態(形式)』が、真宗の「教義安心」のうえの問題と考えています。」

@、ということであれば、その相伝は如何なるものでしょうか?
実如上人の代から後のH願寺派は、「教義安心」のうえで「間違っている」とお考えということでしょうか?

A、また、教団を組織されず、礼拝対象としての「本尊形式」自体を固定化されなかった(そもそも著書で礼拝対象としての本尊について全く論じておられない)親鸞聖人の教義は、「未完成」とお考えということでしょうか?

B、また、そうすると、親鸞聖人の教義のうえでは、「名号大行」の他に、「礼拝」という「衆生の三業」が必須だとお考えということでしょうか?

>>300誤爆スマソ。


303 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 19:02:46 ID:SExh0lHR
>B、また、そうすると、親鸞聖人の教義のうえでは、「名号大行」の他に、
「礼拝」という「衆生の三業」が必須だとお考えということでしょうか?

結局、ここにもどって「真宗に善のすすめはあるか、ないか」という話が
始まる。わからないひとにはここがわからないわけです。

五正行を並べてやっているうちは要門19願の同行だが
念仏一行に心がかかるようになれば真門20願の同行。
その過程を通って弘願18願の選択の願海に出るのが三願転入。
信前信後、阿弥陀仏の独り働きによる三願を転入して18願の世界に
出たことを、祖師は「直入」と言われているのだが
19願、20願のお導きは必要だったか、否か。

必要だったに決まってるじゃないですか。
礼拝しなさい、というのは19願、20願だが
信前に阿弥陀仏のお導きが必要ない、というのはどこから出てくること
なのでしょうね。


304 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 19:05:51 ID:EybobpQD
IDがsex

305 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 19:09:41 ID:bA692H6E
>>292
 チラシで釣られた人、学生時代に嵌り込んだ方、
 子供やお孫さんに騙されてインチキに嵌められた人、
 親に騙されて人生が狂ってしまった人、
 友人に嵌められて嘘つきに引きずり込まれた人、
 会社の同僚から騙されて嘘に嵌められた人、
本やネットで騙された人、
哲学に興味を持ったのが悲劇の始まりだった人、
自分で『正信偈』『教行信証』の意味が知りたいと思ったときに騙された方、
人生の目的があると騙されて嘘に嵌り込んだ方、、、。親鸞会には、実に
いろいろな人が,布施地獄、あり地獄の中でもがいています。

 嘘つき宗教親鸞会

306 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 19:37:15 ID:G/gqz31W
>>299要約
親鸞会の会員だけが尊いのであって、
その他の者には、その命が尊いなどと言う資格はないのです。

307 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 20:44:56 ID:WmN6VOyR
>ネットやってると人として自分がどんどん腐っていく気がします
>
>もう2ちゃん止めたい…
>
>手遅れになる前に何とか辞めれる様頑張ってみます。

やめたらいいよ

308 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 21:16:32 ID:9aGtAhEK
>>241

>唯一絶対の善智識なら
こういうあなたは結構古い方ですかね。

すくなくともうちの支部長からはそんなふうには聞いたことないなぁ
善智識に「唯一」とか「絶対」ってことはないだろ、人間なんだから

親鸞聖人だって、七人の高僧をあげられているじゃないの


309 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 21:19:37 ID:9aGtAhEK
>>306

>     >>299要約
>    親鸞会の会員だけが尊いのであって、
>    その他の者には、その命が尊いなどと言う資格はないのです。

そういうように過去いわれたことがあるのか、いったことがある後悔なのか
いづれにしろそんなような解釈をする人はかわいそうな人ですね。

まして、そんな要約をする人は会員にあってほしくはないものです。
仏教とは、慈悲の教えでしょ。苦しむものを哀れにこそ思っても、
見下げるとは、驕慢至極もはなはだしいと思うのは私だけでしょうか。


310 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 21:22:27 ID:9aGtAhEK
>>305

 「ぱさぱさに乾いてゆく心を
 ひとのせいにはするな
 みずから水やりを怠っておいて

 気難かしくなってきたのを
 友人のせいにはするな
 しなやかさを失ったのはどちらなのか」

−−茨木のり子さんの詩「自分の感受性くらい」

毎日新聞余禄より
#http://www.mainichi-msn.co.jp/eye/yoroku/news/20060221ddm001070035000c.html

311 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 21:25:44 ID:9aGtAhEK
>>305さんへ
ついでに続きもはっておくよ

いら立つのを近親のせいにするな、
初心が消えるのを暮らしのせいにするな。
そう畳みかけて詩はこう結んでいる。

「駄目なことの一切を 時代のせいにはするな
 わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい 自分で守れ ばかものよ」

たしかにまわりのことも影響あったけど。全部が全部じゃないんでは
ないんでしょうか。

だれかに当たりたい気持ちもわかります。私も人間ですからね。
だけど、お互い前向きにいきませんか

312 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 21:37:01 ID:joBsmWAR
>>305
言い杉。

313 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 21:53:53 ID:WmN6VOyR
>教育の現場で匿名の悪質さを証明するために2chに接続させて授業した。
>生徒は「匿名ってこんなに酷いの??悪口ばかりじゃん」などの声が上がった。
>まず、中傷は良くない。
>どう思われますか?博之殿!


314 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 22:01:33 ID:fY0ZZ2Yf
>>303
>必要だったに決まってるじゃないですか。

s会説では、親鸞聖人の教義のうえで(真宗のお救いに)は、(他力回向の)「名号大行」の他に、
礼拝などの(自力の)「衆生の三業」が“必要”という旨了解しました。
で、そのお聖教の根拠を教えていただけますか?

>信前に阿弥陀仏のお導きが必要ない、というのはどこから出てくること
>なのでしょうね。

「信前の阿弥陀仏のお導き」(調熟の光明)って、s会説によると「衆生の三業」のことだ
ということでしょうか?
>>284で言っているように、「御名号のお働き」じゃないんでしょうか?
あるいは、「信前の阿弥陀仏のお導き」には、必ず「衆生の三業」が伴うという意味なんでしょうか?
お聖教の御文に基づく解説をお願いします。

315 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 22:02:26 ID:fY0ZZ2Yf
>>314つづき

>五正行を並べてやっているうちは要門19願の同行だが

>礼拝しなさい、というのは19願、20願だが

他門で言う意味なら知らず、真宗(弘願門)で言う「五正行」を自力でやることができるのでしょうか?
真宗で、他力回向の「名号大行」の他に、衆生がやれる「五正行」があるというお聖教の御文を教えて
ください。
それに、「19願要門の行者」なら、「観経所説の十三定善の第八像観よりいでたる丈六八尺隨機現の形像」
など形像をご本尊として、「仏の絵像あるいは木像を観念する観像念仏、仏身の三十二相中の一相もしくは
二相もしくは全相を観念する観像念仏を修し」なければないのではないですか?
お聖教の御文に基づき解説お願いします。

>信前信後、阿弥陀仏の独り働きによる三願を転入して18願の世界に
>出たことを、祖師は「直入」と言われているのだが

例によって、「転入」=「直入」説ですか? これも、お聖教の根拠教えていただけますか?

>結局、ここにもどって「真宗に善のすすめはあるか、ないか」という話が
>始まる。わからないひとにはここがわからないわけです。

「真宗に善のすすめはあるか、ないか」なんて議論は、少なくてもs会スレでは、無かったんじゃ?
あるのは、「真宗の教えに、往生のためには、『真実無上の善』(御名号)の他に、『衆生の三業』
が必要か、 否か?」だったと思います。

316 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 22:03:35 ID:joBsmWAR
>>314
わかりにくい文章ですね。
もう少し多くの人がわかる文章がいいですね。

317 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 23:03:02 ID:G/xKCP7C
>>308
>善智識に「唯一」とか「絶対」ってことはないだろ、人間なんだから

私もそうだと思います。
でも、T森会長の言うこと・会の指示は「絶対」と仰ぎ、
無条件に服従せよ、というのがs会では言われますね。

318 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 23:21:43 ID:ONaikw3o
>>317
一 念仏する同行・知識にあひしたがはずんば、その罰をかうぶるべきよしの
起請文を書かしめて、数箇条の篇目をたてて連署と号する、いはれなき事。
(改邪鈔)

ここでもs会は真宗の教えに反していますね。

319 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 23:45:36 ID:WmN6VOyR
○この如来(阿弥陀如来)を、一筋にたのみたてまつらずば、
  末代の凡夫、極楽に往生する道、
   二つも三つもあるべからざるものなり。(御文章)

○その外には何れの法を信ずというとも、
  後生の助かるということ、ゆめゆめあるべからず。(御文章)

http://homepage3.nifty.com/shinran/

320 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/22(水) 23:54:43 ID:ZZv/t16Y
>>317
親鸞会以外で正しい仏法を教えておられる方が
おられるのでしたら、紹介していただきたいくらいですが?

321 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 00:12:11 ID:KRnnnOcw
>>320
その質問は「親鸞会が正しい」って前提だから、
もし紹介したらその教団なり人は親鸞会と同類項
ということになってしまうよ。
質問を変えてみたら?

322 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 00:14:17 ID:xP9cPsva
>>320
探せばいると思うけどね。
逆に聞きたいのだが、何故親鸞会の仏法だけが正しいと思えるのか?
色んな処の味見はしてみて、そう逝ってるの?
親鸞会しか知らなくて、親鸞会の大本営発表を聞いてそう信じているだけなのでは?
太平洋戦争の日本の状態と同じで、実は負け戦でも連戦全勝って宣伝してましたがなw
親鸞会がそうだとは言わないけど、そうである可能性は否定できないだろ?

323 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 00:34:09 ID:NXBHPJtn
これ、統一協会の脱会者のブログなんだけど、
親鸞会とそっくりだね。

何たらかんたらの摂理が始まってから、毎日統一教会の担当者や婦人部長からFAXが来るようになった。

教会の指示です。とか、婦人部長からの連絡です。とか、

今日の御言葉はこれです。今日も一日頑張りましょうと送られてくる。

病気治療のため入院していても、動員のリストを上げるようにと連絡してくる。

死ぬまで追い詰めるのです。

これが統一教会の実態です。

統一教会の毒牙にかかったら、具体的な死まで行くのです。

もし、それに応えて動員すると、〇〇さんは自分の病気よりも御旨を優先した立派な信仰者です。と持ち上げて、全国に手本としてはっぱをかけるのです。

324 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 00:38:11 ID:NXBHPJtn
親鸞会風に書き換えてみました。
元ブログはこちら http://plaza.rakuten.co.jp/mitizure/diary/200602180000/

・・・・・・・・・・・・・・

正本堂結集○○作戦が始まってから、毎日親鸞会の担当講師や副支部長からメールが来るようになった。

本会の指示です。とか、支部長からの連絡です。とか、

今日の会長先生の御言葉はこれです。今日も一日頑張りましょうと送られてくる。

病気治療のため入院していても、顕正対象者のリストを上げるようにと連絡してくる。

過労死まで追い詰めるのです。

これが親鸞会の実態です。

親鸞会の毒牙にかかったら、具体的な死まで行くのです。

もし、それに応えて活動すると、〇〇さんは自分の病気よりも先生の御心を優先した立派な親鸞学徒です。と持ち上げて、顕正新聞に手本として掲載してはっぱをかけるのです。


325 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 00:39:07 ID:Xk4dkh3y
>>320
そもそも「s会のココがズレてるぞ」って指摘から
なんでそういう反応になるのか・・・
こういうところ、バリ会員のよくない癖だと思います。

326 名前: 通行人 ◆02GH.fBfT6 2006/02/23(木) 03:36:03 ID:dqq9DbUz
>>324
昔、釈迦の弟子に何とかという人がいたのよ。

その人が修行のやりすぎで、目が見えなくなったって話を思い出した。

327 名前: 通行人 ◆02GH.fBfT6 2006/02/23(木) 03:39:48 ID:dqq9DbUz
>>322
親鸞会以外にも、正しい仏法を教えてくれる場所があるとか無いとよく言う人がいるけど、
正直な話、やめとけ。
遠回りするだけだって。

328 名前: 通行人 ◆02GH.fBfT6 2006/02/23(木) 03:54:43 ID:dqq9DbUz
あとね、基本的に19願の実践はしないと心に決めても無理だから。
真剣になればなるほどやってしまうから、しないと言うこと自体不可。

19願しないといっても不可能だから。

大体、心の問題だろ。
行為をしなくても、そういうこと思った時点でアウトじゃねぇーか。
ちょっと、聖教読んだから自分が偉くなった気になっただけでアウト。

329 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 06:16:20 ID:xP9cPsva
>>327
それで決定者がいればいいが、本願寺と同じで、大きいのは建物だけじゃないかw

>>328
親鸞会の行者は一生19願で終わるんだろうな。
そんな気がするよ。
実態は自力聖道の親鸞会だもの。

330 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 06:35:00 ID:7jHjK6F/
>>327
>正直な話、やめとけ。 遠回りするだけだって。

っていうか、S会の遠回りがあまりに過ぎることに気づいたものから
退会するっていうのが真相だなW

善知識と組織に対して無条件服従なんてマイコンして、偽装サークルでウソつきや
身分詐称を平気でする人間に改造し、勧誘と財施に日々邁進させているんだから。

会長に無条件服従する飼い犬ジョーに憧れるような人間に改造されるなんて、
俺はまっぴらごめんだね。

あるいは思考停止で信心詐称しても平気な某のようになってしまっちゃったら、
それこそ遠まわりしちゃうよ。

>>322でも尋ねられていたが、これだけ諸々の矛盾点や会長の盗作疑惑や、
会組織の問題点が顕にされても、何故に親鸞会の仏法だけが正しいと思えるのか?
系統立ててこたえてくれるかな?

S会の会員の信心は、大本営発表を必死で信じていた戦前の日本人や北○鮮のようにしか
思えない。
自分がS会をなぜに正しいと思い込むようになったのか、会長だけが正しい
に違いない思い返す作業を御勧めする。実際は元師匠が死んでも葬式にも顔を出さず、
できの悪い学生ですらしないような盗作野郎でしかない疑惑が持ち上がっているわけだが。

また、>>318に対してなにか言い訳してみてよ、通行人。いまは会員だろW

331 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 07:20:14 ID:u6XZNWLk
>>315補足
>>166
>「聖教は方便だから」教行信証の信巻に19願が書かれてあれば
>おかしい、間違っているんだよ。

『教行信証』の信巻は、当然、18願真実無他方便が書かれているから、

>礼拝しなさい、というのは19願、20願だが (>>303)

が書かれているわけではありません。

ここにも、18願成就文「聞其名号 信心歓喜」の「所信(聞名)の体」である
御名号と、礼拝対象としての本尊との混同がみられます。

しかも、「御恩報謝の起行作業における礼拝の対象」じゃなくて、定散の他門で
ある「19願要門における自力の礼拝行の対象」との混同です。

332 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 08:19:55 ID:LhtR8Ove
>>314
>s会説では、親鸞聖人の教義のうえで(真宗のお救いに)は、(他力回向の)「名号大行」の他に、
礼拝などの(自力の)「衆生の三業」が“必要”という旨了解しました。

はあ?
19願、20願のお導きが必要だったと書いたのですが。
「本尊聖教は衆生済度の方便」なら「衆生の三業」ではなく「教説」のはず。
ご本尊の話をしているときにちがった話を混ぜてきたので修正したのが
わかりませんでしたか?
19願20願のお導きは必要ないということでしょうか?
お返事お待ちしています。

333 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 08:34:30 ID:LhtR8Ove
>>315
>それに、「19願要門の行者」なら、

私、19願の行者って言いました?
多分、言葉の意味もわかっておられないようなので論議は無理でしょう。


>例によって、「転入」=「直入」説ですか?

例によって、と言われてますから、過去の論議をご存知の方ですか。
それなら話が早いですね。
祖師聖人は転入されたのでしょうか、直入されたのでしょうか。
私は「転入」=「直入」だと言いましたから、同じことなんですが
あなたは違うという立場ですから、お答え願います。



334 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 08:56:01 ID:LhtR8Ove
>定散の他門で
ある「19願要門における自力の礼拝行の対象」との混同です。

定散二善は捨てものですね。
あなたの立場だと「してもいい」のか「やってはいけない」のか
教えてください。
私は勧められていると聞いています。

335 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 09:07:58 ID:CK4FED9v
>>334
>私は勧められていると聞いています。

「善の勧め」という美名のもとに、実際のs会では、勧誘活動による会員数拡大の目論見を
法施と名づけ、あるいはご報謝という名の集金システムばかりが突出している件について。

336 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 09:32:33 ID:IRxbIAAH
>>335
集金システムてwww
親鸞会だけじゃなくどこでも集金活動はされてるだろw
お金がなきゃあどうやって会の運営やってくんだよ
もっとひどい宗教団体なんてたくさんあるし
ことさら親鸞会の取り立てが酷いような言い方すんなw

337 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 10:15:31 ID:GS1tyNZX
>>336
確カニ。
運営する側の苦労も、少しは考えて貰いたいものだ。

338 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 11:05:53 ID:Xk4dkh3y
>>267氏のように
点滴打つまで財施や活動で疲弊する学生がいる一方で
運営側はどんな金使いをしているのかを思うと・・・

339 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 11:35:32 ID:z96AwPW1
「父母の恩重きこと天の極まり無きが如し」
と釈尊はおっしゃっています。

ところが、目を覆いたくなるような、親子の事件が頻発しています。
親が子を傷つけ、子が親を殺める。悲しい出来事が起きています。
痛ましい子供の自殺も、減少の気配はありません。

「人間に生まれてよかった!!」の生命の歓喜がないから、
生んでくださってありがとう、育ててくださってありがとう
という感謝がないに違いありません。

340 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 11:40:02 ID:zT369JAU
もっとひどい取り立てをする宗教団体がたくさんあるとおっしゃいますが、
出来ればそういう所をたくさん上げて頂けませんか?


断言されているのですから可能でしょう。宜しく。

341 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 12:16:47 ID:CK4FED9v
『帖外御文章』(60)

「〜又念仏といふ名をきかばわが往生は治定とおもふべし。
十方の衆生往生成就せずは 正覚とらじとちかひ給へる法蔵菩薩の正覚の
果名なるがゆへにとおもふべし。
又 弥陀仏の形像をみたてまつらば、はや我往生は決定とおもふべし。」

「弥陀仏の形像をみたてまつらば、はや我往生は決定とおもふべし。」
蓮如が阿弥陀仏の木像や絵像本尊を排斥したとかいうシンパの説は大間違い
ということです。

342 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 12:34:10 ID:IRxbIAAH
>>340
創価学会、立正佼成会、天理教、霊友会、崇教真光、統一教会、エホバの証人
オウム真理教、幸福の科学、真如苑、金光教、神慈秀明会、顕正会

343 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 13:04:09 ID:z96AwPW1
感謝は、幸せな人に生じる心です。生きる幸せに満ちていれば、
まわりの一切に感謝せずにおれませんが、不幸ならば、すべてが
疎ましく、感謝の心にはなれません。

感謝は謝恩ともいわれ、「恩」は、「因を知る心」と書きます。
自分が幸せなのは、あの人のおかげだ、こんな恩恵を受けている
からだと知り、有り難いと感じて、どうにかお返ししたいと努力
する。
現在の幸せの原因を知れば、必ずそういう心になります。


344 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 13:09:45 ID:CK4FED9v
>>341
この『帖外御文章』は、『安心決定鈔』を背景としているようです。
『安心決定鈔』は、『蓮如上人御一代記聞書』第251条に、

前々住上人(註:蓮如のこと)、仰せられ候う。「『安心決定鈔』のこと、四十余年が間、御覧候えども、
御覧じあかぬ」と、仰せられ候う。又、「金をほり出すようなる聖教なり」と、仰せられ候う。

と言及しており、『安心決定鈔』は西山系の書と云われていますが、この書を蓮如上人が「金をほり出だす
ようなる聖教なり」と尊ばれ、それゆえ真宗聖典の中に入っていると思われます。

その『安心決定鈔』には、

・かるがゆえに、名号をききても、形像を拝しても、わが往生を成じたまえる御名ときき、われらをわた
さずは、仏にならじ、とちかいたまいし法蔵の誓願むなしからずして、正覚成じたまえる御すがたよ、
とおもわざらんは、きくともきかざるがごとし、みるともみざるがごとし。

・また、弥陀仏の形像をおがみたてまつらば、「あは、はや、わが往生は成就しにけり、十方衆生往生
成就せずは正覚とらじと、ちかいたまいし法蔵薩の成正覚の御すがたなるゆえに」とおもうべし。

とあります。

蓮如が阿弥陀如来の絵像・木像本尊を排斥した、とかいうシンパの説はますます出鱈目と
いうことが白日の下に晒されているということです。

345 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 13:23:38 ID:zT369JAU
>>342

ありがとうございます。では、それらの団体で親鸞会よりひどい取り立てをしていると、どうして分かるのですか?

どんな資料を使ってどう調べたのですか?

私の聞く所ですと、幾人かの元学会幹部にヒアリングした所、学会の集金ノルマは親鸞会より低い印象を受けましたし、顕正会については一人年間八万と上限が決まっているそうです。

良ければ比較対象に使った資料をお教え下さい。

346 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 14:23:13 ID:i+0Q9fUf
>>343
>>343
生きる幸せに満ちていれば、
自分が幸せ

だと感じていればの話ですね?



347 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 14:33:30 ID:IRxbIAAH
>>345
学会幹部が「学会の取り立てはひどいですよ〜」なんて言うわけ無いじゃんw

↓ちょっとこれ見て勉強汁!
http://www.toride.org/

348 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 14:47:40 ID:zT369JAU
元、学会幹部ですよ。ちゃんと文章よまれましたか?

349 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 14:56:56 ID:zT369JAU
あと、他の宗教団体についても、親鸞会よりひどいと判断した理由を教えて下さい。

350 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 16:31:25 ID:z96AwPW1
「恩を知るは大悲の本なり、善業を開く初門なり(乃至)
恩を知らざるものは畜生よりも甚だし」

仏教では、この知恩、感恩、報恩の大切さを徹底的に教え、
釈尊は恩を知らない者は動物以下である、とまで言い切ら
れています。


351 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 16:42:36 ID:dV0NKwkF
>>342とか思い付いたカルト宗教挙げただけにしか見えないんだよな…

352 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 17:06:19 ID:CK4FED9v
>>350
大智度論なんか引用して、どうしたんですか?

「はなはだし」(形)[文]「程度が普通の状態をはるかにこえている。」
「畜生よりも甚だし」を「動物以下」と訳した理由は?

自分が信心を獲る大きな縁となった例の著作の作者I氏は、まさにT氏の善知識と
いうべき存在であるわけです。
そのI氏の後継者になれなかったから、プライドが傷ついてウラミを持つに至った
気持ちはわからんでもないですが、I氏の葬式にも顔を出さなかった恩知らずのT氏。

そして古巣を土蔵秘事の異安心と得意のレッテル貼り。
さすがに名指しは良心が咎めるらしくこの古巣に限ってはコソコソと批判。
当たり前だよね、自分の信心が自分によって否定されて自己矛盾になっちゃうもんね。

ID:z96AwPW1さん、この人物T氏に対しても「恩を知らない者は動物以下である」、とまで
言い切ってくださいますか?

353 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 17:11:26 ID:pVae0OSK
>>332
>ご本尊の話をしているときにちがった話を混ぜてきたので修正したのが
>わかりませんでしたか?

ご本尊というのは「礼拝の対象」というのはいいですか?
ならば、「ご本尊の話」というのは「礼拝の対象としてのご本尊の話」ですね。
>>302で再度質問したのは、 、「『所信の体を表す礼拝対象としての本尊の
有無や形』は、親鸞聖人の『教義安心のうえの問題』ではなくて、『儀礼上
の問題』『行儀』の問題)ということでよいか?で
若し、↑のお答えが、「いや、s会では、『礼拝対象としての本尊の有無や形
態(形式)』が、真宗の「教義安心」のうえの問題と考えています。」 という
お答えなら、@、A、Bの疑問はどうなるかということだったのですが、それに
対して何故かBのみに回答されてきたので、てっきり、s会説では、

>「所信の体を表す礼拝対象としての本尊の有無や形」は、親鸞聖人の「教義安心のうえの問題」
>であるとしている。

と早合点したのですが、違うのですか? それでは、s会説では、
>所信の体を表す礼拝対象としての本尊の有無や形』は、儀礼(行儀)上の問題であり、教義安心の
>問題とは考えていない。
であるということでいいですね?
ですから、当然に、「親鸞聖人の教義のうえで(真宗のお救いに)は、(他力回向の)
『名号大行』の他に、 礼拝などの(自力の)『衆生の三業』は、不必要である(更に
言えば、『足し』にも『障り』にも『証し』にもならない。」ということには、同意という
ことでいいですね。

>19願20願のお導きは必要ないということでしょうか?

本願成就(弥陀正覚)の為には、当然「必要だった」ですね。
ですから、そのお導きのお陰で、阿弥陀如来が完成くださった、無他方便の御名号を、「今」
お聞かせいただけば、「その他の方便」は、必要なくなります。

354 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 17:25:00 ID:Z2GQK0NK
ある会社の休憩時間に出る話題といったら、
上司への不満か、自分が受け取る給料への不満。
世の中、不満を誰かに言ってスッキリしなければ
生きていけない。本当にいきにくい世の中だ。
しかし、愚痴を言っても、上司への不満は無くならないし
給料も上がらない。
けれども言わずにおれない。
言っても言っても、不満はなくならないから
愚痴もなくならない。
いつまで経っても、愚痴のネタは尽きない。
ということは、苦しみは無くならないという事だろう。


355 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 17:26:15 ID:Z2GQK0NK
煩悩具足の凡夫、火宅無常の世界は、
よろずの事、みなもって、空言たわごと
真実あることなし、と仰言る通りだ。

356 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 17:44:21 ID:pVae0OSK
>>333
>私、19願の行者って言いました?

>>303
>五正行を並べてやっているうちは要門19願の同行だが


「要門19願の同行」というのは、「19願の行者」じゃないということですか?

>祖師聖人は転入されたのでしょうか、直入されたのでしょうか。

祖師聖人は、真宗弘願門に入るについて、自身の過去の遍歴を告白なさっていますね。
つまり、先ず、漸教の仮の法門(要門、真門=漸教)を御修行なさった後、回心して
(心を翻して)、真宗真実弘願の法門(頓教)に転入なさったと。したがって、聖人は、
御自身は、「漸機」(「回心の機」)であったと告白されてるわけです。
しかし、如来回向の信ですから、漸教に入門修行することなく、はじめから「真宗(頓教)
に直に入られた機」(「直入の機」=「頓機」)と、聖人のいただいた信後の御信心は、「一味の
信心」なのは言うまでもないでしょう。

「漸教回心の機は、自力なり。」
「漸教について、また二教・二出あり。(中略)二には易行道浄土の要門、『無量寿仏観経』の意、
定散・三福・九品の教なり。」
「二機対 直入回心対 」(『愚禿抄』)

「回心の機」が「自力」と言われるのは、真宗以外の権仮の「自力の法門」(漸教、不了義教)か
ら、「心を翻した」機ということで、信後の信心が自力ということではありません。

>私は「転入」=「直入」だと言いましたから、同じことなんですが

で、↑のことは、お聖教のどの御文が根拠ですか?

357 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 18:08:16 ID:pVae0OSK
>>334
>あなたの立場だと「してもいい」のか「やってはいけない」のか
>教えてください。

親鸞聖人の教えでは、「往生のためには、自力諸善は必要ない」と聞いてます。
源信和尚や、源空上人の例をみればおわかりのように、真宗の宗旨ではない他宗
の行を修し、他の善根に結縁しても、別に「往生の障り」にはなりませんから、
「やってはいけない」ということはないでしょうが(>>227参照)、そもそも私
には、そんな仏教の行はできませんし、御名号には、「全ての善根功徳」が具足
して、不足することはありませんので、別にそんな「必要はない」わけです。

で、確認ですあが、
『教行信証』の信巻は、当然、18願真実無他方便が書かれているから、
>礼拝しなさい、というのは19願、20願だが (>>303)
が書かれているわけではありません。

は、よろしいですか?

358 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 18:51:43 ID:CK4FED9v
>>355
>煩悩具足の凡夫、火宅無常の世界は、
>よろずの事、みなもって、空言たわごと
>真実あることなし、と仰言る通りだ。

s会の呆れた現状を知るにつれ、 いよいよ
s会のよろずのこと、みなもって、空言たわごと
真実あることなし、と仰言る通りだ。



359 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 19:26:19 ID:aw4tb3wa
>>314
> >>303
> s会説では、親鸞聖人の教義のうえで(真宗のお救いに)は、(他力回向の)「名号大行」の他に、
> 礼拝などの(自力の)「衆生の三業」が“必要”という旨了解しました。

三業で救われるって言うように、リードしようとしてるのを見抜かなきゃなぁ
>303さん

> で、そのお聖教の根拠を教えていただけますか?

そんなのありません。

360 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 19:31:19 ID:aw4tb3wa
>>322
> >>320
> 探せばいると思うけどね。
> 逆に聞きたいのだが、何故親鸞会の仏法だけが正しいと思えるのか?

それが信仰というものだろ。

> 色んな処の味見はしてみて、そう逝ってるの?
そういう人はすくないでしょう。

> 親鸞会しか知らなくて、親鸞会の大本営発表を聞いてそう信じているだけなのでは?
昔のお同行も、そうでしたよ。本願寺しか知らなかった。

> 太平洋戦争の日本の状態と同じで、実は負け戦でも連戦全勝って宣伝してましたがなw
> 親鸞会がそうだとは言わないけど、そうである可能性は否定できないだろ?

こういう>>322の意見の前提は、親鸞会=間違い ってことでしょ?
どうして、親鸞会の仏法が正しいとは言えないと思えるのか?
いろんところの味見してみてそう言ってるの?
あじみした一部のところしか、知らなくて、味見したところの大本営発表を聞いてそう信じているだけなのでは?

あなたが味見したところがそうだとは言わないけれど、そうである可能性は
否定できないだろ?

361 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 19:33:23 ID:aw4tb3wa
>>324
> 親鸞会の毒牙にかかったら、具体的な死まで行くのです。
> もし、それに応えて活動すると、〇〇さんは自分の病気よりも先生の御心を優先した立派な親鸞学徒です。と持ち上げて、顕正新聞に手本として掲載してはっぱをかけるのです。

「毒牙」は言い杉

362 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 19:35:32 ID:NuWXvPlb
遅ればせながら、図書館で調べてみました。

>6 方便法身尊像 大谷本願寺釈蓮如 花押
> 長禄三(己卯)十一月廿八日
> 江州野州南郡下中村 北道場本尊也
> 願主 釈性善
> (滋賀県守山市 真光寺)

>7 方便法身尊形 大谷本願寺釈蓮如 花押
> 長禄三(己卯)十二月廿二日
> 江州野州南郡阿伽井三橋之惣道場本尊也
> 願主 釈性善
> (滋賀県守山市赤野井 本派別院)

『真宗史料集成』(同朋舎)第2巻
蓮如裏書集より

下付された絵像の裏書きにも「本尊」とあります。

363 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 19:38:43 ID:aw4tb3wa
>>351
> >>342とか思い付いたカルト宗教挙げただけにしか見えないんだよな…

それは同意見

ただ、統一教会は裁判も起きてるから周知の事実だとは思うが、
霊感商法のことはみんな知ってるでしょ。

364 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 19:42:30 ID:aw4tb3wa
>>352
> >>350
> ID:z96AwPW1さん、この人物T氏に対しても「恩を知らない者は動物以下である」、とまで
> 言い切ってくださいますか?

恩知らずなんて言葉は、自己反省で使うべき言葉ですよ。

見る人によっては、どれだけでも恩知らずっていわれちゃうんだから。
親鸞聖人も、比叡山のものから、20年間比叡山でお世話になりながら〜と恩知らずと言われ、
法然上人亡き後は、浄土他宗のものから、廃止自立といわれていた品

あいつは恩知らずだ!と叫ぶのはその人の自由ですが、
その人が。恩を知らず、忘れているかどうかは、その人にしかわかんないんだから

365 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 20:22:27 ID:67v3HxZg
●なぜ私は親鸞会をやめたのか| ホーム
/

コンテンツ

○なぜ私は親鸞会をやめたのか

○続・なぜ私は親鸞会をやめたのか

○なぜ私は親鸞会をやめたのか|マインドコントロールについて

○なぜ私は親鸞会をやめたのか|反響集

○高森顕徹氏と親鸞会の問題(投稿文)

○高森顕徹氏と華光会

○なぜ私は親鸞会をやめたのか|掲示板

○親鸞会資料室

○リンク集

366 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 20:50:45 ID:xP9cPsva
>>360
物事は相対比較だからなあ。
親鸞会と比較した処が優れていれば親鸞会は捨てもの。
現に親鸞会の聴聞でもそう聞いていた。電灯がつけばロウソクの明かりはいらないでしょ?
もちろん、今の処がベストじゃないかもしれない。が、親鸞会を捨てるだけの
インパクトはあった。そういうこと。

そう信じてるだけ?そうかもしれない。所詮迷っている頭で判断したことだからね。
しかし、少なくとも親鸞会の外を知らずしてそういってるわけではない。
そこの差はわかりますか?

君の逝ってるのは、北朝鮮が地上の楽園と信じてるのと同レベル。
他の世界を知らなければ、ただの井の中の蛙。

367 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 20:52:53 ID:QoDgRJ/G
>>341

わざとわからないふりしてるんですか。
木像や絵像は本尊じゃない、って言ってるんですが。
粗末にしてはいけません。
「お風呂の度ごとに焼く」のは粗末にしないため。
功徳湯ですよ。

368 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 21:04:43 ID:dV0NKwkF
>>367
まず>>291を読め。

369 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 21:05:44 ID:cFkwVPgs
>>344
>蓮如が阿弥陀如来の絵像・木像本尊を排斥した、とかいうシンパの説はますます出鱈目と
いうことが白日の下に晒されているということです。

頭悪そうですね。

370 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 21:16:58 ID:cFkwVPgs
>>356
>「漸機」(「回心の機」)であったと告白されてるわけです。
しかし、如来回向の信ですから、漸教に入門修行することなく、はじめから「真宗(頓教)
に直に入られた機」(「直入の機」=「頓機」)と、聖人のいただいた信後の御信心は、「一味の
信心」なのは言うまでもないでしょう。


ああ、「転入を廃する」とか言って選択の願海まで廃しちゃったジャンヌの暴なんとかだな。
違ったらごめんね。
言ってることがそっくりだから。
「転入」というのは「選択の願海に転入」するんだけどそれが漸機なの?
転入するのに時間がかかるというのは初めて聞きますが
どなたの教えですか(笑)

371 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 21:18:32 ID:HZSBfrPz
聖本堂は宝石箱 正本堂にくるひとは宝石 この手の考え方は共感できません。
親鸞会では本当の自分をどこかに置き忘れているような感じがします。


372 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 21:19:49 ID:cFkwVPgs
>>357
>別にそんな「必要はない」わけです。

じゃあ、信前の諸善は雑行ですが「雑行は捨てる必要はない」ということで。
どなたの教えを聞いてる方ですか?
親孝行なんかやってるひとどう思います?

373 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 21:27:16 ID:cFkwVPgs
>>362

この御本尊はどんなご本尊か知ってますか?
私は知ってて「絵像で本尊と書かれたものがあったら教えてください」と
言ったんです。史料集成ぐらい見てますよ。
自分で調べてごらん。わからなければ、あとで教えてあげるよ。


374 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 21:29:48 ID:Mp3ch3/3
>>372
>じゃあ、信前の諸善は雑行ですが「雑行は捨てる必要はない」ということで。
>どなたの教えを聞いてる方ですか?
>親孝行なんかやってるひとどう思います?

横からすみません。単なる質問なのですが・・・。

この間、高森会長が教学講義か何かで
「生活面においては、どんなことを思って善をやっても、雑行とは言わない」
と言ったと聞いたのですが、本当でしょうか?

もし、本当なら、「雑行と言われる善」と「雑行と言われない善」の違いについて教えて頂けないでしょうか?

375 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 21:30:31 ID:cFkwVPgs
>>368
>阿弥陀仏以外の一切の仏像や絵像を、

当然、諸仏菩薩の本尊なんかは焼かれたでしょうね。
それだけとは書かれてないし。
「御流に背く本尊以下」焼かれたのですから
「背いてるか否か」がポイントでしょう。

376 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 21:40:58 ID:cFkwVPgs
>「雑行と言われる善」と「雑行と言われない善」の違いについて教えて頂けないでしょうか?

お話の前後を抜きにして、一言だけを問題にされてもしかたないのでは?
どういう内容の講義だったか、それを聞いたひとに質問してください。

377 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 22:01:03 ID:dV0NKwkF
>>375
あのさ、>>291のサイト見た?「世界の光親鸞聖人」の解説サイトだよ。
s会の教えを否定するあなたは何者?

378 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 22:02:01 ID:NXBHPJtn
>>373
今教えて欲しいのですが。


379 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 22:09:45 ID:Gh8Cwfls
>>369
>>蓮如が阿弥陀如来の絵像・木像本尊を排斥した、とかいうシンパの説はますます出鱈目と
いうことが白日の下に晒されているということです。

>頭悪そうですね。

反論できなくなると、人格攻撃ですか?
まったく典型的で、実に型にはまったs会パターンですねw

380 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 22:13:16 ID:aw4tb3wa



長く人格攻撃し続けているのは2ちゃんの方です。





381 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 22:13:34 ID:Gh8Cwfls
ID:cFkwVPgsのおバカな発言。
それともアンチの自作自演扱いして逃げるのかな?www

>当然、諸仏菩薩の本尊なんかは焼かれたでしょうね。
>それだけとは書かれてないし。
>「御流に背く本尊以下」焼かれたのですから
>「背いてるか否か」がポイントでしょう。


382 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 23:06:45 ID:Xk4dkh3y
横からすみませんが>>373
>>362の「方便法身尊像」や「方便法身尊形」が
どんなのか教えてください。

ちなみに史料集成では、名号だと
「方便法身尊号」と区別して表記されていますよね。

383 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 23:07:53 ID:PJJAHgy3
>>370
>「転入」というのは「選択の願海に転入」するんだけどそれが漸機なの?
>転入するのに時間がかかるというのは初めて聞きますが

「雑心とは、大小凡聖一切善悪、各々助正間雑の心をもって名号を称念す、良に教は頓にして根は漸機なり、行は専にして心は間雑す」
「しかるに、いまことに方便の真門を出でて、選択の願海に転入せり。」
(『化身土文類』)

もう一度、>>356読んでください。
一旦、権仮(方便)の法門に入った後、「弘願門」に入るのが「転入」。

はじめから、「弘願門」に入るのが「直入」。

「転入するのに時間がかかる」なんて、言ってませんが。「いま」とあるように、本願海に入るのは一念ですよ。
一旦、権仮門(要門・真門)に入る機類は、「漸機」であるのは、上の御文にも
ある通りです。

本願海に入るのは、「一念」ですが、それまで、方便の他宗他門(要門・真門)を修していて、「心を翻して」
弘願門に入る場合は、「転入(回心)の機」=漸機。
権仮門を経ずして、弘願門に入る場合は、「直入の機」=「頓機」。」

384 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 23:28:51 ID:Mp3ch3/3
>>376
>>この間、高森会長が教学講義か何かで
>>「生活面においては、どんなことを思って善をやっても、雑行とは言わない」
>>と言ったと聞いたのですが、本当でしょうか?
>>「雑行と言われる善」と「雑行と言われない善」の違いについて教えて頂けないでしょうか?

>お話の前後を抜きにして、一言だけを問題にされてもしかたないのでは?
>どういう内容の講義だったか、それを聞いたひとに質問してください。

あなたは親鸞会の会員さんでしょうか?
もし、そうなら、このお話しを聞かれましたか?

385 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 23:50:18 ID:XGAmJnrE
>>356
>つまり、先ず、漸教の仮の法門(要門、真門=漸教)を御修行なさった後、
>回心して (心を翻して)、真宗真実弘願の法門(頓教)に転入なさったと。

漸教の仮の法門(要門、真門=漸教)から入れと言うs会にいる人たちは
回心する(心を翻す)必要があるわけですね。
つまり聖人もs会はやめなさいと言ってるのか。

386 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/23(木) 23:56:01 ID:4sBKQcPm
>>378

自信をもって批判したんでしょ。
簡単に「教えて」なんて折れるな。

387 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 00:01:04 ID:GLEeGFKW
>>386
実は知らないっていえば?

388 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 00:07:06 ID:DS4+h99v
>本願海に入るのは、「一念」ですが、それまで、方便の他宗他門(要門・真門)を修していて、「心を翻して」
弘願門に入る場合は、「転入(回心)の機」=漸機。
権仮門を経ずして、弘願門に入る場合は、「直入の機」=「頓機」。

直入に「入る前」があるわけですか。
直入って他力の別名なんですけど。
「入り方」の問題ではないので。


389 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 00:09:08 ID:DS4+h99v
>>387

じゃあ、教えたら謝罪してもらえます?
あやまらせるのが好きなシンパです。
今日はここまで。

390 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 00:17:10 ID:p1ZADnVp
>>389
そんな事ばかりしていると誰もあなたの話を聞こうとは思わなくなるでしょうね。
ご自身の「伝える力」を損なうのはもったいない事です。

391 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 00:17:38 ID:qmkBQ2o3
>>389
何で謝らせる必要があるのか理解に苦しむ。
あんたの解釈が正しいかどうかもわからんのに。
今までの曲解からして怪しいものだが。

392 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 00:24:37 ID:p1ZADnVp
>>388
>「入り方」の問題ではないので。

では何の問題なのか言えますか?
またお得意の「教えてあげませんw」ですか?

393 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 00:28:12 ID:KnPabzXM
>2chの殺伐さについていけない弱者は生きる価値もない
>違うか?2ch=国民の総意ってことを忘れてやがるしな
>2chがなくなれば国民の半数以上は即確実に自殺する
>2chのない世界など誰も生きていたいとは思わない
>そんなことも理解できないのは日本人にあらず

本当に大丈夫かな、この人

394 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 00:49:28 ID:nDXq2URS
>>389

>>362で上がってるのとは違うとこのだけど
「方便法身尊像」って例えばこういうのでしょ?
岐阜県円楽寺
http://www.ginet.or.jp/wanouchi/kankou/kan_16.htm

395 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 00:53:06 ID:IiXJSWl0
>>389
なぜ謝罪しなければならないのか理解に苦しみますが、
出来ればその理由を教えて頂けませんか?

396 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 01:16:14 ID:wjVMV4Ap
すごい糞ニュースだw
../../news19_newsplus/1140/1140710891.html


397 名前: 蓮如より下付された絵像本尊 2006/02/24(金) 02:29:15 ID:NbEHqEU6
>>394
http://www.town.wanouchi.gifu.jp/wanouchi/meisho/houben.htm

真宗寺院の宗祖親鸞は名号を本尊としていたが、その後、阿弥陀如来の
御絵像が本尊に代わった。方便法身尊像は御絵像のことで通称「だいほん
さま」という。
円楽寺は、天台宗であったが釈敬伝が真宗に改宗し、蓮如より下付された
のがこの御絵像である。御裏書に「本願寺蓮如文明17(1485)年
6月24日尾州中島郡大薮村願主釈敬伝」と記されている。
円楽寺は当時、尾張国であったこともわかる。

398 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 02:46:51 ID:NbEHqEU6
>>389

明日だって僕ちゃんはちゃんと生きているんだから、後からでも答えられる、
って思っているんでしょう?

このお言葉はご存知?
「仏法には明日と申すことあるまじく候ふ。
仏法のことはいそげいそげと仰せられ候ふなり。」

このお言葉を知っていて、あえて尋ねられた答えをもったいぶって
先延ばししているのなら、蓮如上人はID:DS4+h99vにとって善知識でない
ということなのでしょうか。

また、この有名なお言葉すら知らないとしたら、s会を代表して偉そうに
答える資格を失した人なのかもしれません。そういえば、LESSONで
明日があることは自明だ、といっていたシンパもいらっしゃいました。

あるいは、もったいぶっているが、本当は答えられないから逃げているのかも
しれませんが。謝罪する必要もないことに対してわざわざ相手を謝罪させようと
しているところが、なお怪しい。

実はそうなんでしょ?>ID:DS4+h99v

399 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 02:51:11 ID:NbEHqEU6
>>367
>わざとわからないふりしてるんですか。
>木像や絵像は本尊じゃない、って言ってるんですが。

これはどういう根拠なのでしょうか?
>>397の蓮如が下付した絵像は、本尊でなければ何だというのでしょうか?

400 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 02:59:24 ID:NbEHqEU6
蓮如は無碍光本尊と呼ばれた紺地に金泥で十字名号を記し、それに光明を添えて、
上下に経論の一部分を讃文として記した名号本尊を門末に与えている。
蓮如は父存如の跡を継ぎ本願寺の主宰者となった前後の本願寺教団を支えた近江
堅田の法住にこの無碍光本尊を与えている。

しかし、長禄6年(1465)以降、叡山が本願寺を無碍光宗と云う邪義をとく
ものと、攻撃したため、無碍光本尊を下付することを止め、かわりに、六字名号や、
晩年には阿弥陀如来の絵像として方便法身尊像を門末に与えることにした。
http://www.geocities.jp/sazanami2121/newpage53.htm

「晩年には阿弥陀如来の絵像として方便法身尊像を門末に与えることにした。」
晩年の蓮如が絵像を本尊として下付していたことは、歴史的事実として認められているよう
ですが。

401 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 07:25:04 ID:vcQG67uP
ゲヒュ!今だ!肉棒ぶち込めぇ!

402 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 07:54:10 ID:z1rhMGSK
>>367
>わざとわからないふりしてるんですか。
>木像や絵像は本尊じゃない、って言ってるんですが。

意味がよく理解できませんが、どういう根拠に基づいているのかを
示していただけますか?

403 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 09:33:28 ID:Ih0bC01I
>>399>>400
歴史的事実として認められていたことが後に間違いであったと
訂正されたことはいくつもありますからそれは根拠になりません
聖行上の根拠じゃないし

>>402
何度根拠を出しても「根拠にならない」の一点張りだから
ちょっと仕返し〜w

404 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 10:23:00 ID:x8d8tBtX
>その一連の出来事、詳細おながいしまーす
>すみません、会長の「M晴いじめないでくれ」事件の詳細を、です

では詳細をお伝えします。

まず、M晴さん不倫疑惑については、当時、その現場の写真や動画が、講師部や親友部、果ては一般会員の間でも広まっていました。
現場の写真と動画が撮られ、その写真や動画がメールで講師部員や親友部員、幹部会員の間をゆきかっていました。
写真を打ち出して、持ち歩いている人もいました。

平成14年8月末の3日間の合宿では、写真を撮った人たちも、写真をメールでやり取りした人たちも、
そのような事実があることを知っていながら、上司に報告しなかった人も、すべて、処罰の対象となりました。

個人のスキャンダラスなことを、講師部や親友部、幹部の間に蔓延させたこれらの行為は、「親鸞会の和を乱す行為であり、
和合僧を乱す恐ろしい行為だ!!」ということで、写真をとった人たちや、写真をメールで誰かに送った人はもちろん、
受信した人で上司に報告しなかった人もすべて処罰の対象となり、「調べれば分かるんだぞ、かかわった者たちは前にでろ!!」と
厳しい追求がはじまりました。

普通は、突然あんな写真が送られてくると、誰だって不思議に思い、「なんだろう?」と興味をもってみるような気もしますし、
また、上司に言わない人や言えない人も少なくないのではと思いますが、上司に報告しなかった人もすべて、写真のメールを
受信した人は手をあげさせられて、前に出て立たされました。

そもそもこの写真を撮ったI場支部長は、関東の青年部員数人と協力して、入念に準備していたようです。車をどこにとめて、
どのように写真を撮ったのか、などもすべて吐かされていました。

しかし、今でも不思議なのが、あの写真や動画を撮った方法を詳細にわたって、I場支部長は吐かされていたのに、
「この写真や動画は偽造されたものだ」ということに終わったことです。
また、一番不思議だったのが、この3日間の合宿には、渦中のM晴さんはまったく姿を見せず不参加でした。
講師部内では「腰痛」という発表がなされていました。そして、会長先生ご臨席のもと、裁きが続いてゆきました。


405 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 10:23:56 ID:x8d8tBtX
>>続き
 
この頃の背景を説明しますと、M晴さんへの反発は、I場支部長だけでなく、M野講師やY根講師をはじめ、多くの講師部員の間で
ありました。M野講師はネットに書き込んで、M晴さんを批判していましたし、Y根講師は同じ十講の間でも、M晴さんとは
対立していたようです。講師部員の日頃の不満が、いっきに爆発した合宿だと感じました。

つまり、当時は講師部の中で「表立ったM晴さん反対派」や「内心M晴さん反対派」がけっこういた訳です。それ以外にも、
講師部の間でいろいろな批判意見があり、講師部の結束が弱くなっていました。崩壊寸前だったかもしれません。

この3日間の合宿の筋書きはすでに、K玉さんやW部さん、また、N村講師長やY村総務局長などの上層部の間では話し合われていた
ように思います。K玉さんなどは合宿の数日前に、「講師部はこのままだと、もう終わりかもしれない…」といったことを
ポツリと言っていたようです。K玉さんや、W部さんをはじめとする親M晴さん派や、この講師部の結束の弱さをなんとかしたいと
思っている人たちは、これを機会に、講師部のウミを出し切ろうと思ったのでしょう。

ですから、この3日間の合宿では、M晴さんの不倫疑惑を問題にした人たちへの指摘だけでなく、講師部の団結を乱すような
批判意見を言っていた講師への指摘が、次々とおこなわれてゆきました。批判分子への徹底的な糾弾が行われたのです。

会長先生も激怒して、M晴不倫疑惑を講師部内で広めていた講師や、講師部内で批判的な意見をもっていた講師に対して、
面と向かって、「○○!!(呼び捨て)、講師部の和を乱して、そんなに楽しかったか!そんなに楽しかったのか!!」と
顔を真っ赤にして言われていました。逆鱗に触れたという感じでしたね。御法話などの多くの人の前では優しそうな先生から、
直々にこのようなことを言われる訳ですから、言われた講師にとっては、生きた心地がしなかったと思います。


406 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 10:25:29 ID:x8d8tBtX
>>続き

ちなみに、この合宿の最初に会長先生から直接その場で、「では、N村講師長とW部に議長を任せる」との言葉がありました。
おそらく、事前に打ち合わせをしていたのでしょう。会長先生の言葉を受けたこの二人、とくにW部弘宣部長は、
それはもう勢いよく、反体勢力を指摘し続けていました。

当時、以下のような2ちゃんの中に、講師部の罪状がいろいろ暴露されていたように思います。

親鸞会に向かって1000の心のタネ
http://makimo.to/2ch/life_psy/1028/1028481417.html

ここの>>457あたりから、何やら詳細にわたって書かれていますが、今読めば、本当にこれらの書き込みをした人たちの
気持ちが分かります。

この講師部の合宿が、たしか8月25日から31日の間くらいに3日間あったから(ハッキリ覚えていません)、
この当時の2ちゃんの書き込みの速さからして、いかに問題が大きかったかが、分かるような気がします。
現役講師部員の書き込みも多数あります。
>>459-461、>>527、>>528、>>708-711などは、ほとんど事実です。

このあたりの書き込みで暴露された、講師部員の罪状もいろいろ話題になりました。
「K田講師が拾った携帯電話で電話していた」とか「W部弘宣部長が破廉恥行為を行った」とか、
「M野さんがかつて万引きをしていた」などなど。

たしか、K田講師などは、「たしかにあそこにに書かれているようなことを私はしてしまったし、そのことは大変反省している」
などと言っていたと思います。M野講師は他にもいろいろあり、指摘の嵐を受け、謝罪する一方でした。

しかし、W部弘宣部長は、大声で「私のこともいろいろ書かれているが、あんなのは全部デタラメだ!」と叫んでいたように思います。
そして、議長に選ばれたのをいいことに、指示棒を振りかざしながら、徹底的に批判分子の講師たちを糾弾していました。

講師部員の中でも、上層部の人たちは、W部弘宣部長の破廉恥行為について知っているのか、W部さんが絶叫しているときに、
しらけた感じで静まりかえったのが、少し気になりました。

407 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 10:30:12 ID:x8d8tBtX
>>続き

この合宿の中で、会長先生がポツリと「M晴をあまりいじめないでくれよ」と言われたのです。
先生が何か、講師部員にお願いされているような感じで、小さな声でポツリと言われました。
その会長先生の一言により、感情が高ぶっていた講師部員の多くが号泣していました。

自分たちの言動がいかに会長先生の御心をいためていたのか、自覚したのでしょうね。そこで、「先生ー!申し訳ありません、
我々が間違っていましたっっ!!!」と多くの講師が叫び、異様な雰囲気になりました。前に立たされていた講師の中で、
大地にひれ伏して、号泣していた講師もいました。

M晴さん不倫疑惑批判に関わった人(写真を受け取り、上司に報告しなかった人も含めて)や、その他、講師部内で批判的な人の容疑が
次々とあげられてゆきました。その結果、何十人という講師部員が、前に出て立たされ、そして、M晴さん不倫批判の火種となった
I場支部長をはじめ、M野講師、Y根講師などは、たしか「除名」と判決が下されました。
最後、これらの人は泣きながら、「それだけは、それだけは〜!!」と絶叫して命乞いをしていました。

大変、緊迫した雰囲気でしたが、すすり泣く声が響く中、最後、会長先生が静かに、「みんな、この者たちのやったことは
非常に恐ろしいことだが、しばらくの間、見守ってくれないか」と口をひらかれました。
そして最終的には、会長先生の名の下に、それらの除名講師をはじめ、指摘を受けた多くの講師に対して、『執行猶予期間』が
つけられました。その期間中、同じ問題をおこさなければ、よしとする、ということになったのです。

指摘を受け、前で立たされている講師たち一人ひとりの執行猶予期間を、指摘を受けていない講師たちが、決めてゆきました。
「I場支部長 執行猶予30年、M野講師 執行猶予20年・・・」などなど。すべて黒板に書かれ、記録に残されました。

除名や何らかの処罰を予想していた、前で立っていた人たちは、「会長先生のお慈悲」で救われた訳で、みな涙を流して
忠誠を誓いました。一度、地獄の底までおとしめておいて、最後に救うという、会長先生のお慈悲により、感動的な裁きを受け
除名を免れた講師の人たちは、おそらくもう二度と、会長先生や親鸞会に牙を向けるようなことはないでしょう。


408 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 10:32:46 ID:x8d8tBtX
>>続き

そして、この合宿で以下のような規約が出来ました。

【講師部総会での規約】 平成14年8月29日 
 
1、講師間の悪口、非難は一切厳禁する。

2、講師部の和を乱す情報を得た者は、その提供者と、情報と、その日時を直ちに報告すること。

3、講師部員の言葉遣いや行動で、おかしいと思うことは、どんな些細なことでも直ちに報告すること。
                                 

こうして批判分子は一掃され、講師部の結束は、会長先生のお慈悲のもと、大変強固になった、という訳です。

しかし、この合宿での、一つ一つの問題の是非はともかく、あの異様な雰囲気に、私は驚いてしまいました。
また、この合宿での裁きの結果は、多くの人たちに不信をもたせたようで、今でも疑問に思っている人は少なくないようです。

 当時の講師部内には、多くの批判意見がとびかい、目に見えない派閥のようなものもあり、トップであったM晴さんへの疑惑や不信が
講師部内で高まっており、それはもう崩壊寸前だったのかもしれません。実の息子への多くの批判を知り、講師部の結束の乱れを感じ、
講師部員の将来を憂いていたであろう会長先生の、精神的疲労も極度に達していたように思います。
この合宿の直後、実際に会長先生は入院され、御法話か何かが中止になったと思います。

 M晴さんも、誰にも知られないところで、父親である会長先生から、相当しぼられたのかもしれませんし、また、講師部の中の
おかしな言動が指摘されたことを言えば、いくらかは自浄能力のある団体なのかもしれませんが、しかし、やはり騒動の渦中の
人物であるM晴さんについての疑惑は、いまだに晴れないでいます。

 私は会長先生亡き後、このような疑惑をかかえているM晴さんが次期会長に就任した暁には、親鸞会は果たしてどちらの方向へ
行ってしまうのか、と危惧しています。


409 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 11:30:37 ID:r0we9xfK
…えらく具体的な報告ですが、あなた何者?

ひょっとして除名されたあの講師ですか?

410 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 11:41:09 ID:Ih0bC01I
404-408
M晴さん不倫疑惑があったという夢を見ました・・・

まで読んだw

411 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 11:51:37 ID:r0we9xfK
実際その場にいたのですか?

412 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 12:42:55 ID:sp15Ryn8
>>400
>「晩年には阿弥陀如来の絵像として方便法身尊像を門末に与えることにした。」
晩年の蓮如が絵像を本尊として下付していたことは、歴史的事実として認められているよう
ですが。


圧倒的に名号本尊が多い。
しかも名号本尊には「本尊也」「愚禿親鸞敬信尊号」とあるものが現存するが
絵像にはない。

赤野井の別院の絵像本尊の件、調べましたか?
ググっても出てくるよ。

413 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 13:43:33 ID:r0we9xfK
申し訳ないけどぐぐっても分かりません。

414 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 13:47:27 ID:/PkdY7ss
生んで育ててくだされた親の大恩を知り、感じ、報いようとする心は、
人間に生まれてきてよかった、の生命の歓喜がなければ起きません。

その生命の歓喜と、知恩、感恩、報恩の心を教えられたのが仏教です。



415 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 13:49:04 ID:/PkdY7ss
そこで釈尊が私たちに、最も身近な親の恩を教えられた経典が、

『仏説父母恩重経』です。



416 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 15:08:20 ID:z1rhMGSK
>>415
『仏説父母恩重経』は『仏説盂蘭盆経』『無量義経』とともに
中国で造られた偽経であることはよく知られています。

ググってみればすぐにわかりますが、親鸞会は『仏説父母恩重経』を
重視しているようで、いくつもの親鸞会『仏説父母恩重経』関連サイトが
見つかります。

さて、親鸞会が中国撰述の偽経を認めているということは、当然同じく
中国撰述である『無量義経』も一切経として認めることが自然の成り行き
と思いますが、親鸞会では『無量義経』を一切経として認めているのですか?
認めていないのですか?ぜひ教えてください。

417 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 15:31:22 ID:Ih0bC01I
>>416
>中国で造られた偽経であることはよく知られています。

(´・ω・`) 知らんがな・・・

誰が造ったにせよ良い事書いてあるから重視してるんじゃないの?

418 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 16:09:20 ID:z1rhMGSK
>>417

ふうん、そうですか。
では親鸞会的には現在は『無量義経』を一切経として認める、ということと
理解しました。
では、以前の教学テキストの記載には不備があったということで構いませんか?
(因みに私は創価や法華宗系のものではありません。)

419 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 16:21:10 ID:Ih0bC01I
>>418
>では親鸞会的には現在は『無量義経』を一切経として認める、ということと
>理解しました。

(´・ω・`) どういう読み方したらそういう理解になるの?

父母恩重経が一切経に入るとは言ってないのに

420 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 16:37:43 ID:z1rhMGSK
>>419

では、何をいいたかったのでしょうか?

私は質問をしているんですが、それに答える気がない、
あるいは文意を読み取る気がないのならば
わざわざレスアンカーつけるのやめてね、迷惑だし時間の無駄使いだから。


421 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 16:47:21 ID:jzQ76Z6Z
>指摘を受け、前で立たされている講師たち一人ひとりの執行猶予期間を、
>指摘を受けていない講師たちが、決めてゆきました。
>「I場支部長 執行猶予30年、M野講師 執行猶予20年・・・」な
>どなど。すべて黒板に書かれ、記録に残されました。

長い執行猶予期間だこと。
実権が長男に移るのだとしたら会長死去以降には
何らかの理由をつけて除名かも。
但し孫が結婚したら恩赦の可能性もある。

422 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 16:53:07 ID:Ih0bC01I
>>420
おお〜、コワ・・・
アンチってすぐそんなケンカ腰になるんだね (^^;

一切経じゃないにしても父母恩重経の内容は素晴らしいでしょ?
それを親鸞会が重視して何が問題ですか?
何で無理矢理教学テキストと結びつけたがるのかなあ

423 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 16:59:33 ID:qmkBQ2o3
>>422
人を(他宗を)批判していながら、同じことを自分がしているのってどうよ?

424 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 17:04:33 ID:Ih0bC01I
>>423
あれ〜?
いつ私が他宗を批判しました〜?
こんな難癖つけるのがアンチのやり方ですか・・・ (^^;

425 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 17:05:27 ID:qmkBQ2o3
>>424
あんたのことじゃない、s会のことだ。

426 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 17:05:28 ID:w88Aor7a
>>424
アンチとか言ってる時点で親鸞会関係者だろ

427 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 17:14:29 ID:r0we9xfK
いい話を重視するのは一向に構いませんが、
それをお釈迦様がかかれたと偽る必要がなぜあるんですか?

428 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 17:25:33 ID:/PkdY7ss
「わたくしは、何ということなく、
親鸞がすきだ。蓮如がすきだ。
すき、嫌いでいうのはへんだけれど、
正直な表現でいえば、そうなる」(吉川英治)


429 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 17:28:38 ID:31XmuZ3J
「わたくしは、何ということなく、
親鸞会が嫌いだ。T森が嫌いだ。
すき、嫌いでいうのはへんだけれど、
正直な表現でいえば、そうなる」

430 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 17:29:33 ID:31XmuZ3J
まあ、徳がないんでしょうな

431 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 18:30:27 ID:z1rhMGSK
>>423
>人を(他宗を)批判していながら、同じことを自分がしているのってどうよ?

まったくその通りです。
s会は他宗が偽経を重視していれば、偽経だ偽経だといって大騒ぎして
誹謗中傷する癖して、学生会員の親の批判の矛先を逸らそうとして

「親鸞会は親孝行を重視していまつ(ハアト)」

というポーズを示さんがために、「s会もいいこと教えているじゃないの」と思わせて
親を油断させて批判を鈍らせるために浄土三部経でない中国発の偽経をワッショイと
持ち上げているのはあまりに親鸞学徒としては節操がないんじゃないか?
っていいたかったのですが。

大体、浄土三部経以外の経典を読誦することを会として勧めてもいいの?
それは、立派な「雑行の勧め」になるんじゃないのですか?

親鸞は父母の孝養のためとて、一返にても念仏申したること、いまだ候はず。
そのゆゑは、一切の有情はみなもつて世々生々の父母・兄弟なり。(歎異抄)

432 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 18:36:34 ID:nAYH93R7
>>404-408 詳細をお願いした者です。長文お疲れ様でした、有り難うございました。

まるで魔女狩りみたいな様相ですね なんかM晴氏のことがうやむやに片付けられてしまったような。

親鸞会でかなりの立場にある人にとっては、除名を言い渡されるのはかなり致命的で耐えられないでしょう
批判分子を排除する為とは言え、仏教集団のイメージからは想像出来ないですね

講師部規約、教学講義の受講資格に似てますね。「講師」を「会員」に入れ替えると
受講資格条項ができてしまう

433 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 18:48:28 ID:z1rhMGSK
>>404-408

詳細な報告乙です。
これだけ詳細な記述があるからには、やはりs会シンパが過去スレにおいて
必死で否定しようとしたM晴事件は実際にあったとしか思えませんね。
これだけ詳細な記録は想像力だけでは到底無理。
実際にその場に参加していた臨場感おひしひしと感じる文章です。
おそらくこのカキコは現役か退役かしらないが、専任講師の誰かであることは
間違いないでしょう。
もしも現役のカキコならば反M晴派講師に違いない。

だから工作員がこのカキコを必死に下げようとして、私もまんまと釣られてしまった
わけだ・・・・。

434 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 19:24:14 ID:wL+3GBkv
≫404〜408
 こんなリアルな暴露文を見たの初めてですね。合宿に参加してた講師が書いた
文章やろけど、臨場感がありますね。くだらない書き込みも多いなかで、こういう
のは大歓迎です。知られざる講師部の暗部をもっと暴いてください。
 しかしM晴氏も、増長してとんでもないことになっているね。
 小生が会におった頃(1980年〜94年)から、この人は胡散臭いと思っていた。
 聴聞会場で一人だけ、テラテラ光った背広を着て、整髪剤で頭テカテカ光らせて
 いばりくさってたなあ。会員が財施でヒイコラ言うてるのに、自分だけ高級車に
 乗ってたような記憶も。
  30そこそこの歳で、自分のことを「ワシ」といい、座談会や運転者講習会
 では、自慢話とハッタリのオンパレードだった。当時、学生で運転免許を
 持ってなかった小生も、なぜか講習会に無理やり参加させられていました。
 違反をもみ消す方法だの、警察の取り締まりに引っかかって納得できなければ
 裁判に持ち込めばいいだの、一般人には到底出来んようなバカ話も聞いたような。
  青春18切符で帰らないかんのに、終電に間に合わんやないかとあせったわ。
 元、暴走族のニイチャンに何で車の運転を教わらんといかんのや。そんなこと
 許してるから、親鸞会は交通事故が多かったのとちがうか。
 何はともあれ、「講師部の批判を禁止」に守られて、好き放題やってる奴らが
 糾弾されるのは良いことだ。小生も親鸞会がまともな組織になれば戻っても
 いいかなと思っているのです。

435 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 19:29:52 ID:ITU8vIBn
>だから工作員がこのカキコを必死に下げようとして、私もまんまと釣られてしまった
わけだ・・・・。

工作員ではないんですが、本尊の話はアンチの負けということで
よろしいですね。
絵像木像には本尊にする根拠がないわけですから
諸仏を本尊にしているのと五十歩百歩です。
他の話題に移りたそうなので認めるなら勝手にやってください。

436 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 19:36:34 ID:uZG9y7x2
>>412
「赤野井 別院 絵像」でぐぐったけど、こんなのしか見つからなかった。

http://www.cable-net.ne.jp/user/ryoukakuji/09kougi/takenaka_syoumei04.html
>道場時代の御本尊です。
>蓮如上人の場合は割合後になって六字名号という事がありますが、
>早い時期は多く御絵像の御本尊が下付されたと。非常に美しいんです。
>私も初めてこの赤野井別院に来た時に、
>この御本尊が非常に美しいので感動した事があるんです。
>やはり、御絵像の阿弥陀如来というのは非常に美しいものです。

あと>>362>>397などに加え、史料集成には
>32 親鸞聖人之御影 大谷本願寺釈蓮如 花押
寛正五歳申申五月十四日
江州野州南郡赤野井
惣門徒中安置本尊也
(滋賀県守山市 福生寺)

>43 奉修覆方便法身尊形 大谷本願寺釈蓮如 花押
文明二歳庚寅二月十二日
和州吉野郡下淵円慶門徒
同郡十津河野長瀬鍛冶屋道場本尊也
願主 釈浄妙
(龍谷大学)
など、名号以外でも「本尊也」との裏書があるわけですが・・・

尊号の下付が多いこと、また裏書の多くに「本尊也」とあること。これは事実です。
(裏書に「本尊也」と記されていない尊号もあるけれども・・・)
しかし、「蓮如上人が形象本尊を廃した」という根拠となる記述は、どこにあるのでしょうか?

437 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 19:37:48 ID:z1rhMGSK
>>435
>本尊の話はアンチの負けということで よろしいですね。

でたな、s会名物、唐突な勝利宣言。
冷静に流れ見たらシンパの負けじゃん。
「親鸞が木像絵像排斥した」とかいう顕正新聞の記事の根拠すら
まだ挙げてないじゃん。
いっとくけど、浄土真宗だから親鸞=蓮如=覚如だろっていう論理は親鸞会の内部でしか
通用しないよ。
ってまた工作員に釣られているわけだが・・・orz。
しばらくはカキコできません。


438 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 19:47:24 ID:qmkBQ2o3
T大の数学教授が何とかの問題を解いたというから
本当かと聞いたら何故かW大の数学教授の論文を出してきた。
これはT大の教授が解いた根拠にならないと反論したら
T大だろうとW大だろうと数学教授の論文だから同じことだと反論された。


こんな詭弁がまかりとおるわけがないわな。

439 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 20:39:12 ID:r0we9xfK
大体、かくにょ上人の文章でさえ、絵像木造を排斥した根拠になってないですし

440 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 20:43:37 ID:r0we9xfK
で、初耳なんですが、W部さんって破廉恥行為して、
衆人のまえで「デタラメだあ!」って叫んだんですか?

恥知らずもここに極まれりって感じですね。


W部さん、仏法者は反省が必要なんだョ
十分説法覚えたか(*^ー’)b

441 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 20:51:29 ID:77WRYvmB
>>431
> >>423
> それは、立派な「雑行の勧め」になるんじゃないのですか?

雑行って。。。よく分かってないんだね。
その雑行って、五雑行のことを言ってるんでしょ。
三部経以外のお経を「読誦」すれば、100%雑行なんでしょうか?
親鸞聖人、教行信証の経典の引用に、三部経以外のお経をたくさん
引用しておられますが、、

> 親鸞は父母の孝養のためとて、一返にても念仏申したること、いまだ候はず。
> そのゆゑは、一切の有情はみなもつて世々生々の父母・兄弟なり。(歎異抄)

これも、父母の孝養を廃されたおことばじゃないって事は、親鸞学徒の
みなさんもよくご存じのはず。

442 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 20:55:01 ID:77WRYvmB
>>437
> >>435
> でたな、s会名物、唐突な勝利宣言。

アンチもよくやってんじゃん。

まぁアンチといっても、現役か元会員なんだから元は同じなんだけど
端から見たら、どっちもどっちのレベルだって事を自覚しろおまいら

443 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 21:03:23 ID:77WRYvmB
>>442

ついでにいうと、
アンチとか、シンパという言葉も、どちらも親鸞会というカテゴリーから
出ていない点でどっちも同レベルの話だよ。

>>366みたいに、
>しかし、少なくとも親鸞会の外を知らずしてそういってるわけではない。
>そこの差はわかりますか?

>君の逝ってるのは、北朝鮮が地上の楽園と信じてるのと同レベル。
>他の世界を知らなければ、ただの井の中の蛙。

こういっているのも、「他の世界」というように、「親鸞会」と「その外」という
概念から離れ切れていない。
そんな言い方しなくても別の言い方いくらでもあるよ。

だから、どっちもどっちだって言ってるんですよ。
ここに書いている人以上の経験をしてきた会員さんはたくさんいるよ。
何を見たか、しったか知らないけれど、初めて海外旅行にいった
中学生の自慢話みたいにしか聞こえない書き込みは読んでて痛いから
やめてくださいね。

444 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 21:04:28 ID:77WRYvmB
きょうは、もう書き込まないし、読まないから、なんか言いたいことあったら、明日の夜にでも返事するよ。

445 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 22:45:11 ID:nDXq2URS
>>404-408以上のことまであるのか。

446 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 23:02:05 ID:NQMBVx6U
>>443
なんか、一方的に煙に巻いてるなあ。
443を自分で読んでみ、俺はさっぱり訳が分からん。
んで何が言いたいの?

>こういっているのも、「他の世界」というように、「親鸞会」と「その外」という
>概念から離れ切れていない。
>そんな言い方しなくても別の言い方いくらでもあるよ。

「いくらでも」というなら2−3具体的に例を上げてみ。
君の言う「概念」から離れきったヤツを一つヨロ。

>何を見たか、しったか知らないけれど、初めて海外旅行にいった
>中学生の自慢話みたいにしか聞こえない書き込みは読んでて痛いから
>やめてくださいね。

443みたいに内容がない文章を書いてケムに巻こうとしてる方が恥ずかしいよ。
これじゃ丸で中学生の文章だよ。

447 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 23:07:09 ID:NQMBVx6U
親鸞会が親鸞聖人の御跡を進むってのなら、M貼が除名処分になるのは当然じゃないの?
だって、証拠も動画と写真まであったんでしょ?
聖人も善らんを除名にしたなら、会長も光貼を除名にするのがスジってもんでしょう。
しかも、本人は仮病を使って糾弾会にすら出ず。
こんな団体が親鸞の名前を使う方がどうかしてるよ。
会を辞める人から本尊を取り返すとか、自ら作ったアニメともまったく真逆の事を実際はしてるんでしょう。

悪いこと言わないから、親鸞の看板は下ろした方がいいよ、
聖人が泣いておられるよ。

448 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 23:10:14 ID:IiXJSWl0
>>447
確かに…
今の親鸞会を見たら、親鸞聖人は泣かれるだろうね。

どうして盗作やら息子の特別扱いとか、
贅沢三昧とか指摘されながら、みんな会長信仰が抜けないのかな。
正直実感として
>君の逝ってるのは、北朝鮮が地上の楽園と信じてるのと同レベル。
というの、僕もよく分かるよ。

会員の皆さん、早く気づいてね。

449 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 23:12:29 ID:IiXJSWl0
まぁ一つだけ分かることは、
会長は息子の不倫を暴いた連中はみんな除名にして、
息子は少なくとも対外的には「無罪」というか、
「事実無根のねつ造」だったことになった訳か…

そうか、それであのときの不自然な流れが分かったよ。

一時しおらしかったこともあったM晴だけど、
今は昔以上に傲慢になっているような気がする。

これから親鸞会、どうなるのかな。
おそらく会長が死んだら終わりだろうね。

450 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 23:17:09 ID:NQMBVx6U
>>448
あの人にはカリスマ性があるからね。
ただ、聴聞中はいいけど、話が頭に残らないタイプの講者ではあると思う。
たいてい終わると忘れてる。

>>449
>おそらく会長が死んだら終わりだろうね。

終わりだろうね。
M貼のキンキンした声と、いかにも俗物っぽい容姿で俺は見る度に吐き気を催すよ。
蛇に似てる、生理的にイヤ。

451 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 23:29:11 ID:8zHF5CBT
なんか本尊論の流れを見ても
s会の人って、文章もまともに読まないばかりか
物証を提示してさえもかたくなに自分の殻に閉じこもり続けるんだなあと思った。

それと呼応するかのようにM晴問題についても写真やビデオなどの物証をもってしても
M晴に対して何のお咎めも無いどころか、逆にその証拠を持ってきた人間を糾弾する。

結局自分のわがままを無限に聞いてくれる人や場所を作りたいがために
真宗や仏教の上っ面を利用しているだけなんだと思うよ。

452 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 23:30:17 ID:nDXq2URS
「心霊写真が撮られるようになって幽霊の実在が証明された」なんて言ってるのに
息子の写真・動画は「捏造」扱いになっちゃうんだからなぁ。

453 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 23:38:44 ID:8zHF5CBT
それと、執行猶予なんてまー何様のつもり。単なる内ゲバだろ。

証拠を持ってきた講師達とやらも、
会の自浄化の為にそこまでやって、かつそこまでコケにされたんなら
もうその団体に居続ける理由など何もないと思うが、
なんで除名なんぞを恐れるんだろうか。

454 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 23:39:37 ID:IiXJSWl0
>>452
捏造、ということにせざるを得なかったんでしょう。
会長自身が神格化されている今、
M晴が不倫ということになったら、
会長自身の権威も揺らぎかねない。

親鸞会はもう長くないと思うよ。
今、正本堂を一万人で埋めるとかいって、
大々的に人集めにいそしんでいるみたいだけど、
親鸞会って徹頭徹尾「金と人」だから。
みんな気づくよ。

455 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 23:40:04 ID:7JfiG1dn
>>388
>直入に「入る前」があるわけですか。
>直入って他力の別名なんですけど。
>「入り方」の問題ではないので。

意味不明です。
「直入」って、真宗では、
1、直ちに御本願を聞信して、正定聚に入ること

2、浄土に往生して、直ちに仏様と、同体になること

の二義があって、善導大師の
「直入弥陀大会中」(『般舟讃』)は、後者の意味ですが、
同じく、善導大師は、
「あまねく願はくは、有縁の同行者、専心に直入して疑ふべからず。」(『般舟讃』)

とも言われ、これは、真宗的には、前者の意味ですが、「直入に『入る前』がある」から
こそ、善導大師は、有縁の同行者が、正定聚(弘願門)に直入することを願われてるんじ
ゃないですか?

s会では、信前(正定聚に入る前)は「無い」という見解なんですか?

また、s会では、「弘願門に漸入する機類」(漸機)は、認めてないのでしょうか?

456 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 23:41:09 ID:IiXJSWl0
>>453
会長からしか親鸞聖人の教えを聞けないし、
会長から離れたら地獄しか行き場がないと思っているからだろう。

年配の講師にとっては、親鸞会を離れたら生活すら危うい。

M晴は実に分かりやすい俗人だけど、
会長信仰はそんなに簡単に抜けないんだよ。

457 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/24(金) 23:52:33 ID:7JfiG1dn
>>455訂正

「直入弥陀大会中」は、『法事讃』でした。

>>372

全く意味不明。>>357 には、
>「往生のためには、自力諸善は必要ない」と聞いてます。

と言ってるんですけど。

>>359
>三業で救われるって言うように、リードしようとしてるのを見抜かなきゃなぁ

「(衆生の)三業で救われる」というのと、「お救いのためには、(衆生の)三
業が必要です」というのとは意味が違います。
後者では、「(衆生の)三業のみでは救われないが、お救いのためには、(衆生の
三業が必要です。」という場合も含みますから。

458 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 00:04:02 ID:OKIec7p/
>>435

結局、s会説では、礼拝対象である「本尊論」は、教義安心の問題としているのか?、
それとも、行儀(儀礼)の問題としているのか? って>>301-302 >>353の問いの答え
は何ですか?

459 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 00:13:34 ID:CrvcJAJt
>>436

こんな根拠を本願寺の学者が知らないとでも思っているのかな?
反論文には、これは一切出ていない。
「本尊也」と絵像に御真筆で書いてあれば誰も文句のつけようがない。
だけども根拠には出さなかった。そういうこと。

絵像本尊の根拠はない。
形像本尊の根拠はない。これが結論。


460 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 00:21:21 ID:OKIec7p/
>>356補足

「回心の機」を「自力」と聖人が、言われてるのは、仮門(自力門)に迂回(まわり道)
している行者の、転入前の機情(自力門に執して迂回しようとしている)に約しての表現
と言った方がよかったと思います。

「転入」を、聖人は御和讃に「うつりいるといふ」と左訓されてます。

461 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 00:25:00 ID:CrvcJAJt
>>458

あなた方の本尊は教義安心とは無関係という結論でよろしいのでは?


462 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 00:29:11 ID:OKIec7p/
>>461

「あなた方の本尊」って何ですか?
では、s会の「礼拝対象としての本尊」は、「教義安心」の問題ということですか?
それなら、>>302の@、A、Bのお答えは如何?

もう寝ますので、回答をお待ちしてます。

463 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 01:12:42 ID:7ux1DFZA
本尊は名号に決まってる

464 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 01:16:57 ID:OxRLlNKw
本尊は会長に決まってる

465 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 01:33:58 ID:sY4ZZI6l
>>459
名号本尊の裏書は蓮如御真筆だけど、形像本尊の裏書は御真筆ではない、と言いたいのでしょうか?
その根拠は?

466 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 01:50:44 ID:sY4ZZI6l
蓮如上人が、誤った本尊として絵像をお風呂の度毎に焼かせられたのなら、
なぜ門徒の道場に絵像を下付したりなどしたのでしょうか?
「風呂の焚付けに使って下さい」と仰ったお手紙なり裏書なりでもあるのでしょうか?

467 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 02:57:01 ID:WnOhXJt2
また不倫疑惑で盛り上がってたみたいだけど、
>>404
> まず、M晴さん不倫疑惑については、当時、その現場の写真や動画が、講師部や親友部、果ては一般会員の間でも広まっていました。
> 現場の写真と動画が撮られ、その写真や動画がメールで講師部員や親友部員、幹部会員の間をゆきかっていました。
> 写真を打ち出して、持ち歩いている人もいました。

うーん、それだけデータが広まってるのなら、
誰かがうpしててもおかしくないと思うが、
そんなことは一度もなかったぞ?


468 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 03:28:58 ID:F8uliODp
春はあけぼの。

469 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 03:29:34 ID:F8uliODp
そろそろ、オープン戦が楽しみだね。

470 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 03:31:01 ID:F8uliODp
春季キャンプは結構楽天の話題も多いけど、清原オリックスか?オリックスは
ノリもきて結構紙面に出てホクホク顔。

471 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 03:40:22 ID:gH4q0IQ+
ゲヒュ!今だ!肉棒ぶち込めぇ!

472 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 03:57:39 ID:WnOhXJt2
>>471
またアンチの誤爆ですかw

473 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 04:06:07 ID:QTHrcwBN


474 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 06:48:02 ID:MUzXJwr3
>>404-408

そういえば、もう1年くらい前かな、シンパによる組織的っぽい
「M晴不倫はなかった」のえらそうな決め付け発言、
ごり押しカキコ工作が矢鱈に目に付きました。
>>404-408 を読むと、その理由がよくわかります。

「高森会」は世襲してますます腐っていくんでしょう。
善鸞義別や法のために情を捨てよとを説法で話す会長は「口だけ」の俗人
に過ぎないってことが、いよいよよくわかったでしょう。

こんな俗人を親鸞聖人以上とか生き仏扱いするのは大間違いです。

会員さんたち、自分の誤りを素直に認めて人生を変えるのはつらいだろうけど、
自己欺瞞状態はもっと精神衛生的に悪いよ。

「人間(じんかん)到(いた)る処(ところ)青山あり」
s会に押し付けられた世界だけでなく、たまには視野を弘め外の世界ものぞいて
みたらいかがでしょうか?何か新しい発見があるかもしれません。

475 名前: どこが根拠なんだよ 2006/02/25(土) 08:15:50 ID:EEPj4N6M
>無程御影堂たちて、また本堂とてなくては如何とて、
やがて阿弥陀堂も立ましましけり。三間四面
に、四方は小縁、東方の前には六尺の縁也。
向はさましやうししとみのことくに常に諸堂のことし。左右の脇は
唐さま、これ又諸堂のことし。さまにほり物ありけり名失念。
木像本尊安阿作如今。左方北太子絵像讃如常蓮如
御筆、六高僧御影。右南法然聖人一尊御影讃如常蓮如御筆。
両方共に三具足燈台あり。御命日はかり灯明まいる
。御影堂上檀三間四面、中は開山聖人、左方北前住蓮如上人御影、
脇板に蓮祐禅尼香炉斗、卓以下当時如。右南
押板代々御影一幅如信以下存如迄、卓三具足燈台以下当時のことし。



根拠となるかならないかは置いておいて、
蓮如上人のお文の「据え置く」という表現も加えて、
普通に読めば山科本願寺の本尊は最初から木像であったと見るのが適当でしょう。
240 :名無しさん@3周年:2006/02/21(火) 22:46:15 ID:LonVr4tQ
疑問なのは、こうした文章を出しても、普通に読めない人の存在です。
特に「実如の御時」という一文を出してきて、
「ほら、建立当初と違うじゃないか」と言わんばかりで、
だから木像本尊論は根拠がないなどと、だれも言っていない「木像本尊論」
なるものを持ち出してきて、アンチはデタラメだと言っていた方は、
何を思い、何を考えているのでしょうか。


『根拠となるかならないかは置いておいて、 』なんでおいておくの?



476 名前: 逃がさない 2006/02/25(土) 08:16:52 ID:EEPj4N6M
木像本尊の根拠はない。


287 :どこを普通に読むの?:2006/02/22(水) 13:08:15 ID:yO2Vpq6K
>普通に読めば山科本願寺の本尊は最初から木像であったと見るのが適当でしょう。

>無程御影堂たちて、また本堂とてなくては如何とて、
やがて阿弥陀堂も立ましましけり。三間四面
に、四方は小縁、東方の前には六尺の縁也。
向はさましやうししとみのことくに常に諸堂のことし。左右の脇は
唐さま、これ又諸堂のことし。さまにほり物ありけり名失念。
木像本尊安阿作如今。左方北太子絵像讃如常蓮如
御筆、六高僧御影。右南法然聖人一尊御影讃如常蓮如御筆。
両方共に三具足燈台あり。御命日はかり灯明まいる
。御影堂上檀三間四面、中は開山聖人、左方北前住蓮如上人御影、
脇板に蓮祐禅尼香炉斗、卓以下当時如。右南
押板代々御影一幅如信以下存如迄、卓三具足燈台以下当時のことし。


どこを普通に読むと「建立当初」になるの?


477 名前: 安心と関係ない本尊? 2006/02/25(土) 08:19:05 ID:EEPj4N6M
本尊聖教は衆生済度の方便、というのは
本尊と教義安心とは関係ないということか?



478 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 09:46:12 ID:wORWX2Ar
ゲヒュ!今だ!肉棒ぶち込めぇ!

436 名前:名無しさん@3周年 投稿日:2006/02/11(土) 22:40:21 ID:fiQPDLYm
その一連の出来事、詳細おながいしまーす

437 名前:436 投稿日:2006/02/11(土) 22:41:45 ID:fiQPDLYm
すみません、会長の「M晴いじめないでくれ」事件の詳細を、です

479 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 10:06:34 ID:x1oAIaBm
>>476
普通に読めば建立当初ですね。
問題なのは、「普通に読めない人たち」ですわ。

>>459
その根拠は?

あと、刑像本尊の根拠を問題にしているんじゃありませんよ。
「親鸞聖人が木像絵像を廃して名号にせよと仰った」
根拠を問題にしているんでしょ。

これについての回答をいつまでも出せないのはなぜですか?

>>474
>「高森会」は世襲してますます腐っていくんでしょう。
>善鸞義別や法のために情を捨てよとを説法で話す会長は「口だけ」の俗人
>に過ぎないってことが、いよいよよくわかったでしょう。

その通りですね。

普通に見れば会長は「人集めと金あつめ大好きな俗人、盗作しまくりのパクリ王」です。
会長を普通に見て下さい。

480 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 10:20:46 ID:CJnEe+DO
そのとき、私は、巧妙にクソをつかまされたのだと悟った。工作員はいる。

481 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 12:08:15 ID:brX6FXPM
>>477
>本尊聖教は衆生済度の方便、というのは
>本尊と教義安心とは関係ないということか?

>>301-302 >>353の問いをした者の意見(また、「アンチ」なんて、色んな意見の
あるが、s会には、批判的または懐疑的という一点では、共通性がある方々を、
十把一絡げにしないでね)ですが、「関係ない」ということはないでしょう。

礼拝(の対象としての本尊)などの問題は、「起行作業」の問題ですから、同じ
『改邪鈔』に
「それ浄土の一門について光明寺の和尚(善導)の御釈(礼讃)をうかがふに、安心・起行・作業の三つありとみえたり。そのうち起行・作業の篇をばなほ方便の方とさしおいて、往生浄土の正因は安心をもつて定得すべきよしを釈成せらるる条、顕然なり。
しかるにわが大師聖人、このゆゑをもつて他力の安心をさきとしまします。それについて三経の安心あり。そのなかに『大経』をもつて真実とせらる。『大経』のなかには第十八の願をもつて本とす。十八の願にとりては、また願成就をもつて至極とす。」

と言われてますように、(御恩報謝の)「起行作業」の「行儀門」の問題であって、真宗教義の至極である「(他力の)安心門」の問題ではないと思います。
ただ、「起行作業」の段において、何もなければ、行儀もありませんから、形ある物体としての礼拝対象本尊が求められるから、「方便」であり、「関係はある」のは、当然です。ただ、その所信の体(御名号)を表す「物体」の有無や、「形状」が、「安心」
至極の問題ではないだけです(別に、H願寺などの本山から、下附してもらったり、s会からレンタル(w)することとかが、「安心」の条件でも、「足し」でも、「証し」でもありません。その人のご縁次第で別になくてもよい。) 

482 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 12:20:07 ID:ptA855X/
F松さん、I崎さんが亡くなってからS会は暴走し始めた。
社会知らんやつら(元暴走族のやつとか)が運営し始めてどうにもならんようになった。


483 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 12:53:26 ID:OkVUa5Nw
今はまだ財務局長さんがいるから、多少は安心できる。

財務局長さんが亡くなられたら絶望的でしょうね…

484 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 14:41:58 ID:mdRi6PXP
なぜやめぬ
荒らしカキコで
逆効果

485 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 16:21:02 ID:3I3FNxJg
私も浮気や不倫を考えたけどやっぱ無理でした。結婚した
以上どんな理由でもそういう事は裏切りになっちゃうしね、
私が望むのはそれじゃないからね、
だからこの事は自分の中だけにして話し合ってみようと思います。

チラシの裏みたいな書き込みゴメン。

486 名前: 元々ぼら夫 2006/02/25(土) 16:35:09 ID:5ILqKgs0
乙〜☆
ご法事帰り也〜。今日夜時間あるさかい、例の「山科御坊事」について、現代語訳までは
携帯だとむつかしいかもやけど、解説くらいしよっか?荘厳の専門用語もあるから、
読みにくいやろ?s会の方々のご懸念もまとめてみて、彼の顕正新聞の記事をい〜かげん
総括しよや☆こんなんグズグズいつまでやっててもしゃ〜ないやん。先進も。
(^-^)/マタのちほど〜


487 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 17:04:52 ID:FtTQDHPd
>>486
ぼら夫さん、いつも乙です。
期待しておりますのでよろしく御願いします。

あくまでも、「親鸞聖人が木像絵像を廃して名号にせよと仰った」
とする顕正新聞の記事が何を根拠としているか、が発端だとおもいますが。

488 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 17:22:05 ID:WnOhXJt2
  ☆ チン

        ☆ チン  〃  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ ___\(\・∀・)<  不倫の物証のうpまだー?
             \_/⊂ ⊂_)_ \_______
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
        |  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:| :|
        |           .|/


489 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 17:25:10 ID:lZhMhvsm
>>479

>あと、刑像本尊の根拠を問題にしているんじゃありませんよ。
>「親鸞聖人が木像絵像を廃して名号にせよと仰った」
>根拠を問題にしているんでしょ。

>これについての回答をいつまでも出せないのはなぜですか?

回答って、横レスですが、
「親鸞聖人が木像絵像を廃して名号にせよと仰った」
 というのは、
「親鸞聖人は、わたしたちが救われるいわれは、名号であると仰った」
という文脈だとおもうのだが。

けんしょう新聞の該当記事って、読んでみたけど、
わざわざ、礼拝対象としてのことを書いたとも思えんのだが



490 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 17:27:44 ID:lZhMhvsm
所信の体についての、話なんだけどなぁ



491 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 17:30:25 ID:lZhMhvsm
 浄土真宗の教義安心の至極である願成就文には、

「聞其名号信心歓喜乃至一念」

と教えられ、所信の体は名号であることが、明らかになっております。

 勿論、所信の体以外に御本尊はありえませんから、かかる願成就文の教義安心から、親鸞聖人は名号ばかりを御本尊とせられたのであります。

 しかも、願成就文を教義安心の至極とせられたのは、親鸞聖人のみの達見でありましたから、名号を本尊とせられたのは、親鸞聖人が最初であったのです。

http://shinrankai.sytes.net/dotiragauso.htm

に書いてあるところが、なんかおかしいんかな?


492 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 18:01:32 ID:hIB36WS4
>>302
>「『所信の体を表す礼拝対象としての本尊の有無や形』は、
『教義安心のうえの問題』では なくて、

>>481
>形ある物体としての礼拝対象本尊が求められるから、
「方便」であり、「関係はある」のは、当然です。

「本尊は教義安心上の問題ではない。」というのは何をいいたかったのかな?
教義安心と関係あるなら随分と重要なことでありましょうに。

>私は、「礼拝対象としての本尊の有無や形態(形式)」などと
いう「儀礼的な問題」は、親鸞聖人の教義のうえで本質的な問題とはならない「枝葉末節の問題」
だと考えています。

方便であるから枝葉末節というのかな?重要ではない、と言いたいのだろうか。
方便なしに真実に入れるひととは誰ですか?
祖師は直入ではないと仰る方は、どなたが直入した方だと思っているのか
明らかにしていただきたいところですな。
直入する前に自力に執してないひととはどんなひとですか?

493 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 18:02:52 ID:mlsfgEr+
>>404-408
おいおい、これ出鱈目だったら完全な名誉毀損だよな・・・
平成14年っていったら俺もバリバリの幹部だったけど不倫疑惑なんて
聞いたこともないし、まして写真や動画なんて見たことないぞ?
千歩も万歩もゆずって本当だとしても書き方が低俗週刊誌のように
悪意に満ちている。
これ書いた奴はもう仏法を論ずる以前に人間のクズだよ。
もちろんこんな糞文章に同意してる連中もね。
いくら匿名掲示板でもこりゃあひどすぎるんじゃないか?

494 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 18:03:02 ID:Cqh84T9V
>>491
だから、聞其名号は、仏願の生起本末を聞くことと宗祖が解説してるじゃん。
名は体をあらわすって昔から言って、
名前がすばらしいのは、阿弥陀仏の願う心がすばらしいからでしょ。
名号をほめるのは、すなわち阿弥陀仏の心をほめてるのと同意。
だから、名号という字面、とりわけ南無阿弥陀仏だけに
こだわるのが、疑問なんだよね。

495 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 18:04:11 ID:YjEKteur
 浄土真宗の教義安心の至極である願成就文には、

「聞其名号信心歓喜乃至一念」

と教えられ、所信の体は名号、すなわち文字であることが、明らかになっております。

 勿論、所信の体以外に御本尊はありえませんから、かかる願成就文の教義安心から、親鸞聖人は文字ばかりを御本尊とせられたのであります。

 しかも、願成就文を教義安心の至極とせられたのは、親鸞聖人のみの達見でありましたから、文字を本尊とせられたのは、親鸞聖人が最初であったのです。

また、蓮如上人も

「木像よりは絵像、絵像よりは文字がよい」

と仰っています。


496 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 18:09:23 ID:+GdvsEZM
≫482
 I崎さん亡くなられてたんですか。F松本部長とI崎総務局長の弁論大会の
 総評が懐かしい。ボケをかますF松さん。顔を傾けて朴訥としゃべるI崎さん。
 味があってよかったなあ。

497 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 18:10:01 ID:Cqh84T9V
だから、名号を単なる字面にまで価値を堕とす危険性を感じるんだよ。
真宗の教義が信心はなくても、念仏さえ称えれば助かるという教義なら
それでもいいと思うんだよ。それこそ称えてる本人が意味を知らなくても
助かるんだから、字面の力で救われると見れるから。
でもそうじゃないんだからさ、名号を称えるという言葉の意味はさ。


498 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 18:49:05 ID:t0cvck7f
>>493
>>404-408を注意深く見ると巧妙に会への批判を除いた文章になっている。
本当の事に少しのウソを混ぜて相手に渡すと劇薬になると知りました。

499 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 18:53:29 ID:YjEKteur
  ☆ チン

        ☆ チン  〃  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ ___\(\・∀・)<  不倫の物証のうpまだー?
             \_/⊂ ⊂_)_ \_______
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
        |  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:| :|
        |           .|/

500 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 19:04:15 ID:2XXfJG2p
>>496
大先輩の方ですか?
私はF松本部長(晩年は最高顧問)の味のある総評は知ってますが、
I崎総務局長のほうは知りません。
どんな感じだったのですか?・・・と聞きたいところですが、
文章では表現不可能でしょうね。


501 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 19:35:10 ID:FtTQDHPd
>>500
かつて会の財務などを扱っておられた最高幹部のお一人です。
朴訥で口数が少なく、「律儀」という語を体現されたようなかたです。
背は余り高くなかった。F松さん長身だったし。
会長に非常に信頼され重用されたようです。
有能で誠実な社会人というイメージだったK下部さんは、いまも最高幹部なの
ではないのでしょうか?

502 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 20:39:18 ID:MAuqJOOl
>>493
>>404-408
>おいおい、これ出鱈目だったら完全な名誉毀損だよな・・・
>平成14年っていったら俺もバリバリの幹部だったけど不倫疑惑なんて聞いたこともないし、
>まして写真や動画なんて見たことないぞ?
>千歩も万歩もゆずって本当だとしても書き方が低俗週刊誌のように悪意に満ちている。
>これ書いた奴はもう仏法を論ずる以前に人間のクズだよ。
>もちろんこんな糞文章に同意してる連中もね。いくら匿名掲示板でもこりゃあひどすぎるんじゃないか?

なんか、会員らしき人たちが必死でデタラメ説を主張しているけど、
嘘だと思うのなら、ここに書かれている、I場支部長とか、W部弘宣部長とか、それらの人に
真偽を確認したら、いいんじゃないの?明日、教学講義であうんでしょ。一番早いよ。
講師たちが、なんて答えるか楽しみ♪

この内容が嘘だというのなら、名誉毀損で訴えればいいしね。
親鸞会って、訴えるの得意そうだし(笑)

あと、どこが悪意に満ちているか、具体的に教えてほしい。
私には、かなり押さえて書いているように感じるのだが・・・。

503 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 20:44:19 ID:MAuqJOOl
>>493
>>404-408
>おいおい、これ出鱈目だったら完全な名誉毀損だよな・・・
>平成14年っていったら俺もバリバリの幹部だったけど不倫疑惑なんて聞いたこともないし、
>まして写真や動画なんて見たことないぞ?

バリバリの幹部って、どんな立場?


>千歩も万歩もゆずって本当だとしても書き方が低俗週刊誌のように悪意に満ちている。

いつも強気な親鸞会会員が、「本当だとしても」という言い方をしているところに、
M晴不倫が事実であったことを隠しきれない悲しさを感じる。


>これ書いた奴はもう仏法を論ずる以前に人間のクズだよ。
>もちろんこんな糞文章に同意してる連中もね。いくら匿名掲示板でもこりゃあひどすぎるんじゃないか?

人格攻撃と匿名掲示板への非難、がんばって下さいね。


504 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 20:49:13 ID:LNgFVnxN
北陸自動車道を逆走 砺波出身の専門学校生 トラックと衝突し死亡
http://www.toyama.hokkoku.co.jp/_today/T20060225002.htm

またやったんじゃないだろうな



505 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 20:49:59 ID:YjEKteur
>>504
またって何がだよw

506 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 22:00:15 ID:X3GHjMpT
>>492
>>481
>>形ある物体としての礼拝対象本尊が求められるから、
>>「方便」であり、「関係はある」のは、当然です。

>「本尊は教義安心上の問題ではない。」というのは何をいいたかったのかな?
>教義安心と関係あるなら随分と重要なことでありましょうに。

だから、>>481 には、その前に、
>>と言われてますように、(御恩報謝の)「起行作業」の「行儀門」の問題であって、真宗教義の至極である「(他力の)安心門」の問題ではないと思います。
>>ただ、「起行作業」の段において、何もなければ、行儀もありませんから、と書いたように、「行儀門」、(特に真宗系の教団組織としては)の儀礼の問題
としては、教義安心と関係はあると言ってるんですが。
真宗の教義安心を表現する為の儀礼だから、「関係ある」のは当然でしょう。

ですが、何度も繰り返しますが、真宗安心の至極は、「聞其名号」(仏願の生起本末をお聞かせいただく)であり、「礼拝」などは、「称名報恩」に自然に付随
する「付録」ですから、「所信の体」を表現した「礼拝対象としての本尊」という「物体」の有無や形は、「枝葉末節」の問題だと言ってるのです。
そんな儀礼的な礼拝とか、その対象の存在や形が真宗の教義安心上の重要な問題
なら、親鸞聖人が、それについて、著書で詳細に論述されてるはずです。

他の方へのレスですが、>>494氏のレスは、わかりやすいと思います。参考にしていただきたいですね。

>祖師は直入ではないと仰る方は、どなたが直入した方だと思っているのか
>明らかにしていただきたいところですな。
>直入する前に自力に執してないひととはどんなひとですか?

往生の大事は、「ひとりひとりのしのぎ」ですから、「どなたが」なんて問題じゃないでしょう。
「直入の機」でも、「専心に直入」する前は、「自力疑情」があるのは当然です。ていうか、「疑情」は、元品の無明ですから、他力回向信をいただいてない一切衆生
にあるでしょう。信前に「疑情」があるのと、仏教の自力権仮門(漸教)に、入門して修行しているのとは、別のことですよ。

507 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 22:22:27 ID:EaJwN1Ru
>>505
あれ、以前仙人行使がSAの入り口を出口と勘違いして入ってきた車と
正面衝突したのを知らないのか?

508 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 22:26:29 ID:YjEKteur
>>507
いや、文意がさっぱり分かんないんだけど・・・

509 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 22:40:13 ID:MAuqJOOl
>>499
YjEKteurさんは、M晴不倫疑惑の写真や動画などなかったと言いたいの?
I場支部長たちは、そんな現場の写真などとっていない、と言いたいのかい?

510 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 22:45:31 ID:SMleQYne
家に籠ってネットを見るだけで、世の中の真実が見えるとか洗脳が解けるとか言ってる奴哀れ

ネットの情報なら全て鵜呑みできる奴はある意味羨しいけど

511 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 22:46:49 ID:sY4ZZI6l
専任講師逆走事件もなかったことにしたいらしいw

512 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 22:48:58 ID:x1oAIaBm
>>493
>>404-408

>これ書いた奴はもう仏法を論ずる以前に人間のクズだよ。
>もちろんこんな糞文章に同意してる連中もね。いくら匿名掲示板でもこりゃあひどすぎるんじゃないか?

私は >>404-408 を書いた人間ではありませんが、この合宿に参加したものです。
大変必死になって否定しておられる所が、返って真実味を誘うと仰る方もあるでしょうが、
M晴さんの不倫疑惑とこの合宿、残念ながら全て事実です。
私はこの目で見てきましたから。
嘘だと思うなら、当時関東で幹部だった青年層の会員に聞いてみたら良いでしょう。
もちろん、W部さん等に聞かれるのも良いかも知れませんが、
当時と同じように「あんなものデタラメだ」と仰るのかも知れませんね。

補足ですが…富山のある部門ではW部さんの破廉恥行為は有名でした。
実際にあれで弘宣部長をおろされていますし。噂はかなり広まっていました。
ですから、「あんなもの全てデタラメだけど」と彼がいったときに、
(叫んだというより、ぼそっと言ったように思います)
他の人達がみんな涙を流して自分の罪を告白していた中、
なんとも微妙な雰囲気になったことはよく覚えています。

結局、自分の罪を認めなかった人は、M晴さんとW部さんだけでしたね。
もっとも、私達の知らないところでM晴さんはだいぶ反省されたのではないかと、
私は思っています。

そんなもの、匿名掲示板でなら何とでも言える、と反論するのも結構ですが、
そうした反論が出るたびに、相変わらずこの会は自浄能力が無いんだな、
と思うだけです。知っている人は知っていることですからね。
因果の道理は狂いありませんよ。
M晴さんが会長になったときに種まきの結果が現れる、それだけです。

513 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 22:52:08 ID:YjEKteur

・・・つべこべ言ってないで、
物証とやらの一つや二つくらいうpしてみたらどう?


514 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 22:54:23 ID:YjEKteur
ふむ・・・まあ私の中では飛田といえば、くりぃむレモンのお兄tグァ!!何おする!?

515 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 22:57:13 ID:YjEKteur
誤爆シチャッタ・・・orz

516 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 23:01:25 ID:UMITyDtf
またか

517 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 23:06:30 ID:sY4ZZI6l
>>515何かと思ってググっちまったよ。キモ

518 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 23:08:04 ID:yVUE3q2Y
ゲヒュ!今だ!肉棒ぶち込めぇ!

519 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 23:10:59 ID:FtTQDHPd
>>510

>>1嫁。

520 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 23:13:34 ID:FtTQDHPd
しかし、シンパはよほど動揺してるんですねwww

521 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 23:14:39 ID:MAuqJOOl
>>513
>・・・つべこべ言ってないで、
>物証とやらの一つや二つくらいうpしてみたらどう?

まあ、お気持ちは分かりますが・・・。

メールで写真や動画をやり取りしあった人たちは、あの合宿で、全員、前に出てさらし者になりましたから、
合宿後、すべてそれらの映像は削除しましたよ。(それでも持っていたら、かなりの強者だけど)

当時、撮影に関わった関東の会員たちは、涙を流して懺悔したI場支部長が地元に帰って一人ひとり、説得しました。
その説得におおじて、今は殊勝に会員を続けている人もあれば、あの事件をきっかけに、親鸞会を辞めた人もいます。

大体、あの合宿でT場支部長は、
「あれは、どうやって撮影した?」「一人じゃあんなこと出来ないだろ?誰とやったのか、言え!!」と
前でさらしものになって、吐かされましたよ。見ていてほんと、悲惨でした。

あの写真や動画が偽物なら、そんな必死に追求をやるでしょうか?
W部弘宣部長たちも、「今こそ、批判分子を暴いてやる!」といった感じで、それはもう必死でした。
まあ、それでも嘘だと信じたいなら、I場支部長や関東の青年部員に聞いて見て下さい。

まあ、あなたの予想を裏切る答えが返ってくるでしょうが、
もしかしたら、「あの写真は全部ニセモノだ!」とか言ってくれるかもしれませんよ。
それでも聞いて、安心したらいかがでしょうか?

522 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 23:40:03 ID:5HaXcPPM
>>521
なるほど、その偽物写真をバラ撒いて会を辞めさせられた連中が
今アンチとなってここで暴れてるということかな?
M晴さんやW部さんにどんな個人的な恨みがあるのか知らないけど
ネットで吠えることしか出来ない奴等って哀れ・・・
まあこれ見てる物好きな会員なんて私とあと少数だろうから
あなた方が騒いでもほとんど影響無いだろうけどね(笑)

523 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/25(土) 23:46:48 ID:YjEKteur
あぁ、偽造だってすぐにバレる分かってるから
うpできないわけだ、なるほど。

524 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 00:02:34 ID:+N/X8XOJ
>>522
>なるほど、その偽物写真をバラ撒いて会を辞めさせられた連中が
>今アンチとなってここで暴れてるということかな?
>M晴さんやW部さんにどんな個人的な恨みがあるのか知らないけど
>ネットで吠えることしか出来ない奴等って哀れ・・・
>まあこれ見てる物好きな会員なんて私とあと少数だろうから
>あなた方が騒いでもほとんど影響無いだろうけどね(笑)

そうですね、こんな暴露程度で、大親鸞会は微動だにもしないでしょうね。
弥陀の調熟の光明でマインドコントロールされているのですから(笑)

もしかして、あなたW部さんですか?
夜遅くまで、書き込みごくろうさまです。

明日は居眠り聴聞しないようにね。


>>523
>あぁ、偽造だってすぐにバレる分かってるから
>うpできないわけだ、なるほど。

YjEKteurさんって、>>514みたいな誤爆しちゃってるけど、もしかして会員さんですか?(笑)

>>514
>ふむ・・・まあ私の中では飛田といえば、くりぃむレモンのお兄tグァ!!何おする!?


525 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 00:04:34 ID:xiCN1xMt
くりいむレモンでぐぐると、えらく古いアニメみたいだな
YjEKteurは三十代以上かな

526 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 00:05:03 ID:YjEKteur
退会者ですが何か?

527 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 00:11:55 ID:gAv4Mbno
なるほど、T場支部長ほか講師がなんでああまでされて辞めないのかと
おもえば、暴露された合宿自体が洗脳行為と同じで
ああいう異様な雰囲気と長時間にわたる恫喝行為によって
嘘勧誘のマイコンなど生半可ともいえるレベルで洗脳されちゃったんだね。

528 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 00:11:53 ID:+N/X8XOJ
>>526
>退会者ですが何か?

YjEKteurはいつ頃、退会したの?何年くらい在籍してたの?


>>514
>ふむ・・・まあ私の中では飛田といえば、くりぃむレモンのお兄tグァ!!何おする!?

あと、これって、何がいいたかったの?
おしえて、おしえて〜。

529 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 00:12:02 ID:c2PIM4Pb
>>526
さすがカメレオンアーミー親鸞会。

530 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 00:12:03 ID:cV0iv4IM
俺は例の不倫疑惑で会にいた友人と一緒に辞めたんだけど、
何か証拠も曖昧みたいだから、最近は戻ってもいいかな、って思ってる。


531 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 00:12:57 ID:cV0iv4IM
あ、YjEKteurじゃないよ。

532 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 00:15:45 ID:7DfBtnZ1
>>512
>>521-523は気にしない方がいいです。
あなたが体験を偽っているようにはぜんぜん聞こえないし、
会員でもあなたの言葉を信用する人だって少なくないと思います。
また、これから親鸞会と関係をもつかもしれない人にとっては
アドバイスになっただろうともおもいます。

こういう自然な声がもっと表に出てくれば
親鸞会という組織をもっと冷静に見られるのですが
現在はそれを真っ向から否定するような空気があって
そのことがたいへん残念ですね。


533 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 00:22:39 ID:+N/X8XOJ
>>532

>>512
>>521-523は気にしない方がいいです。
>あなたが体験を偽っているようにはぜんぜん聞こえないし、
>会員でもあなたの言葉を信用する人だって少なくないと思います。
>また、これから親鸞会と関係をもつかもしれない人にとっては
>アドバイスになっただろうともおもいます。
>
>こういう自然な声がもっと表に出てくれば
>親鸞会という組織をもっと冷静に見られるのですが
>現在はそれを真っ向から否定するような空気があって
>そのことがたいへん残念ですね。

というか、M晴さんがこのまま次期会長になったら、会長としての重圧にきっと
耐えられないと思う。また、そうならないとおかしいような気がする・・・。
次期会長に君臨して、ふんぞりかえっていたら、ほんとに親鸞会は終わりだと思う。

そういう意味では、高森会長はある意味、立派だと思う。
やはり、本当に真宗改革したいとは思っているのかな?

534 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 00:27:53 ID:gAv4Mbno
>>533
>そういう意味では、高森会長はある意味、立派だと思う。
>やはり、本当に真宗改革したいとは思っているのかな?

どこが?そのM晴を必死になってかばってるのが会長なのに。

535 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 00:33:30 ID:+N/X8XOJ
>>534
>>そういう意味では、高森会長はある意味、立派だと思う。
>>やはり、本当に真宗改革したいとは思っているのかな?

>どこが?そのM晴を必死になってかばってるのが会長なのに。

いや、それはもちろんそうだけど。

なんというか、M晴ほど不倫問題とか、親鸞聖人のお言葉を全然話ししない座談会とか、
俗っぽい部分が比較的少なくて、宗教者のカケラくらいはあるかなぁ…と。

というか、M晴がひどすぎるだけか。

536 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 00:58:32 ID:MhDrbdEn
出来の悪い息子を次期会長にしようとしてる辺り、俗人以外の何者でもないだろ。
本当に会員の後生を心配していたら、他から適任な者を見いだしてトップに据えるはず。
要するに北朝鮮と同じで、民はトップの餌って事だ。

537 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 00:58:54 ID:S+MN8Mn0
そういえば、くりぃむレモンって漫画家のO田君が好きだったような・・・

538 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 01:42:29 ID:MZwjYBpH
聞法精進

539 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 01:43:30 ID:MZwjYBpH
三願転入のみ教えを聞かせて頂きましょう。阿弥陀仏の本願によらねば
私たちは誰一人として助からないのですから。

540 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 01:44:22 ID:MZwjYBpH
親鸞聖人のみ教えをそのまま教えて下される方から聞かせて頂かねば
なりませんよ。

541 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 02:22:49 ID:mcWTVsyx
親鸞会は高森会

542 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 02:40:40 ID:c2PIM4Pb
/pkr1.html
伊藤康善氏の記述をそのまま、
自分の著作であるが如くにパクるT森会長乙であります。

543 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 05:01:05 ID:MhDrbdEn
要するに、元ネタは全部他人の寄せ集め。
他人の寄せ集めの処は秀逸だが、それ以外は駄作なのが高森の本。

544 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 05:48:57 ID:PG8dR5/z
カルトの勧誘方法
みたいな本を図書館でパラパラめくってみたけど
この会のコトを言ってるようなものだった。

まず最初にいきなり
「偽サークル」
でさらに自分の縄張りに連れ込む
「場所替え戦法」
などなど。あげたらキリがない。

あと積極的に勧誘をするのは
信者の数を増やす目的はもちろんのこと
勧誘する方もそれが成功すると達成感を覚えて
会に執着するようになるっていうのもあったな。

545 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 06:08:04 ID:+SIsMrtJ
>>530-1

530 :名無しさん@3周年:2006/02/26(日) 00:12:03 ID:cV0iv4IM
俺は例の不倫疑惑で会にいた友人と一緒に辞めたんだけど、
何か証拠も曖昧みたいだから、最近は戻ってもいいかな、って思ってる。

531 :名無しさん@3周年:2006/02/26(日) 00:12:57 ID:cV0iv4IM
あ、YjEKteurじゃないよ。

所詮は会員の発想なんだよな〜
おまえ、工作員向いてないよ、頭弱いようだから。
そもそも「M晴不倫疑惑の証拠がないようだから」という理由くらいで
一度やめた会に戻ろうなんて奴なんているわけないじゃん。
少しでも想像力働かせてみな、って無理か。


546 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 06:42:45 ID:+SIsMrtJ
>>524
>>ネットで吠えることしか出来ない奴等って哀れ・・・

こういう言い方は哀愁を誘う。
ネットの力を過小評価しかできない時代錯誤のひとなんだな、
と思う。

いずれこういう現実認識に乏しい人も、遠くない将来に骨髄まで
無知を思い知らされる日がくるんだろうけどね。

547 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 07:47:08 ID:JvekaI0z
>>546

ネットの力を過少評価もしないけど、「あちら側」が、「こちら側」に影響を
多大に及ぼすにはまだ少し時間かかるだろうね。

ネットエイジは20代前半の人までだからね。それ以上の世代および
仕事で忙しい社会人は、「ネット?」忙しくっても見てるひまないよって
感じだろうな


548 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 07:52:29 ID:JvekaI0z
ファミコン世代なんだが、ファミコンが出たときの子供と大人の
認識くらい、あるいはそれ以上違うもんだよ。

2ちゃんねるの板をよく見ている人の世界観と、ネット見ない人の
世界観はずいぶんちがうよ。

たしかに「あちら側」はどんどん大きくなってきているんだけど、
その変化がリアルな世界に実際の力となって影響を及ぼすには
もう一世代、社会が変わらないとなぁ

とりあえず、今は思った以上の影響がないってのがネットの力の現状だよ


549 名前: 元々ぼら夫 2006/02/26(日) 08:35:44 ID:M1xr1eeR
>>487
誠に申し訳ありませぬ〜。家についたら疲れて寝てしまいました。
さて『山科御坊事』の(1)でつが、科段にわけるとしたら、
@実悟さんがこれを書こうとした理由、に始まり、A現在の山科御坊跡地の状態、
B往時の山科御坊の阿弥陀堂並びに御影堂の荘厳。とゆ〜ふ〜な構成と言えるでしょう。
詳細については、また、お参りから帰ったらカキコしまつ。ではでは行ってきま〜す。
m(_ _)m


550 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 08:50:23 ID:cdqczYtr
>>546
ネットエイジは20代前半の人までだからね

これから世間で活躍して本会を支えるかもしれない世代では?

551 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 08:59:20 ID:cdqczYtr
>>546
それ以上の世代および仕事で忙しい社会人は、
「ネット?」忙しくっても見てるひまないよって感じだろうな

それより上の世代は見てないから影響も少ないでしょうが・・・。


552 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 10:27:58 ID:oMSchmAN
>>551
たとえネットを見ている人が少なくても、
この場所のこうして文章として残ったというのは大変な意味があると思います。
(特に、暴露文章の後のシンパのヒステリックな対応なども一緒に残ったことは、
 今後親鸞会を研究する人にとっては貴重な資料になるでしょう。)

あんな強制洗脳紛いの合宿が行われたことを、
試みている心ある会員、ネト対策員などは心を締めて読んでおいて下さい。
あなた方が必死に養護している団体の実情なんてこんなもんです。
今更人生の方向転換も大変だけど、
少し今後のことを考えてみても良いかもね。

高森会長とM晴さんにだまされてんだよ、あんたら。
どの宗教団体だって、教祖の悪い面は徹底的に隠し、
良い面だけに光を当てるに決まっている。
パクリ王の会長に従うのは、もうやめな。
一度しかない人生だよ。

553 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 12:18:59 ID:nsASXdry
W部さんに聞きましたが、デタラメだそうです。
安心しました。

554 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 12:29:16 ID:+SIsMrtJ
>>553
>W部さんに聞きましたが、デタラメだそうです。

そりゃあ、面とむかって「W部さん本当に破廉恥行為したんですか?」
ときいたらそう答えるのが当然だ罠。
合宿でさえしらをきったような人だ、ごく当たり前の返答じゃまいか?
ま、君がそれで安心できるのなら結構なことじゃまいか?

555 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 12:40:54 ID:+SIsMrtJ
>>512の親M晴派の登場人物で反省ゼロなのは結局W部1人だけということか。
>>553にしたってW部本人の自作自演かもしれないしね。

556 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 16:52:43 ID:nsASXdry
W部さんは求道に敗れた敗残者が、
自分を正当化するためにスキャンダルをでっち上げているだけだと言っていました。

私も同感です。

557 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 17:01:19 ID:c2PIM4Pb
>>556
いや、W部さんのスキャンダルの有無と退会者の正当化の可否は別の問題だろ。

558 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 17:19:29 ID:ZmLu2C7E
>>552
文章として書かれる。ことは思った以上に意味があるというのには同意。

>高森会長とM晴さんにだまされてんだよ、あんたら。

除名を言い渡されてなお残った、IMKなどの講師の一番の誤算は
会長のことはまだ信じていたということだろう。
ここまでM晴の罪状があがればいくらなんでも会長も何とかしてくれるだろう
と思っていた矢先、実は会長も同類だったわけだからなあ。
そこで事態に気付けばいいんだが、
信じていたがゆえにに自分たちが悪かったと思い込まされるハメになったわけで、
たぶんその講師たちはもうずっと大人しいだろう。かなり強烈な洗脳になったことと思う。

559 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 18:09:25 ID:vVLuYUlR
「なぜ生きる」とか「光に向かって100の花束」って、
会員がまとめ買いした分を除いて、実質どれくらい売れたんだろう?
確か、ノルマみたいなのがあったと思うけど、
あれからおおよその冊数を計算できないかな。

560 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 18:15:13 ID:0HmXUUri
w部のいう、聞法の敗残者、とは何だろう
聞法に勝ち負けがあるのだろうか?
阿弥陀仏の本願に勝ち負けがあるということか?
その勝ち負けの判定を、W部ごときの人間にできるものなのか?
どうなったら勝ちで、どうなったら負けなのか?
本質的にこの言葉(聞法の敗残者)は教義に反している。
もしこれが自分のやった、情けない破廉恥行為をもみけすため
だとしたら、すべておかしい、まるで稚拙なお遊戯のようだ
有能なネット対策員諸氏よ聞法の敗残者の定義を説明してほしい


561 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 18:24:23 ID:0HmXUUri
S会と蓮如上人時代の違い
1.貧乏人は聞けない
2.高学歴者ばかり、
3.学生と年寄りばかり
4.金のない人は救われない(続けて聞けないから敗残者になる)
5.苦しみ悩む、貧しい人、国、生活困窮者などには布教はしない
(富山まで誘うのが大変、成果にカウントされないから相手にしない)

ネット対策員の皆さん、反論できますか?



562 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 18:32:20 ID:0HmXUUri
仮に、M晴に会長がかわったとして、
このままの組織体制が維持されるとはおもえない
ちなみに、名誉毀損は過去にさかのぼって、時効になるまでは
告訴が可能なので、会長交代後に告訴がおこなわれることも
考えられる。
そのときに、M晴、W部はすべての種を刈り取らねばならない。

563 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 18:37:58 ID:+qpA8DXi
>>560 「聞法の敗残者」と似た言葉を会長自身が使っていた覚えがある
w部一人に罪を着せるのはどうかと思う

564 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 18:41:31 ID:0HmXUUri
宗教に無知な若者に対し、行ってきた暴論の数々。
人の人生を踏みにじり、従わないとなると、敗残者呼ばわりし
切捨て、罵り、集団であざけりわらう。

金を出す人にはぺこぺこし、ご縁の深い人と持ち上げる。
外人と聞くと新聞で狂ったように褒めちぎる。
ところが、そのほとんどの人は、つづかない。
これらの人もみな敗残者なのか?

仮に、毎年1000人が入会するとして、10年いないに10分の1に
なるだろう(いままでの経験からして)ということは、ほとんど
が敗残者。その1000人がするまで10000人以上の人が教えに耳を
一度は傾けたはず。
一体、すべての人がすくわれる教えはどこにいった、と聞きたい。
富山まで月に2,3回いけない人は敗残者か?
高額のザイセができないひとは負け犬か?
行使の言動によりついてゆけなくなった人も敗残者か?


565 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 18:46:40 ID:0HmXUUri
>>563
いわれたのか、いわれていないのか、どういったのかがはっきり
しないことを指摘しても、ネット対策員はごまかすだけでしょう。
そんな風にいわれていない、背景が違う、そういう意味でいわれたのではない
君の聞き間違いだ、などと

件の検証新聞の記事に質問を集中すべきです。
もし教えに反していると認めたら、W部さんには修正、訂正号をだしていただ
きたい。


566 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 19:07:00 ID:0HmXUUri
ガッケン部という、会からお金をもらって勧誘を
おこなう部署ができました。
そのなかに、公務員との兼任がいることが判明しました。
法的に問題がないのか調査中です

567 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 19:20:52 ID:Et+j0rqX
私も会を辞めて、彼らの言うところの「聞法の敗残者」になった訳だけど、もう戻る気なんてないもんね
会の上の方の方が会員を褒める時ってのは、大抵ロボットみたいに操縦出来たか、
お金がいっぱい集まった時と相場が決まってるんだもの

だから、甘い褒め言葉に釣られて人間らしい心や時間、たくさんのお金を失う事のほうが怖いし、
敗残者ってけなされても自分の価値が変わる訳じゃなし、大した事無いって思って今に至ります

568 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 19:49:21 ID:vVLuYUlR
>>566
公務員の副職は原則的に規制されてるけど、
勤務時間外なら問題なかったと思う。

それにしても、ガッケンって紛らわしい名前だな。


569 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 20:15:48 ID:H6dJqIv4
>>556
自分と関係ない他人の不倫や浮気などどうでもいいことで、あまり関心はない
のですが、でっちあげかどうかはお相手さんが一番判っていると思います。


570 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 20:35:57 ID:EE2TegRa
>>568
>公務員の副職は原則的に規制されてるけど、

甘いね。
所属部署長の許可を得ているか否かが大きな分かれ目。
許可を得ていなければ、公務員の副職は違法行為。
勤務時間外でもアウトだよ。

571 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 20:39:22 ID:vVLuYUlR
>>570
ほえー、知らんかった。説明dクス。
ところでその該当者って、何やってる人なの?


572 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 20:47:25 ID:CFTqR0KC
俺個人で言えば、2chにきだして喜怒哀楽の幅が狭くなった。
「しね」とか見ても心が痛まなくなった
熱くなってる人を冷めた目で見るようになった

犯行に走るとかのレベルで悪影響受ける輩は少なくても、俺みたいなヤツは少なくないと思う

些細なようでそれが一番危険な気がする

573 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 21:30:49 ID:Mavl9GF9
>あんな強制洗脳紛いの合宿が行われたこと

M晴はアンタッチャブルな存在で、W部は他の参加者と異なり、求道姿勢を正すための
指摘を受け入れることを拒んでもそれが許されるみたいですね。

この二人を責任者として行われる指摘合宿の存在意義は、どこにあるのでしょうか?

M晴をアンタッチャブルとして行われている指摘合宿で、M晴が責任者として求道姿勢に問題のある
行動をしたとしても、参加した講師は指摘する事は出来ない。
その様な状態で講師がM晴の問題点を訴えるとしたら、やり方の面で脱線行為があったとしても、
執行猶予付の除名処分を受けた講師がとった様な行動しか、選択肢はないだろうね。

574 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 21:39:24 ID:7DfBtnZ1
それ以外に選択肢はないかぽね

575 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 21:41:16 ID:c2PIM4Pb
>>570
その人、所属部署の上司に許可取るときに
「それはどんな活動なのかね?」とか聞かれたら
ちゃんと説明してもらいたいもんだね。
「宗教法人の学生勧誘活動なんですが、それとは分からないように
大学側にも通知せず、身分を偽ったりするなどして大学に侵入して、
新入生相手に勧誘します。こんなマニュアルでやってます」
/data/ikuseihou.pdf

ってね。

576 名前: 元々ぼら夫 2006/02/26(日) 21:42:25 ID:M1xr1eeR
乙〜♪
ところで、s会の上層部の人たちって「大の大人」と呼べるような年齢なの?なんか、
不倫疑惑の話とか見とると、号泣したり叫んだり。まさに茶番劇が繰り広げられてて、
いい大人のくせに精神のコントロールが不安定なんちゃうか?と思ってしまいますわ。
ま、そこにカリスマ的魅力があるんやろw。漏れなんか、普通にイキロ♪って思うてまう、実際。
さて、スレの流れに反してまうが、『山科御坊事』(1)現代語訳(原文と対比できるよう
にしてみますた)カキコさせていただきまする。誤りあれば訂正夜露死苦(永ちゃん風)。
(^-^)/


577 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 21:57:20 ID:CFTqR0KC
もうちょっと掲示板設計に工夫をしてさ
クッキー保存でマイヤフーみたいに
マイ2chとか言うシステム作ってさ
気に入らないワードとか登録したら自動的に透明あぼーんする
機能付けるだけでもだいぶ脊髄反射荒れが減ると思うんだ。
あと精神衛生上もよくなって2chやってる人のキレ率が下がる。

578 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 21:59:10 ID:0HmXUUri
ネット対策員よ
w部さんに聞いて聞法の敗残者の根拠を、経典の根拠をあげて示してほしい、
さもなくば、仏教の教えに根拠のない、教義に反する表現をあらためよ
敗残者、という表現は、w部の自説であった、と


579 名前: 元々ぼら夫 2006/02/26(日) 22:08:30 ID:M1xr1eeR
『山科御坊事』(1)
@本書著述の動機
さて、山城国宇治郡山科野村の里には、文明9(1477)より享禄4(1531)年まで、わずか55年の
あいだ本願寺の御坊がありました。蓮如上人の建立になるものです。どうして、
早々に(なくなってしまったのでしょう)、(山科の地にある)機縁が浅薄だったからでしょうか。
今は草むらとなってしまった事、嘆くばかりです。その御坊の昔の事象を知ることができるまま、
おおよそ上申せよとの由(を承り)、望まれるまま(年月の)前後が相違している事が
あるけれども、あれこれ書きつけて見ていただくことにします。


580 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 22:23:49 ID:BXwFugs0
顕正新聞のオリンピックネタ オリンピック目指す人の努力や一途さを見ると 親鸞学徒
なんて対した奴らじゃない 自分に酔ってるだけのような感じです。会長先生は命がけで
命がけと言う言葉を簡単に使わないでほしい

581 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 22:31:26 ID:oMSchmAN
>>580
高森先生は命がけでもなんでもないよ。
疲れたらすぐに休むし、
座り込みだって講師部と青年部員にやらせて、
自分は滋賀会館にふんぞり返っているし。

なぜ生きるなんて殆ど教学課に書かせて、
自分は赤ペンで訂正しただけ。

それで命がけなんて片腹痛い。

582 名前: 元々ぼら夫 2006/02/26(日) 22:36:04 ID:M1xr1eeR
>>579〜つづき〜
A往時と現在
(焼失前は)おもいのほかの繁盛で、特にすぐれて珍しいことでありました。しかし、
(釈迦の説法地である)霊鷲山(リョウジュセン)や給孤独園(キッコドクオン)の類のように(終いにはさびれはて)、
(境内にあった)白鷺池も蘆(アシ)の(生い茂る)原っぱとなってしまいました。鳥たちの
住みかと化してしまったので、(この事をみると)(事物には)限りがあるという(諸行無常の)
道理が知られます。



583 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 22:36:29 ID:vVLuYUlR
>>581
あれ、「なぜ生きる」の執筆で体調を崩された、っていう話は?
それで、リハビリの為に毎日近くの山をジョギングしてるんじゃなかったっけ?

584 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 22:57:20 ID:JvekaI0z
>>561

S会と蓮如上人時代の違い
1.貧乏人は聞けない
→だれがそんなこといってましたか?

2.高学歴者ばかり、
→かならずしもそうではない。
 どことくらべていってんの?

3.学生と年寄りばかり
→真宗他派に比べれば学生がいるだけましかと

4.金のない人は救われない(続けて聞けないから敗残者になる)
→金で後生が救われるのでしょうか?

5.苦しみ悩む、貧しい人、国、生活困窮者などには布教はしない
(富山まで誘うのが大変、成果にカウントされないから相手にしない)
→だれもそんな理由で、布教の有無をきめてはいない。
 海外に関しては、世界の国連加盟国に一人ずつはけんするだけ
 人がいないからだと思われ。


585 名前: 元々ぼら夫 2006/02/26(日) 23:04:31 ID:M1xr1eeR
>>582つづき
B山科造営の発端〜内陣荘厳
この地は、法敬坊(順誓:蓮如高弟)が、とくに選ばれた場所(勝地)とか言うことで、
兼ねて、従善(善従:金森の道西)が「法所となるでしょう」と申されたということ
(聞書【199】参照)と(照らしあわせても)不思議な事であります。その後、
堺の御坊にある座敷をひとまず取り寄せて、移築されたと承っております。仮御坊が建ち、
ほどなくして、御影堂が建ち、また本堂もなくてはいけないということで、阿弥陀堂も
建てられました。



586 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 23:04:42 ID:JvekaI0z
海外に行って親鸞聖人の教えを伝えたというのでしたら、私も応援します!!

って、いく気ないのかもしれないけどね。
日本国内で布教している支部長さんたちは毎日朝から晩まで
大変です。
私も結構厳しい環境の職場にいますが、支部長さんたちの動きは
本当頭下がります。
給料もらってやるだけの仕事であそこまで一生懸命できないと思います。
ここでいろいろ書いている人は、被害者だとか、やりかたが汚いとかいってる
けど。
一生懸命仏法を尊く思ってその布教に挺身している人たちを貶める
権利は誰も持たない。
それがひとりよがりだっていうんだろうけど、それはそのままそちらに返します。



587 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 23:04:49 ID:CFTqR0KC
2ch見てると頭が悪くなりそう。
誹謗中傷、汚い言葉、知性のかけらもないくだらない書き込みなどなど・・・
頭の悪い小学生がふざけてる感じ。
いいスレッドも中にはあるけど、大半はくだらないものでは?
こんなものに夢中になって(振り回されて)、2ch語?使うほど染まってしまったら怖い。
また当の本人もそれに気付いてないとこが怖いし。



588 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 23:06:27 ID:JvekaI0z
ここに毎日貼りついているひとは、とりあえず時間があっていいね。


589 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 23:15:19 ID:c2PIM4Pb
>>586
>一生懸命仏法を尊く思ってその布教に挺身している人たちを貶める
>権利は誰も持たない。
T森会長、M晴、W部は除いて、でしょ。

590 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 23:16:09 ID:H6dJqIv4
どちらも冷静になりましょう。極端なかきこみや、
単なる相手を貶めるための悪口には説得力はないと思います。

591 名前: 元々ぼら夫 2006/02/26(日) 23:31:18 ID:M1xr1eeR
長々スマソ☆
>>585つづき
三間四面(※柱4*4本)で、四方に小さな縁があり、東側(※参拝入口側)には六尺の縁が
設けられていました。向かいには、さま障子(※巻障子)があり、格子戸のようで
現在ある(石山本願寺等の)諸堂と同じ様式であります。左右の脇は、唐様のさま障子、
これもまた、諸堂と同じでありました。さまには彫り物が施されていました(名は失念)。
本尊は木像(安阿作)。今(石山)と同じ。
左方(北側)に聖徳太子絵像。讃文は今と同じ。蓮如筆。・六高僧御影。
右方(南側)に、法然聖人お一人の御影。讃文は今と同じ。蓮如筆。



592 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/26(日) 23:38:01 ID:vefwBjxo
>>586
>一生懸命仏法を尊く思ってその布教に挺身している人たちを貶める
>権利は誰も持たない。
>それがひとりよがりだっていうんだろうけど、それはそのままそちらに返します。

仏法を尊く思って人殺しに走ったオウム信者を批判してはいけない?
そんなわけないよね、どんなに教えが尊いと思っていても殺人まで犯していいわけがない。
嘘勧誘と殺人が同じだと言っているわけではないよ。
心掛けが良ければ、どんな行為も正当化されるわけではない。
その上で考えてほしい。勧誘の時に嘘をついてもいいの?

593 名前: 元々ぼら夫 2006/02/26(日) 23:46:45 ID:M1xr1eeR
は〜、チカレタ。
つづきは明日にでもねん。断章取義を断ずるためにも、全文訳さんとあかんねんやろな、
っつ〜観点からやってみとる次第。興味ない方にとっては、長々カキコ&読みにくう
しても〜て、えらいすんまへん。(^-^)/ホナマタ〜☆


594 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 00:45:17 ID:ZI44YSZx
>>593
ご苦労さまです

595 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 01:16:32 ID:4jjB9Ax7
暇人たちよ。自分の人生大切にしろよ。

596 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 01:20:40 ID:4jjB9Ax7
こういう文章読んでると頭が変になりませんか?まあなるから人をめちゃめちゃ
にすることがかけるんでしょうけどね。

597 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 01:21:51 ID:4jjB9Ax7
シンパもアンチもひどすぎやしないか?両方とも時間大事に使えよな。

598 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 04:30:06 ID:F+d3VZ+b
内容の無い1行レスする↑の方がひどい。

599 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 06:19:29 ID:rfsOYbyT
>>587-8
>>1嫁。
・2ch議論はスレ違いなのでよそでしてください。

って書いてあるだろ。他でやってください。

あと、ID:4jjB9Ax7とかシンパがスレッド無駄遣いするから、
・一行無意味書き込みも禁止します
ってのも禁則に加えたいね。

600 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 07:26:02 ID:lNo0ucrF
>>586
一生懸命布教しているだけの人をいつ貶めた?
問題にしているのは、一部の幹部のこと
聞法の敗残者の教義的根拠を示して欲しい
この記事は多くの問題をはらんでいる

601 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 08:17:54 ID:AK5U/1IW
>>600
一部の幹部だけの問題なら聞法を続けられても良いんじゃないですか?
講師の人や会員さんでも良い人たくさんいるし
一部の人が気に入らんと言って辞めてたらどこ行っても通用しないですよ

602 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 08:21:10 ID:9EhBLZzU
親鸞会は一部の人しかまともな人がいません。
というよりトップが問題を抱えていますからその下が
腐敗するのも当然です

603 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 08:24:38 ID:rfsOYbyT
>>601
>一部の幹部だけの問題なら

違うね、代表者たる会長の問題なのは自明でしょ。
屍踏み越えて、とかよく言ってたでしょうが、あのパクラー。
あのパクラーは、戦争には戦死者がつきもの、としか思ってないよ。
敗残兵は踏み越えて行軍せよ、って思ってるんでしょ、パクラーの癖に。


604 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 08:25:15 ID:Y9Jgzyy+
>>506
>>祖師は直入ではないと仰る方は、どなたが直入した方だと思っているのか
>明らかにしていただきたいところですな。
>直入する前に自力に執してないひととはどんなひとですか?

>往生の大事は、「ひとりひとりのしのぎ」ですから、「どなたが」なんて問題じゃないでしょう。
>「直入の機」でも、「専心に直入」する前は、「自力疑情」があるのは当然です。ていうか、「疑情」は、元品の無明ですから、他力回向信をいただいてない一切衆生
にあるでしょう。信前に「疑情」があるのと、仏教の自力権仮門(漸教)に、入門して修行しているのとは、別のことですよ。

真宗の宗門にさえ入っていれば、直入ってことですか?
二機対の解釈が全然でたらめです。
勉強しなおしてください。
祖師は頓機ですし直入された方です。

605 名前: 逃がさない 2006/02/27(月) 08:30:01 ID:Y9Jgzyy+
>無程御影堂たちて、また本堂とてなくては如何とて、
やがて阿弥陀堂も立ましましけり。三間四面
に、四方は小縁、東方の前には六尺の縁也。
向はさましやうししとみのことくに常に諸堂のことし。左右の脇は
唐さま、これ又諸堂のことし。さまにほり物ありけり名失念。
木像本尊安阿作如今。左方北太子絵像讃如常蓮如
御筆、六高僧御影。右南法然聖人一尊御影讃如常蓮如御筆。
両方共に三具足燈台あり。御命日はかり灯明まいる
。御影堂上檀三間四面、中は開山聖人、左方北前住蓮如上人御影、
脇板に蓮祐禅尼香炉斗、卓以下当時如。右南
押板代々御影一幅如信以下存如迄、卓三具足燈台以下当時のことし。



根拠となるかならないかは置いておいて、
蓮如上人のお文の「据え置く」という表現も加えて、
普通に読めば山科本願寺の本尊は最初から木像であったと見るのが適当でしょう。
240 :名無しさん@3周年:2006/02/21(火) 22:46:15 ID:LonVr4tQ
疑問なのは、こうした文章を出しても、普通に読めない人の存在です。
特に「実如の御時」という一文を出してきて、
「ほら、建立当初と違うじゃないか」と言わんばかりで、
だから木像本尊論は根拠がないなどと、だれも言っていない「木像本尊論」
なるものを持ち出してきて、アンチはデタラメだと言っていた方は、
何を思い、何を考えているのでしょうか。


『根拠となるかならないかは置いておいて、 』なんでおいておくの?



606 名前: 普通に読んでね。 2006/02/27(月) 08:32:34 ID:Y9Jgzyy+
木像本尊の根拠はない。


287 :どこを普通に読むの?:2006/02/22(水) 13:08:15 ID:yO2Vpq6K
>普通に読めば山科本願寺の本尊は最初から木像であったと見るのが適当でしょう。

>無程御影堂たちて、また本堂とてなくては如何とて、
やがて阿弥陀堂も立ましましけり。三間四面
に、四方は小縁、東方の前には六尺の縁也。
向はさましやうししとみのことくに常に諸堂のことし。左右の脇は
唐さま、これ又諸堂のことし。さまにほり物ありけり名失念。
木像本尊安阿作如今。左方北太子絵像讃如常蓮如
御筆、六高僧御影。右南法然聖人一尊御影讃如常蓮如御筆。
両方共に三具足燈台あり。御命日はかり灯明まいる
。御影堂上檀三間四面、中は開山聖人、左方北前住蓮如上人御影、
脇板に蓮祐禅尼香炉斗、卓以下当時如。右南
押板代々御影一幅如信以下存如迄、卓三具足燈台以下当時のことし。


どこを普通に読むと「建立当初」になるの?

普通に読むと「木像よりは絵像、絵像よりは名号」は
「木像も絵像も名号も同じ」になるそうです。



607 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 08:43:08 ID:AK5U/1IW
>>602-603
おまいらには言ってない
>>600に言ったの

608 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 08:44:15 ID:PCPgpbmW
会長さんのカッコいい言葉聞いてよく感動しちゃってたもんですが、
盗作疑惑サイト見たらそれらはみなどっかから持って来たもんじゃないかと疑っちゃうよ

609 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 08:58:23 ID:+BYHYovn
みんなパクリでしょ



610 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 09:04:52 ID:5v8DWd1y
別に真似ること自体は悪いことではないのではないでしょうか?
部分的に真似ることによって、教えが変質するというのなら問題でしょうけど、
伊藤氏や大沼氏なりのいい部分と悪い部分があって、いい部分を真似られた、
ないし取り入れられたのだと個人的には思っています。
 

611 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 09:13:30 ID:Y/EEFzvO
>>604
>祖師は頓機ですし直入された方です。

この根拠はどこにあるのでしょうか?
親鸞聖人は「わしゃ、頓機で直入した身なんじゃ」 ってどっかで述べているんでしょうか?

なんでこういう質問をするかというと、

「親鸞タンや、高森タンは特別な頓機のひとで弥陀の化身で還相のおかた
やさかい、わしら一般人がが弥陀の呼び声がきこえんのもしかたないわいな」

と一般人が思ってしまうリスクをあえて祖師が背負わせるとは思えないからです。

親鸞聖人を神格化して特別扱しようと画策した人たちが流した宣伝の類ではないかと
思ってますがいかがでしょうか?

さらに「高森タンは頓機で直入」とかs会がいっているとすれば、高森タンの神格化、特別扱い
になり、これまた御同朋・御同行の親鸞精神に反しているとおもいますが如何?

612 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 09:23:57 ID:+BYHYovn
普通あれだけ露骨にコピーしたら、
引用元や参考文献として明らかにするんだよ。

それをしないで如何にも自分が書いたとして、
俺は文章上手いんだと文章講座なんかやっている所が俗人の現れ。

613 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 09:24:09 ID:Y/EEFzvO
>>610
>別に真似ること自体は悪いことではないのではないでしょうか?

/pkr1.html
をもう一度目を通されたらいかがでしょうか?

もはや、「真似る」とかそういうレベルの問題じゃないでしょ?

教義とか、教えの根幹とか肝の部分を(当然断り書きした上で)引用して
自説を補強する、というのならまだ理解の範囲内にあります。
誰かがいってましたが、学生が締め切りの前の日にあわてて写しまくって
そのまま提出した文章よりもっと酷いパクリそのものだとおもいませんか?

伊藤氏の文体は、修辞など非常に独特で癖があるからすぐわかりますが、その
文体までまねどころかそのままそっくり使ってしまってしているんだから。

おまけにパクった文章を多くちりばめて本にして出版し、会員に買わせている
わけだから非常に悪質な盗作ではないか?と疑われる蓋然性はあるでしょう。

614 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 09:42:40 ID:5v8DWd1y
どれくらい引用されているのかわかりませんが、
教行信証も引用多いのでは?

615 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 09:54:18 ID:Y/EEFzvO
>>614
>教行信証も引用多いのでは?

(^∀^)コーヒー噴出すところでした。
教行信証では、すべての引用文献の引用元があきらかになっておりますが・・・・(当然ですよね)
っていうか、>>614って学術論文書いたことないのでしょう?
学術論文ならば引用がたくさんあるのは不自然なことでありません。むしろ、よくあること。

ただし、その際に他人の文章を引用したら引用元を示すのは最低限の常識です。
そのあたりまえのことが出来ていない人はパクリとか盗作とかいわれるのも
学術論文の世界ではまた当たり前のこと。(教行信証は一種の学術論文です)。

しかし、T森さんの著書では、引用元を一切示さず、すべて自分のオリジナルのように
偽ってそれをずうずうしくも出版しているじゃないですか?
これがパクリでなくてなんなんでしょうか?

616 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 10:29:40 ID:nCIA3zxT
>>350

 恩着せがましい恩は仇になる。当たり前の話だ。
 恩を計算して押しつけたが、押しつけられた相手は怨みを抱いた。怨みを抱いた相
手に、今度は逆に腹を立てる。
 着せてやった恩が仇になって返ってきたから、相手を畜生にも劣ると罵っている。
 計算して着せてやった恩が、計算通りに返って来なかったと言って相手を畜生扱い
するというのは、鬼畜に劣る馬鹿としか言いようがない。

617 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 10:35:53 ID:nCIA3zxT
>>615
> 偽ってそれをずうずうしくも出版しているじゃないですか?
> これがパクリでなくてなんなんでしょうか?

 著作権法に反する違法行為だよ。
 著作権には独占期間がある。引用元が高森さんを訴えれば、高森さんは負けると思うぞ。
難しい裁判ではない。原告は、訴訟費用だけあれば十分だろう。


618 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 10:51:31 ID:nCIA3zxT
>>617
高森さんが著作権法違反で訴えられ、刑事・民事で
敗訴すれば、親鸞会は崩壊の危機に立つ。
 カルト宗教を地上から消す一つの上手い方法だ。

 引用された著作者の遺族が、親鸞会の屋台骨の命
運を握っている。
 著作者の遺族にやる気があるかないかだけの問題
だ。訴訟を起こすとなれば、弁護士会も、著作権協会
も、費用を貸してくれるだろう。

619 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 11:03:06 ID:Y/EEFzvO
>>618
s会がK光会を名指しで批判しない(できない)理由が
わかったような気がする。T森さんもバカじゃないからね。

でも、s会で配られたK光中傷文書には、s会会員のK光への流出防止が目的とはいえ
今まではs会に対して大人の対応をしてきたK光の人も気分を害しているんじゃないかな。

K光創始者である伊藤氏の遺族を探すなんて、K光にとって朝飯前なことだろね。
なんだか面白くなってきたな(゜∀゜) 。

620 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 11:36:53 ID:PCPgpbmW
K光から教えを受けて救われていたのなら、それを会員に堂々と発表して感謝の念を機関紙にも
綴ったとしても何ら不都合な事は無いと思われるのに、それどころか名指しせずに叩くなんて考えられないなあ

しかも師匠の文章丸写しにして自分の本として出してるなんて… チラホラ世に出るパクリ歌手が可憐に見えるわ

621 名前: 渡海 難  ◆Fe19/y1.mI 2006/02/27(月) 11:41:04 ID:nCIA3zxT
>>619
> なんだか面白くなってきたな(゜∀゜) 。

 親鸞会の内容をよく知っている脱会者の胸三寸だよ。脱会者の真剣度
が問われている。
 2chで何か吠えていればそれで十分と思えば、事態は動かないよ。

 親鸞会は、本当に社会にとって害毒であると脱会者が真剣にそう思うな
ら、そう思う脱会者が実際に動かないとだめよ。
 親鸞会を崩そうと思うなら、引用元の著作者の遺族が勝手に動くのを、
自分の方は寝て待つということでは物事は動かない。
 脱会者がきちんと自分で遺族一人一人を地道に探して回り、裁判に動
いてくれそうな人を、自分の足で見つけ出すこと。
 親鸞会の資料をきちんと相手に見せ、著作者の著作上の人格権を高
森さんがどのように侵害しているかを、相手に分かるように説明すること。
 親鸞会は各大学で今なお嘘勧誘をして若者を騙し続けて被害者を出し
ているという正しい事情をきちんと礼を尽くして説明し、裁判の主体に成っ
ていただけるように説得する。
 学生に被害が出ている大学があれば、大学側のそのような見解書も
持って行くといいだろう。
 遺族には、著作権機構に出かけて貰って方策を相談してもらう。 
http://jca.net-b.co.jp/welcome.html
 弁護士は、著作権機構が紹介してくれる。


 カルト宗教に関心のある弁護士で知り合いがあれば、先に相談するの
もいいだろう。
 言っておくけど、こういう問題では、本願寺は動かないからね。あそこは
腑抜けだ。期待したらだめだよ。

622 名前: 渡海 難  ◆Fe19/y1.mI 2006/02/27(月) 12:03:37 ID:nCIA3zxT
 老婆心です。

 裁判では、嘘勧誘があったか否かは問題にならない。
 教義が正しいか否かも問題にならない。
 著作権の侵害があったか、否か、この事実だけが争われる。

 著作権の侵害があったという立証が法的に成立すると、それが親
鸞会という嘘つき宗教の社会的な立証になる。

 100の花束も、偽善者が書いた本であるということで話題になるだ
ろう。嘘つきでも、偽善者になれば、これだけの本が書けるということ
は、今後、社会に対するいい意味で警告にもなる。

623 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 12:28:49 ID:+BYHYovn
裁判が出来るかどうか検討してみます。

親鸞会側も、そこまでしないだろうとたかをくくっているように思いますから。

最近訳の分からないシンパの書き込みが減ったように思います。
恐らくW部さんの破廉恥行為が暴れて、
彼が配下のネット対策員に2ちゃんねるを見せたくないからだと考えています。

一万人結集を目指して、今後大規模な勧誘が行われるようですが、
会長が裸の王様であることを広く大衆にアピールして、
被害を食い止めていきたい

624 名前: いくら逃げてもこれは終わらせない 2006/02/27(月) 12:39:10 ID:Zn9ADr5h
決着つけるからな。

>無程御影堂たちて、また本堂とてなくては如何とて、
やがて阿弥陀堂も立ましましけり。三間四面
に、四方は小縁、東方の前には六尺の縁也。
向はさましやうししとみのことくに常に諸堂のことし。左右の脇は
唐さま、これ又諸堂のことし。さまにほり物ありけり名失念。
木像本尊安阿作如今。左方北太子絵像讃如常蓮如
御筆、六高僧御影。右南法然聖人一尊御影讃如常蓮如御筆。
両方共に三具足燈台あり。御命日はかり灯明まいる
。御影堂上檀三間四面、中は開山聖人、左方北前住蓮如上人御影、
脇板に蓮祐禅尼香炉斗、卓以下当時如。右南
押板代々御影一幅如信以下存如迄、卓三具足燈台以下当時のことし。



根拠となるかならないかは置いておいて、
蓮如上人のお文の「据え置く」という表現も加えて、
普通に読めば山科本願寺の本尊は最初から木像であったと見るのが適当でしょう。
240 :名無しさん@3周年:2006/02/21(火) 22:46:15 ID:LonVr4tQ
疑問なのは、こうした文章を出しても、普通に読めない人の存在です。
特に「実如の御時」という一文を出してきて、
「ほら、建立当初と違うじゃないか」と言わんばかりで、
だから木像本尊論は根拠がないなどと、だれも言っていない「木像本尊論」
なるものを持ち出してきて、アンチはデタラメだと言っていた方は、
何を思い、何を考えているのでしょうか。


『根拠となるかならないかは置いておいて、 』なんでおいておくの?




625 名前: 根拠のないものを本尊にしてるのは間違い 2006/02/27(月) 12:45:14 ID:Zn9ADr5h
木像本尊の根拠はない。


287 :どこを普通に読むの?:2006/02/22(水) 13:08:15 ID:yO2Vpq6K
>普通に読めば山科本願寺の本尊は最初から木像であったと見るのが適当でしょう。

>無程御影堂たちて、また本堂とてなくては如何とて、
やがて阿弥陀堂も立ましましけり。三間四面
に、四方は小縁、東方の前には六尺の縁也。
向はさましやうししとみのことくに常に諸堂のことし。左右の脇は
唐さま、これ又諸堂のことし。さまにほり物ありけり名失念。
木像本尊安阿作如今。左方北太子絵像讃如常蓮如
御筆、六高僧御影。右南法然聖人一尊御影讃如常蓮如御筆。
両方共に三具足燈台あり。御命日はかり灯明まいる
。御影堂上檀三間四面、中は開山聖人、左方北前住蓮如上人御影、
脇板に蓮祐禅尼香炉斗、卓以下当時如。右南
押板代々御影一幅如信以下存如迄、卓三具足燈台以下当時のことし。


どこを普通に読むと「建立当初」になるの?

普通に読むと「木像よりは絵像、絵像よりは名号」は
「木像も絵像も名号も同じ」になるそうです。




626 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 12:59:05 ID:+BYHYovn
あんたら人を追求するばかりで、
親鸞聖人が木像絵像を廃して名号にせよと仰った根拠とか、逃げてばかりじゃん。

あと、蓮如上人の下付された絵像についても、裏書きに本尊と書いてあるもの。
早く根拠にならん根拠を教えて下さいよ。

ここの書き込みに君たちの体質が現れているよ。はっきり言って、哀れで仕方ない。

早く弱い自分の心に打ち勝って、会長を相対化して見てみなさい。

627 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 13:01:16 ID:+BYHYovn
いつ誰が木像も絵像も名号も同じと言った?

君たちのやりくちは会長がなぜ答えぬで見せた卑怯なやり方と一緒じゃん

早く気づいて下さい

628 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 13:02:18 ID:WhL7GXi0
80万円の座布団
しらんかい?

629 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 13:06:58 ID:jmseoZlR
>> 572

>> 些細なようでそれが一番危険な気がする

結構冷静になっちゃうところが、いいようなわるいような。


630 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 13:09:15 ID:dWbxiXm6
アンチは根拠をあげても「根拠にならん」というだけじゃないか。
何の根拠もあげずに。

仮面ライダーを本尊にしても「仮面ライダーを廃して阿弥陀仏を本尊にせよ」と
言われた親鸞聖人のお言葉はないから「仮面ライダーを本尊にしてもかまわん」
というのとどこが違うんかな?

631 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 13:12:56 ID:AK5U/1IW
>>626
(´・∀・`)ヘー  裏書きに本尊と書いてあったら本尊なんだ

誰が書いたかもわからないのに

632 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 13:13:33 ID:Ws9XvNNY
「仮面ライダーを本尊にしてはいけない」と言われた親鸞聖人のお言葉をあげよ。

633 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 13:14:17 ID:+BYHYovn
…あほですか…

634 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 13:14:47 ID:jmseoZlR
>>592

ウソはよくない。

それがウソかどうかはその人の良心のもんだいだろな。

ただ、>>586の書き込みって支部長のことだろ?
支部長は別にウソもなんもないぜ?
「親鸞会」って看板出して、名刺渡して話してるんだが?



635 名前: 渡海 難  ◆Fe19/y1.mI 2006/02/27(月) 13:22:17 ID:nCIA3zxT
 親鸞会に引導を渡せるのは、元会員の脱会者だけ。
 親鸞会を、社会的にしっかり成仏させることこそ、脱会者が親鸞会から受けた恩返し。

 <まあ、こういう意味で引導・成仏という単語を使うと、文句を言う人もいるだろう。ただ、言葉
のニュアンスとしてはぴったりだ。>

 脱会者は、まず、現存する資料を整理することと、著作権法を勉強することから始めて下さい。
思いこみで突っ走らないこと。思いこみで突っ走しると民主党のように、自分が火だるまになる。

 著作権法に抵触するか否か。立証できるか否か。著作権期間、権利主体、この辺をしっ
かり精査して下さい。

 伊藤師は1969年に亡くなっているらしい。亡くなってから50年間は著作権がある。ただ
し、団体に所属する著作物(華光会)は、公表後50年というものがある。
 しかしそれにも亡くなってから50年というのもあるから、資料を持っている人は、落ち着いて精
査すること。
 最後はかならず専門家を交えて研究してください。

 なお、相談があれば tkatasi@mail.goo.ne.jp にメールをください。可能な範囲、分かる範囲で相
談に乗ります。

                              健闘を祈る。 

636 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 13:23:18 ID:jmseoZlR
>>611
>親鸞聖人を神格化して特別扱しようと画策した人たちが流した宣伝の類ではないかと
>思ってますがいかがでしょうか?

そうなんでないですか。
親鸞聖人はじめ、七高僧方で「自分は頓機だ」なんていった
人はいないはずですが。

「本師源空いまさずは
 このたびむなしくすぎなまし」ですよ


637 名前: 渡海 難  ◆Fe19/y1.mI 2006/02/27(月) 13:23:41 ID:nCIA3zxT
>>635は、>>623に対するレスです。

638 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 14:16:47 ID:+BYHYovn
自分がこんな団体にいたことが恥ずかしい…

639 名前: 元々ぼら夫 2006/02/27(月) 15:23:43 ID:CCW8/WU8
夕方出かけなならんので、イマノウチにカキコ☆
>>591つづき
両方(太子、六高僧・法然御影前)ともに、三具足(ロウソク立て・香炉・花瓶)と燈台(室内照明具)
があり、御命日の時だけ(燈台の明かりを)ともしました。御影堂の上壇も三間四面。
中央に開山親鸞聖人。左方(北側)前住職蓮如上人御影。その脇の壁に蓮祐禅尼
(※蓮如二番目の奥方)(香炉を置く)。御影前の卓(つくえ)以下の荘厳は現在(石山本願寺等)と同じ。
右(南側)には代々御影一幅(第二代如信〜存如まで)。卓・三具足・燈台以下、今と同じ。



640 名前: 元々ぼら夫 2006/02/27(月) 15:51:33 ID:CCW8/WU8
も〜ちょい☆
>>639つづき
なお、南の余間には、無碍光(如来)の泥字(掛け軸)。蓮如の筆によるもの。讃文は現在と同じ。
始めの一行を蓮如自ら書き、二行目からは蓮誓(蓮如四男)に書かせられました。
左右の脇には、夢中の善導大師(※観経疏製作の発端となった感夢)の御影、法然上人の御影。
この二幅は商人がもって参ったのを買ったものです。善導は半身金色。法然も光を放ち、
互いに向き合っている御影です。この二尊の前には何も置かれず、親鸞聖人前だけ
三具足を置かれました。



641 名前: 元々ぼら夫 2006/02/27(月) 16:13:14 ID:CCW8/WU8
小さな事からこつこつと♪
>>640つづき
なお、(御影堂)南側の一間には、初めは廬山寺の恵遠(4世紀末中国で、白蓮社という念仏結社を
始められた方)の唐筆の墨絵の像をかけられ、前にこうたて(※屏風のようなものか)を置き、
花を立てられました。後には蓮如の筆になる不可思議光如来の名号をかけられ、
三具足を置かれました。これは実如の時代からの事です。
終了〜☆間違いあったらご指摘よろ〜。「押し板」(多分、今の寺院内陣に見られるような
造りつけの飾り棚)については、すっとばして訳しても〜たw。あとは、直訳調に出来たかなと。


642 名前: 元々ぼら夫 2006/02/27(月) 16:53:29 ID:CCW8/WU8
ま、直訳調重視(原典と対照できるように)努めたんで、読みにくいかもしれへん。
堪忍な。で、>>624タソ、漏れの稚拙な現代語訳と原典を対照してもろうて、読んでみたら?
文章ってのは、一語一語意味を取るだけじゃ駄目。もちろん一語に含まれる意味が
わからにゃ話にならんが、流れ(前後)の関係性をふまえなければ、本当に読んだことには
ならへん。音楽かてそ〜やろ。一音一音を聞いたところで、それは単なる音であって、音楽やない。
音の時間的経過(文章で言えば、前後の関係)があってはじめて音楽といえるんちゃう?
ま、読み解いてみ。


643 名前: 通行人 ◆02GH.fBfT6 2006/02/27(月) 17:05:49 ID:DVp4A+g3

昔から、真宗教義と著作権の問題はよく議論になってる。

結論は、結論というか私の考えは、真宗、果ては仏教において
世間の法律を軸に学問体系を形成するのは自殺行為と思ってる。

真宗は、経済学や経営学とは違う。

また、建前上、教義解釈が人によっていろいろない。
画一だから、言うことも同じになるのは当たり前。


644 名前: 通行人 ◆02GH.fBfT6 2006/02/27(月) 17:07:12 ID:DVp4A+g3

事実を事実として、ありのままに述べることが著作権に触れるといえばそれまで。

真宗という枠においては痛くもかゆくもない。


645 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 17:09:28 ID:+BYHYovn
ボラ夫さん、ありがとうございます。

私など親鸞会側の余りの身勝手な解釈に、
思わず匙を投げたくなりますが、
ボラ夫さんは根気強い立派な方ですね。

646 名前: 通行人 ◆02GH.fBfT6 2006/02/27(月) 17:13:27 ID:DVp4A+g3

教義が人によっていろいろあったら困るだろ。

高森の独自理論なんて誰も聞きたくないだろ。

もし、独自理論があるなら、著作権だという主張もあるのかもしれない。
仏教において、自説なんて意味のないことです。


647 名前: 通行人 ◆02GH.fBfT6 2006/02/27(月) 17:15:31 ID:DVp4A+g3

そもそも、お釈迦様が言われたことは一つしかない。

Aということが、Bになったら困るだろ。


648 名前: 通行人 ◆02GH.fBfT6 2006/02/27(月) 17:20:12 ID:DVp4A+g3

あとね、親鸞聖人が、名号本尊好きなのには理由がある。


649 名前: 通行人 ◆02GH.fBfT6 2006/02/27(月) 17:25:06 ID:DVp4A+g3

あと、19願はやめようとしたってやめられないから。
そもそも不可能なことを、可能なことのように語っているのはどういうわけなんだよ。


650 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 17:51:07 ID:mT7EZStc
>通行人
消化レスは書かないように。

スレの無駄遣いです


651 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 18:23:26 ID:uAwHvvsI
私は時々自分はなぜこんなにまで苦しみながら
生きていかねばならぬのか、何のために働いて
いるのだろうかと考えます。
人生の目的は何でしょうか。



652 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 18:27:16 ID:uAwHvvsI
若し、何のために働いているのかと質問すれば
ほとんどの人は喰わんが為だと答えます。
では何のために喰うのかと反問すると、
食わねば死んでしまうからだと答えます。

それでは喰うてさえいればいつまでも
生きていられるのかといえば、
どんな人でも返答に窮してしまいます。


653 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 18:36:15 ID:uAwHvvsI
人間は生きるために食べ、食べるために忙しそうに
働いているのですが、1日生きたということは確実
に1日死に近づいたということです。
これは何人も否定できない厳粛な事実です。
これは万人が逃れることのできないさだめなのです。

にもかかわらずほとんどの人々は、この厳粛な死を
無視して生のことばかり考えて、取らぬ狸の皮算用
ばかりしています。


654 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 19:46:14 ID:Y/EEFzvO
s会シンパは、もはやまともな反論はなしですか?

もう一度強調しておきましょうか。

あなたがたが一同がカリスマ視して崇めている人物の実態はこうです。

師匠の文章を勝手に大量に抜き出してきては平気で自分の著書に引用し、すべて自分の
オリジナルのように偽り、それを盗人猛々しく出版し、会員に買わせて印税を稼いで
平気な神経をもつ人物。

恩を感じないものは畜生に劣るという強迫観念を会員にたたきこみつつ、大量にパクらせて
もらった元師匠の葬式にすら顔を出さないような人物。

一方で「真実を知らせていただいた恩に報いなさい」と勧誘に駆り立てることを忘れず
蓮如上人の教えに背いて「人の多く集まり威の大なる」組織を目指しているような人物。

その結果善知識といわれる人物の教えを最も守ってきた、専任講師のうち、何人が
信心決定したというのでしょうか?誰もしていません。

冷厳に事実を事実として認めなくてはいけません。
本当にこんな人が善知識なんでしょうか?

655 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 19:50:16 ID:+BYHYovn
ただの俗人です。間違いありませんわ。

656 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 19:54:24 ID:kF4FdcxU
パクリ疑惑で盛り上がってるみたいだけど
「なぜ生きる」を全部会長が書いた訳じゃないように、
会長が華光会在籍時に作成した文章を、
親鸞会の刊行物で流用したっていう可能性は無いの?


657 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 19:58:16 ID:+BYHYovn
パクッた本の執筆年代を確認しなさい。ほぼ戦前にかかれたものだから。

それより会長に直接聞くのが早いかもね。

658 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 20:19:50 ID:kF4FdcxU
>>657
dクス。ホントだ。
/index_pkr.html
に書いてあった。


659 名前: 元々ぼら夫 2006/02/27(月) 20:36:39 ID:CCW8/WU8
通行人君は、いつまでダラダラウロチョロしとんのかいな。例のパクリ文章拝見したけど、
はっきし言って完copyじゃないか!もし、漏れの師匠があんな完copy書物を出して、
引用先も述べないようなDQNやったら、顔から火ふく思いになると思うで。弟子として、
当たり前な感覚やろ。そんな当たり前の感覚もわからんよ〜になってもうたん?
ま、先輩として意見が許されるなら「こんなとこさっさと辞めな」とゆわせてもらうわ。
ホンマ、老婆心かもしれへんが、正直というか、普通に思う。ま、元気にな。
(^-^)/ホナねん☆

660 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 21:00:24 ID:jmseoZlR
>>654
>会員に買わせて印税を稼いで
>平気な神経をもつ人物。
はいはい、「印税」稼いだというソースは?

>もらった元師匠の葬式にすら顔を出さないような人物。

葬式に出てないというソースは?

>蓮如上人の教えに背いて「人の多く集まり威の大なる」組織を目指しているような人物。

現在の親鸞会よりもっと巨大な組織を作られたのが蓮如上人ですよ。
ご自身が自分の教えに背かれたのですか?

>専任講師のうち、何人が
>信心決定したというのでしょうか?誰もしていません。

「してない」と断言できるんですか?



661 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 21:06:37 ID:+kWPM+y+
>>660
>>専任講師のうち、何人が
>>信心決定したというのでしょうか?誰もしていません。

>「してない」と断言できるんですか?

あんたは知ってるの?専任講師で信心決定した人っているの?
今まで一度もきいたことないけど。

知っているなら教えてくれ。知らないのなら、コメントはいらんから(笑)


662 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 21:13:44 ID:jmseoZlR
>>661
「誰もしていない」と言うから、「していない」と断言できるのか、と聞いているの。

つまり言いたいのは信心決定の体験は、「している」「していない」の断言が、第三者でできるのか、ということ。

663 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 21:22:38 ID:+kWPM+y+
>>662
>「誰もしていない」と言うから、「していない」と断言できるのか、と聞いているの。
>つまり言いたいのは信心決定の体験は、「している」「していない」の断言が、
>第三者でできるのか、ということ。

言いたいことは分かるけど、布教命の専任講師が、信心決定したのなら、
信後の喜びを叫べよ!!

信心決定したが、信心決定したことを言わない専任講師なんているのか!
そんな奴がもしいたら、信心決定はしたけど、親鸞聖人のように布教に命をささげていない
どこかの妙好人みたいなのじゃないの?

そんな奴、ほんとに専任講師といえるのか?

664 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 21:30:40 ID:3ZrclY5L
>>642

話題を変えたいのはわかるが
木像本尊の根拠がないことはこれで決着でいいわけだよな。
ボラ夫の現代語訳にもどこにも根拠はない。


ついでに何故裏書きに「本尊」と書かれた『絵像』を
本願寺が反論の根拠として使えないのか
論説してみたらどうだい。
おもしろいから(笑)

665 名前: 逃がさない 2006/02/27(月) 21:32:47 ID:3ZrclY5L
>>645

結局、ボラ夫の現代語訳のどこが根拠なんだい?
人の事を勝手な解釈というからには説明の義務があるだろ。

666 名前: 終わらせない 2006/02/27(月) 21:35:51 ID:3ZrclY5L
>両方(太子、六高僧・法然御影前)ともに、三具足(ロウソク立て・香炉・花瓶)と燈台(室内照明具)
があり、御命日の時だけ(燈台の明かりを)ともしました。御影堂の上壇も三間四面。
中央に開山親鸞聖人。左方(北側)前住職蓮如上人御影。その脇の壁に蓮祐禅尼
(※蓮如二番目の奥方)(香炉を置く)。御影前の卓(つくえ)以下の荘厳は現在(石山本願寺等)と同じ。
右(南側)には代々御影一幅(第二代如信〜存如まで)。卓・三具足・燈台以下、今と同じ。



さあ、これがどういう意味か、はっきりさせてもらおうか。


667 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 21:37:36 ID:mT7EZStc
最近のシンパはレベル低くなったなと感じるんだが
錯覚だろうか。

668 名前: うやむやにはさせない 2006/02/27(月) 21:41:15 ID:MGjGZlLw
本尊論を批判してきたのはアンチなんだよ。
忘れたのか?

この話ははっきりさせるまでは終わらせないよ。

669 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 21:44:52 ID:kF4FdcxU
そろそろ前期の合格発表だけど、
カルト予防のチラシ作って配りませんか?

670 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 21:48:52 ID:mT7EZStc
いいね。
「なぜ〜やめたか」の参考資料と
ここでプラスαを考えるというのはどうだろう。


671 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 21:51:06 ID:YJrcq1C/
>>604
>真宗の宗門にさえ入っていれば、直入ってことですか?

真宗の宗門ってどういう意味ですか? 
真宗弘願門(本願海)という意味でなら、YESですが、真宗系の教団組織の意味でならNOです。

>二機対の解釈が全然でたらめです。
>勉強しなおしてください。
>祖師は頓機ですし直入された方です。

お聖教に即してお願いします。
尚、誤解があるようですが、弘願門への「回心」というのは、一旦、定散の仮門に入門し、修行した「漸機」にだけあるわけじゃありません。

>>356 >>460に更に補足。

「回心の機」は自力なりと言われるのは、
「漸頓回向の機は、自力なり。」(『愚禿鈔』)

ここで言う「回心」の意は、『観経』の経釈の「顕の義」(他門)で言う、「自力の回向発願心」(もちろん、「穏の義」(真宗弘願門)では、これらの経釈の御文は、全て他力回向《他力念仏》
を意味します。)のことであるとする解釈もあります。ここでも、(漸教自力権門への)「迂回の機情」の意は含有しています。

真実義の「回心」というのは、御本願の他力回向のことですから、一旦、権仮門に入らずに、直ちに「弘願真宗」に入る機も、はじめに、自力回向漸教の他門に入って修行し、弘願門に転入する機も信後は、「一味」なわけです。

>>455の繰り返しですが、

s会では、「弘願門に漸入する機類」(漸機)は、認めてないのでしょうか?

672 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 22:11:11 ID:GOkMljU8
>>664
あなたは、ほのめかすだけでハッキリ断言しませんね。
思わせぶりな態度を取っていれば相手が勝手に何かしてくれるとお思いですか?

673 名前: 元々ぼら夫 2006/02/27(月) 22:26:51 ID:CCW8/WU8
>>666
お前さんさ、人の現代語訳断りもなくうpしといてさ、解説しろって何様なんだよ。
一言断るのが筋ってモンちゃうの?藻前らには社会常識ってモンないの?大人の意見として
ゆわせてもらうよ、恥ずかしいことやけど。ま、明日は忙しいんで、後日総括したるけど。
ホンマ、漏れもお人好しやな〜☆ま、s会だろ〜とH願寺だろ〜と、教学にコンシャスネスなのはえ〜ことや、
ってな思いでやってまつ♪本日はここまで。(^-^)/ホナねん☆


674 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 23:02:24 ID:+kWPM+y+
>>566
>ガッケン部という、会からお金をもらって勧誘を
>おこなう部署ができました。

がっけんクラブじゃなかったっけ?

>そのなかに、公務員との兼任がいることが判明しました。
>法的に問題がないのか調査中です

これって、本当ですか?

675 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 23:22:13 ID:vSWHp/Xs
>>674
「がっけんクラブ」ですよ。
この前の土曜(?)に、がっけんクラブの面接があったようです。
公務員との兼任がいるかまでは知らないです。

676 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 23:25:42 ID:3k1+IMp4
>673

ああ、根拠としてあげたんじゃなかったわけだ。
じゃあ、よけいなもんあげるんじゃないよ。
消えな。

677 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 23:26:29 ID:J5Wa/BRN
>>664
詳細きぼんぬ

678 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 23:39:03 ID:3k1+IMp4
>>671
>ここで言う「回心」の意は、『観経』の経釈の「顕の義」(他門)で言う、「自力の回向発願心」(もちろん、「穏の義」(真宗弘願門)では、これらの経釈の御文は、全て他力回向《他力念仏》
を意味します。)のことであるとする解釈もあります。ここでも、(漸教自力権門への)「迂回の機情」の意は含有しています。

二機対の回心をそう解釈するなら、「信疑対」なんてどう解釈してるの?
疑っているひともいつかは救われるから漸機?
二機対って漸機と頓機の比較だということか?
信前に自力に執してないひとというのはたとえばどういう方ですか?
漸機だけあげて頓機はあげられないのはおかしいだろ。

679 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/27(月) 23:42:38 ID:3k1+IMp4
>>672
>あなたは、ほのめかすだけでハッキリ断言しませんね。

木像の件がはっきりしたら絵像にいきましょう。
やばくなったら話題を変えるのがアンチのパターンですから
二度と木像にはもどれないようにはっきりさせるつもりです。

680 名前: 元々ぼら夫 2006/02/27(月) 23:47:36 ID:CCW8/WU8
寝んねする前にと♪
>>676
先に答えありき(T森君の考え)が、君らの勉強法。故に原文から読む癖をつけさせるために
わざわざまわりくどい方法をとっとるんやん。偉そうな事ゆ〜とる前に、自分自身で
読めるようにスキルアップしな(人の現代語訳にたよらないでもい〜よ〜にさw)。
漏れもちゃんとぐ〜の音もでんぐらいの総括用意しとるから、楽しみに待っててね〜。
ま、月末は、お寺の新聞づくり&発送作業で忙しいので、少しばかりお時間頂戴いたしますが。
m(_ _)mオヤツミ〜☆


681 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/28(火) 01:00:12 ID:z1zqSAL2
ゲヒュ!今だ!肉棒ぶち込めぇ!

682 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/28(火) 01:01:36 ID:rNRjXvjZ
かあさん、「自分は名号本尊を礼拝しているから」と安心するs会会員ってどうかしら?

683 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/28(火) 01:04:05 ID:rNRjXvjZ
>>681や〜だわ、マスオさんったら

684 名前: 通行人 ◆02GH.fBfT6 2006/02/28(火) 01:30:03 ID:tlqXYkC1
659 名前:元々ぼら夫 投稿日:2006/02/27(月) 20:36:39 CCW8/WU8
通行人君は、いつまでダラダラウロチョロしとんのかいな。例のパクリ文章拝見したけど、
はっきし言って完copyじゃないか!もし、漏れの師匠があんな完copy書物を出して、
引用先も述べないようなDQNやったら、顔から火ふく思いになると思うで。弟子として、
当たり前な感覚やろ。そんな当たり前の感覚もわからんよ〜になってもうたん?
ま、先輩として意見が許されるなら「こんなとこさっさと辞めな」とゆわせてもらうわ。
ホンマ、老婆心かもしれへんが、正直というか、普通に思う。ま、元気にな。
(^-^)/ホナねん☆



普通の一般常識からしか見識を述べてない。
これじゃ、自殺行為だといってるんだけどね。


685 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/28(火) 01:30:20 ID:qvtIee4J
>>601
では、以下に答えてください。
こんなことを新聞に書いて徹底的に縁の離れた人をなじる
そんな団体信用できますか?

w部のいう、聞法の敗残者、とは何だろう
聞法に勝ち負けがあるのだろうか?
阿弥陀仏の本願に勝ち負けがあるということか?
その勝ち負けの判定を、W部ごときの人間にできるものなのか?
どうなったら勝ちで、どうなったら負けなのか?
本質的にこの言葉(聞法の敗残者)は教義に反している。
もしこれが自分のやった、情けない破廉恥行為をもみけすため
だとしたら、すべておかしい、まるで稚拙なお遊戯のようだ
有能なネット対策員諸氏よ聞法の敗残者の定義を説明してほしい



686 名前: 通行人 ◆02GH.fBfT6 2006/02/28(火) 01:32:28 ID:tlqXYkC1

たぶん、ボラ夫さんのお師匠さんは珍しい仏法を広めているに違いないよ。

せっかく開発した、珍しい仏法パクられたら、たまらんかもね


687 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/28(火) 01:33:18 ID:qvtIee4J
>>586
まず、自分がどっかの国にいって命がけで布教やってみなよ、
えらそうなこと言うなって、

688 名前: 通行人 ◆02GH.fBfT6 2006/02/28(火) 01:35:07 ID:tlqXYkC1

もともと、僕らは、お釈迦様の言葉のコピーじゃないといけない。
それが仏法者の勤め。

過去、偉大な仏法者だ何だともてはやされる人の中には、それを忘れて、
自説を開陳して自爆してきた歴史があるから、もう勘弁してほしいんだよね。


689 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/28(火) 01:35:33 ID:doH+v/LB
>>686
説く法が同じということと書籍の文章が同じということは全く違う。

690 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/28(火) 01:37:02 ID:TIaQRg8b
応病与薬

691 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/28(火) 01:38:12 ID:z1zqSAL2
さすがゴッグだ、何ともないぜ!

692 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/28(火) 01:39:00 ID:z1zqSAL2
テスト書き込み

693 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/28(火) 01:39:07 ID:qvtIee4J
>>584

S会と蓮如上人時代の違い

1.貧乏人は聞けない
→だれがそんなこといってましたか?
---->月に3回富山にいって、回避、ザイセ、できる人は貧乏人ではない

2.高学歴者ばかり、
→かならずしもそうではない。
 どことくらべていってんの?
3.学生と年寄りばかり
→真宗他派に比べれば学生がいるだけましかと
-------> 否定できないだろ、事実だ

4.金のない人は救われない(続けて聞けないから敗残者になる)
→金で後生が救われるのでしょうか?
------->そっくりそのまま、この言葉を返してあげよう

5.苦しみ悩む、貧しい人、国、生活困窮者などには布教はしない
(富山まで誘うのが大変、成果にカウントされないから相手にしない)
→だれもそんな理由で、布教の有無をきめてはいない。
 海外に関しては、世界の国連加盟国に一人ずつはけんするだけ
 人がいないからだと思われ。
-------->じゃあ、君がまず国連加盟国のどっかに布教にゆきたまえ
    率先炊飯こそすばらしい


694 名前: 通行人 ◆02GH.fBfT6 2006/02/28(火) 01:39:21 ID:tlqXYkC1
>>689
例えば、僕が、人生の目的はこうこうこうですと言ったら、
高森先生のコピーだとののしられるかもしれない。

でも、それが教義的に何が悪いの?
正しいものは正しいとしか言いようがない。

695 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/28(火) 01:42:36 ID:TIaQRg8b
お釈迦様は特留此経と大無量寿経のことを仰っておられます。皆さん
これを機会に真実の仏教を聞かせて頂きましょう。

696 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/28(火) 01:43:19 ID:TIaQRg8b
阿弥陀仏の本願について聞かせてくださるところ、どこか他にありますか?

697 名前: 通行人 ◆02GH.fBfT6 2006/02/28(火) 01:44:50 ID:tlqXYkC1
>>693

1.貧乏人は聞けない。
    その通り。金持ちになりましょう。

2.高学歴ばかり。
    基準が不明

3・学生と年寄りばかり
    社会人は、聞法の障りが多い。人間は基本的に欲に流されやすい。

4.金のない人は救われない
    そう思うなら、金持ちになりましょう。

5.苦しみ悩む、貧しい人、国、生活困窮者などには布教はしない
    気のせい。人的なこともかんがえるべきでは?


698 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/28(火) 01:45:18 ID:qvtIee4J
>>696
阿弥陀仏の本願と聞法の敗残者の関係は?
教義に反すること堂々と新聞に書かれてますが、なにか?

699 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/28(火) 01:46:38 ID:qvtIee4J
>>697
おかげで、金持ちになりますた、

700 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/28(火) 01:48:19 ID:z1zqSAL2
金がないと救われないんじゃなくて、
聞いている人は、仏法聞くために頑張るから
自然に金持ちになるんだと思うお。


701 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/28(火) 01:49:23 ID:qvtIee4J
その割には、ひいひい言ってザイセしている額と、多いぞ、かなり

702 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/28(火) 01:51:37 ID:doH+v/LB
>>694
高森氏から教えてもらったなどときちんと言わなかったらそう言われるかもね。
s会講師は一字一句たがわず高森氏と同じこと言ってもパクリとは言われないだろ?
しかしs会(現or元)講師が無断で、高森氏の名前を出さずに
それを本にでもして出版したらパクリと言われるだろう。

高森氏が会報でやったことは後者なわけだ。

703 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/28(火) 01:59:30 ID:z1zqSAL2
>>702
別に会内で発刊されてる物ばっかりだし、いいんじゃない?

704 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/28(火) 02:00:01 ID:z1zqSAL2
あと、商品として販売してる訳じゃないしね。

705 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/28(火) 02:05:14 ID:MVDVlzMn
>>694
じゃs会はk光を認めるんですね。

706 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/28(火) 02:08:07 ID:z1zqSAL2
>>249
これ見て勉強しなさい、童貞君
#http://www.seioha.com/img/b-001.gif

707 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/28(火) 05:38:03 ID:3vYwUPM8
/





708 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/28(火) 06:53:58 ID:PhJbX0l0
>>688
>もともと、僕らは、お釈迦様の言葉のコピーじゃないといけない。
それが仏法者の勤め。

お前、龍谷大学なんて出てないだろ。
少なくとも仏教を大学で学んだものは絶対にこんなことをいわない。
自分ではなんのことをいわれているのか、皆目わからないのだろけどね。
「お釈迦様のことば」なんて軽々しく書いているところがバ○丸出し。

709 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/28(火) 07:24:06 ID:3vYwUPM8
そんなこという708は仏教を大学で学んだのだろうか?
学んでから言ってよ。


710 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/28(火) 08:10:18 ID:S1o2SfXQ
龍谷大学出てないと書き込んじゃいけないの? (´・ω・`)

711 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/28(火) 09:16:25 ID:Tl0IWfFs
>>709-710
横レスすみませんが、龍谷大学出てる出てないに関係なく、通行人のいっていることは
詭弁ばっかりです。

あと、>>708氏のいうことはわかります。
「お釈迦様の言葉のコピーを守れ!」って龍谷大学を出た人がいう言葉とは
思えないです。仏教を少しでも系統だてて学んだ人ならば、「お釈迦様の言葉」
が意味することの曖昧性をよく知っているはずですから。
お釈迦様自身は著作を一切残しておらず、 一切経は仏弟子たちやバラモン教、
老荘思想などなどの影響を受けつつ成立して きたものの集大成です。
だから一切経のなかにお互いに矛盾する見解が多く見られることも至極当然なことで、
「お釈迦様のことばのコピー」を信じるのは自由ですが、絶対的なものではないということです。

また、s会が「守れ!」といっているお釈迦様のコピーなるものは、実際はs会説に都合のいい説
ばっかりをT森さんが抜き出してきたシロモノではないでしょうか?
涅槃経の「仏法中の怨」云々にしても、親鸞聖人はどこにも言及していないわけで、
もともと元来は日蓮宗系が「折伏」を正当化するために引っ張り出してきていたものを、さらに
T森さんがパクってきたわけで、浄土系では涅槃経の「仏法中の怨」云々から破邪顕正しないものは
仏弟子ではない、などと説教した祖師は誰一人としていなかったわけですが。
そのあたり、シンパさんがたはどう考えますか?

712 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/28(火) 10:05:11 ID:ksHk07K0
>>654
> 本当にこんな人が善知識なんでしょうか?

この人のいう善知識の定義ってのがよく分からないが
蓮如上人は
「善知識の能というは、一心一向に弥陀に帰命したてまつるべし
 と人を勧むべきばかりなり」と言われています。

なんか仏様のような人をさしていっているのかしら。
前からいろいろ言われている神格化論と同じ考えからきている
ように感じます。

最近は、そういう話や言い方は、あまり聞かないけどね

713 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/28(火) 10:14:22 ID:ksHk07K0
>>687
> >>586
> まず、自分がどっかの国にいって命がけで布教やってみなよ、
> えらそうなこと言うなって、

ってえらそうなことを言っているのはどっちだか。
完全にコメンテーターだね。
当事者発言にはもうみえない。
外野であれこれいうなら、おとなしくしてくださいね。

714 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/28(火) 10:20:39 ID:ksHk07K0
>>693
> >>584
> S会と蓮如上人時代の違い
> 1.貧乏人は聞けない
> ---->月に3回富山にいって、回避、ザイセ、できる人は貧乏人ではない
  ここでいう聞けないってのは、富山にいって聞けないってことをさして
  いっているのですか?
 仏法聞けないとはいってないっていう意味だと思うけど

> 2.高学歴者ばかり、
> →かならずしもそうではない。
>  どことくらべていってんの?
  これに関してはノーコメントですか?
> 3.学生と年寄りばかり
> -------> 否定できないだろ、事実だ
  年寄りって発言にひっかかるが、事実だからどうなの?
> 4.金のない人は救われない(続けて聞けないから敗残者になる)
> →金で後生が救われるのでしょうか?
> ------->そっくりそのまま、この言葉を返してあげよう
        ??こっちもそのままお返しします。
> 5.苦しみ悩む、貧しい人、国、生活困窮者などには布教はしない
> -------->じゃあ、君がまず国連加盟国のどっかに布教にゆきたまえ
>     率先炊飯こそすばらしい
 ----->苦しむ人に仏法を伝えると、国外布教がなぜ同一になるのかが理解できません。
      日本にもう苦しむ人がいないって?

715 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/28(火) 12:22:03 ID:NmdLthhl
>>714
1.ここがまさに問題点となる。誰でも救われる、その人の精一杯と
 初めはいいながら、金銭的に、また家庭環境などで皆と同じペースでつづけ
 られないような人に対してさえも、富山にゆけない場合は最終的には、裏切り者呼ばわ
 りし、人間扱いしなくなる。君がどんなきれいごとをいおうが、すでに
 このような扱いを受けて、ひどい精神状態で去っていった人は相当の多数に及ぶ。
 また、今後もそれは繰り返されようとしている
2,3,4、5.現在の布教がこの世の苦しみ悩む人に答えているとでもいうのか?
 現在の会の特殊なルールの中で生きられるほんのわずかな一部の人間が、つづけている
 だけではないか?すべての人、世界中とはいわないまでも、日本中の苦しみ悩む
 人に今のようなやりかたや考え方で、答えられるとでもいうのか?
 もし、肯定的な答えをきみが返すならば、それは余程おめでたい人間であるか
 相当現実がみえていないか、まともに布教したことがないのか、どれかだろうね
 

716 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/28(火) 12:23:29 ID:Tl0IWfFs
>>712
>>5-7は読みましたよね?あと、

>蓮如上人は
>「善知識の能というは、一心一向に弥陀に帰命したてまつるべし
>と人を勧むべきばかりなり」と言われています。

これがs会でいう善知識の定義ですか?
それならば、真宗のお寺の坊さんで「心一向に弥陀に帰命しなさい」
と勧めてさえいれば、みな善知識である、ということでいいですよね。

717 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/28(火) 12:26:49 ID:NmdLthhl
>>713
君が外野だろ、それとも何かやった?まあ、ないだろうね、きれいごとは
やめなって、


718 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/28(火) 18:22:30 ID:Tl0IWfFs
>>688
>もともと、僕らは、お釈迦様の言葉のコピーじゃないといけない。
>それが仏法者の勤め。

浄土系経典ではないのになぜかs会でしばしば勧められる「仏説父母恩重経」
にしても、龍谷大学を出たとされる通行人さんは
「仏説父母恩重経という、お釈迦様の言葉のコピーじゃないといけない。!」
と叫ばれるのでしょうか?会長先生お勧めのお経ですから当然ですよね?

ちなみに父母恩重経は中国で作られた経典です。
鳩摩羅什(344?〜413?)の翻訳とされますが、それ以降に中国人の誰かによって
作られたとするのが定説です。(元高野山大学学長の中川善教氏によると、
664〜695年頃の編纂)。
儒教思想が強い中国で受け入れられるために、親の恩を主題にした内容になった
ようです。

こういう中国で出来た経典を 偽経といって、原典から漢訳した物は真経といいます。
「仏説父母恩重経」は日本では最も有名な偽経と思われます。
他には 「盂蘭盆経」や「善悪因果経」「無量義経」等も偽経です。

s会で、「仏説父母恩重経」を釈迦の直説として重視するというのなら、
当然のことながら「無量義経」も釈迦の直説として重視し、
「お釈迦様の言葉のコピーである『無量義経』を重視しないといけない。」
という主張でないと筋が通りませんよね?
それでいいのでしょうか?

719 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/28(火) 18:34:32 ID:2/ic8iXK
なぜ親鸞会をやめたかを読んで をみてみたら なんか更新されてた

マインドコントロールとは何か? だそうな。
http://mindcontrol.skystorm.net/


720 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/28(火) 18:40:25 ID:S1o2SfXQ
今日は静かで平和だと思ってたのにまた沸いて出てきた・・・

721 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/28(火) 19:06:38 ID:VzFdZ/ur
>>719 あああ、今回も反論先へのリンクはないんですか
それにしても、なんか煙に巻いてるような内容だな

722 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/28(火) 19:26:26 ID:Tl0IWfFs
>>719
>「宗教団体ということをカモフラージュしている」
>学生さんの活動のことをさして言っているのでしょうが、
>大学生が、キャンパスで親鸞聖人の教えを伝えたいとき、
>別に「浄土真宗親鸞会で〜す」とあえて名乗ることもないでしょう。

>大学のサークルとして勉強するのですから、自由ではありませんか。
>サークルに入部したら、親鸞会に入会したことになっていた、などと
いうことも、もちろん、なかったはずです。

全然進歩がありませんね。

親に嘘をつくことを配慮と名づけて正当化したり、
身分の詐称をしたり、
信心の詐称をしたり、
宗教ではない、と嘘をついてきたなど、
もろもろの悪行に対しては少しも反省も言及もなしでしたね。

723 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/28(火) 19:41:37 ID:30Yuoyyg
>>722
>「宗教団体ということをカモフラージュしている」
>学生さんの活動のことをさして言っているのでしょうが、
>大学生が、キャンパスで親鸞聖人の教えを伝えたいとき、
>別に「浄土真宗親鸞会で〜す」とあえて名乗ることもないでしょう。

もうだめだね、この団体は。
上記の文章と、部室住所一覧を、親鸞会のサークルのある大学に送ったらどうだ。
あと、各部室の前に、これを貼り付けておくとか。


親鸞会部室住所一覧
/jusho.html


724 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/28(火) 19:46:19 ID:sZogcrPW
シンパ「下付された絵像で『本尊』と裏書されたものはない。『本尊』とあるのは名号だけ」と裏書の効力を前提に主張

アンチ「裏書に『本尊』とある絵像もある」と史料を掲示。

シンパ「裏書なんて証拠としての効力ねーよ」と主張。
へ?んじゃ、方便法身尊号の裏書に「本尊なり」とあっても、それにも証拠としての効力はないっていうこと?

シンパの最初の主張してた人、どうしちゃったんですか?
ところで、s会公式HPでは
親鸞聖人ご真筆の六字名号の裏書に「「方便法身尊号」とあるから、本尊として用いられたのは明らかです」とかいって
裏書の効力を認めているんですけど。
「裏書では証拠にならん」とか言ってるシンパは、s会のHPの記述には同じ疑問を抱かないのかな?

725 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/28(火) 19:49:14 ID:z1zqSAL2
>>724
流れを捏造しないでください。
おながいします。

726 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/28(火) 20:28:32 ID:UQQdSzsq
>アンチ「裏書に『本尊』とある絵像もある」と史料を掲示。

シンパ「裏書なんて証拠としての効力ねーよ」と主張。

どこにこんなこと言った?
史料集成に「本尊也」と裏書されている絵像で
蓮師の御真筆と認められるものはないんだよ。

「木像本尊には根拠がない」という話がOKなら
次、絵像本尊の話にいきましょうか?
木像本尊の話はこれで決着だから
二度と山科御坊を根拠に出さないでくれよ。


727 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/28(火) 20:44:45 ID:I2NWiY9p
最近、シンパの釣りもレベル低くなったなと感じるんだが
これも錯覚だろうか。

728 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/28(火) 20:53:19 ID:I2NWiY9p
工作員サン、あと272レスですよ。

729 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/28(火) 21:06:58 ID:z1zqSAL2


730 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/28(火) 21:37:24 ID:L8m5RHG+
>>726
木像本尊の話ではなく、
「親鸞聖人が木像絵像を廃して名号本尊にせよと仰った」
という根拠の話ではありませんでしたか?

そして、未だに根拠は出ていないんですが。

ちなみに、何度も指摘されているように、
覚如上人の「あながち云々」という御文は
全く根拠になりませんので悪しからず。

>木像本尊の話はこれで決着だから
>二度と山科御坊を根拠に出さないでくれよ。

まあ、ボラ夫さんのレスがつくのをまとうじゃないですか。
そう早急に結論を出すような問題ではないでしょう。

731 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/28(火) 21:55:45 ID:WY7jsQFk
>>678
>二機対の回心をそう解釈するなら、「信疑対」なんてどう解釈してるの?
>疑っているひともいつかは救われるから漸機?
>二機対って漸機と頓機の比較だということか?

(二機対は、)自力と他力の比較に決まってるじゃないですか。
信=他力 疑=自力
二教対とワンセットで「他力真実本願一乗円満海の機教」をあらわしたものです。

「定散二善・三福九品の教」=浄土の要門(自力仮門=浄土仮宗:自力回向)

「本願一乗海」=浄土他力真実の宗(浄土真宗:他力回向)

>信前に自力に執してないひとというのはたとえばどういう方ですか?
>漸機だけあげて頓機はあげられないのはおかしいだろ。

また、ループですか(>>506)参照。
信前に「元品の無明」(自力疑情)の無いひとはいません。
「(自力)疑情がある」というのと、「権仮の自力宗(他宗)門の修行をしている」というのとを、
混同してません?
信前の人全員が、仏門に入って、自力回向の実践修行をしているわけじゃないのは、当然です。

聖人は、自ら過去の他宗他門に迷ってきた遍歴を告白されて、自分のように自力回向の他宗を迂回
することなく、皆が、今直ぐに、御本願を聞信することを勧められてのであって、誰が、「頓機」だ
の、「漸機」だのという詮索は、問題ではありません。
御本願は、一切衆生が相手であり、「仏願をお聞かせいただく」(聞其名号)には、何の「条件」も
「制約」も、「方法」もありません。真宗(弘願門)は、自力の御修行をなさっている方も、仏道修
行などしたこともない方(大多数の方が、そうだと思いますが)も、”今直ぐ、此処で”「回心」
(阿弥陀様のお心《発願回向》=御名号)をいただいて、入らせていただける、現在、一切衆生の眼前
に開かれている門です。

732 名前: 名無しさん@3周年 2006/02/28(火) 22:44:52 ID:z1zqSAL2
君を抱きしめたい

733 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 00:00:27 ID:rNRjXvjZ
本スレ住人にとって共通に敵視される
N根先生のダミサ活動が暴かれつつあるようです。

790 :名無しさん@3周年:2006/02/28(火) 12:43:26 ID:4RQn9jwM
ついに教祖登場!噂のメンタルヘルス友の会
http://www.tanteifile.com/tamashii/scoop_2006/02/28_01/index.html


734 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 00:05:25 ID:el1MM4AR
186 名前: 名無したん(;´Д`)ハァハァ [sage] 投稿日: 2006/02/27(月) 03:13:30 ID:pddtP8J+
今世紀最大の爆撃
#http://gaibusyou.mine.nu/file/html/81a.html
#http://up.spawn.jp/file/up12599.jpg
#http://kasamatusan.sakura.ne.jp/cgi-bin2/src/ichi26263.jpg.html
#http://turibori.net/sup/300k/src/up1275.jpg
#http://nigauri.sakura.ne.jp/src/up4434.jpg
#http://turibori.net/sup/300k/src/up1274.jpg.html
#http://www.trasher.ru/foto/trasher/trasher.jpg
#http://kasamatusan.sakura.ne.jp/cgi-bin2/src/ichi26265.jpg.html
#http://nigauri.sakura.ne.jp/src/up4433.jpg.html
#http://vicodinbuyonline.narod.ru/hydrocodone-vicodin.html
#http://kasamatusan.sakura.ne.jp/cgi-bin2/src/ichi26266.jpg.html
#http://bebe.run.buttobi.net/up/src/be_0543.jpg
#http://xanaxbuy.just404.com/xanax-online.html
#http://up.vip2ch.com/vipper2560.jpg.html
#http://nigauri.sakura.ne.jp/src/up4432.jpg


735 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 00:06:14 ID:el1MM4AR
今世紀最大の誤爆・・・orz

736 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 00:08:02 ID:8fuhRb+c
↑K玉さん乙

737 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 00:09:38 ID:el1MM4AR
因みに>>734は、ブラクラが混じってるらしい・・・
ホントにスマソ

738 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 00:20:12 ID:rRL2X9aG
../../life7_psy/1140/1140844380.html
次スレはこちらですか。

739 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 00:22:26 ID:el1MM4AR
立て直した方がよくね?

740 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 00:24:32 ID:NM3Mu7WT
なんで?

741 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 00:25:40 ID:el1MM4AR
まとめサイトくらい>>1に入れろよ・・・、と

742 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 00:28:36 ID:NM3Mu7WT
次から入れてもらうしかないよ。
コピペミスだったんだろ?たしか

743 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 00:29:24 ID:el1MM4AR
ほほう

744 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 00:31:51 ID:el1MM4AR
ってちょっと待った、どうやったらあんなのコピペミス出来るんだ?

745 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 00:32:28 ID:el1MM4AR
まぁ誤爆した俺が言うのも何だが・・・

746 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 00:38:27 ID:NM3Mu7WT
>>744
えっ?知らん。俺もぎもんにおもったけど、本人がああいうんだからね(呆。
次の様子を見て決めようと思う。
あれはおそらくシンパが立てたスレだと思うけど、次まちがいがあったらまずいだろうね。
親鸞会のイメージを悪くしないでほしい。


747 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 06:30:40 ID:kXcnJi1C
ところで、「神風特攻隊」なるものについては、靖国神社のHPに、極めて醜いコメントが
あるのを発見しました(2001年夏)。「自分の命を捨ててまで敵艦に突入
するように教えたのは上官ではなく、血気盛んな若き特攻隊員本人たちが自ら
志願した」云々と言うのです。そこには、日頃、自分たちが撒き散らしていた
狂った思想に汚染されて、罪もない若者たちがそこまで毒されてしまったこと
、自分たちが彼らをそこまで追い詰めてしまったことの反省など微塵もありま
せんでした。しかも、靖国神社自身は太平洋戦争を今でも「大東亜戦争」と呼
んで正当化しているのですから、「自分の命を捨ててまで敵艦に突入するよう
に教えたのは上官ではなく」という言い草は極めて中途半端な言い逃れであり
ましょう。戦場で部下を見捨て逃げてしまう卑劣な上官と同様、今でも、自分
の身を守ることしか念頭に無いのでしょう。何とも、おぞましい「神社」ですね。

総理大臣を筆頭に、「論理的には、できないこと」つまり「本来、やってはい
けないこと」をも、平然とやってのけ、「文句あるか」と開き直るのですから

、どんなに経済的に発展し、物質的に豊かになったとしても、日本は、まだまだ
「田舎者国家」の域を脱していないのでしょう。

748 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 07:18:12 ID:el1MM4AR
それは当会に対する皮肉と取って宜しいのでしょうか?

749 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 07:20:00 ID:HUz6G57w
あんたら、まだやってるの?好きだねえ。

750 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 07:20:30 ID:HUz6G57w
私はこんなところもう見ないよ。

751 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 07:21:01 ID:HUz6G57w
じゃあ、みんな体に気を付けてな!

752 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 07:31:37 ID:el1MM4AR
>>749-751
と言いながらちゃっかり3レス稼いでくのね。

753 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 08:30:43 ID:JRRt3G81
>>731

>(二機対は、)自力と他力の比較に決まってるじゃないですか。
信=他力 疑=自力
二教対とワンセットで「他力真実本願一乗円満海の機教」をあらわしたものです。

じゃあ、なんで回心の『機』に信後があったり
直入の『機』に「直入前」があったりするんですか?
自力の者も信心を獲れば信後ですが
自力の機と他力の機の比較に 「自力の機が他力になったとき」と
「他力の機が自力だったとき」を持ち込んで話するからおかしいと
言っているんですよ。
回心の機は自力の機。
『転入』というのは「選択の願海に転入」された一念の信心つまり他力を
表されて、それが信前信後阿弥陀仏のお導きであったことを告白された
お言葉じゃないですか。


>「(自力)疑情がある」というのと、「権仮の自力宗(他宗)門の修行をしている」というのとを、
混同してません?

ループしてるのはあなたです。
三願転入というのは他宗他門のことだけであって信前自力のことではないと
いうことでよろしいでしょうか?
浄土真宗の教えを聞いていても19願の念仏を称えているひともありますし
20願の念仏を称えているひともあります。
このひとたちは他宗他門の修行をしているなら
「信前のひとで他宗他門の修行をしてないひと」というのはどういうひとなんですか?


754 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 09:06:32 ID:eqi2UFfj
W部さん十分説法覚えましたか?
今度の会合でちゃんと聞いてるからね!

学友部担当講師より

755 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 10:58:53 ID:GFEc6BKE
所詮、ただの匿名希望の掲示板なだけですから
もっと、うまく使う方法はないのかなぁ
この板が、もっと楽しくなるとか、読むと幸せな気分になるとかね。
んんん、皆が楽しくなるような事を書いていけばいいのかなぁ
雰囲気に流されないようにするのは、非常に難しいけど。
などと考えている今日この頃です。さあ皆の力で変えていこう


756 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 10:59:34 ID:GFEc6BKE
2ちゃんねるは書き込む全ての人に何も良いことが無いと思っています。
荒らしによって沢山の人が傷つき、また荒らしに走る人達も自分の人間としての質を自らおとしめている事に気づいていないのだと思うのです。
2ちゃんねるで人を中傷するような批判の書き込みをすることでストレスを解消している人が中にはいるかもしれない。
人を打ち負かすことで一時の優越感に浸る快感を覚えて何度もここに来る人もいるかもしれない。
そういった欲がいったん走り出したらなかなか簡単に止まるものではないと思うのです。
そしてその邪心に満ちた欲を促進しているのがこの■2ちゃんねる■。
(ちなみに荒らし行為をする人が邪心に満ちているという意味ではない。あくまでも「欲が」です。あしからず。)
これ以上、人が争って傷ついたり憎しみを持ったりするところを見たくありません。
また芸能人・アーティストの批判スレに関しても、友人同士などの間で批判や悪口などはまだいいのですが、(ファンにとっては良くないのですが)
叩かれている本人達が目にする機会があると知っていながら、書き込むなんてタチが悪すぎます。
度を越しています。


757 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 11:00:09 ID:GFEc6BKE
2ちゃんねるに初めて投稿する際、投稿の確認(規約と自分の投稿内容)が出ま
すが、自分の入力内容のミスを発見し修正する為バックした場合(もちろんバッ
クする際には規約は読まなくてよいし、普通もう一度表示されると思う)、修正
後「書き込む」ボタンを押すと確認が表示されずに投稿されます。この場合はそ
もそも規約に同意するかどうかさえ問われなかったわけですから、規約は無効です。
しかし実際には規約に同意した人による投稿も規約を知らない人による投稿も同
等に扱われています。
そのため、規約に同意していない人による投稿も規約に同意したものとして扱わ
れ、無断で転載されている可能性が高


758 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 12:05:05 ID:/kmE/XH9
>>755-757

>>1 をよく読んでください。
決められたルールを守れない人はただの荒らしです。
2チャンネル批判はほかでやってください。

759 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 12:47:10 ID:kVV3AbbD
講師部員や親友部員が、行事の日に会館内で使っているPHSって、
全国の支部長や親友部員が、店で購入してすぐに解約し、本体だけ手に入れて、自分たちで自由に使っているけど、
あのような方法で200台も300台ものPHSを手に入れて、会館内で自由につかっているのを聞くと、
こんなことをしてもいいのかな、と違和感を感じてしまう。
しかし、本人たちはいたって平気です。

こんなことを組織的にやっているから、信用を失ってゆくんじゃないの?

760 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 12:53:06 ID:L+w5hqM5
>>730
>木像本尊の話ではなく、
「親鸞聖人が木像絵像を廃して名号本尊にせよと仰った」
という根拠の話ではありませんでしたか?


もともと山科御坊の木像を根拠に「木像本尊でもかまわない」
と言い出したのはアンチでしょ?お忘れか?

それに、本尊論争の件を話してたところへ
突然、顕正新聞の言葉の根拠を求めてきたり
覚如上人は廃して、親鸞聖人のお言葉しか根拠にならないと
限定してきたのはアンチではないか。
横レスだから後にしてくれないかな。
わざと話題をそらしてるのはわかるんだけど、邪魔だし。
木像本尊の件に片がついたら順に話したげるよ。
木像本尊の次は絵像本尊。

心配しなくても
御本尊の件は、はっきりさせるまで終わらせない。
うやむやにはさせない。





761 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 13:04:03 ID:/kmE/XH9
>>760

心配しなくても
会長の盗作疑惑、ダミー偽装サークル勧誘など、
倫理道徳云々以前の悪行の件は、はっきりさせるまで終わらせない。
うやむやにはさせない。

762 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 13:04:48 ID:dVBrI/oW
>>759
内線PHSは会から貸与されているものだそうです。

763 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 13:07:21 ID:2Ib28lB6
「本尊なおもって観経所説の第八の像観より出でたる丈六八尺
随機現の形像をば、祖師あながちに御庶幾御依用にあらず
天親論主の論文、すなわち、帰命尽十方無碍光如来をもって
真宗の御本尊とあがめましましき」(改邪鈔)

この根拠は前スレでも出した
アンチは覚如上人の書かれた改邪鈔は親鸞聖人が仰ったという根拠にならないと
逃げているが、文中にハッキリ「祖師」と書かれてある
祖師というのは親鸞聖人のことに間違いないと思うんですけどねえ?

764 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 13:13:37 ID:/kmE/XH9
>>760
>覚如上人は廃して、親鸞聖人のお言葉しか根拠にならないと
限定してきたのはアンチではないか。

また病気がはじまった ヽ(´ー`)ノ 。
誰が覚如上人を廃したの?具体的にあげてみてください。
親鸞聖人がこう言ったというからどこで言っているんですかって
聞いていただけでしょう?
この程度の質問に即答できないなんて、
無責任極まりない会ですね(●`Д´ ●#)。

>横レスだから後にしてくれないかな。

そんなにもったいぶるほどのことじゃないでしょう。
要するに、答えられないんでしょ(¬_¬;) ?

765 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 13:16:27 ID:kVV3AbbD
>>762
>内線PHSは会から貸与されているものだそうです。

会は、あれだけの数のPHSをどこから手にいれたの?


766 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 13:34:29 ID:/kmE/XH9
>>763
「祖師あながちに御庶幾御依用にあらず 」なんて根拠になりえません。
「あながち」の親鸞会解釈は例外的であり、一般に認められていない解釈です。

>親鸞聖人は、「木像絵像本尊を廃して御名号本尊とせよ」
>とご教示になったのです。

この文章が二重に間違っていることは自明でしょう。

第一に、親鸞聖人の第一史料において、「本尊」の語は一切用いられていないこと。
第二に、いまだに親鸞会は、「親鸞聖人が木像絵像本尊を廃した」ことをその著作において
根拠を出せないこと。親鸞会のいうように真宗教義の根幹にかかわる問題であるならば、
親鸞聖人の著作から根拠を出せて当然ではないでしょうか?

767 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 13:37:12 ID:eqi2UFfj
W部さんくだらない反論サイト作ってないで
早く十分説法覚えて下さい。


あと、最近新聞の内容が軽いです。これも何とかして下さい。

768 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 14:51:01 ID:eqi2UFfj
新聞の内容も中身もペラペラで、話しになりません。

新歓の準備で忙しいのかも知れませんが、もう少し真面目に作って下さい。

お願いします。


769 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 14:56:21 ID:V88qINoY

http://gaibusyou.mine.nu/file/data/wheel.wmv

770 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 15:10:14 ID:dVBrI/oW
>>765
買ったんでしょ。

それにしても、秋葉に行けば、PHS本体なんてゴミのように売られている。
そんなジャンク品じゃないとは思うけど。

771 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 16:31:01 ID:2Ib28lB6
>>759
会館内で使うだけだから何の問題も無いんだけど

772 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 16:33:39 ID:eqi2UFfj
支部長がピッチは一人一人がドコモショップで新規契約して、
解約したって言ってた。

お金は本会からでたと言ってた。

本当なら大問題だけど、なんか自慢げに言ってたから問題ないのかな?

773 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 17:09:21 ID:TrFPZxrx
もうすぐ、会館で使われるPHSがウィルコムになると聞きました。
一般会員にもウィルコムが勧められています。

774 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 17:23:13 ID:YNv9Fa/v
>親鸞聖人がこう言ったというからどこで言っているんですかって
聞いていただけでしょう?

だからこれが横レスだっていってるの。
「覚如上人のお言葉が根拠にならない」っていうんだから「廃してる」んだろう。


もともと山科御坊の木像を根拠に「木像本尊でもかまわない」
と言い出したのはアンチでしょ?お忘れか?
その決着をつけてからにしてくれる?
邪魔だから。


775 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 17:30:08 ID:YNv9Fa/v
>要するに、答えられないんでしょ(¬_¬;) ?

だってアンチは仏教用語がわからないんだろ。
難しい言葉は根拠にならないって言われたら、そりゃ答えるのは難しいよ。
必堕無間の話で「そんな重要なことならもっとわかりやすく言われてるはず」
とか言ってなかったか?
こんな連中に御聖教の言葉をわかりやすく出せ、と言われてもねえ。
順番にわかるところからいくしかないじゃない。

木像本尊の根拠がないのはわかりやすくていいんじゃない?
そこらへんからはっきりさせていこうじゃないの。
幼稚園程度から。


776 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 17:32:14 ID:eqi2UFfj
あほですか

シンパにこんなバカがいるから俺たちが恥ずかしい思いすんだ

とっとと失せろ

777 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 17:45:21 ID:2Ib28lB6
>>776
俺たちってどんな人たちのことよ?
あなた会員?

778 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 17:55:28 ID:0treh+wz
>>753

>三願転入というのは他宗他門のことだけであって信前自力のことではないと
>いうことでよろしいでしょうか?

順序が、前後しますが御了承ください。
親鸞聖人が、言われている「要門」→「真門」→「弘願門」の「三願転入」が、「他宗他門より真宗への転入」のみを意味するのか?ということでしたら、YESです。
「真宗」とは、「選択の願海」であり、「要門」(「万行・諸善の仮門」と言われてますね)「真門」(「方便の真門」と言われてますね)とは、他宗他門のことであることには、疑問の余地は無いと思います。

>浄土真宗の教えを聞いていても19願の念仏を称えているひともありますし
>20願の念仏を称えているひともあります。

「浄土真宗の教え(浄土真実の「教」、浄土真実の「行」「信」「証」とは、一体です)を聞いて(聞信して)」(選択の願海に入って)いれば、19願、20願の念仏を称えることはありえません。

779 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 17:58:16 ID:0treh+wz
>>753つづき

>このひとたちは他宗他門の修行をしているなら
>「信前のひとで他宗他門の修行をしてないひと」というのはどういうひとなんですか?

例えば、「要門」に入って実践しようとすれば、自力「菩提心」(度衆生心)を発し、「万行諸善」(六度万行)を修行しなければなりません。
「いまわたくしにいはく、諸経の行業、総じてこれをいへば、『梵網』戒品を出でず。別してこれを論ずれば、六度を出でず。」(『往生要集』下巻)
六度(万行)の実践の為には、「菩薩戒」(梵網戒)を持し(適当な師がいない場合は、「自誓受戒」も許されますが、先ず「受戒」しなければなりません)、
「肉食」(一般に戒律が厳しいと思われている上座部仏教の『四分律・具足戒』より『大乗(菩薩)戒』の方が、こと「肉食」に関しては、よりシビアとも言われます)も、
「飲酒」も、「邪淫」も、「(韮や葱などの)五辛を食すこと」なども、原則としてできません。「非戒無戒」「末法相応」「在家止住」の真宗弘願門とは、まさに対照的な
御宗旨ですね。
このような、実践をする自力の御宗旨に入門修行してはじめて、「他宗他門の修行をしている」とは言えるでしょう。
勿論、親鸞聖人のように、上記のような、「自力他宗他門の修行」をしたことがなくても、仏様の私にかかった願いの深さ、これまでの永い御育ての妙を御味わいさせていただ
くなかで、自分の心境を内省的に振り返らせていただく段で、根深い善悪相対の「(19願的、20願的な)信罪福の心」(自力疑情)を反省させれ、聖人の告白に、自己の
心境をアナロジカルに重ね合わせていただくことはできますが。しかし、これは、聖人のように「『要門』『真門』の自力修行をしている(た)」というのとは違います。尚、
これにつきましては、私が、偶々みつけた↓のサイトにおける、終わり近くの「三願転入」についての返信が御味わい深いです。どんな方かは存じ上げませんが、個人的には、
大変有難いお説だと思います。御参考までに。
#http://web.kyoto-inet.or.jp/people/shiunji/post/qa2005.html

780 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 18:00:47 ID:0treh+wz
>>753つづき

>じゃあ、なんで回心の『機』に信後があったり
>直入の『機』に「直入前」があったりするんですか?
>自力の者も信心を獲れば信後ですが
>自力の機と他力の機の比較に 「自力の機が他力になったとき」と
>「他力の機が自力だったとき」を持ち込んで話するからおかしいと
>言っているんですよ。

「教機」合わせての「自他力」の廃立決判の御教示の段で、「漸入(転入)」(の前提となる
「自力宗(要門・真門)への入門」)を廃して、「他力真宗(弘願門)への直入」を立てられているからですよ。
一旦、自力宗に入門してなければ、(自力他宗からの)「転入転宗」とは言いませんからね。

例えて言うと、一旦(今は)、甲学校に入学して、後で(将来)乙学校に転入することをお勧めなのではなくて、今、
乙学校に入学することをお勧めなわけです。
この場合、今、「甲学校への入学」は、お勧めではなくて(廃されていて)、「乙学校への入学」が勧められ(立てられ)わけです。

「漸入(転入)の機(漸機)」「直入」(直往)の機(頓機)」って、「『不了義教(権教)』を経由して(権門から転宗して)
『了義教』(真実教)に入る機」と「はじめから、『了義教』に直入する機」のことで、私はあまり知りませんが、s会の方は、好
きらしい「唯識」(や如来蔵)などの「中期大乗」ではお馴染みの概念(『解深密経』など)で、「了義教」(真宗)と「不了義教」
(権仮宗)とでは、「宗旨」「宗門」「教え」「法門」が異なるのは当然だと思いますが。

後、親鸞聖人は、その著書において、「要門・真門」を経由せずに、「弘願門」に入る「直入の機」を否定している個所は無いと思い
ますが、異論があれば、お聖教の御文を教えていただけますか?

781 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 18:53:35 ID:/kmE/XH9
>>774
>「覚如上人のお言葉が根拠にならない」っていうんだから「廃してる」
>んだろう。

滅茶苦茶な理屈ですね。もしあなたが、

「覚如上人を廃して」と、
「覚如上人のお言葉では根拠にならない」
が同じ表現に聞こえるとしたならば、

>幼稚園から
とか、
>だってアンチは仏教用語がわからないんだろ
とか、野卑な言葉で匿名をいいことに他人を嘲って見下せるような資格などは
あなたにはもともと無かったということになると思います。

必堕無間の話でも、
>「そんな重要なことならもっとわかりやすく言われてるはず」
なんて書き込みを見たことはありませんが。

それといつも感じるんですが、アンチの多様性を認めず、アンチは全員同じような
教義理解・教義解釈、って頭から決め付けていませんか?

また、親鸞会はいつでもどこでも相手の要望どおり真実開顕するし、逃げないって
公約しているようだからたずねているんですが、それは嘘だったということですか?

782 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 18:54:33 ID:FJUx6Lbk
会が今度イミズ市内に宿泊施設を建てるらしい。
詳細キボンヌ

783 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 19:00:31 ID:kVV3AbbD
>>782
>会が今度イミズ市内に宿泊施設を建てるらしい。
>詳細キボンヌ

それって、ホント?誰がいってたの?
親鸞会、また何かたてるのか…まだまだ、お金あるのかな?

784 名前: 元々ぼら夫 2006/03/01(水) 19:14:13 ID:bMLE8IzT
乙〜♪
ただいま帰りますた。お寺の新聞づくり&発送作業をなんとか明日までには仕上げな
ならんので、それがすんだら、総括をカキコしまつ☆決着つけたい人、もうしばらく待っててねん。
しかし、決着って・・・w。史料のおベンキョに、んなもんあるんかいな。何か、温度差の
違いに、ちと笑っても〜たw。s会にとっては大変なことみたいなんね。(^-^)/ホナマタ〜☆


785 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 19:18:47 ID:TrFPZxrx
>>782-783
正本堂に1万人参詣すると、今まで以上に宿泊施設が必要になるということで、
宿泊施設をつくろうという計画があるようです。
2月には、宿泊施設についてのアンケートが各地区でとられていました。
これ以上のことは、まだ聞いていないですが、
宿泊施設ができるのはまだ先の話だと思います。

786 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 19:32:19 ID:mkEF2JYr
三塗苦難ながくとぢ 但有自然快楽音
    このゆゑ安楽となづけたり 無極尊を帰命せよ


787 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 19:33:15 ID:mkEF2JYr
十方三世の無量慧 おなじく一如に乗じてぞ
    二智円満道平等 摂化随縁不思議なり


788 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 19:34:05 ID:mkEF2JYr
弥陀の浄土に帰しぬれば すなはち諸仏に帰するなり
    一心をもちて一仏を ほむるは無碍人をほむるなり


789 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 19:39:26 ID:H2iv9Une
>>785
総工費いくらの予算?

790 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 19:41:33 ID:eqi2UFfj
ネット対策、虚しく有りませんか?

791 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 19:49:08 ID:TrFPZxrx
>>789
総工費はわからないです。
そもそも、どういった感じの宿泊施設になるかも、まだ決まってないと思います。

792 名前: 渡海 難  ◆Fe19/y1.mI 2006/03/01(水) 19:50:41 ID:BjXPZeUa
>>760
>覚如上人は廃して、親鸞聖人のお言葉しか根拠にならない

 当たり前じゃないのか。覚如が何だかんだと言っても、親鸞が肉筆でもって、「形像に向か
え」と言っているんだ。親鸞の弟子を名乗る者が形像に向かって何がおかしいんだい?。真宗寺
院は、一応、親鸞の弟子を名乗っているんだ。今時、覚如の弟子というのは、親鸞会だけだろう。

 「祖師あながち御庶幾御依用にあらず。天親論主の礼拝門の論文、すなわち「帰命尽十方無碍
光如来」(浄土論)をもって、真宗の御本尊とあがめましましき。」

 これは、覚如の誤解かも知れない。勘違いかも知れない。作為的な虚構かも知れない。あるい
は、長い人生の中で、そういう一時期もあったかもしれない。原因は分からんだろう。

 「前に生まれん者は後を導」け。前に生まれた親鸞はなんて言っているんだい?。「形像に向か
え」と言っているんだよ。門弟には、わざわざ文字で、証拠が残るように言っているんだ。
 「後に生まれん者は前を訪え」。後に生まれた我らは、どう教わるんだい?。「形像に向かえ」と教
わってるんだよ。

 親鸞は、肉筆をもって「形像に向かえ」と言っている事実を忘れなさんなよ。親鸞と覚如が矛
盾したことを言っていれば、覚如に基づけというのは、親鸞会だけだ。祖師は名号を崇めていた
と覚如が言えば、親鸞がそれと矛盾する内容の遺文を弟子に肉筆で残していても、その肉筆の遺
文を無視し、覚如に従えというのか。教義ご都合主義の親鸞会は、会の名前を高森覚如会したら
どう?。

 親鸞の考えを否定して嘘を教えるのは、高森嘘つき会のお家芸。早く解散したらどうよ?。

793 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 19:55:11 ID:eqi2UFfj
確かに宿泊施設のアンケートはありましたね。

またご報謝募られるのかな?本当に親鸞会はハコモノ作るのが好きですね。

794 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 20:40:37 ID:dVBrI/oW
温泉掘り当てればうまくいくかも。

795 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 20:42:29 ID:dVBrI/oW
>>792
>親鸞は、肉筆をもって「形像に向かえ」と言っている事実を忘れなさんなよ。

それはどこにでしたっけ?

796 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 21:02:22 ID:kVV3AbbD
>>754

「根にもつな もてばいつでも 噴火口」(高森先生)

高森先生「W部君、ネット上に自分のことがいろいろ書かれているそうだが、根にもってはいかんぞ」
W部さん「しかし、あまりにもひどすぎます・・・先生、私はどうすればいいのでしょうか?」
高森先生「そうか、そんなに苦しいなら、仏法を叫べばいいのだ。今度の御法話でアシスタントをせんか?」
W部さん「わかりました。がんばります!!」

数日後・・・

高森先生「W部くん、君は最近10分説法を全然話しとらんみたいだな。この間のアシスタントでも、間違いだらけだったじゃないか。
     学友部担当講師からも、『W部弘宣部長の10分説法は聞いたことがない』と報告が来ているぞ。」
W部さん「・・・すみません。もしかして、それを知ってて、先生は私をアシスタントにされたのですか?」
高森先生「大衆の前で、あれだけ間違ったら、君も少しは反省できるだろう。
     ただ、根にもってはいかんぞ。わしは善知識だからな。分かったな。
     そうだ、君のために歌を作ってやろう。」

こうして、上記の歌がつくられたそうです。

797 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 21:15:32 ID:dVBrI/oW








知 ら な か っ た !










798 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 21:16:07 ID:dVBrI/oW
と、言ってみる。

799 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 21:16:56 ID:el1MM4AR
>>796
作り話乙

800 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 21:35:51 ID:rrRD8L/1
>>697
1.貧乏人は聞けない。    その通り。金持ちになりましょう。
4.金のない人は救われない。 そう思うなら、金持ちになりましょう。

遠方の学徒が実際にフルに活動・御法謝なりすると、月10万、15万と
かかってくるので、貧乏人では給料の大半となってしまい、どこかに歪が
生じてくるかと思うので、金持ちにはなった方がいいというのは賛成です。

色や、番号で暗に示すのもいいのかもしれませんが、
このようにはっきり言ってもらえれば判り易くていいと思います。

また一般の会員がお金持ちになれるように、そのための勉強や活動(就職活動含)
を否定したりしないことも必要になるでしょう。

ただ貧乏人だから、なんだ!という雰囲気に陥ってしまわないように気をつける
べきだと思われます。

801 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 21:38:08 ID:WEO7qK+4
>>796
爆笑
W部さん、次のアシスタントでは十分説法期待してるよ〜!

802 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 21:39:37 ID:dVBrI/oW
W部さんLOVEスレは、ここですか?

803 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 21:52:15 ID:eafpOeqH
>>800
貧者の一灯って知ってる?


804 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 21:56:31 ID:rrRD8L/1
>>803
貧者の一灯は尊いが、貧者でいいという意味ではないと理解しています。

805 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 22:00:23 ID:0Q6Qj0Zo
#http://www.uploda.org/uporg325164.jpg

806 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 22:09:32 ID:TRCPxr5y
宿泊施設 聖本堂の借金もまだなはずです。それなのに横暴だね 泊まる人は
どうやって決めるの・・・ 働く人はどうするの

どこに建てるの・・・月に3日 年間と押しても30日ぐらいのために無駄なものを





807 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 22:29:12 ID:olMB8eCE
電光朝露の夢、幻がさめた時、死出の山路、三塗の大河をたった一人で渡ってゆかねばならぬわが身の姿に泣くのです。

808 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 22:30:23 ID:olMB8eCE
生まれてくるのも、死んでゆくのも一人ぼっち。独生独死独去独来の人生を、
無底の暗黒に向かって生きているのが、すべての人間の実相ではないでしょ
うか。



809 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 22:30:54 ID:FJUx6Lbk
>>800
いうまでもなく、すでに金によって人間の程度の階層がはっきりと示され
ています。
程度の低い人は早く、金を積んで高貴なレベルにあがれるように、みなの
旨にその階層をネームプレートで表示してあります。
さあ、どんどんレベルあっぷしてください、とりあえず今年中に銀バッチ
が目標です

810 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 22:31:20 ID:olMB8eCE
ある精神科医は、「4、50代になって、ふと『こんなはずではなかった』
の思いに襲われる人は珍しくはない」と言っています

811 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 22:33:22 ID:FJUx6Lbk
>>806
各四部に建設費用と毎月の宿泊人数の目標を決めて、四分町を恫喝して無理やり達成さ
せるだけじゃ、簡単

812 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 22:34:33 ID:kVV3AbbD
親鸞会精神科医のA橋さんに、高森会長やW部さん、K玉さん、
あと不倫疑惑のM晴さんなどを精神分析してほしい。

どんな結果がでるかな…。

813 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 22:36:18 ID:FJUx6Lbk
>>806
批判したものはしゅ・く・せ・い・だあああ

814 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 22:39:01 ID:FJUx6Lbk
>>800
毎月毎月、これからはM晴さまのご指導がおこなわれ、長期の合宿にも
利用させていただけるようになるのじゃ、

815 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 23:04:08 ID:3lpMjnGd
>>791
そういう時点でアンケート取ってること自体が「?」と思うところではあるんだよね。
採算性を度外視してるというか。
ま、執行部は「会員は打ち出の小槌」くらいにしか思ってないのかもしれんけど、
これでまた学生が過労で倒れたりするんじゃねぇ・・・

正本堂の時も思ったけど、
こういうハコモノって総工費とか維持費の支出をまかなえるだけの見通しが立った上で、
その範囲内で計画・着工すべきなんじゃないだろうか。
「追加簿財」なんて、計画性のなさの表れとしか思えなかった。
しかもそれでいて金ピカの以下略

816 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 23:09:23 ID:0Q6Qj0Zo
邪宗派・曹洞宗をテーマにしたアニメ
http://www.vap.co.jp/amae/

817 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 23:31:01 ID:dVBrI/oW
富山の改印がふんばるべし。
交通費かかってないんだから。

818 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 23:37:23 ID:dVBrI/oW
>>809
議員バッヂが欲しいす。

819 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 23:41:39 ID:0Q6Qj0Zo
程度の階層など無い

820 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/01(水) 23:43:34 ID:FJUx6Lbk
>>819
厳然として、ある、といわざるを得まい。ないなら、席順、ネームプレートなど
醜いからやめよ

どうだW部いいわけしてみな

821 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 00:10:25 ID:2v6eCh4s
そもそも1万人も来ないに3千ペリカ

822 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 00:10:27 ID:9/oygXFP
人数が多いんだから、整列しなきゃならないのは当たり前。

823 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 00:12:19 ID:T2/yBXAY
元暴走族で不倫男のM晴様バンザイ!!

824 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 00:17:16 ID:2v6eCh4s
T森先生のお近づきになれるかは金次第で当たり前。

825 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 00:21:50 ID:9/oygXFP
まぁ、男なら家の外で女作るくらいの要領が無ければ
正直駄目だとは思いますけどね。


826 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 00:29:01 ID:daaNMtm3
こういっては何だが、S会つぶれる前に、日本がつぶれると思う。
たとえばW杯の時に建てたサッカースタジアムなんて、ほとんどが年で億単位の赤字。
それを税金で補填してたりして、続くわけない。


827 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 00:31:08 ID:daaNMtm3
正本堂は、それに比べると、まだ利用率は高い、とは言える。

将来的な不安は残しているが。

828 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 00:33:49 ID:9/oygXFP
>>826-827
なるほど


829 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 00:48:34 ID:lmxggbyq
>>825
そういう要領がいるのはs会くらいw


830 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 02:03:50 ID:2v6eCh4s
>>825
邪淫を実行するくらいでないとあかんと。
造悪無碍どころか造悪率先がs会の教えか。

831 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 02:09:39 ID:2v6eCh4s
>>825って仏教的にあり?
邪淫するくらいじゃないと駄目?

832 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 02:16:06 ID:+tw1wCdn
>>825
学生会員に無理につきあうよう説得したり、
レイプしたりするのは問題だが、
お互いの合意なら要領といえるのかもしれませんね。

833 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 05:14:54 ID:6x0LTTWE
>>815 アンケート取っても、必要だって言う人はあんまりいないような気がする

宿泊施設なんてそこらじゅうに沢山あるんだし

834 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 06:18:33 ID:+1kOLKey
>>833
会館にすぐ近くの宿泊施設ならお歳よりも多く、
タクシー代も浮くので需要はあるかと思います。



835 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 07:44:53 ID:tlgZ4ect
>>834
固定費まかなえるだけの利用できるのか?
それで、レストラン擬音は一度ぶっつぶれたの知らないの?
まあ、あのレストランは食中毒は何度も出すし、ひどかったな
一回、4,50人食中毒でやられたことあった
最終的に、内部コクハツがおこり、やはり何人かが批判的、と
責任とらされて首になり、一度しまりました、
M晴の形影濃緑のなさは歴然、どうせホテルもぶっつぶれるのは
目に見えている

836 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 07:51:07 ID:tlgZ4ect
>>832
面白いね君、会のかなでもどんどん不倫や二股などを奨励して
ください。
ちなみに、M晴は二股どころではなく少なくとも4,5人に手を
出したあるいは出そうとした。そのうちの数人より抗議されねじ込まれた
W部も複数人に手を出そうとし、こちらはぜんぜん相手にされなかった上
ためすぐに上司に上げられ処罰された。
これらのように合意ではなく、要領も悪い場合はどうなるのか?


837 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 07:57:48 ID:tlgZ4ect
>>827
とりあえず、M晴が快調になったときには、サッカースタジアム
どころではない、経営難に見舞われ、抱えている従業員や設備の
固定費、残った借金がどうなるのか、見通したたず

838 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 08:19:25 ID:ah3psGJa
>>835
つぶれたのは本当だが食中毒は嘘
利用者が少ないから経営が成り立たなかっただけ
一度も閉まったことは無いし
有ること無いこと書かないように

>>836>>837に至っては完全にあなたの脳内ですね

839 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 08:30:01 ID:M9z/ERo1
>>835
需要はあるといってるだけで、採算がとれるとはいっていないと思いますよ。
もちろん採算がとれなければ、造築は慎重になされるべきでしょう。

840 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 08:35:29 ID:MLV9FxZV
>>778

以前に「選択の願海を廃して」しまった暴なんとかこと祭り大好きこと
いろいろ書いてる常連なのは、もう明らかで、
あんまり相手にしても時間の無駄ですね。
消えてください。


841 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 08:49:22 ID:9/oygXFP
会長が考案されたという、青りんごソフトクリームは好評ですね。

842 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 09:00:50 ID:2RZBLxAJ
>>836
>W部も複数人に手を出そうとし、こちらはぜんぜん相手にされなかった上
ためすぐに上司に上げられ処罰された。

>>796といい、M貼に次ぐs会のガンですか?
財前先生に頼んで病巣をきれいに摘出してもらわないといけないね。

843 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 09:26:09 ID:IdhaxU/f
親鸞会の将来を見届けたいなら、黙って見ていればいい。

浄土真宗が、どうなるか。

親鸞聖人の教えを説かぬ本願寺がどうなるか。

親鸞聖人の教えをお伝えすることにのみ全力を尽くす

親鸞会が、今後どうなるか。

http://shinrankai.hopto.org/

844 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 10:11:45 ID:2RZBLxAJ
>>843
>親鸞会の将来を見届けたいなら、黙って見ていればいい。

ついに泣きがはいりましたか、Wさん。
もうこれ以上ホントのことばっかりいわないで〜(ノ_・。)ってか
(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!。

>親鸞聖人の教えを説かぬ本願寺がどうなるか。
>親鸞聖人の教えをお伝えすることにのみ全力を尽くす

いつきいても空しく響くのは何故?


845 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 11:14:01 ID:gaxMe3/v
キモいキモくないのような個人的な話はどうでもいいんだけど。
2ちゃんが宗教ならオレンジレンジもテレビもネットも宗教だわな。
信者とアンチと両方いるし


846 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 11:14:54 ID:gaxMe3/v
2chは欺瞞である。
猫のキャラクターが嫌い!!
2chは負け犬、ずるいキツネが本質って所!!
猫は自分の世界をしっかり持っていて他人に干渉しない!!
犬や狐のイメージじゃ、みじめったらしくて2ちゃんねらーを増やせない。
そこで 猫キャラって訳だW
猫キャラは効果が抜群だなww


847 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 11:16:01 ID:gaxMe3/v
ま、2ch見てりゃ無根拠でないと言えなくもないが・・・。
ちゃんねらは、2chのちょっと異常なとこが好きなんだよ。
所詮、妄想・幻想の入り混じった自己満足(=オナニー)するための空間。
もっと楽しめって。


848 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 11:47:39 ID:2RZBLxAJ
>>845-847
>>1嫁や

2ちゃん批判はほかでやってね。

849 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 12:52:37 ID:IdhaxU/f
「他力の信心を獲得(ひとしく廻入)し、人生の目的が完成すれば、万川の水が海に入って一味になるように、才能の有無、健常者・障害者、人種や職業・貧富の違いなどとは関係なく、すべての人が、同じよろこびの世界に共生できるのだよ」

http://www.shinrankai.net/

850 名前: 渡海 難  ◆Fe19/y1.mI 2006/03/02(木) 13:04:05 ID:fRgLVDJd
>>797
親鸞の肉筆
 唯信抄     専修寺
 唯信抄文意  西本願寺

消息<写本>  永福寺・妙源寺・西本願寺       

851 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 13:05:10 ID:nGSJBD6C
信心歓喜慶所聞 乃曁一念至心者
    南無不可思議光仏 頭面に礼したてまつれ


852 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 13:06:07 ID:nGSJBD6C
仏慧功徳をほめしめて 十方の有縁にきかしめん 
    信心すでにえんひとは つねに仏恩報ずべし


853 名前: 渡海 難  ◆Fe19/y1.mI 2006/03/02(木) 13:06:24 ID:fRgLVDJd
>>850  リンク先
    誤  >> 797
    正  >>795

854 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 16:59:26 ID:IFjHLCeY
M晴「俺のイチモツをおまえのアソコに入れさしてくれたら信心決定しちゃうよ」

855 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 17:22:14 ID:ah3psGJa
>>854
アンチってこんな下品な奴ばっかし・・・

856 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 18:00:12 ID:wyB8PLGs
>>854
自演乙


857 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 18:09:40 ID:IdhaxU/f
「親鸞聖人って知っとるけ?」

「あぁ、 親鸞聖人さんなら、 小さいころ、 よ〜く親から話聞いとったよ」

http://homepage2.nifty.com/shinran/

858 名前: 渡海 難  ◆Fe19/y1.mI 2006/03/02(木) 18:16:58 ID:fRgLVDJd
 シンパの諸君へ。
 本尊論争は、打ち切りにしていいだろう。
 シンパもアンチもよく頑張った。

 親鸞会が名号本尊を大事するのは、親鸞会の自由。

 真宗寺院が仏像を本尊にしていても、親鸞会が真宗寺院に
文句を言うのは大きなお世話。親鸞会の勘違い。筋違い。

859 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 19:34:29 ID:KjQp+TJT
他人にけんか売った側が「打ち切りにしていい」とは何様?
あんたは誰にも相手にされとらんのだからひっこんどれ。

860 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 19:38:07 ID:+dpSfY27
>>859
議論はしててもけんかしてるつもりはなかったんだが・・・

861 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 19:51:59 ID:ZMPJjwMN
悪質なコピペ荒しへの対応について
#http://www.2ch.net/accuse2.html

いずれアンチの化けの皮がはがれるかも知れないね。

862 名前: 渡海 難  ◆Fe19/y1.mI 2006/03/02(木) 20:08:01 ID:fRgLVDJd
>>859
>他人にけんか売った側が「打ち切りにしていい」とは何様?

 そうか。シンパはケンカを売られた気分でいたのか。それでシンパは
ケンカを買ったつもりでいたんだな。
 掲示板で独り相撲のケンカを演じ、勝てる見込みでもあるのか?。

 お馬鹿なヤツよのぅ。勝手にしろ。サーバーに負担をかけるなよな。
                   (苦笑)


863 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 20:37:59 ID:ZMPJjwMN
ドス恋!ドス恋!

864 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 20:44:52 ID:vhmA7vt7
なぜ私は親鸞会をやめたのか
/

のアクセス数をみてみると、

24日(金) 113
25日(土)  93
26日(日)  88
27日(月) 118 
28日(火) 114
 1日(水)  97


25日は全国ビデオ御法話、26日は教学講義だったんだけど、
やはり、教学講義に参詣する会員が今も見てるんだね。
「あんなもの見るな」とか言われても、みたいんだろうな…。


865 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 20:47:57 ID:ZMPJjwMN
>>864
あんまり頻繁に行くとまたこことかでIP晒されるぞ?

866 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 21:04:03 ID:lmxggbyq
嘘で塗り固めた真実。それが、s会の真実。

867 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 21:07:42 ID:IdhaxU/f
個人情報が晒されたとわめいている人に、忠告です。
ホームページやブログというのは、全世界に向けて公開しているページです。
もし、リンクを貼ることに問題があるというなら、GoogleやGooのような検索エンジンのほうが
よっぽど問題だとは思いませんか?
しかし、ホームページ、ブログはあなたの意思で公開しているものなのです。
きちんと、使用にあたって注意書きを読みましたか?

ですから、晒されるのが嫌ならば自衛しましょう。
まず第一に、情報を書かない。これが一番ですね。
他にも、公開しない、パスワード制、イントラネット限定などの方法があります。



868 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 21:59:13 ID:IdhaxU/f
また、自分がホームページなどを持っていない、もしくは持っていても
個人情報につながるものは一切載せていないのに、個人情報を書かれてしまったら・・・
1.うかつな発言や行動をしませんでしたか?
  誰かを怒らせたり不快にさせたりしませんでしたか?
2.日常生活やオフ会など現実社会でトラブルはありませんか?
3.あなたのホームページorブログの安全管理は万全ですか?
  少しの情報でも個人を特定することは不可能ではありません。


実は、インターネットに個人情報を晒された人で
結構多くの人が、実生活でかかわる人とのトラブルが原因で個人情報を晒されています。
あなたの名前も住所も、顔や年齢さえもよく知っている人がネット上で鬱憤を晴らすために
個人情報晒しをやっている可能性もあります。よく考えてみましょう。


869 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 22:05:00 ID:qFAvEhjM
>>726
>史料集成に「本尊也」と裏書されている絵像で
>蓮師の御真筆と認められるものはないんだよ。

「本尊」についての議論は、「打ち切り」云々と言われている方もありますが、
ボラ夫さんも、なかなかレスできないようだし、随時ということでいいのでは?

それで、蓮如上人が「本尊也」と裏書されていている、御真筆であると認められ
ている名号本尊は、「金字十字名号」しかないんじゃ?

裏書に「本尊也」という表記が有るか否か? や、その裏書の真贋(蓮師の真筆
か否か? )にあくまで拘るなら、蓮師が、「金字十字名号」以外の本尊を認めてい
たという確かな根拠もないということでいいですか?

それと、s会は、蓮如上人より先に亡くなられた順如上人や、その後を継がれた実如上
人が、下附されたと伝えられる「形像本尊」も、順師や、実師が、下附されたという確
かな根拠は無いという見解なんでしょうか?

あるいは、蓮師存命中のみ、実師下附の「形像本尊」は、「確かな根拠がない」という
見解なんでしょうか?

870 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 22:07:03 ID:ZMPJjwMN
ていうかシンパの勝利でいいんじゃね?

871 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 22:25:42 ID:SS5a4fGd
祇園の初期のカレーはうまかったな。

872 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 22:40:03 ID:ZMPJjwMN
へ〜
どんなだったの?

873 名前: ( ´∀`) 2006/03/02(木) 22:47:07 ID:/2qJEJ1V
祇園初期のカレーは、たまねぎを飴色のペースト状になるまで炒めてルーを作っていた
たしかに会員のなかでは好評だった。
会長が平成6年にブラジル不況に逝った際、みずから料理したんだったか、料理人に指示して
作らせたか忘れたが、会長独自のレシピによるカレーを会員に振舞ったことがある
これは当時の顕真に載ってた。清森講師がうまそうに喰ってた様子が撮影されてた
それ以来祇園のカレーは会長がブラジルで振舞ったカレーになった

874 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 22:51:04 ID:ZMPJjwMN
会長、料理も得意だったんだ。
知らなんだ。

875 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 23:07:15 ID:aG0TpOPp
「なぜ人命は尊いのか」
「どうして自殺はいけないのか」
「つらくとも、苦しくとも、なぜ生きてゆかねばならないのか」
これこそ最も重大問題だ。

876 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 23:08:06 ID:2zB4tHyk
>>874
いや、会長は味覚がおかしくなっているから、
料理でも相当濃く甘辛に味付けしないとならない。
会長自身が作ったカレーはマズイ。
ぎおんのカレーがそれなりに食えるのは、
会長の作ったカレーをみんなが食えるように味付けを変えているから。

ぎおんの人に聞いたこと。

877 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 23:08:37 ID:aG0TpOPp
「死より確実なものはなく、死期より不確実なものはない」(パスカル)

878 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 23:10:14 ID:aG0TpOPp
人問は生まれながらの死刑囚。

考えてみれば、わかりきったことです。しかし多くの人は、

この厳粛な事実から目をそむけているのではないでしょうか。





879 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 23:17:46 ID:ZMPJjwMN
全くその通りですね

880 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 23:24:04 ID:2v6eCh4s
>>874
そういや昔の話だけど、
法話会場でいきなり「全員にすぐ回すように!」と配られたパンフ思い出した。
「何の通達だ!?」と緊張してみてみたら、会長直伝の「筍の煮かた」。
なんでも一流料亭で筍を食した会長が、
「ここの料理人は筍の煮かたをご存知ないようだ」と、厨房に行って指導。
で、料理人さんは「ご教示ありがとうございます」と頭を下げたとかいうエピソード添え。
で、結論としては
「料理人でもそうだが、一流の人間というものは頭を垂れて言われたことに従うものだ」とかいう内容。

はぁ〜?と思った。
1.筍の煮かた?ご法話会場で急遽まわすようなもんかよ
2.学生がパンの耳かじって深夜バイトして献金してんのにあんたは一流料亭か
3.客をもてなす側のお世辞じゃね?
4.「一流の人間というものは…」とかいって言いなり会員をおだてようとプロパガンダすんな

881 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 23:34:31 ID:VvqQHax4
>>880
それは言い杉だ

882 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/02(木) 23:42:12 ID:2v6eCh4s
>>881そうかい?
ID:ZMPJjwMN>>865あたりの嘘なんて言い杉を通り越してるけどね。

883 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/03(金) 00:27:28 ID:+E18fepo
ああ、これの事ね。>筍料理
http://cooking.hoyu.net/

あと、逆探でこんなブログを発見・・・一体いくつあるんだ?
http://kimatetsu.exblog.jp/i3


884 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/03(金) 00:30:11 ID:yCh6rFbj
>>865
>あんまり頻繁に行くとまたこことかでIP晒されるぞ?

掲示板に書き込むのはマズイだろうね。


885 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/03(金) 00:33:10 ID:yCh6rFbj
>>883
http://shinran.jugem.jp/
こんなのとか

886 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/03(金) 01:15:11 ID:7oi2AQj6
http://shinrankai.jugem.jp/
このサイトが11/14からで、>>885のは11/21から開設か。



887 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/03(金) 07:10:15 ID:KBYVhPaI
>>876
味まで無条件服従でつか?

開帳「どうだ、ワシが作らせたカレーやでうまい罠。これが
   うまくないというものは『だら』だ罠」
誨淫「(うえ〜( ̄‥ ̄;)、甘辛すぎて味が小杉でまじい〜)
   すばらしいでつ、おいしすぎて感激でつ。」
開帳「当たり前だ罠。今後はカレーも筍煮もつねにワシのレセピで徹底汁!
  「Y村クン、誨淫に徹底してくれたまへ」
Y村「ラジャ!」

888 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/03(金) 07:15:20 ID:wtiPDtOA
>>270
>そのときに「御影堂上檀三間四面、中は開山聖人、左方北前住蓮如上人御影」
>つまり隠居された蓮如上人が御影堂に「左方北前住蓮如上人御影」と
>ご自分の御影をかけておられたとあなたは解釈されている、ということで
>よろしいですね。
>私はありえないと思います。

横(そして亀)レススマソですが、蓮如上人は、在世中に、自分の御影(寿像)
を下付なさってたんじゃなかったですか? それなら、本山にかけれれても何も
おかしくはないと思いますが。
これも、確実な根拠はないということですかな?

しかし、いずれにせよ少なくとも、「自分の御影がかけられてた」ということが、
在世中の記述を否定する確実な根拠とはならないと思いますが。

889 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/03(金) 07:42:46 ID:9YIUHW6r
>>877
U元kやり杉

890 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/03(金) 07:48:04 ID:9YIUHW6r
>>887
やり杉

891 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/03(金) 08:05:33 ID:zORpTpir
>>888
高森会長も記念品とか言って、
高額の財施をした人には、
自分の写真くばってるしね。

892 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/03(金) 08:31:23 ID:JEgwhJWI
>>888
>しかし、いずれにせよ少なくとも、「自分の御影がかけられてた」ということが、
在世中の記述を否定する確実な根拠とはならないと思いますが。

横レスは流れをよく読んでからしていただかないととんちんかんなことを
書かれてる場合が多いのでお答えしてません。
わざと書いてるのかもしれませんが。

これも「山科」の記述が「建立当初だと明らかでない」
「明らかでないことを根拠にできない」という話です。

>>869
>それで、蓮如上人が「本尊也」と裏書されていている、御真筆であると認められ
ている名号本尊は、「金字十字名号」しかないんじゃ?

絵像と名号は違うという話なので十字と六字は違うという話なら本題とは違うので
後回しにさせてもらいます。






893 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/03(金) 08:59:10 ID:r7iKrkjF
ああ、つまりシンパは自分が答えられないことは答えないということで。



894 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/03(金) 09:31:12 ID:nT8Faw0F
話題をそらそうと言う話には乗れないということです。

895 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/03(金) 09:56:50 ID:OpaasRlE
大体、「絵像より名号」というのは相対ではなくて
隠顕だろ?

「お菓子よりご飯食べなさい」と言われて
「お菓子でもいいんだろ」なんていう子供と同じだろ。
よりの意味が違うよ。

896 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/03(金) 10:29:58 ID:56AHamLX
如来の光瑞希有にして 阿難はなはだこころよく 
    如是之義ととへりしに 出世の本意あらはせり


897 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/03(金) 10:30:36 ID:56AHamLX
大寂定にいりたまひ 如来の光顔たへにして 
    阿難の慧見をみそなはし 問斯慧義とほめたまふ


898 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/03(金) 10:31:17 ID:56AHamLX
如来興世の本意には 本願真実ひらきてぞ
    難値難見とときたまひ 猶霊瑞華としめしける


899 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/03(金) 11:22:57 ID:r7iKrkjF
こういう思考停止書き込みは許されるの?

900 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/03(金) 11:38:44 ID:kRjFt2Jz
2ちゃんねるは、基本的に遊ぶとこだと思うがなあ。
まあ、マジメに管理に精出してる人がいるから2ちゃんねるは成り立ってるんで
ご苦労様と言っておこう。


901 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/03(金) 11:39:47 ID:kRjFt2Jz
2ちゃんねるって結局、ネット上のスラム街みたいなところかもしれんね。
元々が物騒な雰囲気あるし言葉使いとか乱暴で当たり前だし...
喧嘩とか犯罪っぽいことが行なわれていても
ポリス(2ちゃんねるの場合運営とかね)が街の外のあたりで
ほとんど見ているだけみたいなさ。


902 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/03(金) 11:45:50 ID:uCiDJO/X
つーか、2ch=世論ってこともしらねー奴がいるんだなwwwww
これはマジでうけるwwwww
2chを敵にまわすことは、国民の大多数を敵にまわすことだ!


903 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/03(金) 11:51:12 ID:UqlS1q1K
■ルール
・荒らしは原則「禁止」&「放置」です。                
・一般会員の個人名を出さないようにね。伏せ字でも。
・人を罵ったりする人は来ないで下さい。
・2ch議論はスレ違いなのでよそでしてください。
・AAはひかえめに。

最近とても思考停止としか思えない荒らし行為をする人がいます。
一般常識を守って、みんなが見て気持ちの良いレスを心がけましょう(^^)/


904 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/03(金) 12:41:03 ID:cVtNuyEo
>>895
>大体、「絵像より名号」というのは相対ではなくて
>隠顕だろ?

祖師が一度も本尊について言及していないことについて。

また、渡海さんが指摘してシンパはひたすら無視してましたが、
祖師が「よく読みなさい」、と弟子たちに何度も勧める唯信抄に
「精進の機ならば、終日にとなふべし。
念珠をとらば、弥陀の名号をとなふべし。
本尊にむかはば、弥陀の形像にむかふべし。」
と出ている件について。

弥陀の形像とは絵像木像であるわけですが。

905 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/03(金) 13:02:04 ID:ULmz6IQb
>>895

だいたい、その「絵像より名号」にしても、蓮如上人の説であるということは、
「明らかでない」「根拠にできない」ということになるんだよね? s会説では。

>これも「山科」の記述が「建立当初だと明らかでない」
>「明らかでないことを根拠にできない」という話です。

要するにs会としては、

A:「山科」の記述が「建立当初である」(この場合は、蓮如上人は
「木造本尊」を安置した)

B:「山科」の記述が「建立当初ではない」(この場合は、蓮如上人が
安置した本尊が何かは「不明」)

Aか、Bかは「明らかでない」ので、今のところは、どちらの可能性も排除
しないということでいいね?

906 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/03(金) 13:05:08 ID:ULmz6IQb
>>905

>>895 >>892

アンカー先記入漏れすまん。

907 名前: 老子を読んでね。 2006/03/03(金) 13:06:45 ID:Eg/h8GEA
大道廃れて仁義有り。(老子) http://kakalov.cocolog-nifty.com/
大道廃れて仁義有り。(老子)のみらー http://plaza.rakuten.co.jp/kakalov/
大道廃れて仁義有り。(老子)のミラーサイト http://blog.goo.ne.jp/goifkresa1543/


908 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/03(金) 13:09:14 ID:kRjFt2Jz
いろんな意味で、ご苦労様だ。

909 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/03(金) 20:31:53 ID:Up/FjlNB
>>904
>渡海さんが指摘してシンパはひたすら無視してましたが、

すいませんが、この人の書いたことは全然読んでません。
昔から、でたらめ書いて追求されると無視して暴言を書き続けるひとですから
レスする価値ないと思っています。
この文ですね。

「いままたこれを案ずるに、なお専修をすぐれたりとす。そのゆえは、もとよ
り濁世の凡夫なり。ことにふれてさわりおおし。弥陀これをかがみて易行の道を
おしえたまえり。ひめもすにあそびたわぶるるは、散乱増のものなり。よもすが
らねぶるは、睡眠増のものなり。これみな煩悩の所為なり。たちがたく伏しがた
し。あそびやまば念仏をとなえ、ねぶりさめば本願をおもいいずべし。専修の行
にそむかず。一万遍をとなえて、そののちに他経・他仏を持念せんは、うちきく
ところたくみなれども、念仏、たれか一万遍にかぎれとさだめし。精進の機なら
ば、ひめもすにとなうべし。念珠をとらば、弥陀の名号をとなうべし。本尊にむ
かわば、弥陀の形像にむかうべし。ただちに弥陀の来迎をまつべし。なにのゆえ
か、八菩薩の示路をまたん。もっぱら、本願の引導をたのむべし。」

他仏と阿弥陀仏を分けて
他仏に向かわずに弥陀一仏に向けというお言葉だと思いますが。
名号と形像を分けて形像に向くのが可か不可かという根拠ではないでしょ。

「形像に向くのも悪くないのではないか」という根拠だといわれるなら
当然、この御文からは臨終来迎をたのむのもよろしいことになります。
それでは真宗ではなくなります。

唯信鈔文意には解釈されて
「教念弥陀専復専」というは、「教」は、おしうという、のりという。釈尊の教勅な
り。「念」は、心をおもいさだめて、ともかくもはたらかぬこころなり。すなわ
ち選択本願の名号を一向専修なれと、おしえたまう御ことなり。」と
「選択本願の名号を一向専修なれ」とちゃんと「名号」と仰っています。

910 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/03(金) 20:34:48 ID:Up/FjlNB
>>904
>祖師が一度も本尊について言及していないことについて。

言及されてないもなにも
御真筆の「愚禿親鸞敬信尊号」と書かれた御名号が現存しています。
御本尊が御聖教以下に位置づけられる根拠は?


911 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/03(金) 20:39:24 ID:Up/FjlNB
>>905
>だいたい、その「絵像より名号」にしても、蓮如上人の説であるということは、
「明らかでない」「根拠にできない」ということになるんだよね? s会説では。

会の代表なんてこんな落書き板に書き込みしませんよ。
どこからこういう話が出てくるのかさっぱりわからないのですが。

横レスなら誰かが山科の木像本尊の話にけりつけてからにしてください。
とんちんかんな質問でうやむやにされたくないので。

912 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/03(金) 21:01:33 ID:uCiDJO/X
2chに逆らう奴は国家反逆罪で死刑にできる法律が必要だな
うひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひ

913 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/03(金) 21:10:53 ID:QviT0z0Y
これって、W部さんの作った反論サイトですか?

『マインドコントロールとは何か?
 「親鸞会で教えるマインドコントロールとは無関係な真実」について』
http://mindcontrol.skystorm.net/

W部さん、マインドコントロールと言われることを、相当意識しているみたいね。
悪いイメージを必死で払拭したいんだろうな・・・。しかし、

> 「親鸞会はマインドコントロールをしているのではないか」という批判があるようです。
> いまどき、こんなカビの生えた言葉を持ち出すこと自体、すでに時代遅れなのですが、

「カビの生えた言葉」と言いながら、

> 「宗教団体ということをカモフラージュしている」
>  結局、ここが最も問題なのだといいたいようですが、これでは、大山鳴動して、ネズミ一匹にもなりません。
>  せっかく、マインドコントロールという問題を取り上げながら、実に薄っぺらい内容です。

「せっかく、マインドコントロールという問題を取り上げながら」なんて、言っているし。
そして、そのあとは、

>  そもそも「マインドコントロール」などと言う、定義もあいまいなこの言葉には、学問的に
> 発展する要素はほとんどありません。
>
>  だから今は、誰もこんな言葉すら使わないのです。(ごく一部を除いては)

こんなこと言ってる。なんか必死だね、W部さん・・・。

914 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/03(金) 21:15:53 ID:QviT0z0Y
>>913の続き

>類似性
>  ところで、マインドコントロールの手法といわれるものは、行為自体は一般社会においてよく行われていることであり、
> 礼儀としても当たり前のことですね。社員教育では、こういうことを徹底的に叩き込まれるでしょう。
> 学生時代から身につけていたら、むしろ「気配りのできる若者だ。しっかりしているね」、と評価されるかもしれません。
>
>  「オウム真理教などの破壊的カルトで用いる手法」を学者が「マインドコントロール」と名づけたからといって、
> それ自体は違法でも反社会的な行為でもない。ましてや、類似したことをしているからといって、
> 「だから破壊的カルトだ」と言えないことは、言うまでもありません。 

>マインドコントロール論争は、やはり不毛
> 結局、宗教でマインドコントロールがどうの、というのは、それ自体、ほとんど不毛な議論になるのです。
>
> 一つの教義を布教すること自体が、マインドコントロールと言えば、いえるからです。いや、もっと広く言ってしまえば、
> すべての宗教、思想、教育、広告、セールス、相手に何かを伝えようとする人間の行為そのものが、
> 他者に与えるマインドコントロールになるからです。
>
>  逆に言えば、人間の思っていること、信じていることは、親や友だちと話し合った、教師から教えられた、本で読んだ、
> テレビや映画、ネットを見たなどなど、他者からの影響でないものは一つもありません。
>

結局、こういうのみてると、「マインドコントロールなんて一般社会でも行われていることだ。親鸞会がやって何が悪い!」
っていいたいのかな・・・。

915 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/03(金) 21:22:02 ID:QviT0z0Y
>>914の続き

>  さらに、「みなさんのご両親で、聞きたい人があったら、どうぞ部室に来ていただいてけっこうですよ」とか、
> 「本物かどうか確かめたい、という家族の方は、どうぞ講演会にらしてください」と呼びかけられてもいるようです。
>
>実にオープンではありませんか。
>事実、そうして親鸞聖人の教えとご縁を結ばれ、高森先生の講演会に参詣されるようになるご両親も、
>数多く見受けられます。これらの方も、マインドコントロールされているのでしょうか。さすがに、そうは言えないでしょう。

「実にオープン!」って、具体例一つだけだし・・・。
じゃあ、「引き離し対策」とか「親対策」、あと「兼部カット」なんてやるなよ!!って言いたい。

親鸞会必殺育成法
/data/ikuseihou.pdf

916 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/03(金) 21:31:11 ID:zORpTpir
>>915
オープンって言ったって、
見せられるのはごく一部だからね。

その「ご両親」とやらに、
新勧の準備会合とか、幹部会合とか、
裏表無く見せてみいと言いたくなる。

917 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/03(金) 21:42:20 ID:TKJGqhUl
>>909
>「教念弥陀専復専」というは、「教」は、おしうという、のりという。釈尊の教勅な
>り。「念」は、心をおもいさだめて、ともかくもはたらかぬこころなり。すなわ
>ち選択本願の名号を一向専修なれと、おしえたまう御ことなり。」と
>「選択本願の名号を一向専修なれ」とちゃんと「名号」と仰っています。

「選択本願の名号を一向専修なれ」って、(自分の三業で以って)「『名号本尊』
を拝め」って意味ですか? 違いますね。
「聞其名号」(仏願の生起本末をお聞かせいただく)の意味でしょう。

>>910
>御真筆の「愚禿親鸞敬信尊号」と書かれた御名号が現存しています。

それが、親鸞聖人が、真宗の教義安心のうえで、儀礼的な礼拝対象としての
(元来は、密教の概念である)「本尊」が必要であると言われてる根拠にな
るとお考えですか? 
まあ、「『本尊』を祀る 」「『本尊』を拝む」という儀礼を決して否定され
てなかった根拠ではあると思いますが。

918 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/03(金) 21:46:21 ID:t7aoRK90
>親鸞会必殺育成法

これが本物で改竄されてない根拠は出さずじまいだけど。
アンチは何の根拠もない批判ばかりで気楽だな。

919 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/03(金) 21:47:33 ID:TKJGqhUl
>>911
>会の代表なんてこんな落書き板に書き込みしませんよ。

では、

だいたい、その「絵像より名号」にしても、蓮如上人の説であるということは、
「明らかでない」「根拠にできない」ということになるんだよね? (s会シン
パのあなたたの説では。

なら、いいんですね?

920 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/03(金) 22:00:38 ID:zORpTpir
>>918
必殺育成法

改ざん改ざんと仰るのも気楽ですが、
私は資料そのものは見たことありませんが、
私が経験してきた親鸞会での活動は、必殺育成法そのものでしたよ。

第一、改ざんしていた偽物なら、
どうして著作権侵害でW部弘宣部長が削除要請なんて出すんですか?
自分のところの資料だから著作権侵害を主張出来るんでしょ。

921 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/03(金) 22:08:46 ID:TKJGqhUl
>>909
>名号と形像を分けて形像に向くのが可か不可かという根拠ではないでしょ。

そもそも、いわゆるアンチサイドの多くの人のs会(あるいは、このスレにいけ
シンパの)主張に対する疑問乃至批判としては、「礼拝対象としての本尊」を「名号」
と形像に分けて(念を押しときますが、歴史的事実としてこの二種類の「本尊形式」
が、存在することを否定されてる方はいなかったと思います。)、親鸞聖人(や蓮師)
が「礼拝対象としての本尊」として、「形像を本尊として安置、礼拝すること」を
「不可」として排斥された根拠は無いということではなかったでしょうか?

922 名前: 渡海 難  ◆Fe19/y1.mI 2006/03/03(金) 22:12:15 ID:/A3pOZDb
>>904
>この御文からは臨終来迎をたのむのもよろしいことになります。

 唯信鈔の来迎は、臨終来迎の意味じゃないよ。

 但有称名皆得往 観音勢至自来迎
彼仏因中立弘誓 聞名念我総迎来

 この意味の来迎だからね。来迎の意味は唯信抄文意で説明している。
議論のすり替えは止めようね。

923 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/03(金) 22:12:33 ID:QviT0z0Y
>>918
>親鸞会必殺育成法
>これが本物で改竄されてない根拠は出さずじまいだけど。
>アンチは何の根拠もない批判ばかりで気楽だな。

えっ、あなたはこれが改ざんされてるって思っているの?
じゃあ、聞きたいんだけど、どこが改ざんされたって思っているのか、おしえて。

親鸞会必殺育成法
/data/ikuseihou.pdf

あなたの期待を裏切るみたいだけど、これって全然改ざんされていないよ。


924 名前: 渡海 難  ◆Fe19/y1.mI 2006/03/03(金) 22:15:48 ID:/A3pOZDb
>>922   失礼 
誤  >> 904
正  >>909



925 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/03(金) 22:35:40 ID:BuHz3iqt
“なぜ、人命は地球よりも重いのか””なぜ、万人は平等なのか”
その本当の答えを、私たちは探し続けているのです。



926 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/03(金) 22:36:52 ID:BuHz3iqt
生まれてくるのも、死んでゆくのも一人ぼっち。独生独死独去独来の人生を、無底の暗黒に向かって生きているのが、
すべての人間の実相。

927 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/03(金) 22:37:37 ID:zORpTpir
>>923
そうだね。無責任に改ざんだって主張するなら、
どこが改ざんなのか、どこが事実と異なっているのか、教えて欲しい。

必殺育成法のこの部分が事実と異なるって言えば良いだけ。
簡単でしょ?なぜそれができないの?

無責任に改ざんだ改ざんだって言うのは楽チンだけど、
それじゃ誰も納得しない。(思考停止の親鸞会会員は違うかも知れないが)
例のホリエモンメールだって、メールクライアントのヴァージョンが違うとか、
署名欄が不自然だとかの指摘があった。

そういう指摘はないのかな?親鸞会会員さん。

928 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/03(金) 22:38:06 ID:BuHz3iqt
電光朝露の夢、幻がさめた時、死出の山路、三塗の大河をたった一人で
渡ってゆかねばならぬわが身の姿に泣くのです。



929 名前: 元々ぼら夫 2006/03/03(金) 22:49:57 ID:RYOSdqsa
乙〜☆
すんませんねぇ、お待たせしても〜て。やっと、お彼岸の参詣案内を発送しおわんぬ♪
ま、一息ついでにカキコしまつね。まず、『山科御坊事(1)』を先入観なくフツーに読んでみる。
タイトルには『山科御坊事並其時代事』とあるから、フムフムこれは、山科本願寺の事
及びその時代の事を述べようとする書物なんだな、とわかる。(1)の書き出しは、
わづかに55年のあひだ、とあるから、なるほど、半世紀しか存在せんかったお寺なんだ
って読み手は受け取る罠。
〜つづく〜


930 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/03(金) 22:51:54 ID:uCiDJO/X
2chを批判する国賊は国外へ追放したいですね
2chを批判する=日本を批判すること
こういう連中をのさばらせるな。自由にさせるな。法律作って追放しよう!


931 名前: 元々ぼら夫 2006/03/03(金) 23:27:56 ID:RYOSdqsa
>>929つづき
で、今は鳥のすみかと化したこの地に、なんで本願寺が建ったんかいな?
という理由について、法敬(順誓)坊(蓮如の上足の弟子、御一代記聞書・実悟記に、
蓮如から頂いた名号が焼けてしまったが、それが六体の仏になったと見て、不思議な事だと
思って蓮師に話すと蓮師は、仏が仏になるのは別段不思議ではない。悪凡夫が
弥陀たのむ一念で仏に成ることこそ不思議なことよ、と答えた、というエピソードが
ある)(ナンマンダブナンマンダブ☆)そういった法敬坊が、この土地を特に選んだと言う。
〜つづく〜


932 名前: 元々ぼら夫 2006/03/03(金) 23:47:12 ID:RYOSdqsa
>>831つづき
さらに、善従(『山科御坊事』本文では従善となっとる)坊(金が森の道西)が、かつて、
まだ山科建立など話にも上がらなかった頃、用事で山科近辺を通り過ぎる途中、
わざわざ籠から降りて、その場所を指し「この道すじに仏法がひらけるであろう」
と言った。皆は年寄のもうろくと思っていたが、今、山科本願寺が建立され繁昌するのを
見及んで、不思議なことやと言いあったという。(『聞書(200)』)
そんないきさつをもつ土地が山科であったんやなあ、と読み手は思う罠。
〜つづく〜


933 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/03(金) 23:56:45 ID:yCh6rFbj
>>930
>2chを批判する国賊は国外へ追放したいですね
>2chを批判する=日本を批判すること
>こういう連中をのさばらせるな。自由にさせるな。法律作って追放しよう!

やれるもんならやってみな。


934 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/04(土) 00:00:03 ID:zORpTpir
>>933
W部さんの指示ですか?
こういうくだらない事いい加減やめませんか?
虚しくないですか?

935 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/04(土) 00:00:11 ID:yCh6rFbj
>>913
『マインドコントロールとは何か?
 「親鸞会で教えるマインドコントロールとは無関係な真実」について』
http://mindcontrol.skystorm.net/


「マイコン」や「カルト」の単語そのものには、悪い意味は元来なかったと思うんだけどな。
悪い意味にさせたのが、宗教だった、と思ったりする。

936 名前: 元々ぼら夫 2006/03/04(土) 00:01:53 ID:RYOSdqsa
スマソ>>932のレスアンカーは>>931也。疲れとるんやろか♪
>>932つづき
そういった土地に、堺にあったお寺の座敷がひとまず移築され、仮の御坊が建った。
ほどなくして、御真影(木像)安置のための御影堂が建ち、お墓所でなくお寺としては、
阿弥陀堂がなきゃならんってことで、阿弥陀堂が建ちました、と。で、阿弥陀堂は
どないな様相だったん?というと、三間四面で、今現在ある石山本願寺の諸堂と同じ
様式だったと。それでご本尊は何?とくれば、木像本尊(安阿という仏師が造ったもの)
と実悟さんはゆ〜とる訳でつね。
〜つづく〜


937 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/04(土) 00:04:42 ID:zORpTpir
>>935

>  そもそも「マインドコントロール」などと言う、定義もあいまいなこの言葉には、学問的に
> 発展する要素はほとんどありません。
>
>  だから今は、誰もこんな言葉すら使わないのです。(ごく一部を除いては)

http://www.google.com/search?hl=ja&lr=lang_ja&ie=UTF-8&oe=UTF-8&q=%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB&num=50
マインドコントロール の検索結果のうち 日本語のページ 約 217,000 件

21万件もヒットしていますが、
W部さんによると、今は誰もこんな言葉使わないそうです。


938 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/04(土) 00:05:30 ID:Tmv7aU32
>>936
ボラ夫さん、頑張ってください。
応援しています。

939 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/04(土) 00:18:16 ID:YRxgIXV0
    ∧_∧
    ( ´∀` )  このゴミ、どこに捨てたらいい?
     /⌒   `ヽ
    / /    ノ.\_M
    ( /ヽ   |\___E)
    \ /   |   /  \
      (   _ノ |  / ウワァァン ヽ
      |   / /  |ヽ(`Д´)ノ|
      |  / /  ヽ 渡海 難ノ
      (  ) )     ̄ ̄ ̄
      | | /
      | | |.
     / |\ \
     ∠/


940 名前: 元々ぼら夫 2006/03/04(土) 00:23:01 ID:+9+Sbzhu
>>936つづき
故に、な〜んの先入観もなく、この書を読めば、現在なんにも無くなっちゃった山科御坊→
建立前の土地にど〜ゆ〜いきさつがあったんか→建立の当初(堺御坊座敷移築→仮御坊→
御影堂建立→阿弥陀堂建立)→そして、その本尊と荘厳、と見るのが至極フツーの読み方やね。
で、それだけじゃものたりへんって方のためには、『帖外御文章』(62)が建立当初を、
蓮如上人みずから述懐しとりますので、リクエストあれば、解読しましょか?これも『山科御坊事』の
記事を裏付けるものになる。ま、明日もあるんで、本日はここまで〜☆
(^-^)/バイチャ♪


941 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/04(土) 00:27:12 ID:O28LVfbR
永遠に(^-^)/バイチャ♪

942 名前: 渡海 難  ◆Fe19/y1.mI 2006/03/04(土) 00:29:54 ID:Rql2mMCC
>>909
>「選択本願の名号を一向専修なれ」とちゃんと「名号」と仰っています。

「専修」について二種あり、一つにはただ仏名を称す、二つには五専あり。 〜 (五専はみな)辺地・
胎宮・懈慢界の業因なり。かるがゆえに極楽に生まるといえども、三宝を見たてまつらず。 
  (教行信証)

 親鸞が言う専修とは、ただ仏名を称することである。

 ここまでは議論に対立はないようだ。

親鸞会の見解 仏名を称するとは、南無阿弥陀仏と書いた紙を礼拝すること。
渡海難の見解 仏名を称するとは、南無阿弥陀仏を声に出し、口で称えること。

 「仏名を称することは、南無阿弥陀仏と書いた紙を礼拝することである。」親鸞会はそのように考え
ているんですね。違いますか?。仏名を称することは南無阿弥陀仏を声に出し、口で称えることだと
教わっていますか?。「仏名を称するとは、南無阿弥陀仏と書いた紙を礼拝すること」であると言え
ば、そういう見解は、仏教史上親鸞会が初めてだろう。

「仏名を称するとは、南無阿弥陀仏と書いた紙を礼拝すること。」このように考えれば、絵像や木像を
本尊して礼拝すれば、それは間違いということになる。

 親鸞会は、基本的なことで間違いをしているんじゃないか?
 「仏名を称するとは、南無阿弥陀仏と書いた紙を礼拝すること」であるといえば間違いである。仏名
を称するとは、南無阿弥陀仏を声に出し、口で称えることなんですよ。
 「仏名を称するとは、南無阿弥陀仏と書いた紙を礼拝すること」と言えば、親鸞会のその見解は間
違いである。どうですか?。これに、証明が必要ですか?。

943 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/04(土) 00:31:28 ID:bAjaGC5N
ボラ夫さんは このスレのオアシスです。

944 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/04(土) 00:32:43 ID:Tmv7aU32
>>940
ボラ夫さん、ありがとう。
普通の読み方を教えて頂きました。

帖外御文章の解説、
宜しくお願いします。期待しています。

945 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/04(土) 00:33:26 ID:YRxgIXV0
渡海難は このスレのゴキブリです。

946 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/04(土) 00:35:37 ID:Tmv7aU32
>>945
恥知らずさんよ、人の事をゴキブリとか言う前に、
ちゃんと彼の意見に反論なり考察なりしたらどうだ。

君の姿勢は盗作してそれを自分の著作だと言い張っている、
恥知らずの高森顕徹に通じるものがある。
自覚せよ。

947 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/04(土) 00:43:09 ID:O28LVfbR
ジャンヌの管理人が運営しているサイト
http://tiyu.to/

こんな趣味の人が元会員だったって言われても、
正直信じられません。


948 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/04(土) 00:45:11 ID:Tmv7aU32
>>947
現会員でネト対策員のO田様も同じような趣味であらせられますよ。
正直信じられません。

949 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/04(土) 00:48:25 ID:YRxgIXV0
>>946
946も このスレのゴキブリです。

950 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/04(土) 00:50:15 ID:O28LVfbR
>>948
誰それ?って言うか、確定事項なの?

951 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/04(土) 00:55:25 ID:YRxgIXV0
渡海難の姿勢は盗作してそれを自分の著作だと言い張っていて、
恥知らずと言われている高森顕徹大先生とは比べものにならない
激しい池沼である。

何回2ちゃんを止めると言ったことかw

952 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/04(土) 01:01:51 ID:O28LVfbR
>>951
匿名掲示板だから何でも有りだと思ってるんじゃ無いでしょうか?
まあ、所詮アンチなんてその程度ということでしょう。

953 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/04(土) 01:03:40 ID:yz0vhknq
>>950
2chに書いてあることをまともに信じないように

954 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/04(土) 01:05:06 ID:O28LVfbR
>>953
そうでしたね・・・アブナイ、アブナイ

955 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/04(土) 01:45:07 ID:njUBRR6d
M晴「不倫しちゃうぞ不倫しちゃうんだぞぉ」

956 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/04(土) 01:48:44 ID:UmbJDPhD
蓮如上人の下付された十字名号って、いわゆる光明本尊ですよね、金ピカの。

金ピカの本尊に対してのs会のスタンスって、
「金ピカにして信者にオドシをかけないとおさいせんに響くからそうしてるのだ」
くらいの位置づけで批判してなかったっけ?

957 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/04(土) 05:16:59 ID:8ti9QX8T
>>935
>私にはマインドコントロールという学者の言葉に何が何でも当てはめようと
するあまり、すべてがそう思えて来るという錯誤相関に陥っているように
思えますが。因果の道理を否定しては、本当の幸福にはなれません。
あわれというもおろかなり。

この人は、自分がs会のマインドコントロールに見事にはまっているが故に、
「必ずしも因果の道理を正しいとする信念は正しいとは限らない」
という意見を見ると、直ちに
「因果の道理は間違いである、因果の道理が正しいというものは愚かである」
という別の意見に脳内変換し、直ちに排他攻撃モードにはいってしまうのでしょう。

そのあげく、自分の一信念に過ぎない「いんがのどうりはウチュウノシンリ」
を他人に押し付けるだけでなく、それを受け入れない人を愚か者扱いしないと
気がすまないのでしょう。

この人は一生マイコン思考から治らないひとなんだろな、と思います。
s会がいつまでたっても大きくなれないのは、こんな人間を量産しているからかも
しれませんね。


958 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/04(土) 05:18:54 ID:8ti9QX8T
>>957訂正
>「因果の道理は間違いである、因果の道理が正しいというものは愚かである」

>「因果の道理は間違いである、因果の道理が正しくないというものは愚かである」

959 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/04(土) 05:22:38 ID:8ti9QX8T
>親鸞聖人、蓮如上人のお言葉には、
>どんな学者センセイ方も沈黙のようです。
>当然でしょう。

この意見も外部からみたら「かたわらいたい」。
s会はとうとう3流新興宗教にまで堕したのですか?

960 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/04(土) 08:27:37 ID:2UiNEjRB
>>940

まあ、あなたの解釈はわかったけれど
結局、木像本尊の根拠は何な訳?
根拠というより解釈に過ぎないわけだよね。
帖外御文も他の根拠があるならなんだけど
また自分の解釈を披露するなら読むだけ時間の無駄なんだけど。

961 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/04(土) 08:49:36 ID:O28LVfbR
>>960
■フジテレビ『ザ・ノンフィクション』 2003年9月28日放送
在日の老女と息子の会話

老女「私は12で徴兵で(日本に)連れてこられたの」
息子「ナニ言ってんの!?まだ法律がなかったの!証拠もあるの!
   あん時は自分の意思で来る時代なのに!」
老女「ナニ言ってんのアンタ!!(朝鮮語で興奮して)工場で働いたんだよ!」
息子「本人も、○○さんも(徴兵が無かったことを)みんな解ってるよ!
   なんで徴兵、徴兵って言うの!?」
老女「(興奮した朝鮮語で)私は徴兵で来たんだよ!友達が知ってるよ!」

最後に一言。

老女「息子には“思想”が無い」


962 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/04(土) 10:07:41 ID:VxxMgbim
>>959
「かたわらいたい」ってどういう意味?
「片腹痛い」なら知ってるけど

963 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/04(土) 10:30:59 ID:KLE4YwFo
>>961
おばあさんにも在日がいたのか

964 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/04(土) 10:36:49 ID:O28LVfbR
>>962
元は「傍ら痛い」だったのが、古語では仮名で書くと「かたはらいたい」になるから
そこから「片腹痛い」に変化したと言われる。
てか辞書くらい引けよ
#http://www.geocities.jp/tomomi965/ko-jien02/ka03.html#katawa

因みに>>961は誤爆なんだが、ごめんついでに宣伝。
暇があったら↓のスレを見てやってくれ。
【日本を】韓国人ビザ免除恒久化問題対策司令部【守れ!】
../../ex14_news4vip/1141/1141415149.html


965 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/04(土) 10:41:37 ID:CH+PLUxh
弥陀成仏のこのかたは いまに十劫とときたれど
    塵点久遠劫よりも ひさしき仏とみえたまふ


966 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/04(土) 10:42:32 ID:CH+PLUxh
南無不可思議光仏 饒王仏のみもとにて
    十方浄土のなかよりぞ 本願選択摂取する


967 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/04(土) 10:43:10 ID:CH+PLUxh
無碍光仏のひかりには 清浄・歓喜・智慧光
    その徳不可思議にして 十方諸有を利益せり


968 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/04(土) 12:04:56 ID:KLE4YwFo
>>964
わざとなのか、シンパさん誤爆多すぎ。

969 名前: 渡海 難  ◆Fe19/y1.mI 2006/03/04(土) 12:18:25 ID:Rql2mMCC
>>945,>>946
 まあ、渡海難はゴキブリでもなんでもいいわな。僕のスレに、反論する必要もない。反論の余
地なんか、誰にもないだろう。親鸞さんだって、高森さんの言うことはおかしいと言うだろうが、
僕の言うことには間違いなく賛成するはずだ。
 反論はいらん。僕も議論は好きじゃない。ただ、こっちの書き込みを良く読み、考えてくれ。必
要に応じて親鸞の遺文も読むといい。納得したら、一人黙って頷けばいい。一人黙って頷けば、
見ている人など、誰もおらん。
 まあ、頷けないでもいいよ。僕の言葉は親鸞さんの考えと大きく違ってないはずだ。十年、二
十年後には、きっといい肥やしになっているだろう。


>>951
> 何回2ちゃんを止めると言ったことかw

 ま、1回だけだけどな。
 おぬしに対しては、出没して済まんな。是非戻ってきて欲しいという圧倒的多数のファンの声援
に押され、僕はその声を無視することができなかったんじゃよ。


970 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/04(土) 12:30:55 ID:IHFNgFaW
シンパの人が、裏書に「本尊」と書かれている絵像を「本尊」と認めない根拠
は何ですか?
>>726
>蓮師の御真筆と認められるものはないんだよ。
というのは、「学者の鑑定結果」ですか?

例えば、>>403とか、他にもこのことに限らないですが、シンパは、
一般学者の見解を認めないことが多いですが、シンパが、一般学者の説を
「採用するか/採用しない」の基準は、「(自説に)都合が良い/都合が悪い)
と考えていいですか?

それとも、世間一般の学者の研究ではなくて、s会シンパ独自の研究結果によって、蓮如
上人の親筆か否かを決定しているのでしょうか?

971 名前: 渡海 難  ◆Fe19/y1.mI 2006/03/04(土) 13:02:26 ID:Rql2mMCC
 <誤爆>

>>961,>>964
 半島では、かつて多くの若い女性が「徴用」にかり出された。
 半島には徴兵制がなかった。その分、徴用制は苛酷だったようだ。
 徴兵制以上の厳しい徴用制が敷かれれば、徴用と言われても、彼らには徴兵と
聞こえただろう。
 今になって、あれは徴兵ではなかったと言われても、彼らの耳に届くはずもない。
徴用も徴兵も、彼らにとっては同じだ。
 徴用で来日し、半ば強制的に軍事工場で働かされた女性達には、やさしい言葉
をかけてあげられる社会にしたいものだ。

972 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/04(土) 13:05:47 ID:TuvcBE9o
仮面ライダーの裏に「本尊」って書けば仮面ライダーが本尊なんだ〜
どっかのぶっきょガクシャが蓮如上人の真筆だと言い張れば本尊になるんだ〜
かめんライダを有り難くおがめよ〜wwwwwwwwww
わははははははははははははははははwwwwwwwwww

973 名前: 渡海 難  ◆Fe19/y1.mI 2006/03/04(土) 13:28:20 ID:Rql2mMCC
>>972
 選択本願の名号を一向専修するとは、

 「南無阿弥陀仏」(本尊)と蓮如が書いた紙っぺらのコピーを日夜拝むことなのか?。

 それで死んだら、絶対の幸福を得て霊魂が極楽浄土に行けるのかい?。
 胸くそ悪くなる外道だね。

974 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/04(土) 13:48:38 ID:ZHzm9tAG
痛ましい子供の自殺も、減少の気配はありません。

「人間に生まれてよかった!!」の生命の歓喜がないから、生んでくださってありがとう、育ててくださってありがとうという感謝がないに違いありません。

感謝は、幸せな人に生じる心です。生きる幸せに満ちていれば、まわりの一切に感謝せずにおれませんが、不幸ならば、すべてが疎ましく、感謝の心にはなれません。

感謝は謝恩ともいわれ、「恩」は、「因を知る心」と書きます。自分が幸せなのは、あの人のおかげだ、こんな恩恵を受けているからだと知り、有り難いと感じて、どうにかお返ししたいと努力する。 現在の幸せの原因を知れば、必ずそういう心になります。

http://homepage2.nifty.com/shinran/

975 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/04(土) 13:50:44 ID:ZHzm9tAG
介護保険法では、介護が必要な人の自立と福祉がうたわれ、どのようなサービスを受けるかは、自ら選ぶことが原則とされています。しかし実際は、本人よりも、子供の意向が優先されるケースがほとんどです。
大事に育てた子供たちに、住み慣れた家を追われる悲しみはいかばかりでしょうか。

「両親の墓参りがしたいので、娘と連絡を取りたい」という70代の女性と一緒に電話をかけた時のことです。
受話器の向こうで、「大事なお客があるから、お母さんに来られると困る。車椅子の上げ下げだけで大変なんだから、またにして!」と怒る娘さんの声。

「どうしてこんな不孝な子を持ったんだろう」と涙ながらに肩を落とす姿に、かける言葉が見つかりませんでした。

http://live.usj.to/revoir/

976 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/04(土) 13:53:46 ID:ZHzm9tAG
ローンの名義人が突然自殺し、生命保険金で債務が完済されることもあります。社会の荒波を目の当たりにする毎日、お金に苦労している人はこんなにいるのかと、日々痛感します。

銀行も膨大な不良債権の処理に追われ、苦しんでいます。人員削減が進められ、行員一人一人の業務の比重は増しています。

朝礼前から机に向かって電卓をたたく同僚に、「おはよう」と声をかけても返事のないこともあります。私自身、仕事が山積みの時は笑顔を忘れがちになり、ハッとすることもあります。

自宅のある横浜から職場まで、朝の満員電車では、立ちながら寝ている人をよく見掛けます。駅にはたくさんの人が無表情でうごめいています。その人の流れに逆らうと、たちまち押しつぶされてしまいます。

「どこに向かって急いでいるのだろう」といつも思います。

http://www.nagoya-hoyu.net/

977 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/04(土) 13:56:13 ID:ZHzm9tAG
護老人保健施設に勤めています。利用者の多くは、年を取るに従い、自分で歩くことや立ち上がることが難しくなり、自分の筋力で座ることや、寝返りを打つこともできなくなってきます。

私たち介護スタッフは一丸となって、利用者がより自立した生活を送れるよう支援していきます。

「何とか早くよくなってほしい」と思っておられる家族も、リハビリを強く希望されます。「家にいた時よりも、座っていられる時間が長くなってよかった」
「以前は話しかけてもあまり反応しなかったのに、最近は家族が面会に来るとうれしそうに笑う。入所生活が刺激になっているみたい」と、喜ばれる家族は多くあります。

しかし、たとえ少し足の筋力がついたとしても、加齢による体や気力の衰えには到底勝てず、「四苦八苦」で教えられる、老いていく苦しみは止められないことを目の当たりにします。



978 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/04(土) 14:01:19 ID:ZHzm9tAG
夜の東京湾を走る漁船から、ウエットスーツ姿の女性が海に飛び込む。船はみるみる遠ざかった。冬の海は冷たく、波にのまれてなかなか泳げない。着けていた命綱をたどって何とか舟べりに着いたが、1人ではよじ登れず、漁船員3人に引き上げられた。

この女性は、東京で活躍する山田佳子弁護士(仮名)。
「海に落ちた人を、漁船から1人で助けるのは容易ではない」と実感したという。

数年前、この東京湾で操業中の漁船員2人が死亡し、1人が重傷を負う事件があった。その被告人男性を、山田弁護士は一昨年から担当している。

亡くなった1人は漁船から海に落ちて水死したが、裁判では、「この時なぜ、被告人は助けようとしなかったのか」が問われていた。殺意を判断する上で重要な争点だった。

1年以上裁判が続いたあとで、初めて被告人が、「助けようと思ったけれど難しかった」と口を開いた。金銭トラブルからの事件だったが、十分反省している被告人がウソをつくとは思えなかった。それを確かめたくて山田弁護士は漁船を借り、自ら海に落ちた人になってみたのだ。

979 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/04(土) 14:02:21 ID:ZHzm9tAG
「殺人が悪いのは当然なので、被告人には自分の非を認め、心から反省してほしいです。それにはまず、本人の言い分を正確に裁判官へ伝えねばと思っています。そして被告人には因果の道理を話します」

山田弁護士は、東京湾での「実験」写真を裁判官に提出し、海に落ちた男性の救助が困難だったことを伝えた。「そこまでしてくれるとは思わなかった」と語った被告人は、以前より心が安定してきたという。

一方この事件で見逃せないのは山田弁護士が、重傷を負った被害者の生活支援にも力を入れたことだ。「犯罪被害者給付金」の前提となる後遺症の診断の際に、病院へ意見書を提出。生活保護が受けられるよう市役所と掛け合った。

「弁護人には感謝している」という被害者の言葉は、弁護士の「勲章」だと思っている。


980 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/04(土) 14:04:56 ID:ZHzm9tAG
「娑婆に出たら徹底的に仕返ししてやる!」。面会室の仕切り越しに聞く田宮被告の言葉はすさんでいた。

特に激高したのは、事件調書をもとに宮中弁護士が「被害者は、『正面から田宮を殴ったら、仕返しに、ハサミで顔を切りつけられた』と供述している」と伝えた時だ。

「違う!正面から殴られたんでない。そんな屈辱があるか」
「ハサミで切りつけたんでない。近づけただけだ」と反発した。

驚きながらも宮中弁護士は、とにかく言い分を聞こうとメモを取りつつ冷静に質問を続けた。だが詳細に聞くうちに突然、

「さっき、言っただろう!とどなりつけてきた。宮中弁護士は、「また来ます」と言って静かに部屋を出た。

田宮被告はその晩、腹立ちを抑え切れず、独房で机を窓に投げつけ、ガラスを割ったという。

ところが1ヵ月後、面会に行くと、田宮被告は意外な言葉を口にした。
ヤクザをやめる――。

「このままではプライドを傷つけられた時、相手を殺してしまうかもしれない。自分がダメになる」と淡々と語った。宮中弁護士が、はなむけに書籍を贈呈したいと伝えると、一瞬驚いた表情を見せたが、

「ありがたく読ませてもらいたい」と言った。すぐに仏教の書籍を贈った。

981 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/04(土) 14:13:57 ID:UmbJDPhD
またコピペ荒らしが湧いたか。

982 名前: 名無しさん@3周年 2006/03/04(土) 14:14:19 ID:ZHzm9tAG
妊娠すれば、みかんなど酸っぱいものを欲するのが常ですが、体が酢酸(酢)を要求するからです。みかんなどに含まれている酢酸は、カルシウムを溶かす働きを持っています。母親は子供の骨格をつくるため、自分の骨の成分であるカルシウムを酢で溶かし、胎児へと運ぶのです。

そのため、カルシウムでできている、母親の骨、歯、毛髪などが傷んでしまいます。カルシウムだけでなく、血も肉もみな母親のものが分けられます。母親が重病のようになるのはこの結果です。

それでも母親は子の成長を念じ、さまざまに尽くすのです。